歯科技工士の仕事はどんな人間に向いているのか、そもそもどんな仕事なのかを知らないという方は多いです。

しかし、マイナーな仕事ではあるものの、最近は歯に関する需要が増えてきているので、認知度はアップしてきています。

歯科技工士の役割や、どんな仕事内容なのかについてもご紹介していきます。

歯科技工士とはどんな仕事?

歯科技工士の仕事は患者さんの歯を補う、または作る仕事だと思ってください。

詰め物、被せ物、差し歯、入れ歯、インプラントなどの技工物を作っているのが歯科技工士となります。

作るだけではなく、再調整や修理も行います。

勤務先の院長先生の考えにもよりますが、患者さんと直接話し、歯の素材などをどのようにしていくのかや、保険適用になるのどうか、金額的にどう変わるのかなどの説明も行うこともあります。

通常、ほとんど患者さんと接することはないのですが、勤務先によっては必要になると思ってください。

歯科技工士の仕事の役割とは?

歯科技工士は、まず歯科医療のプロフェッショナルであるという自覚を持つことが大切です。

他には、患者さんの歯の健康を守ること、患者さんの口腔内の怪我を防ぐのも歯科技工士の役割です。

口腔内の怪我を防ぐというと分かりにくいかもしれませんが、こちらは最近注目されているものが関係しています。

歯科医療のプロフェッショナル

歯科技工士の仕事は、歯科医療のプロフェッショナルと言っても過言ではありません。

歯科医、歯科衛生士とは異なり、直接患者さんと接触するわけではないのですが、患者さんの歯を守るということは同じです。

入れ歯、差し歯などで補わないと生活に支障が出てしまう方もおり、また歯がガタガタで笑顔に自信がないなどという方はインプラントなどで自分に自信をつけることもできます。

ただ黙々と仕事をしているわけではなく、歯の健康を守るという熱意を持って仕事に取り組んでいます。

患者さんの歯の健康を守る

歯科技工士の仕事は患者さんの歯の健康を守ること、また口腔内の怪我を防ぐことも含まれます。

歯科技工士が技工物を作成しなければ、患者さんはものを食べることにも支障が出てしまいます。

そもそも歯というのは食べ物を食べるのに必要で、歯がないと噛めなくて困ります。

結構気楽に考えている人もいるでしょうが、歯がない状態で硬いものを噛んでしまうと片方だけで噛む癖がついてしまったり、他の歯に余分な負担がかかってしまうので、顎関節症などの原因にもなります。

歯の健康を守るというのはとても重要な役割なので、歯科技工士はやりがいのある仕事と言えるでしょう。

歯科技工士の具体的な仕事内容とは?

歯科技工士の具体的な仕事内容は、技工物の作成となります。

基本業務であり、重要な作業となります。

歯科技工士の仕事はほとんどが同じような作業であるため、唐突に珍しい作業を要求されるようなことはありません。

最近ではパソコンのCAD/CAMソフトを導入し、デザインを作成するという所も多くなってきています。

具体的な業務

技工物の作成は、患者さんの歯型を取って、その患者さんに必要な詰め物、被せ物、差し歯、入れ歯などを作成します。

技工物の作成自体はそこまで時間がかかるわけではないのですが、仮歯の作成などが必要な場合は結構時間がかかります。

歯科技工士の仕事は、どの作業も根気が必要であると思ってください。

技工物の作成

技工物の作成はそこまで難しいものではなく、基本的には同じことの繰り返しとなります。

歯科技工士の勤務先は歯科技工所、歯科医院、病院の歯科や口腔外科があります。

約7割の歯科技工士が歯科技工所に勤務していますがが、歯科医院や病院からの注文を受け取り、歯科医の指示に基づき技工物の作成を行います。

技工物の内容に関しては詰め物、被せ物、差し歯、入れ歯、インプラントと言いましたが、歯列矯正を扱っている所もあります。

作成した歯(技工物)を削る

技工物作成後、これで終了というわけではなく、技工物を削って調整する必要があります。

最初は仮歯で生活してもらうのですが、患者さんの要望に合わせて作成していきます。

仮歯を何度も削って調整を重ね、それで支障がなければ正式な技工物の作成に進みます。

差し歯や入れ歯などが壊れてしまった場合は修理もします。

頻繁にあるわけではないのですが、修理作業も含まれると思っておきましょう。

仕事の流れ

仕事の流れは、歯科技工士の場合はいたってシンプルです。

毎日ほぼ同じ作業なので、特別なことはありません。

歯科技工所の場合は、朝一で歯科医院や病院に仕上がった技工物の納品を行い、今度は注文分の受け取りを行います。

それを持ち帰って作業開始という流れになります。

仕上がった技工物の納品・注文分の受け取り

仕上がった技工物の納品や注文分の受け取りを行う人がいます。

大規模の歯科技工所では専門の担当者がいますが、そうでない場合は、歯科技工士自らが直接病院や歯科医院に出向いています

作業開始

納品や注文分の受け取りを行っていない歯科技工士は、技工物の作成や技工物を削る作業を行います。

この辺は特に変わるわけではないですね。

とにかく数をこなすことが重要となるので、ひたすら技工物を作成し、技工物を削って調整する作業をします。

歯科技工士の給料事情は?

歯科技工士の給料事情に関してですが、ベテラン技工士で年収500万円くらいです。

ただし、地域差はあると思ってください。

新卒や経験が足りない方、技術が高くない方ですと、給料はそんなに高くないです。

初期給料は月13万円~16万円レベルなので、どちらかというと低い方でしょう。

本来であればそこまで低いわけではないかもしれませんが、残業代を含めての金額と考えると、そんなに高い方ではありません。

ただし、あくまでも初期の金額であり、ある程度勤続年数を重ねて技術の向上が認められれば自然と昇給していきます。

歯科技工士のやりがいに感じること

歯科技工士の仕事にやりがいについてですが、医療職であることや、自分の技術で患者さんに貢献できることでしょう。

ただ、自分の技術で患者さんに貢献できるという部分は、あまり感じないと思っている人が多いようです。

患者さんと直接接する仕事ではないので仕方がないかもしれませんが、歯科技工士の仕事は必ず患者さんの役に立っていると思ってください。

集中できる

歯科技工士の仕事は集中して行うことが大事です。

集中するには大変な精神力と気力を使うことになるのですが、集中すると仕事に夢中になれるので余計なことを考えることがなくなります。

仕事に集中して取り組むということは、技術の向上にも繋がるので、集中力がある方は上達が早いです。

集中力が身につくと些細なことで動揺しなくなり、人としても成長しているような気持ちになれます。

自分の技術で患者さんに貢献できる

直接患者さんと接するわけではないので分かりにくいという方も多いのですが、病院やクリニックで患者さんに直接問診を行っている歯科技工士は患者さんから直接お礼の言葉をいただいたりするので、やりがいを感じやすいです。

全ての医療職に共通する部分でもあるのですが、自分の技術で患者さんに貢献できることって素晴らしいことです。

歯科技工所勤務の歯科技工士だと、患者さんに貢献できているのかどうか分からないという人も多いのですが、歯に関しては間違いなく患者さんの役に立っているので、自信を持って仕事に取り組んでいただけたらと思います。

歯科技工士の仕事で大変なこと

歯科技工士の仕事で大変なことは、仕事内容がほぼ同じことでしょう。

同じことを繰り返しこつこつとやる仕事なので、人によっては向き不向きはあると思われます。

手先の器用さだけでなく、集中力があるかどうかにもよります。

集中力がない人ですと仕事が苦痛に感じられ、向かない可能性も高いです。

集中力が欠ける

集中力が欠けてしまうと失敗しやすくなるため、仕事中は集中力を切らさないようにしましょう。

ちなみに集中力は人によって持続時間に差があるため、自分の集中力はどのくらいの持続が可能か、一度チェックしておくのも良いでしょう。

どうしても集中力が欠けてしまうようなタイプは、歯科技工士には向いていないかもしれません。

ついつい余計なことを考えてしまいがちで、ミスを連発しやすくなります。

手先の器用さを要求

集中力も大切ですが、手先の器用さを要求される仕事でもあります。

ほぼ全てを手作業で行い、mm単位未満で技工物を削ることが普通なので、本当に神経を使う仕事となります。

手先が不器用な人ですと、最初は失敗の連続になってしまいますが、経験を重ねることで技術の向上が期待できます。

歯科技工士の仕事に就くためにはどうしたらいい?

歯科技工士の仕事に就くためにどうすれば良いかという質問を結構いただきました。

国家資格が必要な仕事となりますので、まずは専門学校への入学が必要となります。

更に、資格さえ取れればなんとかなるという仕事でもありません。

歯科技工士の仕事は技工物の作成であるため、手先が器用さが重視されます。

手先の器用さだけではなく、集中力も必要になります。

集中力不足からミスを連発する前に、自信がない方はある程度訓練をしておく必要があります。

手先が器用

手先の器用さをアップさせることは、とても重要です。

ほとんど全てを手作業で行う仕事であるため、手先が不器用ですとこの仕事には向きません。

ある程度体に覚えさせることはできるのですが、修練が必要な作業と言えます。

手先の器用さは、折り紙、ボトルシップやプラモデルの作成などによって養うことができます。

また、手先の器用さは生来のものだけではなく、性格的なものも関係してきます。

根気強さがある方は、自然と器用さが身につきやすいです。

集中力をアップさせる

器用さを養うのと同時に集中力も必要となります。

何故集中力が必要になるのかという点ですが、集中力をアップさせることによりミスが減り、技工物の精度が増すからです。

人間の集中力は、基本的に7秒以下しか持たないと言われています。

集中力があれば雑念なく仕事ができるので、余計なことを考えず黙々と仕事をこなせます。

不器用な人でも集中力を身につけることによって、少しずつ精密な動作が可能となってきます。

集中力をアップさせるコツは、余計なことを一切考えないようにすることです。

歯科技工士の仕事の将来性は?

歯科技工士の仕事に関してですが、将来性がなさそうな仕事に思えますよね。

オートメーション化が進んでいる時代でもあるので、歯科技工士の仕事は将来なくなるのではないか?と危惧されている方も多いです。

現にパソコンでCAD/CAMソフトを使用して、デザインなどを作成しているところもあります。

しかし、歯科技工士の仕事はmm単位未満の調整が必要な職人作業なので、将来性は充分にあると考えてください。

スポーツ選手のマウスガード

ボクシングのマウスピースであれば、イメージがしやすいのではないでしょうか?

実はマウスガードを作成しているのは歯科技工士なのです。

近年ボクシングだけではなく、格闘技や球技系の選手がマウスガードを使用しているのを見かけます。

マウスガードというのは当人に合わせて作成しているので、適当なマウスガードを使用しているわけではありません。

最近ではマウスガード専門店も存在しており、オリンピック選手の多くもマウスガードを使用しています。

球技系などでは必要ないのでは?と思う人もいるでしょうが、顔面にボールや相手選手の体が当たった場合、口腔内を怪我してしまうので危険です。

スポーツの安全性に関心が高まっていますので、これからもどんどん需要が増えていくでしょう。

機械だよりではなく人間の手が必須

現在はオートメーション化が進んでおり、今ではほとんどの物が機械によって作成されています。

確かに機械に頼ることはとても大切ですし、人件費を減らすために使用されている企業は多いです。

しかし精密な物の場合は機械だけに頼ることはできません。

歯科技工士の場合、技工物を削る作業は機械任せにすることは無理です。

技工物はほんの僅か削り過ぎてしまっても噛み合わせに影響してしまうので、患者さんの健康に害を及ぼしてしまう確率が高いのです。

最終的な精密な仕上げをするのは、人間の手でないとまだまだ無理でしょう。

まとめ

歯科技工士の仕事は人間の歯を補強させる仕事でもあるのです。

人間の歯は一生に生える本数が決まっているのと、元々の歯並びが綺麗ではない人もいるので、そういう方にとっては本当に重要な仕事となります。

インプラントや歯列矯正などは患者さんにとって高額な負担になるのですが、歯並びや見た目の悪さを気にされている方は多く、その方たちにとって綺麗な歯になることはとても重要です。

このように、歯科技工士は歯の健康を支えるという重要な役割を担っているのです。