歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。

結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。

歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。

歯科衛生士バイトはどんな仕事?

歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。

歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。

歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋めるための人材を募集するために歯科衛生士バイトはあります。

歯科衛生士バイトの大まかな仕事内容

歯科衛生士の3大業務である、虫歯や歯周病を予防するために歯のクリーニングや薬の塗布をおこなう「予防処置」、歯科医師の診療のアシストをおこなう「診療補助」、それぞれの患者さんに合ったブラッシング方法や口腔ケアを指導する「保健指導」を行います。

そのほかにも器具の滅菌や消毒、診療準備、後片付け、カルテ整理、受付業務など仕事内容は幅広いです。

歯科衛生士バイトのおすすめ求人の特徴とは?

ここでは歯科衛生士のアルバイトを探すときに、どんな求人を探せばいいのかおすすめの特徴を紹介します。

時給や待遇がいい

給与面が1番気になるところではないでしょうか。

一般的なアルバイトよりも時給を高く設定している歯科医院が多いですが、時給は歯科医院によって大きく異なります。

時給が高いが待遇はよくない、時給はそれなりだが福利厚生がしっかり受けられるなど給与面や待遇面で自分の希望に合った求人を見つけましょう。

受付専門の事務がいる

歯科医院に受付の事務がいない場合、歯科衛生士が受付業も担当します。

患者さんの予約から会計、急患や初診への対応など、受付全般のことを歯科衛生士業をしながらこなすことになるので仕事量が格段に増えます。

特に歯科衛生士業に集中したい人は受付業をしなくてもいい求人を選びましょう。

受付専門の事務がいるかどうかは、各歯科医院のホームページなどを見ると判断しやすいです(受付のみ制服が異なることが多いです)。

経験や年数を考慮してくれる

求人に「経験や年数によって優遇します」と書かれている場合、面接で歯科衛生士としての経験や前職での勤続年数を質問され、それを元に時給を決定する歯科医院も多いです。

歯科衛生士として経験豊富な場合、求人の際に提示されていた金額よりも高時給で雇ってもらえることもあるので、優遇してくれる歯科医院を探しましょう。

歯科衛生士バイトはこんな人に向いている!

ここではどんな人に歯科衛生士のアルバイトが向いているのか紹介します。

歯科衛生士として働いていたけど1度退職した人

歯科衛生士として働いていた経験があるなら、優遇してもらえやすいです。

歯科衛生士は常に人手不足であり、経験とともに技術があがっていくお仕事なので経験豊富な歯科衛生士は新たに教育する必要がなく、貴重人材です。

正社員ではなくパートタイムで働きたい人

まだ子供が小さいからフルタイムで働くには無理だけど少しの間でも社会復帰して働きたい、という人におすすめです。

通常のアルバイトよりも資格がある分時給がよく、仕事もやり慣れているものなので少ないストレスで働き始めることができます。

一緒のところで長く働きたい

派遣と違い、アルバイトの場合は長期契約が前提です。

歯科医院によっては、フルタイムで働けるようになったらアルバイトから正社員に勤務形態を変えてくれるところもあります。

派遣のように毎回1から人間関係を作りたくない、一緒のところで長く働きたい人にはアルバイトはおすすめです。

自分に合った職場がなかなか見つからない

新卒で入った歯科医院が合わず転職したけどそこも合わなかった...どこが向いているんだろうという人にはアルバイトという働き方がおすすめです。

正社員よりも向いていないと思ったらすぐに辞められ、他の人にあまり迷惑をかけずに次の就職先を決めることができます。

歯科衛生士という仕事は好きだけど今の職場で働くのが辛い、と感じている人は自分に合うストレスの少ない職場を見つけましょう。

歯科医院は山ほどあるので、必ず自分にとって働きやすい職場が見つかります。

歯科衛生士のやりがいとは?

アルバイトで短時間でもいいから歯科衛生士としてもう一度働きたいと思える、その魅力ややりがいは何なのでしょうか?

ここでは私が一生歯科衛生士業を続けたいと思うやりがいを紹介します。

直接患者さんとコミュニケーションがとれる

患者さんから直接「ありがとう」と言ってもらえることが何よりのやりがいです。

普段、1日でたくさんの人にありがとうと感謝されることが少ない中で、自分の仕事で多くの人が気持ちよくなってくれる、感謝してくれるというのはとても嬉しいです。

時には厳しいお言葉をもらうこともありますが、患者さんの生の声を聞くことで自身の更なる成長にも繋がります。

新しい知識を吸収していける

歯科医療は日進月歩で研究が進んでいます。

ひと昔前とは違う常識や新たな治療法、新薬の開発など、歯科衛生士養成学校で学んだことで勉強は終わりではなく、新たに学ぶ事ばかりです。

働きながら学ぶので、知識がすぐに臨床で実践されます。

資格を取って終わりではなく、日々勉強というところが魅力に感じます。

老若男女問わず頼りにされる

口腔内は老若男女問わず、誰もが大切にしなければいけないものです。

歯が生え始めてから、抜けてしまって入れ歯になった後も一生ケアし続けます。

その中で、正しいケア方法や病気の予防は歯科衛生士にしかできないお仕事の1つです。

歯科医師は虫歯を治療することはできますが、その前段階である予防は歯科衛生士のほうがエキスパートです。

だからこそ、患者さんみんなが歯科衛生士を頼りにしてくれるのはとてもやりがいを感じます。

歯科衛生士バイトでよくある募集内容とは?

歯科衛生士のアルバイトではどんな募集内容が求人にのっているのでしょうか。

ここでは時給の相場やシフトなどについて解説していきます。

時給相場

歯科医院によって時給は変わりますが、相場は首都圏で1,500-2,000円、地方で1,000-1,200円程度のところが多いです。

あくまでもこれは相場なので、働く歯科医院や経験、ブランクの期間などで大きく差がでるので働く前にしっかり確認しましょう。

また、働く医院によってはアルバイトで入っても福利厚生が受けられるところもあります。

シフトの入れ具合

基本的には正社員の歯科衛生士が出勤できないところの穴埋めで募集します。

しかし、出勤頻度は週1~週5とさまざまです。

特に夕方から夜にかけて家庭を持っている歯科衛生士が帰ってしまい人手不足のところが多く、この時間帯に働ける人材を募集しているところが多いようです。

歯科医院によっては土日も開院しているところもあり、その日に出勤できる人は優遇して雇う、なども見かけるのでシフトが自分に合っているのか吟味にして選びましょう。

求められる人物像

歯科衛生士のアルバイトに求められる人物像は正社員の歯科衛生士に求められる人物像と一致します。

仕事が丁寧で正確である

細かい作業が多い歯科衛生士業では、その仕事が正確であることが求められます。

医療に従事しており、ミスは患者さんの不利益に直接つながるため、細心の注意を払い、常に安全で丁寧に仕事をすることが求められます。

新しい人間関係を作ることを苦にしない

アルバイトで歯科医院に勤務すると、従業員との人間関係や患者さんとの信頼関係を1から作らなければなりません。

特に歯科医院は協調性が求められる職場なので、元からあるコミュニティーに自然と馴染むことができる人材を求めています。

また、患者さんとの信頼関係もスムーズに作り上げなければなりません。

長く働ける

たとえアルバイトで勤務するとしても、雇う側は長く働ける人を募集しています。

有資格者の歯科衛生士は人手不足なこともあり、人材確保が難しいです。

また、歯科医院によってルールやシステムが異なるため、慣れるまでには誰しも時間が必要であり、この教育期間を短縮するためにも、新しい人材をどんどん投入するよりも長く働いてくれるほうが助かるのです。

必要なスキルや資格、経験

歯科衛生士バイトに必要なのは歯科衛生士国家資格です。

人手不足のため、あまり経験の有無は採用基準にはないようですが、フルタイムでの経験があれば給与面や待遇面で未経験者よりも優遇してくれるところが多いようです。

しかし、未経験でも働きながらスキルを身に着けられるよう指導してくれる歯科医院がほとんどです。

バイトは派遣や正社員とどう違う?

では、アルバイトと派遣や正社員とはどうのような点が異なるのでしょうか。

収入面を中心にそれぞれの特徴を解説していきます。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

歯科衛生士業の仕事量や患者さんへの責任は、正社員と全く同じです。

バイトも正社員も医療に従事している点では同じであり、責任をもって業務を果たせなければなりません。

バイトだから、という言い訳は通用しません。

労働時間を短縮して働いたり、ある程度自由にシフトを組めることが正社員とバイトで異なる点です。

仕事内容は変わる?

基本的には仕事内容は同じです。

ただ働く時間帯によっては、朝の開院準備や夜の閉院作業をしない場合もあります。

また、歯科医院によっては定期的に歯科衛生士や歯科医師の間で会議が行われるところもありますが、バイトの場合は多くがこの会議に出席しなくていいようです。

会議は昼休みや閉院後に行われることが多いので、その時間をとられないというところがバイトの良さではないでしょうか。

それぞれ求められるスキルは?

バイトでも派遣でも正社員でも、患者さんに対しての責任感は同じです。

ですので、求められるスキルはフルタイムで働く正社員の歯科衛生士と同じと言えます。

具体的には、患者さんと接するコミュニケーション能力、常に物事の一歩先を見抜く先見能力、まわりの様子を観察して自分がすべきことを指示を待たずに行動できる気配りなどが求められます。

歯科衛生士のバイトで働くほとんどの人が、一度はフルタイムで働いたことがある人がほとんどだと思うのでこの点はあまり気にする必要はありません。

収入面は?

では正社員と派遣、バイト気になるのが収入面の差だと思います。

それぞれの収入面について見ていきましょう。

正社員

基本的には月給制で、基本給のほかにインセンティブが加算されるところもあります。

交通費の支給や、研修会などへの参加費の補助、ボーナス支給など、派遣やバイトにはない待遇が得られることが利点です。

勤続年数や実力によって年に1回程度昇給も見込めます。

派遣

歯科衛生士も含めて医療従事者の派遣は法律で禁止されています。

ただし、一定期間派遣として働いたのちに派遣先で就職することが前提であったり、産休や育休をとっている職員が復帰するまでの繋ぎとして勤務したりすることは例外的に認められています。

アルバイトよりも時給は高いことが多いですが、辞めるタイミングを自分で自由に設定することはできません。

バイト

時給制のところがほとんどです。

最初の3か月ほどは試用期間・研修期間として少し減給された時給を提示するところも多いようです。

シフトは自由に組めるところと、雇う側の歯科医院がシフトを提案し、ある程度固定シフトで働くところがあります。

派遣とバイト、どちらがいいの?

派遣とバイトの大きな違いは、直接雇用かそうでないかの違いです。

賞与やインセンティブ、その他手当は基本的に直接雇用でしか支払われません。

なので時給だけみれば派遣の方が高いですが、待遇面も含めるとどちらがいいとは言い切れません。

また、派遣という働き方は一般的でないため、直接雇用のアルバイトの方が求人数が圧倒的に多く、自分で希望の歯科医院に勤めることができます。

それに対して派遣は派遣会社を通して契約するため、勤務条件などは派遣会社を介入して交渉しやすいですがフレキシブルという点ではいまいちです。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、どう働きたいかによって働き方を選ぶといいでしょう。

まとめ

今回は歯科衛生士のバイトについて、給与面や正社員と派遣との違いについて紹介しました。

一生ものの資格をもっているからこそ、どんなライフステージにもあった働き方ができるのが歯科衛生士の魅力であり、高時給で長く働け、正社員への雇用も見込める点でアルバイトという働き方はフルタイムで働けない方にとてもおすすめです。

歯科衛生士のバイトを募集する専門のサイトも数多くあるので、自分の希望条件にあった職場をぜひ見つけてみてください。


関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの