今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。

人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。

歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。

ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。

歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?

歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。

もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成していると粒子となって自分の周りにも飛ぶということになります。

粉まみれに関しては一番分かりにくいかとしれませんが、体質によってとても継続出来そうにないと考えておいた方が良いでしょう。

残業が長い

残業はとても長いです。

どのくらい長いのかというと、深夜を越えるくらいだと覚悟しておいた方が良いでしょう。

場所によっては終電でも間に合わないという所があります。

何故ここまで時間がかかるのかというと、歯科技工士の仕事はほぼ差し歯などを削ることなのですが、次から次へと仕事がありまたずっと同じ作業であるため、時間関係なく集中しなければいけない仕事なのです。

歯科医によってはがめつい人もいるため、とにかく数をこなせと注文付けてくる人がいるため残業を行わなければいけないんです。

その乗り越え方とは?

乗り越え方としては、残念ですがまだ早くに帰宅が出来る所を探すしかありません。

これは実際に深夜回らずに帰ることを希望されていた方がおり、場所によっては早めに帰れる所もあるのだそうです。

早めに帰るというのはない話であるため、どうしてもキツかったら別の場所に転職されるしか方法はないでしょう。

歯科医ががめつい

全員がそういう訳ではないのですが、中にはお金にがめつい性格の歯科医もいます。

これは歯科医院に勤めている歯科技工士のみに当てはまりますね。

歯の治療に関してですが、実際そこまで儲けがあるかと言われたら実はそうでもありません。

基本的には歯垢を取ってもらうなどの定期検診で診てもらう方が多いのですが、そこまで儲けているか?と言われたそうでもありません。

お医者さんにかかるのって体に異変がない時でないとかかりませんよね。

筆者も医療関係に勤めていたのですが、親切な先生ですと患者のことを考えてあまりコストを取らないようにしています。

しかしがめつい医師の場合は、ちょっとしたことでコストをすぐに取るのでスタッフも嫌な気持ちにさせるんですよ。

特に技工物は作ったらお金になるので、次から次へと歯科技工士に仕事を依頼するのです。

その乗り越え方とは?

上司が良くないと思ったら早めに見切りを付けた方が良いでしょう。

そういうがめつい医師だと、歯科技工士の気持ちや状況を一切考えないでどんどん作成するように言ってきます。

そのせいでモチベーションが下がってしまい、精神的に病んでしまう人もいますからね。

給料が安い

給料は安く感じるという人が多いです。

その理由は深夜まで普通に働いているからですね。

基本的に同じ作業が多いため、他の医療職と違ってそこまで高くはありません。

給料は安いと言いましたが、ベテランだと年収600万はもらえるレベルです。

安いというのは新米なのですが、年収300万いかないほどなのでほとんどの人はそれが原因で辞めてしまう方が多いのも事実ですね。

その乗り越え方とは?

ベテラン歯科技工士になると給料はアップするので、最初の内はひたむきに仕事をこなすしかありません。

下積み生活に近いものがあるのですが、手先の器用さは違うため長い年月かかる方もいます。

給料が安くて無理という方はとても多いですが、最初だけだと思ってこらえるしかありません。

粉まみれ

入れ歯、インプラントなどの技工物はプラスチックやセラミックなどを削って作成します。

その時にセラミックなどの粒子がとぶのですが、肌が弱い方やアレルギー体質の方はくしゃみ連発してしまうこと、また肌荒れが起こってしまうそうです。

筆者の友達に歯科技工士をしていた方がいたのですが、会った時肌のぶつぶつがとてもひどく夜も眠れないくらいだったと言っていましたね。

その歯科技工士の友達はぶつぶつができてしまいましたが、他の人だと顔に粒子がついてしまい痒くてかきむしってしまうため傷になってしまうこともあるそうです。

もちろんマスクはしているものの、マスク以外の部分にも粒子は飛ぶことがあるので、作業後は顔を軽く払うのがベストかもしれません。

その乗り越え方とは?

こればかりは体質もあるのですが、食生活を整えるしかありません。

深夜まで作業があるため必然的に寝不足になり抵抗力が下がってしまうのは事実です。

睡眠を上手く取れない場合であれば、食べているもので何とか補うしかないでしょう。

簡単に言っているように聞こえるかもしれませんが、人間の食事というのはとても重要なものです。

適当な食事をしてしまっていると悪化してしまい、余計抵抗力が落ちてしまうのでご飯をしっかり食べておきましょう。

いろいろ試したけれど、やっぱり辞めたい!辞める前にやっておきたいこととは?

辞めるというのはよくあることですが、最低限の引き継ぎをするようにしましょう。

そもそも今後も継続して歯科技工士をしたいのかも考えておいた方が良いですね。

行き当たりばったりで辞めてしまう人もいるのですが、そういう方は後から後悔してしまう人もいます。

辞める前にやっておいた方が良いのは、上司にちゃんと退職することを伝えましょう。

もし引き留められたとしても、意思は強く持っておかないといけません。

これもある話ですが、万が一上司や他の方から嫌みを言われても無視してください。

まとめ

環境が悪くなければ継続することは可能です。

一番重要なのは睡眠時間をちゃんと取れるようにすることでしょう。

ショートスリーパーの方なら問題ないかもしれませんが、普通の人だと睡眠不足になってしまうことが非常に多いため、必ず睡眠時間を確保できるのかはチェックするようにしましょう。


関連キーワード

歯科技工士求人


歯科技工士求人に関するコラム

歯科技工士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う4つの理由

歯科技工士の将来性に関してですが、そもそも歯科技工士の仕事を理解していないと難しいでしょう。基本的に単純作業であるため、歯科技工士本人ですと分かりにくい所があるようです。ほとんどが歯科技工所で働いている人が多いので気が付かないかもしれませんが、歯科技工士には歯科技工士にしかできない将来性があると思ってください。歯科技工士の仕事内容は?歯科技工士の仕事内容ですが、入れ歯や差し歯の作成を行います。まず仮の歯を作成し、少しずつ調整していきながら様子を見るのです。何故仮の歯がいるのかというと、仮の歯で様子を見ておかないとかみ合わせが悪くて体調が悪くなります。その他にもインプラントやマウスガードなどの作

歯科技工士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

歯科技工士は資格が必要な資格であると思ってください。誰もが出来る資格ではないため、専門学校で勉強しなければいけません。これから歯科技工士を目指している方へ、どんな仕事なのか?また歯科技工士になる方法と募集先についてご紹介していきましょう。歯科技工士ってどんな仕事をするの?歯科技工士の仕事に関してですが、入れ歯や差し歯などの技工物を作成したり調整する仕事であると思ってください。歯科医師の指示の元で入れ歯などの技工物を作成していくのですが、中には入れ歯がかけたとかなくしてしまったという人もいるので修理なども仕事に入ります。表舞台に立つ仕事ではないためあまり知られていない方も多いようですが、歯科技工

歯科技工士のやりがいとは?経験者の私が感じる3つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

歯科技工士は現代になくてはならない仕事の1つです。若い方にはあまり関係ないかもしれませんが、自分が将来年配者になった時そのありがたみに理解出来るかもしれませんね。歯科技工士のやりがいについてお話ししましょう。歯科技工士の大まかな仕事内容について理解しておこう歯科技工士の仕事は入れ歯、差し歯、インプラントなどの作成や調整などを行います。場所によっては患者に直接話して、歯の素材や説明などもしますよ。パソコンのソフトを使用して歯の模型を作成し、インプラントなどを作ったりするのも仕事です。歯科技工士の仕事のやりがいってどんなもの?歯科技工士のやりがいは職人職であるということです。歯科医院に勤務している