歯科衛生士が辛いと感じることの一つに職場での人間関係があります。

どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で毎日同じ人とコミュニケーションを取るため難しいのではないでしょうか?

今回はその人間関係についてお話しします。

歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?

歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。

主に予防歯科を行なっています。

プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを歯石と言うのですが、それは歯ブラシで落とすことができないため歯科衛生士が機械を使って落としていきます。

そういった定期的なクリーニングや、歯磨き指導、虫歯チェック、歯周病の進行を遅らせるためのアドバイスや歯茎の状態のチェックなどを主に行なっています。

また、歯科医師の治療のアシスタントも行なっています。

歯科衛生士の仕事の人間関係でストレスに感じる4個のこと

歯科衛生士の人間関係で辛いと思ったことをいくつかお話しします。

狭い空間で毎日同じ人と話さなければいけないため、避けることが難しい

歯科医院は個人病院が多いため、人数が少ないのが特徴です。

多くても総勢10名ほどではないでしょうか?

その中で「自分と少し合わないな、苦手だな」と感じる人がいる場合、避けることは難しいですね。

一般の会社であれば、重要事項だけ伝えたり、なるべく関わらないようにすることも可能だと思います。

しかし、やはり医院内はとても狭いためどうしても関わらずを得ないです。

その解決方法とは?

人間なのでもちろん自分に合う合わないはありますよね。

もし、自分と少し合わないなと感じる人がいた場合は割り切るしかないと思っています。

あまりにも辛くなったり、いじめにあったり、嫌がらせにあったりする場合などはまた対応は変わってきますが、自分の中でなにか引っかかる程度であれば我慢することも必要ですね。

私は苦手な人とも上手く人間関係を築いていくことも社会勉強だと思っています。

女性の割合がほとんど占めている

これはいい場合と悪い場合があります。

いいところは女性が多いので、同じ悩みを相談したりできますよね。

気の合う人がいた場合はもし、辞めたあとでも友達として遊んだりと関係が続くこともあります。

悪い場合はやはり女同士の職場なので、不用意な一言で関係が悪化してしまったりとデリケートなことです。

あまり喧嘩など揉め事を面倒くさがる男の人が仲裁に入ると、なんとなく場が和んだり丸く収まったりすることは良くありますよね。

その解決方法とは?

悪口は言わないように気をつけています。

女同士は悪口を言ってしまいがちですが、もし話し相手がそう言った話に持っていこうとした場合でもうまく他の話題に切り変えたりしています。

あとは、深入りしないことです。

特定の人と仲良くしてしまうと職場で上手くいかないような気がします。

本当に気が合う人がいるかもしれませんが、あくまで仕事場です。

友達を作る場ではないのです。

過度に馴れ馴れしくするのではなく、満遍なく適度な距離で接するように心がけています。

歯科医師と合わないとしんどい

スタッフとの人間関係がよくても、歯科医師と合わないととてもしんどいと感じてしまいます。

その医院の一番偉い人は経営者の歯科医師です。

そのためその人が決めたことがルールとなっていくことが多いですよね。

たまに、理不尽なことを言う歯科医師や、歯科衛生士などのスタッフのことを下に見て接してきたり、思いやりがない人がいるのも事実です。

その解決方法とは?

これも割り切るしかないです。

しかしこれは面接の際に歯科医師と話すと思いますが、本当に合わない人はなんとなく雰囲気で察することも出来ると思います。

私も面接で歯科医師と合わないなと感じたため、その医院を選ばなかったこともあります。

就職選びをすら際にチェックするポイントの一つにしてくださいね。

スタッフルームの様子

歯科医院は休憩時間が長いのが特徴ですよね。

休憩中なのに、気を遣って話さなければいけないのが辛いと感じることがあります。

広いスタッフルームであれば少し距離を取って寝たりすることも可能ですが、本当に座るだけのところもあります。

その解決方法とは?

もし、狭いスタッフルームだった場合はご飯を食べ終わったあと治療のユニットに移動し、そこでお昼寝したり音楽を聴いたりして一人の時間を過ごしています。

そうすることで本当の意味の休憩になりますよね。

あとはお昼を外出してご飯を食べに行ったり、家が近い場合には一度帰宅したりしています。

休憩時間は長いと逆に疲れてしまいますので、対応次第だと感じています。

ストレスを感じることもあるけど、歯科衛生士がおすすめの理由

やりがいがある

やはり歯科衛生士の仕事をする上で一番感じることはやりがいです。

歯科衛生士は直接患者さんの治療を行ったりするので接する機会が多いです。

そのため「歯が綺麗になった!来てよかった!これからもよろしくお願いします!」など、直接患者さんから言ってもらえることがあります。

そう言った際にはやりがいがある仕事だなと実感します。

ライフスタイルに合わせて働ける

歯科衛生士は女性が多いため、結婚、出産、育児があった場合などどうしても一つの医院を長く続けることは難しいですよね。

そういった際に、歯科衛生士であれば資格があるため辞めてしまってもいつでも復帰することが可能です。

子供が小さい時にはパートで働き、ある程度手がかからないようになれば正社員で働くなどライフスタイルに合わせて働けるのもおすすめです。

給料がいい

歯科衛生士は一般企業の平均と比べるといい傾向にあります。

現実的になってしまいますが、やはり働くということはお金のことも大事になってきますよね。

歯科衛生士がストレスだと感じていても給料日が来るとまた頑張ろうと思えます。

まとめ

今回は歯科衛生士の人間関係のストレスについてお話しさせていただきました。

歯科衛生士に限らずどこの職場でも、人間関係は難しいです。

しかし、それを上手く乗り越えていける技術も歯科衛生士の技術とともに身に付けていければいいですね。