歯科技工士の求人を探している方におすすめな情報をまとめてみました。

ぜひ最後までご覧ください。

歯科技工士は国家資格であり、免許を必ず取得しないといけないので、本当になりたいという方が目指す職業ですよね。

そんな歯科技工士として働くにはどのような職場がおすすめなのでしょうか?

ここでは、歯科技工士を目指そうと考えている方、また歯科技工士で転職を考えている方へ、募集内容やおすすめの求人ポイントなどについてご紹介致します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「歯科技工士」の仕事例をチェック

歯科技工士求人の仕事内容とは?

歯科技工士の仕事内容には保険適用の技工物の作成、インプラントなど保険適用外の技工物の作成などがあります。

また、勤務先にもよりますが、患者さんに技工物の素材や保険適用の有無、それぞれの金額について説明を行う場合もあります。

しかし、歯科医院ではなく歯科技工所で働く技工士が多いので、患者さんと直接話す機会は少ないです。

保険適用の技工物作成

歯科技工士の主な仕事は、保険適用の技工物の作成となります。

保険適用の技工物というのは詰め物、被せ物、入れ歯などです。

これらを作るのが仕事となりますが、毎日毎日、技工物を作成しなければなりません。

それも、短時間で沢山作ることを求められるので、勤務中は常に技工物の作成に追われると思ってください。

インプラントなどの作成

インプラントは保険適用ではありません。

ちなみに保険適用外の扱いになるのはインプラント、セラミックによる技工物、金属床を使用した入れ歯、歯列矯正などがあります。

インプラントの制作に関してですが、こちらは差し歯や入れ歯などと異なり見た目重視であると考えておいてください。

近年芸能人でもインプラントを希望されている方が増えており、インプラントを装着される方も多いです。

インプラントは保険適用ではないため高額になります。

また、インプラントは誰にでも作成できるものではなく、見た目の美しさ以外に精巧な技術も必須となるため、かなりの技術を持った技工士が作成することになります。

患者さんと話す

勤務先の歯科医師の方針次第なのですが、患者さんと直接お話して決めることもあります。

病院やクリニックに勤めている歯科技工士のみに当てはまるのですが、差し歯や入れ歯、インプラントを作成する前の段階で患者さんと直接お話をします。

患者さんに歯の素材をどれにするのか、また技工物の説明や注意点、保険が適用されるのかどうかなどの説明も行います。

歯の素材というのはプラスチックやセラミックのことを指します。

その患者さんの状態ならどの素材が良いのか?

また、その素材で作成することで金額がどのくらい違ってくるのか?

などを説明する必要があります。

患者さんと話した後、歯科医師と共に歯の治療計画を立て、技工物を作成していく形となります。

歯科技工士の求人でよくある募集内容とは?  

歯科技工士の求人でよくある募集内容に関してお伝えします。

そもそも歯科技工士の給料相場はいくらなのか?

勤務時間、休日はどのくらいあるのか?

残業は月に何時間ぐらいなのか?

ボーナスや昇給はあるのか?

などが気になると思います。

求人票などには基本的なことは書かれているのですが、どのくらいが平均なのかをチェックしておくのは大事です。

給与相場

歯科技工士の給料は、正直そんなに高くはありません。

月15万円~18万円程度であることが多く、国家資格の医療職でありながら、そんなに高くないと言えます。

初年度の年収は300万円いかないところも多いです。

あくまでも最初はその程度というだけで、勤続年数と技術の向上が認められてくれば、給料は少しずつアップします。

ただ最初の頃は、ハードな仕事の割に給料はそこまで良いわけではないので、状況によっては仕事が嫌になってしまう技工士も少なくありません。

そのため、継続できずに辞めてしまう技工士も多いです。

これはどこの歯科医院、歯科技工所でも同じことが言えるのですが、全体的に大きなアップは望めないと思っておいた方が無難です。

新人の頃は修行中の身でもあるので給料が安いのは当然で、ある程度経験を積めばアップしていくことが多いです。

勤務時間や休日、残業

歯科技工士の勤務時間帯なのですが、場所にもよります。

基本的に、歯科技工所の場合は9時~18時、歯科クリニックや病院では診療時間によって異なりますが平日で9時〜18時、土曜日は大体午前中までというところが多いです。

ただし、定時であがれることは少ないですから、おおよその月間残業時間をチェックしておくことは大事です。

残業有りのところがほとんどで、深夜まで働くところも結構多いです。

休日については、週休二日制のところは少なく、土曜午後と日曜が休みの週休1.5日が一般的です。

技工所であっても病院や歯科クリニック勤務でも変わりませんが、土日祝日に稼働している技工所や歯科の場合は、休みがシフト制になります。

求人によっては残業の有無が明示されていないところもありますので、面接時に必ず確認しておいた方が良いでしょう。

ちなみに年末年始、ゴールデンウイーク、夏季休暇などの長期休暇はありますが、それでも休日出勤しないといけないところもありますので、こちらも面接の時に確認しておいた方が安心です。

福利厚生

福利厚生は最低限の保証はしてもらえると思ってください。

社会保険、交通費、賞与などはあるところがほとんどです。

その他は残業手当、扶養控除、退職金制度、住宅手当、セミナー参加費補助などが設けられているところもあります。

福利厚生はどこも同じというわけではないため、必ず求人票や面接で確認することが大事です。

求められる人物像

求人票に記載されている、求められる人物像に関しては大体同じものが多いです。

未経験可、ブランク可、年齢不問、新卒可などの記載が多いです。

これは、人手が足りていないから経験や年齢を問わないところが多いのです。

通常、年齢不問という求人は少なく、大体年齢で左右されてしまうところの方が多いですが、

歯科技工士は年齢よりも技術が重要ですので、50代の転職でも成功している方がいらっしゃいます。

他には、出来上がった技工物の納品や注文分の回収業務などを行うということで、普通自動車免許の取得が必須というところもあります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

歯科技工士のおすすめ求人のポイントとは?

歯科技工士のおすすめ求人ポイントに関してですが、労働条件や残業がどのくらいかは必ずチェックしておいた方が良いです。

歯科技工士の残業はとても長いので、一般的な残業とは違うと考えてください。

福利厚生などもしっかりと確認しておきましょう。

労働条件

給料を重視するのも大切ではあるのですが、労働条件に関しても、しっかりと確認しておきましょう。

あまり細かな記載がない求人も多いので、実際に働きだしてから不満に感じるよりも、事前の確認が重要です。

残業時間の確認

残業時間の確認は必ずしておきましょう。

歯科技工士の友達は残業がないところで働いたそうですが、場所を選ばなければ体を壊しかねないということだったのです。

ほとんどの歯科技工所、歯科医院、病院では当たり前のように残業があり、勤務先によっては残業が深夜にまで及ぶこともあります。

時々であれば残業も苦にならないとは思うのですが、毎日深夜までの残業となると大変です。

帰ってシャワーを浴びて2時間~3時間ほど寝たらすぐまた出勤するような生活は、苦痛でしかありません。

また、求人票にの残業時間の記載があったとしても、過少申告しているところもあるりますので、実際はどのくらいなのかを面接の時に必ず確認するようにしてください。

福利厚生をチェック

福利厚生は勤務先によって結構変わってきます。

中には賞与の記載がないところもあります。

最低条件として賞与、交通費、社会保険、昇給が記載されているところを選びましょう。

これらがないと、勤務してから後悔することになるでしょう。

実は、基本的に国家資格のある医療職は福利厚生がしっかりしているところが多いのですが、歯科技工所などで個人経営の小規模なところは福利厚生が不十分なこともあります。

決して妥協せずに、詳細なところまで比較して応募されることをおすすめします。

週休二日制

週休二日制ではないほうが当たり前と思ってください。

歯科技工士の数に余裕があれば週休二日制も可能でしょうが、ギリギリの人数でやっているところがほとんどなので、週休二日の記載があっても休日出勤の可能性があります。

一般企業では週休二日制が浸透していますが、歯科技工士の世界ではまだまだなところが多いです。

個人営業か法人かをチェック

歯科技工所、歯科医院はほとんど個人経営でしていることが多いです。

個人営業の場合は特に経営者の年齢は確認しておいた方が良いでしょう。

歯科医院などであればイメージしやすいと思うのですが、例えば院長の年齢が70歳を超えてしまった場合、歯科医院を閉院してしまうことがあります。

後継者がいれば問題がないのですが、中には後継者がいないため継続できないというところもあります。

最近では、後継者がいない場合は引き継いでくれる歯科医を探すという医院もあるようなので、そこまで深刻なものではないのかもしれません。

しかし、院長先生の年齢によっては途中で閉院する危険性があることを考えて勤務先を検討した方が良いのかもしれません。

なお、歯科医院や歯科技工所でホームページがあれば、ぜひ事前に確認してみることも大事です。

歩合制度もあり?

基本的には求人に記載されているのは基本給となります。

歯科技工所の場合は、歩合制度を採用しているところもあります。

歩合制度ですと、頑張れば頑張った分だけ給料に反映されるというメリットがあります。

そのため、歩合制度による給料を増やしたいために、積極的に残業を行うという技工士もいます。

残業代が出ないところも多いので、残業をしてもらいつつどんどん効率良く数をこなしてもらうには、歩合制度の方が事業主的には都合が良いのです。

稀にですが、歯科医院でも歩合制度を採用している場合があります。

院内ラボ(院内技工所)といって歯科医院内に間借りしているような感じで、作成数に応じて給与に反映されます。

給料制度の所がほとんどなのですが、稀に歩合制度のところもあるということを覚えて頂けたらと思います。

歯科技工士求人の仕事についてよくある疑問

歯科技工士の仕事に不向き不向きがあるのか、仕事内容はどこの職場も同じなのか、そもそも歯科技工士自体安定した職業なのか気になるという方が多いと思います。

気になる疑問について全てお答えしていきます。

仕事内容は同じ?

どこの職場でも仕事内容は同じなのか?という疑問ですが、基本的にはそんなに変わりません。

ただ、勤務先によってはパソコンのCAD/CAMソフトを使用して技工物を作成するところも増えてきています。

2014年以降からCAD/CAMを使用するところが多くなっているのですが、まだまだ以前と変わらない方式でやっている職場も多いです。

ソフトを導入しているかしていないかによって、作成方法が変わってくると思ってください。

向いていない人はどんな人?

歯科技工士に向いていない人はそもそもどんな人物なのか?

手先が不器用な人、肌が弱い人は厳しいかもしれません。

基本的に歯科技工士の仕事は手作業で、しかもmm単位未満の作業が多いので、手先が不器用な方は歯科技工士に向いていません。

技工物は患者さんの歯そのものとなります。

ですから、技工物が隣接する歯や対合する歯と合わなければ噛み合わせが悪くなってしまい、二次的な虫歯、頭痛、肩凝りなどを引き起こしてしまう原因となります。

患者さん本人でないとその噛み合わせの具合は判断できません。

それゆえ、患者さんの細かい要求に応える必要があり、mm単位以下で削ることになります。

削りすぎてしまったり、サイズが合わなさすぎると、必ず患者さんに支障が出ると思ってください。

差し歯や入れ歯も精度が求められますが、インプラントは精度だけではなく見た目の綺麗さも重視されます。

インプラントの歯は遠くから見ても綺麗です。

近年は芸能人でインプラントをされている方が多くなっているのですが、本人がカミングアウトされるまでは全く分からないほどのレベルです。

インプラントの需要は増えてきているので、かなりハイレベルな技術が要求されます。

スキルアップするにはどうしたら良い?

スキルアップするためには、とにかく最初はひたすら作成するしかありません。

こればかりは、とにかく作業をこなすしかないのです。

単純に削るという作業であれば誰にでもできるのですが、mm単位未満は非常に繊細な感覚で行っているものだと思ってください。

よくテレビ等で、職人さんは体で全て覚えさせていると見聞きしたことはないでしょうか?

機械に頼るよりも、人間の体は慣れてくると精密な動作ができるようになります。

それ故にどんどん成長することができるのです。

ただこれは当人の性格にもよりますので、向き不向きはあると思われます。

歯科技工士は安定した仕事?

歯科技工士はそんなに安定しているわけではありません。

昔からずっと存在している仕事ではあるので、なくならないという意味では安定はしています。

ただし給料がそんなに高いわけではないので、女性はともかく男性の歯科技工士の場合は結婚して収入面で養っていけるかどうか不安という声もよく聞きます。

共働きの場合はそこまで問題ではないのですが、子供が生まれたら不安という話です。

結婚して子供が生まれた場合、家事や育児を手伝ってほしいと願う女性はとても多いです。

実際、家事や育児を分担制にしている家庭も多く、家事や育児を手伝ってくれない夫に対して怒りを募らせる女性もよくいます。

ハードな残業が続くこともある上に、休日はダウンしている確率が高いので、喧嘩になってしまうことも多々あると言われています。

そういう意味では、女性がある程度理解のある方、またどちらかの実家近くに住んで家事や育児を両親に助けてもらえる環境ですと、かなり助かると思われます。

就職先はどこがおすすめ?

歯科技工士の約7割が歯科技工所で働いていますが、おすすめなのは歯科医院や大学病院の歯科や口腔外科などある程度設備が整ったところです。

歯科技工所をおすすめしにくい理由としては、個人事業主や小規模な会社が多いために福利厚生がそこまで期待できるものではないというところです。

実際求人を見て頂けると分かりますが、福利厚生などに関してかなりぼかしたような言い方をされているところも多いです。

歯科医院や大学病院などの大きな規模であれば福利厚生や待遇が充実しているため、働くのが苦痛ではないという方が多いのです。

離職率って実は高い?

離職率は実は高いです。

待遇的にもそんなに良くないですし、肉体的にもずっと負担がかかる仕事なので健康に支障が出る方もいます。

仕事や残業に対するストレスや技工物を削っている時の粉の影響によって、全身蕁麻疹のようなブツブツができてしまった人もいます。

全員というわけではないのですが、肉体的な負担がかかることは明確であり、睡眠不足などによって体調を崩してしまうこともあります。

そのため離職してしまう方は非常に多いのです。

勤務先の環境が原因で病気になってしまった場合、回復しようにも環境が変わらなければ治らない可能性は高くなります。

肉体的なものだけではなく、精神的なものが大きな負担となる場合もあるので、その両方で不満を感じると継続しにくいでしょう。

結婚しながら継続はできる?

多くの医療系の仕事では、結婚した後も働く人がいます。

特に国家資格を持っている場合は、その傾向が強いです。

しかし、歯科技工士の場合は結婚後に退職してしまうことが非常に多いです。

理由としては、労働時間が長く短縮しにくい環境でもあるので、結婚生活に支障が出るからでしょう。

しかし、現在は歯科技工士が不足していることもあり、勤務先によってはパートとして働ける場合もあります。

技術だけの問題ではなく、勤務先で戦力としてなり得る人物は、有利な条件で継続して勤務できるかもしれません。

ただし、時間短縮すると他の歯科技工士の負担が増えることになり嫌味を言われる可能性も高いので、可能であればパートとして働くことがおすすめかもしれません。

規模が大きい歯科医院や病院の歯科技工士であれば、産前休業や産後休業などの産休、育児休暇などの制度がある上に託児所完備というところもあるので、結婚後も働きたいと思っている人は、そういう場所で働いた方が良いと思われます。

歯科医院の離職理由

歯科医院の場合、待遇や給料面は期待できるのですが、上司(特に院長先生)との関係が問題となるケースが多いです。

歯科医の考え方で大きく左右されます。

歯科技工士への配慮がない歯科医ですと、歯科技工士の仕事量に配慮なく、どんどん技工物の指示を出してきます。

実際、歯科医院の収入を上げるには技工物をどんどん作成するのが手っ取り早いのですが、そのせいで疲弊してしまう歯科技工士が結構います。

もちろん、そんな歯科医ばかりではないのですが、あまり評判が良くないような歯科医院は避けておいた方が無難です。

あまりの残業の多さにイライラしてしまい、上司と対立して辞めるという話もよくあります

ブランクがあっても大丈夫?

結婚、子育てによって歯科技工士の仕事から離れてしまう人は多いのですが、パートとして働きたいという方もいます。

パートであればそこまで身体的な苦痛を伴うわけではないので、少しは気楽に復帰されるという方は多いようです。

一番良い働き方ではあるのですが、ブランクの穴を埋めるのが大変だったという人もいます。

どんなに技術があった人だったとは言え、結婚して子育てが安定するのを想定すると5年以上は仕事から離れていたことになります。

人間は感覚や慣れの生き物なので、やってると感覚を取り戻す人もいるのですが、なかなか感覚を取り戻せない人もいるので、人によっては厳しいかもしれません。

ただほとんどの現場ではブランクOKのところが多いですし、本人のやる気さえあれば大丈夫と思われます。

パートでも良いからというところもあるので、見学した上で応募してみるのも良いかもしれません。

残業代って出ないの?

残業が多いとはお話しましたが、残業代はどうなっているのか気になるところですよね。

残業代が出ないところも多く、出るところでも全部は出ないことが多いです。

福利厚生の欄を見ていただければ分かるかと思います。

残業代というのは福利厚生の中に含まれるものです。

歯科技工所では出るところは少ないとされています。

待遇や福利厚生がきちんとしている病院や歯科医院であればある程度期待ができますが、全額出るところは少ないと思います。

まとめ

歯科技工士の求人でよくある募集内容に関してですが、一番何を重視するのかチェックしておいた方が良いでしょう。

とにかく残業が多い仕事であるので、そのあたりは気を付けておいた方が安心です。

昔は残業があまりにも多すぎて、その日の内に帰れないという人も多かったです。

しかし現在では、そのような労働環境だと途中で辞める人が多くなるので、勤務先によりますがある程度は改善されてきています。

残業が嫌だという人は、特によく確認しておいてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



歯科技工士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科技工士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う4つの理由

歯科技工士の将来性に関してですが、そもそも歯科技工士の仕事を理解していないと難しいでしょう。基本的に単純作業であるため、歯科技工士本人ですと分かりにくい所があるようです。ほとんどが歯科技工所で働いている人が多いので気が付かないかもしれませんが、歯科技工士には歯科技工士にしかできない将来性があると思ってください。歯科技工士の仕事内容は?歯科技工士の仕事内容ですが、入れ歯や差し歯の作成を行います。まず仮の歯を作成し、少しずつ調整していきながら様子を見るのです。何故仮の歯がいるのかというと、仮の歯で様子を見ておかないとかみ合わせが悪くて体調が悪くなります。その他にもインプラントやマウスガードなどの作

歯科技工士になるには?国家資格が必要?!勉強すべきことや主な就職先についてもご紹介!

歯科技工士になるには何をすればいいのかをここでは詳しく解説させていただきます。歯科技工士は資格が必須な職業です。誰もが取れる資格ではないため、専門学校で勉強しなければいけません。そもそも歯科技工士の資格は難易度が高いのでしょうか?また、どのようなスキルが必要なのでしょうか?これから歯科技工士を目指している方へ向けて、知っておくべき情報を経験者の私が詳しくお話しします。歯科技工士ってどんな仕事をするの?歯科技工士の仕事に関してですが、入れ歯や差し歯などの技工物を作成したり調整する仕事であると思ってください。歯科医師の指示の元で入れ歯などの技工物を作成していくのですが、中には入れ歯がかけたとかなく

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

歯科技工士のやりがいとは?経験者の私が感じる3つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

歯科技工士はやりがいのある職業で、現代になくてはならない仕事の1つなんです。それは私たちにとって生涯大切にしなければならない歯を守る職業だからです。若い方にはあまり関係ないかもしれませんが、自分が将来高齢者になった時、そのありがたみに理解出来るかもしれませんね。なぜなら歯科技工士は難しい技術で入れ歯や差し歯等を作成、調整などをする業務だからです。そんな歯科技工士は大変そうなイメージもありますが、今回は経験者の私がやりがいについて詳しくお話していきます。歯科技工士の大まかな仕事内容について理解しておこう歯科技工士の仕事は入れ歯、差し歯、インプラントなどの作成や調整などを行います。場所によっては患

歯科技工士の仕事内容と向いている人・向いていない人の特徴・やりがい・大変なことについて解説します

歯科技工士の仕事はどんな人間に向いているのか、そもそもどんな仕事なのかを知らないという方は多いです。しかし、マイナーな仕事ではあるものの、最近は歯に関する需要が増えてきているので、認知度はアップしてきています。歯科技工士の役割や、どんな仕事内容なのか、向いている人・向いていない人の特徴、やりがいなどについてもご紹介していきます。歯科技工士とはどんな仕事?歯科技工士の仕事は患者さんの歯を補う、または作る仕事だと思ってください。詰め物、被せ物、差し歯、入れ歯、インプラントなどの技工物を作っているのが歯科技工士となります。作るだけではなく、再調整や修理も行います。勤務先の院長先生の考えにもよりますが