歯科衛生士の仕事はどんなイメージがあるでしょうか?

難しそう・業務内容がきつそう・老若男女と接する仕事だから大変そう・女性ばかりの職場だから人間関係に苦労しそう・・など、マイナスなイメージを持たれる事が多いのかもしれません。

しかし、歯科衛生士は、とてもやりがいがある素晴らしい職種なのです。

どういったやりがいがあるのか、詳しくお話していきましょう。

歯科衛生士の大まかな仕事内容について理解しておこう

歯科衛生士は、基本的に歯科医院で働いている人が大半です。

歯科医院での仕事の内容は、大きく分けて3つです。

1つ目が「診療補助」です。

これは、歯科医師の治療の介助、仮歯の作製や型どり、レントゲン写真撮影のセッティングなど、治療に関して、忙しい歯科医師の補佐をする存在です。

2つ目は「予防処置」です。

これは、歯周病や虫歯を予防する処置の事を言い、歯垢や歯石を専用の機械で除去をする、歯のクリーニングがこれにあたります。

また、虫歯予防のフッ素塗布をしたり、虫歯の進行止めの薬を塗布したり、永久歯の噛み合わせの溝を埋める

シーラントと呼ばれる行為もします。

3つ目が「保健指導」です。

これは、歯磨きの方法を説明しながら、指導する行為です。

歯磨きに関しての内容は、全般的に対応できなければいけません。

歯科衛生士のメイン業務ともいえるでしょう。

また、日頃の生活習慣のお話をしたり、食習慣に関しての指導や教育もしていきます。

あとは、医院にの清掃や消毒や雑務などがあり、医院によっては、受付を担う場合もあります。

歯科衛生士の仕事のやりがいってどんなもの?

歯科衛生士は、国家資格です。

患者さんのお口の中を触れる資格です。

ですので、お口の中の事に関しての知識を日々勉強しなければいけませんし、技術も磨かないといけません。

また、歯科医院には色々な年齢の患者さんが来られます。

老若男女、全ての患者さんに対応できるコミュニケーション能力も必要です。

とても大変な仕事のように思いますが、その大変さがあるから、達成感も感じやすく、やりがいに繋がりやすいのです。

たとえば、技術の向上に関しては、やはり担当歯科衛生士によって、歯周病の改善の仕方には差が出ます。

もちろん、患者さんとの二人三脚が重要なのですが、患者さんへの指導となると患者さんからの信頼も必要となってきます。

信頼を得るには、技術が高いことで、お口の中に明らかな変化が出やすいのです。

また、患者さんへ情報を伝える際にも、知識の豊富さが伝わると納得してもらえることもあります。

あとは、日頃から、患者さんをしっかり診ることで、ちょっとした変化にも気づけ、それがコミュニケーションをとるきっかけになります。

こういったことで、患者さんの信頼を得て、自分を必要とされ、感謝してもらえた時は、とてつもないやりがいとなるでしょう。

また、技術が向上すると、自分の中で自信と達成感が生まれます。

それが、患者さんにも反映されるので、やりがいと繋がります。

経験者の私が歯科衛生士の仕事でやりがいを感じた瞬間

歯科衛生士は、やりがいのある職種です。

人によって、やりがいを感じる内容は様々ですが、具体的にどんなやりがいがあるのでしょうか?

経験者である私が感じた「やりがい」の例を紹介していきます。

担当初日で、次回もご指名を受けたとき

大半の患者さんは、歯医者嫌いです。

昔は、歯医者は虫歯を治療しに来るところというイメージもあるので、歯のクリーニングで予防の為に定期健診に来るという方は少なかったように思います。

そして、なにより痛くもないのにわざわざ予約を取っていくのが面倒くさいという方が多かったです。

そんな中、初めて担当衛生士制を導入している医院に就職しました。

一人の患者さんとしっかり信頼関係を築くという事をしたことがありませんでした。

試行錯誤しながら、何人か診させていただきました。

そして、しばらく歯周病治療で通っていただく必要のある患者さん。

1回目の説明やコミュニケーション内容、今までの試行錯誤も学習しながら、とにかくその患者さんの為の事だけを思い、お話とクリーニングをしました。

すると、帰り際に「次回もあなたが診てくれるの?」というお言葉が!

「私でよければ担当させて頂きます」とお答えすると「良い方に今日やってもらえてラッキーだわ」と嬉しいお言葉をもらいました。

患者さんとの信頼関係が院長よりも強くなっていたとき

恐がりの患者さんにとって、歯の治療は一大事の出来事です。

私たちは、日常で歯の治療を見ているので、小さな虫歯や簡単な抜歯などは、軽く考えがちです。

それは、歯科医師の方が感じることかもしれません。

歯のクリーニングで担当していた患者さん。

歯の治療が怖い方です。

さほど大きな虫歯でもないので、院長は軽く治療の旨を伝えました。

しかし患者さんは不安で仕方なかったようで、虫歯の治療予約の前にあったクリーニング予約の日、その不安な事を院長に言えないからと、私にお話しをしてくれました。

大がかりな治療ではないことを説明し、心配無用なことも説明し、その方は安心して治療を受ける決心をしてくれました。

私の説明で、安心出来たと言っていただき、笑顔で帰られた時は、とても嬉しく思いました。

時間のかかっていた作業が、短時間で上手く出来たとき

歯科衛生士は、歯科医師のサポート役として、仮り歯を作製したり、型どりをしたりします。

しかし、この作業も経験と練習が必要な技術作業です。

また、患者さんの予約時間の中で行う作業なので、上手く出来ずにやり直していると、どんどん時間を延長することになり、患者さんにも迷惑をかけることとなります。

私も、苦手な作業がありました、何度も失敗しながら、その日もタイマーをかけて作業に挑みます。

練習の甲斐があり、その日は時間内に出来て、院長のチェックも手直しなく終えることができました。

たった1回では、出来た内には入らないかもしれませんが、出来た!という達成感と自信が生まれます。

この積み重ねがあり、今ではほぼ苦手を克服出来ています。

治療が出来ない子供の練習に成果が出た瞬間

子供は、なぜか歯医者は痛くて怖い所!というイメージがあるようです。

治療は、大体4歳頃から始めるのですが、怖がらずに上手に出来る子もいれば、号泣して診療台に座れない子もいます。

歯科衛生士は、そういった治療が必要だけど怖がって出来ない子を、出来るように一緒に練習して慣れさせていくことも大事な仕事です。

独身で子供がいない私は、歯科衛生士になりたての頃は、子供との接し方が分からず、大の苦手でした。

しかし、何件か行った後の医院は、子供患者も沢山来る所でしたので、とにかく接し方が上手なスタッフをお手本にしながら向き合っていました。

そして私も、号泣する子の練習担当となり、正直毎回憂鬱でした。

機嫌の良い日もあれば、診療室に入って来れない日もある・・子供とのコミュニケーションのとり方をこの機会で沢山学んだ気がします。

子供も私に慣れてきて、沢山お話をしてくれる日が続き、院長に1度見てもらったら、怖い気持ちを押し殺しながら、頑張ってお口を開けてくれました。

嬉しくて沢山褒めました。

その子も自信がついたようで、その後は、上手に治療が出来るようになりました。

後輩スタッフの成長を感じたとき

どの職種もそうですが、自分の経験が長くなってくると、後輩が入り自分が指導係となる日がきます。

歯科衛生士も、もちろんそうで、患者さんへの接し方や技術の指導は必須となります。

そこまで指導をしなくても、育つ後輩もいます。

やるべき事をしっかりやり、反省と改善ができる人です。

しかし中には、課題を出しても言い訳ばかりで実行しない後輩もいます。

確認テストも、勉強せずに受けている事もありました。

しかし、その後輩が私が作ったマニュアルのテストをしたときは、満点を取ったのです。

理由を聞くと「〇さんが作ってくれたマニュアルを見て,このマニュアル作成も時間かかったのだろうな・・とか、自分に割いてくれている時間も沢山あるな・・という事に気づき、次は絶対満点を取ろうと思いました」と言ってくれたことに感動しました。

自分での気づきは、本当に大事です。

しかし気づけない人もいます。

その後から、後輩は嫌いな練習もするようになり、見違えるほど成長してくれました。

退職日に患者さんから沢山のプレゼントを頂いたこと

担当患者さんに、退職を告げたときにとても残念がっていただき、「次の転職先に通うから、また担当してほしい」とも言ってもらえたり、「〇さんのおかげで、歯に関心を持ち、歯の健康の重要性を知ることができました」なども言って頂けました。

そして、患者さんに会う最後の日には、沢山の方からプレゼントや感謝のメッセージを頂きました。

これには、本当に感動をしました。

私が患者さんから学ばしてもらった事が多かったのに・・歯科衛生士になってこの時が1番の幸せであり、やりがいを感じた日でした。

歯科衛生士の仕事でやりがいを感じるために私がやったこと

歯科衛生士は、沢山のやりがいがありますが、ただ毎日何も努力せずに過ごしていては、やりがいは感じられません。

やはり、やりがいを感じるには、毎日の反省と改善の努力が必要なのです。

では、どんな努力が必要なのでしょうか?

私が、歯科衛生士になってから、意識してやってきたことについて詳しくお話していきます。

出来なかった事をそのままにしない

歯科衛生士になったばかりの時や、まだ勤務経験が浅いうちは、色々なことでミスをしたり、患者さんに迷惑をかけたりすることがあると思います。

ミスや迷惑をかけてしまうことは、極力しないに越したことはないのですが、仕方のないことです。

そこで重要なのは、何が出来なかったのかを気づけて、反省することができるかどうかです。

忙しい医院で、次から次からやることがあると、出来なかった事を仕事が終わった頃には忘れてしまうこともあります。

そうすると、また同じ事を繰り返すのです。

何度も繰り返すと、院長からの注意も出るでしょう。

そうすると、やりがいどころか、モチベーションが下がってしまいます。

出来なかったことは、メモをとりましょう。

反省した内容の改善策を自分で考える

反省することは大事です。

しかし、そのあとの改善策を考えるのがもっと大事です。

改善策を、他のスタッフに聞くことも良いですが、まずは自分でどうするべきなのかを考えてみましょう。

自分で考えた改善策を、先輩スタッフに伝えながらアドバイスをもらうと効果的です。

そして、その改善策を行動に移していくことが重要です。

苦手な事は率先して挑戦していく

苦手なことは、何度チャレンジしても上手くいきません。

だから苦手なのです。

しかし、だからといって避けてしまうと成長はありませんし、いつかやらなくてはいけない時に、出来なくて恥をかくかもしれません。

なので、苦手なことは早い目に克服していった方が良いのです。

乗り越える壁が高いほど、そのあとの達成感を感じられます。

仕事を楽しむ

毎日、やりがいを感じるばかりではありません。

嫌なことや疲れることも、もちろんあります。

そんな時は、気分は落ち込み、仕事の意欲がドーンと落ちてしまいます。

ある程度、気持ちが落ちたら、スパッと気持ちを切り替えることも大事だと思います。

どんな小さなことでも、仕事を楽しむ。

出来て当たり前なことでも、出来た自分を褒める。

など、自分の気持ちのコントロールも出来るようになると楽になります。

まとめ

どうでしょうか?

歯科衛生士は、業務内容が濃く、やることも多いです。

しかし沢山の方と接する機会が多いのは、素晴らしいことです。

また、お口の健康をサポートできる職業は、歯科に携わるの医療人の特権です。

人は、生きる為には食事が欠かせません。

そして健康に生きる為には、おいしく食事摂ることが必要なのです。

自分の担当する患者さんが、健康で元気に生活が出来、定期健診で笑顔で「いつもありがとう」と言ってもらえる言葉は、歯科衛生士として最大にやりがいを感じられる言葉ではないでしょうか?

もちろん、やりがいを感じるには、人知れぬ努力も必要ですし、苦労することもあるでしょう。

しかし、それを乗り越えた時にやりがいが見えてくるのです。


関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの


歯科衛生士求人に関するコラム

歯科衛生士で50代が働く上の悩みとは?色々な経験談などを紹介

歯科衛生士は、比較的求人が年間通して多く、歯科衛生士不足と言われている昨今は、退職後も再就職に困ることはあまりありません。しかし、採用する側の医院もすぐに辞められないように、人選には慎重です。1回の面接では、その人の人間性まで見極めることは難しく、面接担当者が参考にするのは、履歴書の内容と面接時やスタッフに対しての挨拶などの態度です。歯科衛生士は、経験年数が多いほど即戦力として活躍してもらえるのですがその反面、今在中している若いスタッフと上手くやっていけるかなども採用点に大きく関わってきます。特に50代の歯科衛生士の転職は、迎い入れる医院側も少し構えます。今回は、既存スタッフよりも経験も年齢も

歯科衛生士のあるある。歯科衛生士だからこその内容を徹底解説!

歯科衛生士の仕事は医療関係のため普段話を聞く機会が少なく想像しにく人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士の仕事ならではのあるあるを通して身近に感じていただければ嬉しいです。今回はそんなあるあるについてお話しします。経験者が語る!歯科衛生士の仕事あるある。歯科衛生士のあるあるとはどのようなことがあるのでしょうか。実際に働いているからこそ話せるあるあるについてお話しします。人と話している時その人の歯をついつい見てしまう人の歯は職業柄的にとても気になってしまいます。いわゆる職業病ですね。「あの人、前歯に補綴物入ってるぽいなーなんの補綴物だろう?セラミックかな?」「あの人、歯並び綺麗なのは元からだな

歯科衛生士での復職はあり?ブランクのある方々への復職の際に注意するべきことをご紹介します。

歯科衛生士は離職率が高いと言われている仕事の一つと言われています。また、復職をためらう人も多く歯科衛生士の資格を取得しているが生かせてない人もいます。ではそれはどうしてなのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。歯科衛生士の仕事とはまず初めに、歯科衛生士の仕事についてお話しします。歯科衛生士の仕事を簡単に言うと、歯科医院の看護師のような役割をしています。歯科衛生士の主な業務はスケーリングというものになります。スケーリングとは歯のお掃除のことを言います。「プラーク」と呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを「歯石」と言うのですが、プラークは簡単に日々の歯磨きで落とすことが出来ます。すなわち歯磨

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士が転職する場合、どのように転職活動を行っている事が多いのでしょうか?転職情報を探す方法は、人づてや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。転職エージェントを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントって、何でしょうか?転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を、手助けしてくれます。料金は求人を出している側には発生

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的