歯科技工士は現代になくてはならない仕事の1つです。

若い方にはあまり関係ないかもしれませんが、自分が将来年配者になった時そのありがたみに理解出来るかもしれませんね。

歯科技工士のやりがいについてお話ししましょう。

歯科技工士の大まかな仕事内容について理解しておこう

歯科技工士の仕事は入れ歯、差し歯、インプラントなどの作成や調整などを行います。

場所によっては患者に直接話して、歯の素材や説明などもしますよ。

パソコンのソフトを使用して歯の模型を作成し、インプラントなどを作ったりするのも仕事です。

歯科技工士の仕事のやりがいってどんなもの?

歯科技工士のやりがいは職人職であるということです。

歯科医院に勤務している技工士以外は、直接患者と接することはありません。

人と接するのが好きな方であれば苦痛に感じる方もいるようですが、黙々と仕事をこなすことが出来るのがメリットでしょう。

経験者の私が歯科技工士の仕事でやりがいを感じた3つの瞬間

何でやりがいを感じたかをお伝えする前に、歯科技工士という仕事は職人仕事であることは理解して頂けたらと思います。

歯科技工士はパソコンも扱いますが、手先の器用さを要求される仕事でもあります。

精度が要求される、集中してできることがやりがいになってくるのです。

職人仕事

歯科技工士の仕事は職人仕事です。

医療職ではあるものの、患者を治療する業務に携わっているわけではありません。

差し歯や入れ歯を削って微調整していく仕事であるため、仕事内容はほぼ職人と言っても過言ではないでしょう。

近年は機械が精密になってきてはいるものの、微調整は人の手でないと出来ない所も多いのです。

精度が要求される仕事

ミリ単位以上で精度を要求される仕事です。

よくある本当に難しい注文というやつですね。

こういうのは普通にある話で、しかも曖昧に言われることが多く微調整は体感覚で行うこともあると思ってください。

よくある職人風のやり方と本当に一緒です。

最初の内は慣れるまでにとても時間がかかります。

患者の要望は曖昧なものもあるため、理解するのが難しいものもあるのですよ。

本当に触っているか触らないくらいのミリ単位を削らなければいけないため、大雑把にやってしまうような人ではとても継続しにくいでしょう。

集中してできる

ほとんどの歯科技工士は歯科医院や病院から注文を受けたら、指示書を元に歯を作成します。

大体の所は歯科技工所で働く方が多いため、患者と接することはほぼないですね。

集中してできるため、黙々と作業がやりやすいのがメリットでしょう。

1つのことに集中していられるため、作業がはかどりやすいのです。

他のスタッフと連携する所はそこまである訳でもなく、新人の頃のみは先輩にあれやこれや教えてもらう程度と言っても良いかもしれません。

歯科技工士の仕事でやりがいを感じるために私がやったこと

歯科技工士だけに限った話ではありませんが、やりがいを感じるにはその仕事の能力をまずはアップさせる必要があると思ってください。

最初の内はひたすら削ることが重要になってくるのですが、とにかく同じ作業になってしまうため人によっては苦痛に感じてしまうことも少なくないのです。

単純作業に近い所があるため、ずっと同じ作業をするのが苦手な人は結構向かない可能性も高いですね。

集中力をまず持続させることでしょう。

とにかくひたすら削る

何よりもとにかくひたすら削ることが大切ですね。

最初の内は上手く削れない方が圧倒的に多いです。

指示書はあるものの、それに合わせて上手く削ることが出来ないという方もいるので手先の器用さで出来は分かれます。

しかしほとんどの人は手先が器用な方ばかりではないため、失敗してしまう不器用な方もいるものです。

ここで自分は上手く行かないと嘆いてしまう人も多いのですが、とにかく最初は削るようにしましょう。

こういう職人系の仕事は頭で考えるよりも、身体で覚えさせると上手く行くのですよ。

無我の境地

無我の境地という言い方は分かりにくいかもしれませんが、そのままの意味で無心であると思ってください。

何故無心である必要があるのか、同じような作業を連続して行う場合集中力が自然と下がってしまうことがあります。

手先の器用な方でもよくあるのですが、集中力が継続出来ない人は途中から邪念が入ってしまっていることが多いのです。

作業中に段々飽きてきて余計なことを考えてしまうという人、結構いますよ。

疲れて来たりするとどうしても脳が休みたいという信号を出してしまうので無理はありませんが、精密度を要求される仕事なので邪念は捨ててください。

集中力を持続させることは結構大変なことではありますが、訓練次第によって無我の境地まで達することが出来ます。

一番怖いのは集中力がかけてしまうのが恐ろしいんですよ。

例え不器用な人だったとしても、失敗しないように常に緊張している状態なのでそちらの方が集中力が継続しやすいのです。

手先の器用さをアップさせる

手先の器用さをアップさせることはそこまで難しいことではありません。

生まれついての器用さは多少はありますが、実はそれだけではないのですよ。

元々細かい作業が好きかということも関係してきます。

手先が不器用な方の場合、器用さをアップさせる方法はいくつか存在しますので安心してください。

まずは忍耐力を付けること、好き嫌いしないこと、最後までやり遂げることです。

精神論に聞こえるかもしれませんが、不器用な人は一度失敗したからといってそのまま投げ出してしまう人が多く、最後まで何もやらなかったという方が圧倒的に多いのです。

また趣味でいえば折り紙や手芸作品、料理などをおすすめします。

どれも精密な作業が必要になるものなので、毎日こなしていくと手先は確実に器用になりますよ。

まとめ

歯科技工士のやりがいは人によってことなります。

元々手先が器用な方であればそこまで苦痛になることはないでしょう。

最初は給料が安くてしんどいと思うかもしれませんが、ある程度慣れていくと上手く成長できます。

やりがいを見つけるということは自分の仕事の効率をアップさせる目的にもつながるのです。


関連キーワード

歯科技工士求人


歯科技工士求人に関するコラム

歯科技工士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う4つの理由

歯科技工士の将来性に関してですが、そもそも歯科技工士の仕事を理解していないと難しいでしょう。基本的に単純作業であるため、歯科技工士本人ですと分かりにくい所があるようです。ほとんどが歯科技工所で働いている人が多いので気が付かないかもしれませんが、歯科技工士には歯科技工士にしかできない将来性があると思ってください。歯科技工士の仕事内容は?歯科技工士の仕事内容ですが、入れ歯や差し歯の作成を行います。まず仮の歯を作成し、少しずつ調整していきながら様子を見るのです。何故仮の歯がいるのかというと、仮の歯で様子を見ておかないとかみ合わせが悪くて体調が悪くなります。その他にもインプラントやマウスガードなどの作

歯科技工士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

歯科技工士は資格が必要な資格であると思ってください。誰もが出来る資格ではないため、専門学校で勉強しなければいけません。これから歯科技工士を目指している方へ、どんな仕事なのか?また歯科技工士になる方法と募集先についてご紹介していきましょう。歯科技工士ってどんな仕事をするの?歯科技工士の仕事に関してですが、入れ歯や差し歯などの技工物を作成したり調整する仕事であると思ってください。歯科医師の指示の元で入れ歯などの技工物を作成していくのですが、中には入れ歯がかけたとかなくしてしまったという人もいるので修理なども仕事に入ります。表舞台に立つ仕事ではないためあまり知られていない方も多いようですが、歯科技工

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して