歯科技工士は常に人手不足です。

国家資格であり誰にでも出来る仕事ではありません。

何よりも技術的に手先が要求される仕事ですね。

歯科技工士を考えている方、また歯科技工士で転職を考えている方へ、募集内容やおすすめの求人ポイントについてご紹介致しましょう。

歯科技工士求人の仕事内容とは?

歯科技工士の仕事内容には保険適用の技工物の作成、インプラントなどの作成です。

これは場所によりますが、患者に技工物の素材や保険適用なのか金額について説明も行ういます。

ほとんどは歯科技工所という所で働く技工士ばかりなので、患者と直接話す所は少ないですね。

保険適用の技工物作成

歯科技工士の主な仕事は保険適用の技工物の作成となります。

保険適用の技工物というのは詰め物や入れ歯などですね。

これらを常に作る仕事なのですが、毎日のように技工物は作成しなければいけません。

それも短時間でたくさん作ることを求められているので、四六時中この作業に追われると思ってください。

インプラントなどの作成

インプラントは保険適用ではありません。

ちなみに保険適用外の扱いになるのはインプラント、歯列矯正に当たります。

インプラントの制作に関してですが、こちらは差し歯や入れ歯などと異なり見た目重視であると考えておいてください。

近年芸能人でもインプラントを希望されている方が増えており、インプラントを希望される方が多いです。

インプラントは保険適用ではないため金額がはね上がります。

インプラントは誰にでも出来るものではなく、見た目の美しさなど精巧な技術が必須であるため新人ではまだ出来ないそうですね。

患者と話す

この辺は患者、歯科医師と話して決める形ですね。

病院やクリニックに勤めている歯科技工士のみに当てはまるのですが、差し歯や入れ歯、インプラントを作成するにおいて患者と直接話を行います。

患者に歯の素材をどれにするのか、また技工物の説明や注意点、保険適用になるのかなども説明を行わなければなりません。

歯の素材というのはプラスチックやセラミックのことを指します。

人によってどの素材が良いのか?

またその素材にすることで金額がどのくらいの差があるのか?

などを説明会する必要があるのです。

患者と話した後、歯科医師と共に歯の治療計画を立てて技工物を作成していく形です。

歯科技工士求人でよくある募集内容とは?  

歯科技工士求人でよくある募集内容に関してお伝えしましょう。

そもそも歯科技工士の給料相場はいくらなのか?

勤務時間、休日はどのくらいあるのか気になる所ですよね。

求人広告などには基本的なことは書かれているのですが、何がどのくらいが平均なのかチェックしてみてください。

給与相場

歯科技工士の給料は正直そんなに高くはありません。

月15万~18万程度であるため、国家資格のある医療職だとしてもそんなに儲かっていないのは事実でしょう。

初期の年収は300万いかない所も多いそうですね。

あくまでも初期はその程度というだけで、勤続年数と技術が上がり認められるようになれば給料は少しずつアップでにます。

ただ初期はハードな仕事の割に給料はそこまで良い訳ではないので、状況によって嫌になってしまう方も多いのです。

そのため継続出来ずに辞めてしまう方もいるほどですね。

これはどこでの歯科技工所でも同じことが言えるのですが、全体的に大きなアップは望めないと思っておいてください。

若い内は修行の身でもあるので仕方がないのですが、ある程度経験を積めば収入はアップしていきます。

病院や歯科医院も金額的には同じではあるのですが、もう少し昇給は望めますよ。

勤務時間や休日、残業

歯科技工士の勤務時間帯なのですが、場所にもよります。

歯科技工所の場合は9時~20時、歯科クリニックは営業時間によって異なるが土曜日は大体午前中まで、病院勤務は8時半~18時という感じですね。

ただし定時であがれるわけではないので、その辺残業有りなのかチェックしておいてください。

ほとんどは残業有りの所ばかりなので、深夜越えする所も結構ザラではありますよ。

休日については基本的に週休二日制です。

技工所と病院勤務であれば土日祝日の休み、歯科クリニックは病院が決めた休みかシフト制になります。

求人によっては残業の有無が書かれていない所もあるので、面接時に必ず聞いておいた方がよいでしょう。

ちなみに年末年始、ゴールデンウイーク、夏季休暇などの長期休暇は取れるので安心してください。

福利厚生

福利厚生は医療系なので最低限の保証はしてもらえると思ってください。

社会保険、交通費、賞与などは期待が出来るレベルですね。

その他は扶養控除、退職金制度、住宅手当、セミナー参加費補助などがあります。

福利厚生は全て同じという訳ではないため、基本的なレベルかは見ておきましょう。

求められる人物像

求人広告に記載されている求められている人物像に関しては大体同じものが多いですね。

未経験可、ブランク可、年齢不問、新卒可などもいました。

他には普通自動車運転免許所持者もという所もあります。

普通自動車運転免許が必須な理由は、朝一で出来上がった技工物の納品や注文分の回収を行うということでしょう。

正直他の職業の求められる人物像と比べると、あることが分かってきます。

人手が足りていないからこそ、経験や年齢を問わないということですね。

普通は結構年齢不問という所は少ないんですよ。

大体年齢で左右されてしまう所の方が多く、経験は覚えたら良いというのもあるのでその辺は大丈夫みたいです。

50代の転職でも成功している方がいるので、そのくらい人材は問わないということになります。

歯科技工士求人のおすすめ求人のポイントとは?

歯科技工士のおすすめ求人ポイントに関してですが、労働条件や残業がどのくらいはチェックしておいた方が良いですね。

歯科技工士の残業はとても長いので気軽に考えない方が無難ですよ。

基本的な部分を抑えていけばそこまで問題はないのですが、福利厚生などはしっかりみておきましょう。

労働条件

労働条件に関してしっかりとチェックはしておいてください。

理由としてはネットの求人を検索した時、あまり細かな記載がない求人が多かったです。

給料だけを重視するのも大切ではあるのですが、

残業をチェック

残業のチェックは絶対にしておいてください。

実際筆者の友達が歯科技工士をしていたのですが、第一条件として、残業をチェックしていないと危険という話を聴きました。

その歯科技工士の友達は残業がない所で働いたそうですが、場所を選ばなければ体を壊しかねないということだったのです。

たまにであれば残業も良いとは思うのですが、毎日深夜時間帯の帰りなので家に帰ることが出来ないという人もいました。

帰ってすぐまた職場にとんぼ返りする生活は正直苦痛でしかありません。

求人広告の残業は多少盛っている所もあるので、どのくらいなのかは面接の時にチェックするか口コミで評判を調べてみてください。

福利厚生をチェック

国家資格である医療系の仕事なのですが、福利厚生は結構まちまちですね。

中には賞与の記載がない所もありました。

最低限度として賞与、交通費、社会保険の3つはある所をチョイスしましょう。

この辺は絶対にないと自分が後で働いている時ばかばかしくなってしまうのです。

実は基本的に国家資格のある医療系は福利厚生がしっかりしている所が多いんですよ。

意外と福利厚生がどれも適当すぎて焦りましたね。

地域差も多少あるとは思いますが、これで良いやと思って求人を選ばないことをおすすめします。

週休二日制

週休二日制は当たり前ではないと思ってください。

週休二日制ではあるものの、隔週の土曜日が出勤という所もあるのでその辺は気を付けて下さい。

隔週制度は普通の企業では結構あるものですが、残業がめちゃくちゃ多い所ですと本当にキツイですよ。

その辺はよく考えて週休二日制かどのような制度が良いかを見ておくと、自分の体に負担がかかることはないでしょう。

個人営業か法人をチェック

歯科技工所、歯科医院はほとんど個人営業でしていることが多いです。

個人営業か法人をチェックすることによってどうなるのかという点ですが、経営者の年齢には気を付けておいた方が良いでしょう。

歯科医院などであればイメージしやすいと思うのですが、院長の年齢が60歳以上を超えてしまった場合、歯科医院を閉鎖してしまうことがあります。

跡継ぎがいれば問題がないのですが、中には後継ぎがいないため継続ができないという所もあるのです。

最近では跡継ぎがいない場合、別の経営者を探すという方針も取っているようなのでそこまで深刻なものではないのかもしれませんが、自分が長く勤めたいのかによってチェックしていた方が良いかもしれませんね。

歯科技工所はホームページがあれば確認してみて下さい。

歩合制度もあり?

基本的には求人に記載されているのは基本給ですね。

歩合制度もあるというのはあまり耳にしないかもしれませんが、歯科技工所の場合歩合制度があるそうですよ。

筆者の歯科技工所の友達から教えてもらったことがあります。

何故歩合制度なのかというと、たくさん作れば作る分給料に反映されるというスタンスを取っているようです。

歩合制度であれば給料を増やしたいがために、残業を積極的に行うという人もいます。

これはある意味では上手いやり方かもしれません。

ほとんどの所は残業代が出ない所もあるので、残業をしてもらいつつどんどん効率よく数をこなしてもらうには、歩合制度の方が事業主的には都合が良いのです。

給料制度の所がほとんどなので何とも言えませんが、こういうのもあるということだけ覚えて頂けたらと思います。

歯科技工士求人の仕事についてよくある疑問

歯科技工士の仕事に不向き不向きがあるのか、仕事内容はどこの職場も同じなのか気になるという方が多いですね。

そもそも歯科技工士自体安定した職業なのか?と色々あるようです。

気になる疑問について全てお答えしていきましょう。

仕事内容は同じ?

これはどこの職場でも仕事内容は同じなのか?ということのようです。

基本的にはそんなに変わりません。

ただ場所によってはパソコンのCAD/CAMというソフトで技工する所も増えています。

2014年以降からCAD/CAMを使用する所が多くなっているのですが、まだまだアナログ形式でやっていく職場もありますね。

ソフトを導入しているかしていないかによって多少なり変わってくると思ってください。

向いていない人はどんな人?

歯科技工士に向いていない人はそもそもどんな人物なのか?

手先が不器用な人、肌が弱い人が当たります。

基本的に手先が不器用な方は歯科技工士に向いていません。

その理由としては歯科技工士の仕事は手作業で行うからです。

技工物を削る時ミリ以下で削れと言われるので凄く難しいんですよ。

ミリ単位以下で削る理由に関しては、技工物は患者の歯そのものとなるからですね。

歯が合わなければかみ合わせが悪くなってしまい頭痛などを引き起こしてしまう原因となります。

患者当人でないとそのかみ合わせの良さは判断できません。

それゆえ削りすぎてしまったり、サイズが合わなさすぎると支障が出ると思ってください。

差し歯や入れ歯も精度が求められますが、インプラントは精度だけではなく見た目も重視されます。

インプラントの歯は遠くから見ても綺麗な歯ですよね。

近年芸能人でインプラントをされている方が多くなっているのですが、カミングアウトされるまでは全く分からないレベルです。

インプラント系は増えているので本当に職人レベルの精度が要求されますよ。

スキルアップするにはどうしたら良い?

スキルアップするためには、とにかく最初はひたすら削るしかありません。

こればかりはとにかく作業をこなすしかないのです。

単純に削るという作業であれば誰にでも出来るのですが、ミリ単位以下は感覚で行っているものだと思ってください。

よくテレビで見るような職人さんって体で全て覚えさせていると聞いたことはないでしょうか?

機械に頼るよりも人間の体は慣れてくると精密な動作が出来るようになります。

それ故にどんどん成功することが出来るのです。

ただこれは当人の性格にもよる所があるので向き不向きはありますよ。

歯科技工士は安定した仕事?

歯科技工士はそんなに安定している訳ではありません。

ずっとある仕事ではあるのでなくならないという意味では安定はしています。

ただし給料がそんなに高い訳ではないので、女性はともかく男性の歯科技工士と結婚して収入面で養っていけるかどうか不安という声もよく聞きますよ。

現在は共働きの所が多いのでそこまで問題ではないのですが、厄介なのは子供が生まれたらという話ですね。

子供が生まれた際結婚して家事を手伝ってほしいという女性はとても多いです。

実際分担制になっている所もよく聞き、家事を手伝ってくれない夫に対して怒りを募らせる女性もよくいます。

ハードな仕事が継続して続くこともある上に、休日はダウンしている確率が高いので喧嘩になってしまうことも結構あると言われていますよ。

そういう意味では女性がある程度理解のある方、またどちらかの実家近くに住んで育児を両親に助けてもらうという考えでいかないと高確率で失敗してしまいます。

一番良いのは女性側が高給取りであればそこまでという感じかもしれません。

就職先はどこがおすすめ?

歯科技工士の職場の8割が歯科技工所なのですが、一番おすすめなのは歯科医院や大学病院などある程度設備が整った所ですね。

歯科技工所をおすすめしにくい理由としては、個人事業主や小規模な会社が多いため福利厚生がそこまで期待できるものではないという所です。

実際求人を見て頂けるとわかりますが、福利厚生などに関してかなりふわっとした言い方をされている所が印象的でした。

歯科医院や大学病院などの大きな規模であれば福利厚生や待遇が充実しているため、働くのが苦痛ではないという方が多いのです。

離職率って実は高い?

離職率は実は高いですね。

待遇的にもそんなに良くないですし、肉体的にもずっと負担がかかる仕事なので体に支障が出る方もいます。

筆者の歯科技工士の友達はストレスや技工物を削っている時の粉の影響によって、全身じんましんのようなブツブツが出来てしまったそうです。

全員という訳ではないのですが、肉体的な負担がかかることは明確であり、睡眠不足などによって体調を崩してしまうことがあります。

そのため離職してしまう方は非常に多いのですよ。

病気になってしまった場合、回復しようにも環境が変わらなければ治らない可能性は高いですからね。

肉体的なものだけではなく、精神的なものもあるので継続しにくいのは事実でしょう。

結婚しながら継続は出来る?

多くの医療系の仕事というのは結婚しながら働く人もいます。

特に国家資格を持っている人間の場合はそれが望むことも可能です。

しかし歯科技工士の場合は結婚後に退職してしまうことが非常に多いんですよ。

理由としては労働時間が長く短縮しにくい環境でもあるので、期待できない所ばかりでしょう。

昔は結婚後は辞めてしまう人ばかりでしたが、現在は歯科技工士が不足していることもあり、場所によっては歯科技工士がパートとして働くというスタンスをとっています。

技術だけの問題ではなく、戦力としてなりうる人物は出来ればずっと働いてほしいという気持ちが強いので、ある程度は働けるようになっている人が多いです。

ただ結婚後は継続して正社員として働く方も多いのですが、時間短縮すると周りから嫌味を言われる可能性が高いのでパートとして働くことをおすすめします。

規模が大きい歯科医院や病院の歯科技工士であれば出産や育児休暇などの制度がある上に、託児所完備という所もあるので結婚後も働きたいという人は歯科技工所は辞めておいた方が良いでしょう。

歯科医院の離職理由

歯科医院の場合、待遇や給料面は期待できるのですが上司との兼ね合いが問題となるケースが多いです。

理由としては歯科医が金の亡者かにもよるようですね。

歯科技工士への配慮がない歯科医ですと、歯科技工士の都合も考えなくどんどん技工物の仕事を取ろうとします。

実際お金を儲けるには技工物の注文をどんどん受けるのが手っ取り早いのですが、そのせいで疲弊してしまう歯科技工士も結構います。

歯科医全員ではないのですが、あまり評判が良くないような歯科医院は避けておいた方が無難でしょう。

上司と対立してしまい辞めるという所もよくある話ですからね。

ブランクがあっても大丈夫?

結婚、子育てによって歯科技工士の仕事から離れてしまう人はいるのですが、パートとして働きたいという方もいます。

パートであればそこまで苦痛を伴う訳ではないので、気楽に復帰されるという方は多いようですね。

一番良い働き方ではあるのですが、問題がありブランクの穴を埋めるのが大変だったという人もいました。

どんなに腕があった人だったとはいえ、結婚して子育てが安定するのを想定すると5年以上していないことになります。

人間は感覚や慣れの生き物なのでやってると感覚を取り戻す人もいるのですが、中々感覚を取り戻せない人もいたのでこの辺は厳しいかもしれません。

ただほとんどの現場はブランクOKの所も多いですし、全然いけるでしょう。

パートでも良いからという所もあるので、是非応募してみる価値はありますよ。

残業代って出ないの?

残業が多いとはお話ししましたが、そもそも残業代はでないのか?

気になる所ですよね。

残業代が出るところは全部ではないのは事実です。

福利厚生の欄を見ていただければ分かるかと思います。

残業代というのは福利厚生の中に含まれるものです。

歯科技工所で出る所は少ないとされています。

待遇や福利厚生がちゃんとしている病院や歯科医院であればある程度期待ができると思っておいてください。

まとめ

歯科技工士でよくある募集内容に関してですが、歯科技工士は一番何を重視するのかチェックしておいた方が良いです。

一番残業が多い仕事でもあるので、その辺は気を付けておいた方が安心ですよ。

昔は残業があまりにも多すぎてその日の内に帰れないという人も多かったです。

しかし現在ではそのようなことがあるととても継続ができにくいので、嫌で辞めてしまうという人が増えてしまいある程度改善はされています。

残業が嫌だという人はその辺よく見ておいてくださいね。



歯科技工士求人に関するコラム

歯科技工士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う4つの理由

歯科技工士の将来性に関してですが、そもそも歯科技工士の仕事を理解していないと難しいでしょう。基本的に単純作業であるため、歯科技工士本人ですと分かりにくい所があるようです。ほとんどが歯科技工所で働いている人が多いので気が付かないかもしれませんが、歯科技工士には歯科技工士にしかできない将来性があると思ってください。歯科技工士の仕事内容は?歯科技工士の仕事内容ですが、入れ歯や差し歯の作成を行います。まず仮の歯を作成し、少しずつ調整していきながら様子を見るのです。何故仮の歯がいるのかというと、仮の歯で様子を見ておかないとかみ合わせが悪くて体調が悪くなります。その他にもインプラントやマウスガードなどの作

歯科技工士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

歯科技工士は資格が必要な資格であると思ってください。誰もが出来る資格ではないため、専門学校で勉強しなければいけません。これから歯科技工士を目指している方へ、どんな仕事なのか?また歯科技工士になる方法と募集先についてご紹介していきましょう。歯科技工士ってどんな仕事をするの?歯科技工士の仕事に関してですが、入れ歯や差し歯などの技工物を作成したり調整する仕事であると思ってください。歯科医師の指示の元で入れ歯などの技工物を作成していくのですが、中には入れ歯がかけたとかなくしてしまったという人もいるので修理なども仕事に入ります。表舞台に立つ仕事ではないためあまり知られていない方も多いようですが、歯科技工

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

歯科技工士のやりがいとは?経験者の私が感じる3つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

歯科技工士は現代になくてはならない仕事の1つです。若い方にはあまり関係ないかもしれませんが、自分が将来年配者になった時そのありがたみに理解出来るかもしれませんね。歯科技工士のやりがいについてお話ししましょう。歯科技工士の大まかな仕事内容について理解しておこう歯科技工士の仕事は入れ歯、差し歯、インプラントなどの作成や調整などを行います。場所によっては患者に直接話して、歯の素材や説明などもしますよ。パソコンのソフトを使用して歯の模型を作成し、インプラントなどを作ったりするのも仕事です。歯科技工士の仕事のやりがいってどんなもの?歯科技工士のやりがいは職人職であるということです。歯科医院に勤務している