歯科衛生士はよく聞く国家資格のうちの一つですが、どうやって取得ことが出来るのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?

「ユーキャンなどの資格サイトで取得できるのかな?」

「自分で参考書などを買い、独学で取得することができるのかな?」

「専門の学校に通う必要はあるのかな?」

「高卒でもなれるのかな?」

など様々な疑問があると思いますので今回は歯科衛生士になるためにはどのような方法があるのか、また就職についてもお話しします。

歯科衛生士って高卒でも大丈夫?

歯科衛生士は高卒でなることは不可能です。

歯科衛生士になるためには歯科衛生士養成学校を卒業しなければ国家資格を受験する資格を得ることができません。

歯科衛生士になるための学校は「大学」「短期大学」「専門学校」「夜間学校」です。

このいずれかに通う必要があります。

これまで修業年限は二年制以上でしたが、歯科衛生士学校養成所の規則が改定され、平成17年4月1日を施行日にし平成22年4月1日より全ての歯科衛生士学校養成所で3年制以上になりました。

そのため上記で疑問であった資格サイトで取得したり、独学で取得することは不可能です。

高卒で働いていた場合はもう一度学校に入り直す必要がありますね。

歯科衛生士になるまでの方法は?

歯科衛生士になりたいと思ってもまずどう行動すればいいかわからないですよね。

今回はなるまでの過程についてお話します。

歯科衛生士学校を探す

全国に歯科衛生士学校はたくさんあります。

四年制の大学は全国に国公立が1校、私立大学が5校、三年制の短期大学が13校、専門学校が93校あります。

歯科衛生士は大学や短期大学の数が専門学校に比べて少ないです。

しかし歯科衛生士は一般企業とは違い、大卒や専門学校卒で給料の差はほとんどないです。

そのため自分が希望する場所や学費、その学校ごとの特徴や力を入れていること、自分のライフスタイルにあわせて通うことができる学校を選べるといいですね。

歯科衛生士学校の受験

高校生から受験する場合、歯科衛生士学校に入学する方法は

  • AO入試
  • 指定校推薦
  • 一般受験

があります。

この中で歯科衛生士学校への入学は主に指定校推薦とAO入試が多い印象です。

その理由は受験の際に歯科衛生士になりたい!

と希望する学生が、大学側が高校に提示している推薦の枠より少ないからです。

そのため受験しなくても入学することが可能です。

しかし専門的な学校に入るということはそれ以外にやりたいことが見つかってしまった場合、学校に通うことが気持ち的にも難しく感じてしまうことがあり辞めざるを得ませんね。

歯科衛生士学校は、入学することは簡単ですが進級や卒業をすることが難しいと言われています。

その理由については下記でお話ししたいと思います。

歯科衛生士学校に通い単位を取得する

私は歯科衛生士の3年制の短期大学に通っていましたのでそれを例に挙げてお話しします。

一年生は主に座学の学科がメインになります。

一般の大学や短期大学は、好きな学科や興味がある学科を選んで単位を取って授業を自分で組み立てたり、授業がない空き時間は友達とショッピングやおしゃべりをしたり屋上で昼寝してみたり、、、というのを想像して入学しましたが、専門的な学校のため全く異なっていました。

朝の9時から夜の6時まで毎日みっちり授業が入っています。

もちろん毎回出欠席を取るため授業に出なければ単位を落とします。

単位を落とした場合、一般の大学でしたら2、3、4年生の時に落とした単位分を取得することが可能ですよね。

しかし、歯科衛生士の場合は2、3年生も一年生の時と同じように毎日朝の9時から夜の6時まで取得しなければならない授業が組み込まれていますので再履修は不可能になるのです。

そのため1つでも単位を落としてしまうと押し出し制になり必然的に進級することが出来なくなるのです。

また、単位の取得には出欠席だけではなく毎学期ごとにテストもあります。

全教科のテストになりますので5日間で25〜30科目を受けることになります。

進級がかかっているため、この短期大学の3年間は一番勉強した記憶があります。

毎年多くの同級生が、留年や退学をしていたのが現実です。

医療を学ぶ学校のため、学費が他の学部と比べても高い傾向にあります。

厳しい環境を乗り越えてやっと国家試験を受ける権利を取得することが出来ます。

歯科衛生士になりたいという意思を強く持っていないと耐えることが難しくなってくるなもしれません。

しかし歯科衛生士学校にはそれを一緒に乗り越えていくための友達が周りにはたくさんいます。

みんなで共に励まし合い頑張って乗り越えていけるといいですね。

たくさんの実習を受けて単位を取る

上記ではたくさんの勉強をする必要があるとお話ししましたが、同じくらい実習もたくさんあります。

二年生の夏休みが終わったあたりから本格的な臨床実習が始まります。

実習は勉強とはまた違った辛さがありました。

実際に患者さんに対して実習を行うため規則などがとても厳しいです。

反省文なども何度か書きました。

精神的にも肉体的にも辛く涙を流してしまう時もありました。

しかし、今となってはこの実習で鍛えられた精神面がとても役に立っています。

社会人になってからは当たり前ですが守られるものがなく全て自分の責任になります。

理不尽なことも正直多いですよね。

歯科衛生士は特に細かい仕事も多く根気強さや忍耐力が求められるため、この実習期間を通して学ぶことがたくさんあったなと今は社会人になって痛感しています。

歯科衛生士国家試験を受験する

歯科衛生士の国家試験は3月の末から3月の頭のいずれかに年に一回行われています。

試験地は全国に10箇所あるため一番近い試験会場で受けることが出来ます。

試験科目は

  • 人体(歯、口腔を除く)の構造と機能
  • 歯、口腔の構造と機能
  • 疾病の成り立ち及び回復過程の促進
  • 歯、口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み
  • 歯科衛生士概論
  • 臨床歯科医学
  • 歯科予防処置論
  • 歯科予防処置論及び歯科診療補助論

問題数は年によって変動はありますが大体約220門になります。

試験時間は8時45分から16時までになります。

試験開始時間が早く、会場が近くにない場合は電車の遅延なども考慮し、試験会場の近くにホテルを取って宿泊している人が多いです。

当日余計な心配をせず万全な状態で試験に挑みたいですよね。

結果発表

結果発表は3月の末にあります。

歯科衛生士の合格率は96パーセントと言われています。

この数字だけを見るととても高いため簡単に取得できる資格だと感じる方が多いのではないでしょうか?

この高い合格率には理由があります。

それは上記でもお話しましたが、歯科衛生士の国家資格を受験するまでにたくさんの学生が耐えきれなくなったり、進級や卒業ができなかったりで辞めてしまうからです。

国家試験はもちろん簡単ではなく勉強も必要なので、忍耐力も大切になります。

辛い実習や座学を耐え凌ぐことができた人は国家試験も乗り越えることができるのではないでしょうか?

歯科衛生士の学校は厳しいですが、周りにいる友達も同じ目標に向かっている人ばかりです。

辛いのはみんなで同じです。

励まし合いみんなで歯科衛生士という仕事に就くことができるよう努力していきたいですね。

歯科衛生士になるためのおすすめの就職方法を教えます

歯科衛生士になったら次に大事なのはもちろん就職先ですね。

歯科衛生士は一般企業とは少し異なることなども多いです。

歯科衛生士の就職先についてお話します。

求人を探すにはインターネットがおすすめ

歯科衛生士の求人の多くはインターネットに掲載してあります。

もちろんハローワークなどで探してもらうことも可能ですが、なかなかそこに通ったりするのが大変な場合もありますよね。

歯科衛生士の場合は求人数がとても多く、どこの歯科医院も歯科衛生士が足りていないのが現状です。

そのため、自分で希望する歯科医院を厳選しながら探す必要があります。

その際に歯科医院はホームページを開設しているところが多いため、求人の内容と見比べてみたり、歯科医院の設備や雰囲気、スタッフの様子などと照らし合わせて見てみることで見学や面接前により働くイメージが湧きやすいと思います。

必ず面接前に見学を行うこと

よく歯科衛生士の求人には「是非見学だけでも一度お越しください」と記載してある歯科医院が多いです。

面接の前に見学?と思われる方もいるのではないでしょうか?

しかし、見学はすごく大事だと感じています。

なぜなら自分の目で医院内の様子を観察できるからです。

どうしても求人には応募が来て欲しいため、医院内の様子などを良く書いてしまうところがありますね。

これはどこの医院も同じだと思います。

少し気になるなと思ったところは是非見学してみてください。

その医院の治療中の雰囲気や、先生の様子など、求人には書けないこともたくさん見学を通して見ることが出来ます。

良いことも悪いこともこの見学で見えてくるはずです。

「自分はなにを求めているのか」

「この医院で働くことが想像できるのか」

「自分がなりたい歯科衛生士はこの医院で実現することが出来るのか」

など面接の前に一度考える機会を設けることは大切です。

おすすめの歯科医院の見つけ方は求人の隅から隅までチェックすること

歯科衛生士の求人はとても多いため求人内容をみるのがめんどくさくなってしまい、給料のところだけ見てしまって決めるということは意外とあるのではないでしょうか?

しかし、これは大きな間違いです。

求人には様々な情報が記載してあります。

  • 基本給
  • 歯科衛生士の手当について
  • ボーナス
  • 福利厚生について
  • 有給、有給消化、年間の休みの数について
  • 診療時間、歯科衛生士が行う主な内容について
  • 残業時間、残業手当について
  • スタッフの人数、歯科衛生士の人数、先生の人数

などです。

歯科医院は個人病院がほとんどを占めているかめ、内容は医院によって差が激しいです。

給料だけで判断するのではなく、上記に記載した項目を全てチェックし気になる医院には見学を行って比べることをおすすめします。

専門学校卒業の歯科衛生士と短期大学や大学卒業の歯科衛生士で違いはあるの?

一般的には大学卒業と専門学校卒業では給料の面や出世の面で大きな差がありますよね。

歯科衛生士の場合どうなのでしょうか?

そのことについてお話します。

一言で言えば大差はない

歯科衛生士は一般企業とは違い、大学卒業と専門学校卒業に差はありません。

国家資格を取得すればあまり大差はない印象です。

現に「どこの学校卒業したのか?」は面接の際の履歴書にはもちろん記載しますが、入職してからはほとんど聞かれたことがありません。

そのため学校選びの際には、歯科衛生士はたくさん学校があるため「学費」「自分が学びたい内容」「学校の通いやすさ」「学校の雰囲気や様子」「自分が求めること」などを考えて選ぶことが大切ですね。

歯科衛生士に求められるのは最終学歴ではなく「免許取得後にどの程度仕事ができるか」です。

歯科衛生士は学歴ではなく新卒か新卒ではないか

上記でも記載しましたが最終学歴ではスタート時点では差がないです。

では初めから差があるのはどういった時でしょうか?

それは「学校を卒業したばかりの新卒」か「臨床経験ありの新卒ではないか」です。

やはり新卒であれば、その分給料は経験ありの方に比べて低く設定してあります。

また採用の際に新卒は不可能というところもあります。

歯科衛生士の資格を活かした一般企業で働く場合は例外のときも、、、歯科衛生士には歯科医院や大学病院など実際に治療を行う臨床の現場だけでなく、歯科用品を販売している一般企業で働いている歯科衛生士もいます。

そこでは歯科衛生士の知識を活かして商品開発や商品の営業を行ってます。

そういった場合ではやはり一般企業なので、専門学校卒業に比べて大学卒業の方が給料がいい傾向にあります。

まとめ

今回は歯科衛生士になる方法や、就職について、国家資格のため学歴に差があるのかについてお話させていただきました。

歯科衛生士は大学専門学校の差で選ぶのではなく、自分が頑張って学びたい!通いたい!と思うような学校を選ぶことをおすすめします。


関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの


歯科衛生士求人に関するコラム

歯科衛生士で50代が働く上の悩みとは?色々な経験談などを紹介

歯科衛生士は、比較的求人が年間通して多く、歯科衛生士不足と言われている昨今は、退職後も再就職に困ることはあまりありません。しかし、採用する側の医院もすぐに辞められないように、人選には慎重です。1回の面接では、その人の人間性まで見極めることは難しく、面接担当者が参考にするのは、履歴書の内容と面接時やスタッフに対しての挨拶などの態度です。歯科衛生士は、経験年数が多いほど即戦力として活躍してもらえるのですがその反面、今在中している若いスタッフと上手くやっていけるかなども採用点に大きく関わってきます。特に50代の歯科衛生士の転職は、迎い入れる医院側も少し構えます。今回は、既存スタッフよりも経験も年齢も

歯科衛生士のあるある。歯科衛生士だからこその内容を徹底解説!

歯科衛生士の仕事は医療関係のため普段話を聞く機会が少なく想像しにく人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士の仕事ならではのあるあるを通して身近に感じていただければ嬉しいです。今回はそんなあるあるについてお話しします。経験者が語る!歯科衛生士の仕事あるある。歯科衛生士のあるあるとはどのようなことがあるのでしょうか。実際に働いているからこそ話せるあるあるについてお話しします。人と話している時その人の歯をついつい見てしまう人の歯は職業柄的にとても気になってしまいます。いわゆる職業病ですね。「あの人、前歯に補綴物入ってるぽいなーなんの補綴物だろう?セラミックかな?」「あの人、歯並び綺麗なのは元からだな

歯科衛生士での復職はあり?ブランクのある方々への復職の際に注意するべきことをご紹介します。

歯科衛生士は離職率が高いと言われている仕事の一つと言われています。また、復職をためらう人も多く歯科衛生士の資格を取得しているが生かせてない人もいます。ではそれはどうしてなのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。歯科衛生士の仕事とはまず初めに、歯科衛生士の仕事についてお話しします。歯科衛生士の仕事を簡単に言うと、歯科医院の看護師のような役割をしています。歯科衛生士の主な業務はスケーリングというものになります。スケーリングとは歯のお掃除のことを言います。「プラーク」と呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを「歯石」と言うのですが、プラークは簡単に日々の歯磨きで落とすことが出来ます。すなわち歯磨

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士が転職する場合、どのように転職活動を行っている事が多いのでしょうか?転職情報を探す方法は、人づてや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。転職エージェントを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントって、何でしょうか?転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を、手助けしてくれます。料金は求人を出している側には発生

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的