歯科技工士の将来性に関してですが、そもそも歯科技工士の仕事を理解していないと難しいでしょう。

基本的に単純作業であるため、歯科技工士本人ですと分かりにくい所があるようです。

ほとんどが歯科技工所で働いている人が多いので気が付かないかもしれませんが、歯科技工士には歯科技工士にしかできない将来性があると思ってください。

歯科技工士の仕事内容は?

歯科技工士の仕事内容ですが、入れ歯や差し歯の作成を行います。

まず仮の歯を作成し、少しずつ調整していきながら様子を見るのです。

何故仮の歯がいるのかというと、仮の歯で様子を見ておかないとかみ合わせが悪くて体調が悪くなります。

その他にもインプラントやマウスガードなどの作成も行いますよ。

最近ではパソコンソフトを使用して歯を作成している所もあります。

歯科技工士の将来性とは?

歯科技工士の将来性に関してですが、今現在めちゃくちゃ需要はアップしていますよ。

人間の歯というものは替えが利きません。

自分自身で置き換えてみるとお分かりになると思いますが、もし今の自分の歯がなくなったらどうされますか?

やっぱり凄く不便ではないでしょうか。

テレビを見ている方なら何となく気づいているでしょうが、芸能人のほとんどがインプラントや差し歯を使用されていますよね。

今後も必要なもの

現在芸能人で歯を歯列矯正されていたりインプラント、差し歯にされている方は非常に多いです。

もちろん差し歯などは一般人でもされている方は多いですが、インプラントとなると自由診療となってしまうのでお金に余裕のない人は出来ません。

芸能人がインプラントなどをする理由は歯を綺麗に見せたいからです。

ほとんどの人が初期段階では歯並びがガタガタの方が多いため、とても視聴者に見せられないという方もいます。

歯を綺麗にするだけではなく、かみ合わせの変化によって体調不良を訴える方もいるのです。

当たり前のように考えている方も多いのですが、歯というのは人間が食べ物を摂取するためには必要なものでしょう。

高度な技術がいる

職人作業であるため高度な技術は必要だと考えておいてください。

テレビをご覧になっている方は、職人系のドキュメンタリーをご覧になったことはありませんか?

職人さんは自分の感覚や長年の経験によって培われ、見事とも言える品を作り上げますよね。

歯科技工士も同じで削るだけの仕事に思われているようですが、インプラントなど見た目の美しさや本物に近いものを造形するとなると、技術や審美眼が必須となってきます。

もし自分が差し歯や何かでお世話になる時、目立つ位置に銀歯って嫌でしょう。

昔は医療技術が発達していた訳ではないため、他者から見える位置でも銀歯は当たり前の時代でした。

現在はそれを嫌がる方も多いため、歯科技工士の腕が良いと利用者的にも安心するんですよ。

日本製こその安心感

よく海外の方が日本の物は安心するという話を聞いたことがありませんか?

最近海外の方が日本に来ることが多いのですが、その内の目的として歯列矯正、インプラントや差し歯などをしにくる方がいるようですよ。

当然富裕層や日本にしばらく来日される方でないと出来ませんが、上記のように評価してくれているというのはよくある話ですね。

海外でもインプラント技術を受けれる所が増えてきているようですが、やはり日本で受けたいという方も結構います。

この仕事をずっとやっていたいと思う4つの理由

歯科技工士の将来性と関係する話ですが、そもそもこの仕事をずっとやっていたいと思う理由がなければ継続は出来ませんよね。

一般的に仕事をずっとしていたいと思うのは安定、給料、人間関係などですが人によってやりがいなどは異なります。

あなたなら何を求めますか?

歯科技工士の待遇

歯科技工士の待遇に関してですが、そもそも待遇が良くないと継続は出来ませんよね。

歯科技工士の待遇はあまり評判が良い訳ではないのですが、あくまでも場所によります。

一番理想的なのは病院や歯科医院ですね。

病院は求人が滅多にないのですが、待遇に関してはとても良いため病院に転職したいという歯科技工士も多いのです。

また病院であれば潰れるということはよほどのことがない限りありませんので、自分が定年するまで働けます。

歯科医院の待遇も歯科技工所に比べるととても良いんですよ。

ただ病院と異なりやっかいなのは跡継ぎ問題ですね。

職人仕事

集中力が高い人に左右されるかもしれませんが、歯科技工士は職人作業です。

ずっと同じことをやっているのが苦手だという方もいますが、人によりけりかもしれませんね。

職人仕事って結構面白くないですか?

最初は慣れなくても後から上手くなっていくという方もいます。

不器用だとしても努力して修練を積めば改善されるものです。

職人仕事というのは同じことの繰り返しに見えるかもしれませんが、作業工程は同じですが患者によって大きくことなります。

1つ1つ違うからこそ退屈しませんし、良いものを作成しようという気になるんですよ。

人手不足だからこそチャンス

現在歯科技工士は人手不足だと言われています。

新卒者で仕事を辞めてしまう方が多いため、若い人がいないという問題に直結しているのです。

昔は労働環境が非常に悪く給料も安くてしんどく継続出来ないという声が非常に多かったんですよ。

しかし現在は労働環境が改善されつつあり、新人でも出来る人には給料をアップするという処置をとるようにされています。

むしろ人手不足の方がチャンスだと思いませんか?

人数がいないからこそ自分を重宝してもらえたりしますので、交渉次第によっては給料をアップしてもらったり、将来的に役職に就くこともできるでしょう。

反対に人手が多いと需要がなく色々チャンスがなくなってしまうので、歯科技工士として活躍したいと思っている方はねらい目ですよ。

誰かの役に立つ仕事

歯って普段目に見える物なので分かりくいかもしれませんが、歯によって人間の健康は守られています。

人間はご飯を食べる際食事をかみ砕くのですが、歯がないと上手く噛めません。

おかゆやリゾットなど噛まなくても食べられるものはあるのですが、お肉などの固い物は歯がないと噛めませんよね?

歯が1本くらいなくても問題ないという方もいますし、一番多いのは元々の歯のメンテナンスや定期健診でさえサボってしまうような方がいます。

筆者は虫歯になったことはありませんが、親知らずによってしんどい思いをしたことがあります。

その時歯って人間の健康を左右するものだと思い知らされました。

差し歯やインプラントに至ってもそうです。

元々自分の歯ではない人工の歯を使用するので、合う合わないは出てきて当然かもしれません。

歯がなくて困っている人、歯並びがガタガタでコンプレックスを抱いている方は非常に多いですよ。

直接患者と接することはなくても、あなたの周りでそういう方はいませんか?

作業をしている時は分かりにくいのですが、歯科技工士は誰かの生活を助けているのです。

けど、歯科技工士って大変なところも・・・。

歯科技工士の仕事というのは職人作業です。

病院、クリニックで働いている歯科技工士でない限り、患者の顔が見えないため何のためにかんばっているのか理解できないという所がネックになっているかもしれません。

患者の顔が見えない仕事というのは何を意味するのか?

またそれ以外の大変な所もお伝えしていきましょう。

患者と接する仕事ではない

病院、歯科医院の歯科技工士であれば患者と接します

インプラントや入れ歯などを作成する場合、直接歯科技工士が説明し患者と相談するので接点はありますね。

しかし、7割は歯科技工所で働く人間の方が多いため、精神的に苦痛になってきてしまうのですよ。

患者のために技工物を作成していることは理解しているのですが、工場で働くと黙々と仕事をするため若い方だと熱意がどうしてもモテないという方が非常に多いのです。

そういう意味では患者とまだ近い位置にある所での就職をおすすめします。

特に気にしない人であれば問題ないのですが、中にはそれを嫌がる方もいますからね。

集中力が必要

集中力がないと継続は出来ない仕事です。

歯科技工士の仕事は単純作業ではあるものの、ただ削れば良いという訳ではないからですね。

少しでも多く削ってしまうと患者の歯に影響を与えてしまいます。

見た目では分かりにくいのですが、何度も調整して仮の歯の様子を見ていかないといけないため精密さが要求されるものなのです。

集中力が元々高い人なら気が付きにくいのですが、集中力がない人間はすぐに眠くなってしまう方が結構いますよ。

歯科技工士ではないのですが、筆者は単純作業している方数名からそのような話を聞いたことがあります。

集中力がない人間ほど仕事にやる気がなくだらけてしまいミスをしやすくなってしまうんですよね。

よくご飯食べて眠くなったから集中力が切れるという方もいるのですが、そういう方は歯科技工士をやる資格がありません。

単純作業ほど良し悪しが出てしまうので難しいものですよ。

集中力が途切れないコツはいくつかあるのですが、これは精神的なものも関係してきます。

手先の器用さ

慣れてくるとマシにはなると思うのですが、歯科技工士の仕事は手先の器用さによって変化してきます。

手先の器用さは結構重要であると思ってください。

単純に削るだけではなくて、ミリ以下の細かさを要求されることもあるからです。

患者の健康に左右されるため、本当に難易度が高いんですよ。

実は手先の器用さに関してですが、性格なども大きく左右されると言われています。

理由としては手先の器用な人間は黙々と仕事をこなせるのと上達が早いからです。

手先が不器用な人間は多いかもしれませんが、手先が不器用な性格の人間は怠け者になります。

器用な人間と不器用な人間の性格は明白ですよ。

新人の間は苦行

新人の間は作成に時間がかかってしまうため、労働時間と全く見合わない給料を支給されることが多いのです。

そのため辞めていく方も後を絶ちません。

現在歯科技工士不足であるのは給料面に関してが問題になっています。

しかしあくまでも初期段階の内であるため、仕事が出来るようになれば段々変わってきますよ。

歯科医院は医師による

近年歯科医院の数は増えています。

歯科医院の院長の性格にもよるのですが、守銭奴だとどんどん仕事を増やされるため、歯科技工士のキャパシティを超えるような仕事量を押し付けられてしまうこともあるのです。

全員そうだとは言えないのですが、歯科医師は人によって凄く性格がキツイ方もいます。

そのせいで折り合いがつかず仕事を辞めてしまうという方もいるんですよ。

守銭奴だと判断した場合は気を付けないといけません。

歯科技工所だと将来的に継続が難しい

これも全部が全部そうだとは言えませんが、歯科技工所の場合は歯科技工士が開業しています。

病院だと跡継ぎ問題などは多少あるものですが、代わりはいくらでもいるものです。

しかし、歯科技工所の場合は跡継ぎがいないケースが多いため、経営者が継続出来ないと判断した場合歯科技工所を閉めてしまうことも少なくありません。

誰でもずっと同じ所で働きたいものですよね。

女性の場合だと結婚や出産の関係でずっとは難しいかもしれませんが、ある程度子供が大きくなったら働きたいと思うのは当然でしょう。

主婦層は良いのですが、男性の場合は家庭を支えなければいけないため結構苦しくなってしまいます。

もちろん全部がそうだという訳ではないのですが、歯科技工所の場合はそのようなことがあると考えておく必要がありますね。

まとめ

今現在歯科医院の数はコンビニよりも圧倒的に多いと言われています。

筆者の地元にも5件ほど歯科医院が存在しているのですが、やはりやり方によっては全然違いますね。

今現在歯科技工士の職につくことは難しくはありませんし、働き口はたくさんあります。

歯科技工所が圧倒的に多いのですが、本当に場所によって左右されるためどこが良いかなどは難しいでしょう。

待遇に関して嫌だと思うような所もありますが、初期段階の内で辞めてしまうと成長が出来ないのは事実です。

今現在オートメーション化が進んでいるため、当たり前に出来る仕事は徐々に需要がなくなってしまっています。

歯科技工士の需要にかんしては職人技術であるため、機械が全部出来るという訳ではないのですよ。


関連キーワード

歯科技工士求人


歯科技工士求人に関するコラム

歯科技工士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

歯科技工士は資格が必要な資格であると思ってください。誰もが出来る資格ではないため、専門学校で勉強しなければいけません。これから歯科技工士を目指している方へ、どんな仕事なのか?また歯科技工士になる方法と募集先についてご紹介していきましょう。歯科技工士ってどんな仕事をするの?歯科技工士の仕事に関してですが、入れ歯や差し歯などの技工物を作成したり調整する仕事であると思ってください。歯科医師の指示の元で入れ歯などの技工物を作成していくのですが、中には入れ歯がかけたとかなくしてしまったという人もいるので修理なども仕事に入ります。表舞台に立つ仕事ではないためあまり知られていない方も多いようですが、歯科技工

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

歯科技工士のやりがいとは?経験者の私が感じる3つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

歯科技工士は現代になくてはならない仕事の1つです。若い方にはあまり関係ないかもしれませんが、自分が将来年配者になった時そのありがたみに理解出来るかもしれませんね。歯科技工士のやりがいについてお話ししましょう。歯科技工士の大まかな仕事内容について理解しておこう歯科技工士の仕事は入れ歯、差し歯、インプラントなどの作成や調整などを行います。場所によっては患者に直接話して、歯の素材や説明などもしますよ。パソコンのソフトを使用して歯の模型を作成し、インプラントなどを作ったりするのも仕事です。歯科技工士の仕事のやりがいってどんなもの?歯科技工士のやりがいは職人職であるということです。歯科医院に勤務している