歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。

歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。

働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。

今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。

歯科衛生士の休みは多いの?

歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。

では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。

正社員

正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。

働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れるところもあります。

多くはシフト固定制で、休日の決め方は他の社員とかぶらないように設定する場合がほとんどです。

また、医院長がメインで歯科医として働いている歯科医院では、医院長が休みの日に正社員も休み、とするところもあります。

年末年始やゴールデンウイーク、お盆なども祝日扱いでお休みになることが多いです。

働く職場が介護施設の場合は、早番や遅番、夜勤もあり、お休みがバラバラな場合もあります。

派遣社員

多くはありませんが、派遣社員として働く歯科衛生士もいます。

派遣社員は、働く歯科医院によって休日は変わります。

しかし、休みの日数は基本的には正社員と変わらず、特に出勤人数が少ない日に出勤をお願いされます。

また、契約の際にシフトが決まっていて、それに合わせて働けるのなら契約成立とするところもあります。

正社員との休日で1番異なる点は、有給は正規契約の歯科医院が正社員に付与するものなので、派遣会社が契約主の派遣社員には、歯科医院から有給を与えられることはありません。

アルバイト

アルバイトの歯科衛生士として働いている場合には、シフトが固定されている所とシフト自由な所があります。

週1日~週5日まで、週にどれくらい働きたいか面接の際に聞かれるところがほとんどです。

シフトの融通が利くところでは、普通のアルバイトのようにシフト提出日までに働きたい曜日や時間帯を書いて提出する形です。

他の人の兼ね合いもあり、人が足りない日は出勤を頼まれたり、シフト決定後は代わりの人を見つけないと休めないこともあります。

しかし、上の2つの雇用形態よりは自分の予定に合わせて、比較的自由に休日を決められる点がメリットです。

ただ、担当する患者さんがいる場合には、その患者さんが来院する日は休めないと思っておきましょう。

また、アルバイトが1番シフトが固定されていないため、正社員が有給消化をするときに穴埋めとして出勤をお願いされることもあります。

パートタイム

パートタイムでは、シフトがある程度固定されていて、フルタイムより短縮した時間で働く勤務形態です。

ですのでお休みは、基本的に社員と同じです。

しかし勤務時間は朝から夕方までや午後診療から最後の片づけまでなど、希望の時間帯に働くことが出来ます。

パートタイムではアルバイトよりも担当の患者さんを持つことも多く、固定されたシフトを変えたいときも担当の患者さんにとって都合が悪くならないかなど気を遣わなければなりません。

休日のスケジュールはどんな感じ?

多くの所で日曜祝日は休診日としています。

しかし最近では日曜日も診療しているところが増え、祝日も短縮した時間で診療を行っているところもあります。

週休2日あるところがほとんどですが、休みが平日になることもあります。

シフト固定制では一年を通して休みが変動することが少ないので、前もって予定がたてられます。

繁忙期や閑散期は?

繁忙期は10月~12月がピークです。

悪いところは全て年内になおしたいと皆さん思われるようで、特に12月の年末ぎりぎりは予約が取れないくらい混みます。

そして何故かこの繁忙期に急に歯が痛くなって急患で来られる患者さんも多いので、余計に忙しくなります。

寒くなると自然と身体に力を入れてしまうことも関係しているようです。

それ以外では、連休明けの日や季節の変わり目も忙しくなります。

6月は特にお子さんが多い時期です。

学校の歯科検診で何かしら引っ掛かり、治療勧告書を持参される方が多いからです。

閉散期は1~3月が比較的空いています。

年末年始に歯の詰め物が取れるなどして来院される方もいらっしゃいますが、1年のうちでも比較的落ち着いた時期になります。

連休は取りやすい?

カレンダー上で連休になっている所は休診日であれば希望しなくても連休になりますが、自分の希望で連休にする場合は少し難しいです。

歯科医院によっては夏休みを何日間か連続で取れるところもあるので、働いている歯科医院の連休の取り方のルールによって異なります。

また、自分の休みの日の前日や翌日に有給をとって、連休を作りたい場合、他にその日に有給を取りたい人がいなければ希望が通る場合が多いようです。

休日は取得しやすい?

有給は法律上、働き始めて6ヶ月以上経過し、なおかつ出勤率が80%以上であれば歯科医院より与えられます。

有給の取りやすさは働く歯科医院によって異なり、全員が100%取得している所もあれば、取得率が半分にも満たない所もあります。

特に予防的処置である歯のクリーニングは歯科衛生士主体で行う事が多く、また担当する患者さんの中には他の歯科衛生士が臨時で担当することを良く思わない患者さんもいるので、急に有給を取りたいと申し出ても取れないことがほとんどです。

患者さんに迷惑をかけるような休みの取り方は出来ないことを心に留めておきましょう。

歯科医院によって何日前までに申告というのが決まっているので、期日までに申請し許可をもらえれば有給を取得することは可能です。

有給の計画消化って?

歯科医院に限らず、日本では有給休暇の取得率が世界でもワーストであることが知られています。

それを問題視する声が高まり、近年では有給休暇の計画消化が行われる企業も増えてきました。

計画消化とは、企業側(ここでは歯科医院)から「この日は有給休暇で休んでください」と決めて、計画的に有給を取得しようという制度です。

歯科医院では特に、患者さんの予定もあり、自由に有給を取ることが難しい面もあるため、この計画消化によって有給で休める日が増えるメリットがあります。

有給日数の全てが計画消化で失われるわけではなく、急用や体調不良の日に使うこともあるため5日分は置いておくことができます。

面接の際に有給の取得率を聞いてみて、そこで働いている方がどのように有給を取得しているのかを知ることも1つの方法です。

体調不良でも休めないの?

自己管理を徹底していても年に何日かは体調不良で出勤できない...ということもありますよね。

朝起きてどうしても出勤できない程体調が悪い場合、歯科衛生士は休むことが出来るのでしょうか。

基本的に休むことはできます。

もちろん休まないにこしたことはありません。

しかし、歯科衛生士は患者さんとの身体的距離がどうしても近くなってしまうので、マスクや手袋をしていても感染する可能性があります。

また、免疫力が落ちている時に感染する恐れのある病気を持っている患者さんと接してしまうと、通常よりも感染してしまうリスクが高まります。

特にインフルエンザが流行っている時期の体調不良は、無理して出勤した結果、診断してもらったらインフルエンザで、歯科医院内にインフルエンザが蔓延した...ということになりかねません。

その日に予約で来院予定の担当の患者さんや同僚に迷惑をかけることにはなりますが、体調不良でどうしようもない時は早めに連絡して休ませてもらいましょう。

早めに連絡することで、代わりに出勤できる人が名乗り出てくれるかもしれません。

特別休暇って?

特別休暇とは、福利厚生の一環として与えられる、法律で定められた法定休暇以外に企業が自由に設定できる休暇のことです。

メジャーなものでは、年末年始休暇、慶弔休暇、病気休暇などがあり、有給か無給かは歯科医院によって異なります。

産前産後休暇や育児休暇も導入している所はありますが、休暇後に戻ってくることが確実ではないという理由から、退職を余儀なくされるケースも多くあるようです。

歯科衛生士は女性がほとんどであり、同僚も女性が多いのでこのような休暇を設けている歯科医院では理解してくれる人も多いので、特別休暇を基準に歯科医院を選ぶ人もいるようです。

土曜日も休みたい!

お子さんが学校のない土曜日に休みたいと思う歯科衛生士もいると思います。

しかし考えることはみんな一緒。

一般職で働いている親御さんは、日曜日に休診の歯医者さんが多いため、土曜日に子供を連れていこうと考えている人がとても多いです。

また、患者さん自身が普段は夜遅くまで働いているため、土曜日しか来れないという方も多くいます。

そのため、最近では土曜日も休診している歯科医院は少なくなってきました。

そして、土曜日は前述の理由で1週間の中でも連休明けの日なみに混む曜日です。

より多くの人手が必要になり、土曜日出勤を必須としている歯科医院も多くあります。

そのため、どうしても土曜日に休みたいと考えているなら、求人数は少なく人気は高いですが、土曜日も休診しているところを探しましょう。

都心部のオフィス街であれば地元密着型の歯科医院に比べて土曜休診が多く、またあったとしても患者さんは少ないので土曜日をお休みにできる可能性が高いです。

有給や休みの取り方で気を付けること

私用でどうしてもこの日は休みたい、外せない用事が入っているということがあります。

そんな時、有給休暇は休みながらも給料は出るという素晴らしい制度ですよね。

では、有給を使いたい場合、どんなことに気を付けて取得したらよいのでしょうか。

タイミング

有給休暇を取る場合、歯科医院としては繁忙期よりも閉散期に取ってほしい気持ちはあるようですが、有給休暇の希望の日を申告し、医院長が許可すればいつでも取ることはできます。

ただ、同じ日に複数の従業員が有給を取ることを禁止している歯科医院もあるので、他の人との兼ね合いも考えなければいけません。

大きな歯科医院では、人が足りないときに分院からヘルプが来てくれるところもあるようですが、人数ギリギリでやっている小さなところでは有給の取りやすさはあまり期待できません。

日数

働き始めてから6ヶ月後に10日、1年半後に11日、2年半後に12日、3年半後に14日....と働き始めて6ヶ月後から1年ごとに少しずつ有給の日数は増えていき、最大で20日付与されます。

働く歯科医院によっては、これより多く有給を取得できるところもあります。

また、この有給日数の増え方も、歯科医院によって異なる場合があるので確認してみましょう。

また、有給には消化期限があり、付与から2年以内に消化しなければ使えなくなるので注意が必要です。

他の人のシフト

小さい歯科医院では特に、他の人のシフトを気にしなければなりません。

人があまりに少ない場合には有給申請をしても、希望が通らないこともあります。

また、先ほど述べたように、1日に1人しか有給を消化できないというルールがある歯科医院もあるので、同僚といつ有給をとるのか相談しましょう。

他の人のシフトを確認してから希望日を決定することをおすすめします。

患者さんへの対応

有給休暇を取る場合、いつも出勤している曜日に出勤しないことになります。

患者さんは、担当の歯科衛生士の出勤曜日を把握している方も多く、その曜日に合わせて予約を前もって取られる方もいらっしゃいます。

定期的に来院される担当の患者さんには予め出勤できない日を伝えておくと、患者さんにとっても予約をずらしやすく、トラブルを回避することができます。

まとめ

今回は歯科衛生士のお休みについて有給の取り方を含めお伝えしました。

歯科衛生士はアルバイトでない限り、比較的シフトや時間帯が固定されているので前もって予定を組めます。

そしてアルバイトでも自分の予定に合わせてシフトを組めるところもあります。

働く歯科医院によって異なりますが、休暇の日数や有給のルールが異なるので、働く際の1つの判断基準にしてみるのもいいかもしれません。

プライベートを充実させることのできる職場で働きましょう!


関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの


歯科衛生士求人に関するコラム

歯科衛生士で50代が働く上の悩みとは?色々な経験談などを紹介

歯科衛生士は、比較的求人が年間通して多く、歯科衛生士不足と言われている昨今は、退職後も再就職に困ることはあまりありません。しかし、採用する側の医院もすぐに辞められないように、人選には慎重です。1回の面接では、その人の人間性まで見極めることは難しく、面接担当者が参考にするのは、履歴書の内容と面接時やスタッフに対しての挨拶などの態度です。歯科衛生士は、経験年数が多いほど即戦力として活躍してもらえるのですがその反面、今在中している若いスタッフと上手くやっていけるかなども採用点に大きく関わってきます。特に50代の歯科衛生士の転職は、迎い入れる医院側も少し構えます。今回は、既存スタッフよりも経験も年齢も

歯科衛生士のあるある。歯科衛生士だからこその内容を徹底解説!

歯科衛生士の仕事は医療関係のため普段話を聞く機会が少なく想像しにく人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士の仕事ならではのあるあるを通して身近に感じていただければ嬉しいです。今回はそんなあるあるについてお話しします。経験者が語る!歯科衛生士の仕事あるある。歯科衛生士のあるあるとはどのようなことがあるのでしょうか。実際に働いているからこそ話せるあるあるについてお話しします。人と話している時その人の歯をついつい見てしまう人の歯は職業柄的にとても気になってしまいます。いわゆる職業病ですね。「あの人、前歯に補綴物入ってるぽいなーなんの補綴物だろう?セラミックかな?」「あの人、歯並び綺麗なのは元からだな

歯科衛生士での復職はあり?ブランクのある方々への復職の際に注意するべきことをご紹介します。

歯科衛生士は離職率が高いと言われている仕事の一つと言われています。また、復職をためらう人も多く歯科衛生士の資格を取得しているが生かせてない人もいます。ではそれはどうしてなのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。歯科衛生士の仕事とはまず初めに、歯科衛生士の仕事についてお話しします。歯科衛生士の仕事を簡単に言うと、歯科医院の看護師のような役割をしています。歯科衛生士の主な業務はスケーリングというものになります。スケーリングとは歯のお掃除のことを言います。「プラーク」と呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを「歯石」と言うのですが、プラークは簡単に日々の歯磨きで落とすことが出来ます。すなわち歯磨

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士が転職する場合、どのように転職活動を行っている事が多いのでしょうか?転職情報を探す方法は、人づてや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。転職エージェントを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントって、何でしょうか?転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を、手助けしてくれます。料金は求人を出している側には発生

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的