誰でも一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか?

その時、どのようにして新しい職場を探しましたか?

昔であればハローワークを通じて職探しをする人が多かったと思いますが、現在ではインターネットを活用して自分で探すのが一般的になっています。

更に、現在の転職活動では「転職エージェント」と呼ばれる転職に関するコンサルタントサービスを利用するケースが多く、転職エージェントをいかに上手く使いこなすのかが転職活動の成否に大きく関わってきています。

そこで、今回は転職エージェントを選ぶ上でのポイントなどを解説していきます!

転職エージェントおすすめの探し方や人気なエージェントとその理由

転職エージェントとは職業紹介事業所の一般的な名称で、その名の通り転職を希望する人に対して求人情報を提供し、求人希望がある企業とのマッチングを図る民間企業のことです。

転職エージェントの特徴は「キャリアアドバイザー」と呼ばれる専属の担当者が登録ユーザーを一人一人担当し、ユーザーが望む転職が成功するまで一気通貫してサポートしてくれる点です。

具体的なサポート内容としては、求人情報の提供や企業とのエントリー含む細かな折衝活動からエントリーシートや職務経歴書などの作成アドバイス、採用面接のロールプレイングなど、転職に際して必要となるアクション全てをサポートしてくれます。

また、アドバイザーの中には「キャリアコンサルタント」と呼ばれる国家資格保有者も在籍していて、正しく「転職のプロ」が転職を成功へと導いてくれることが転職エージェントが支持されている理由の一つです。

この転職エージェントですが、全国に約19,000社以上存在していると言われています。

それぞれに特徴があり、強みや専門性を活かしたサービス提供を行っています。

ここでは全国規模でサービスを展開している人気エージェントをいくつか紹介したいと思います。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/

総合情報提供事業を行っている「リクルート」が展開している転職エージェントで、求人案内総数・内定決定数ともに日本国内で最大級となっています。

人気な理由

リクルートエージェントが人気の理由は、幅広い求人を質・量共に国内最高レベルで保有している点にあります。

職種や業種・エリアなど幅の広い求人情報を保有しているだけでなく、新卒求人から年収1000万円以上のハイキャリア転職まで全ての求職ニーズに対応可能な情報量と仕組み・スタッフを取り揃えています。

また、転職に必要となる職務経歴書などの資料作成に関するノウハウや面接対策のためのセミナー開催など、転職活動を支える仕組みについても国内トップレベルのサービス体制が整っており、転職活動を始める上で必ず登録すべきエージェントの一つになっています。

doda

doda

https://doda.jp/

リクルートエージェントと並ぶ国内最大クラスの総合転職エージェントとして市場でのポジションを確立しているのが「doda」です。

人材総合サービス企業のパーソルキャリアが展開しています。

案件数や決定数についてはリクルートエージェントと同水準であり、中小企業や地方求人などに対しても幅広く対応をしている点で、Uターン転職や地方で転職活動を行っている人など幅広いユーザー層を確保しています。

人気な理由

dodaが特徴的に積極展開しているサービスに「転職セミナー」があります。

全国各地で定期的に行っているセミナーでは直接各企業の人事担当者とコンタクトを取ることができ、転職活動において必要となるテクニックやノウハウなどの情報収集が可能となっており、転職者支援サービスが充実している点で人気があります。

ビズリーチ

ビズリーチ

https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは年収750万円以上のハイクラス求人に特化した専門エージェントです。

ハイクラスな案件に特化しているため完全会員制でのサービス提供を行っており、求人者に対しては無料でサービス提供を行う転職エージェントが一般的なのに対して有料での情報提供サービスも展開しています。

より質の高いハイクラス求人の提供にこだわっている点が特徴的です。

人気な理由

ヘッドハンターや企業の人事担当者からの直接スカウトを受られるサービスがあるため、多忙なビジネスパーソンからの支持を受けています。

また、通常の総合型転職エージェントとは事業運営の仕組みに違いがあるため、他の転職エージェントにはないような高収入・高待遇なハイクラス求人を豊富に保有でき、キャリアアップを目指す30代以上の転職希望者に人気があります。

JACリクルートメント

jac

http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは全国規模の総合転職エージェントで、外資系企業や海外勤務の業務への転職に強みがあるということが特徴です。

人気な理由

上記で述べたようにグローバルな求人に対して強みをもっており、海外志向の強いビジネスパーソンに人気があります。

海外求人に強みを持つ背景としては、イギリス・シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・中国・香港・韓国・ベトナムと世界各国にグループ企業との業務提携を行っているためです。

独自のネットワークを活かした求人を提供しています。

また、ハイキャリア求人が中心となるエージェントとしても人気があり、30代以降の転職活動におすすめです!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/

第二新卒者や20代での転職活動で、一定の人気を保持しているのがマイナビエージェントです。

リクルートやdodaに比べるとユーザー数は少ない状況にありますが、所属するキャリアアドバイザーによる対応が丁寧で熱心な点を評価するユーザーが多いことでよく知られています。

人気な理由

業界ごとに専任コンサルタントを設置しており、各企業の社風や特徴などについて詳細な情報を提供してくれます。

20代で初めての転職活動を行う場合については、大手エージェントと組み合わせて利用したいサービスになります。

ランスタッド

ランスタッド

https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは、オランダ・アムステルダムに本拠地を構える国際的な転職エージェントです。

運営をするランスタッド・ホールディングスは人材サービス会社として世界第2位の規模を誇るメガカンパニーとして国際的な知名度を持っています。

人気な理由

ランスタッドが強みとしているのが「管理部門」や「人事総務」に関する求人情報です。

企業運営に関わるバックオフィス業務に関連する職種に対する求人情報に長けており、職種や業種に特化をした求職者にとっては外せないエージェントになります。

更に、ランスタッドが特化している求人には「財務」があります。

企業を支える社内財務を取り扱う専門職に対する求人情報については、量と質両方で国内トップレベルを誇っています。

人事総務や財務などの専門分野での転職を目指す場合には是非ランスタッドを利用しましょう。

type転職エージェント

type転職エージェント

https://type.career-agent.jp/

1994年から人材紹介事業を行っている老舗エージェントの一つがtypeです。

リクルートやdodaと同じく、幅広い転職支援を実施する総合転職エージェントサービスになります。

人気な理由

首都圏を対象エリアに絞った年収アップの転職に定評があるエージェントになります。

typeは東京・神奈川・千葉・埼玉を対象エリアとして限定をしており、全国求人には対応をしていません。

また、20代〜30代前半の若手人材に特化をした転職支援を展開しており、転職者の71%が年収アップを実現しているというデータがあります。

首都圏での転職を希望する20代の人にとっては見逃せないエージェントになります!

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

https://www.springjapan.com/

Springは、人材派遣事業を全国展開をしている「アデコ」が運営をする転職エージェントサービスになります。

アデコは60を超える国と地域で5,000以上の拠点を構えており、人材派遣や人材紹介において大きなビジネス基盤を持っています。

人気な理由

求職者を担当するキャリアコンサルタントやアドバイザーが直接企業人事とやりとりをしている点に特徴があります。

一般的な大手転職エージェントの場合、求職者の担当と求人企業の担当は別々の人が担当することが通常で、求職者のニーズやPRポイントなどが求人企業へダイレクトに伝わりにくいという弊害があります。

その点、Springの場合には一人のコンサルタントが求職者と求人企業の双方とやりとりをするため、お互いの要望や状況をダイレクトに繋ぐことができます。

また、他のエージェントと比べるとコンサルタント一人当たりの担当求職者の人数が少なく設定されており、より求職者に寄り添った転職支援が得られる点で人気があります。

リージョナルキャリア

リージョナルキャリア

https://www.regional.co.jp/

勤務地にこだわった転職活動に特化をしているのがリージョナルキャリアです。

リージョナルキャリアがサービス展開をしているエリアは以下の通りです。

  • 北海道
  • 宮城
  • 栃木
  • 群馬
  • 東京
  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 長野
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重
  • 大阪
  • 岡山
  • 広島
  • 香川
  • 愛媛
  • 福岡
  • 熊本
  • 沖縄

都市部での求人情報も扱っていますが、地方都市での就職を支援することに注力をしており、勤務地にこだわった転職活動に向いているエージェントです。

人気な理由

地方への転職に関するノウハウを確立しているため、Uターン・Iターンでの転職希望者に人気があります。

自分にあった転職エージェントの求人の選び方や注意点

転職エージェントに登録をしたら、どのように求人を選ぶべきか?

そのポイントと注意点について解説をします!

【選び方①】雇用形態から探す

転職エージェントを利用しての転職活動での求人情報で中心となる雇用形態は圧倒的に「正社員」のものとなります。

なので雇用形態からの選択ということはあまりないとは思いますが、中には「契約社員」として期間の定めがある求人があります。

将来的に大きな目標やゴール設定があり、そこに向かう上でのキャリアステップとして考える人には契約社員の選択も有効です。

【選び方②】職種から探す

職種という観点については、求人情報を選択するよりも前の段階で重要な要素となります。

転職エージェントによっては特定の職種に特化したエージェントなどが存在します。

例えば、ITエンジニアに特化をした「レバテックキャリア」など、特定の業種を軸とした転職情報提供を行うエージェントも多く存在します。

希望する職種が特定されている場合には、専門エージェントを積極的に活用しましょう!

【選び方③】会社の業態から考える

会社の業態も一つの選択基準となります。

こちらも業種と同様に、特定の業態や業種に特化をしたエージェントが存在しています。

例えば、「メイテックネクスト」は製造業に特化をした専門エージェントです。

医療業界や飲食業界など、自分が望む業態・業種に特化をしているエージェントを探すこともポイントになります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

最終的に転職先を決断する要素として重要なのが、給与と雇用条件になるかと思います。

ここで気を付けたいポイントが、求人票に記載されている年収額だけで判断をしないということです。

求人票の雇用条件の欄に記載されている給与については、概ね年収ベースでの額面提示がされています。

ここに残業代や諸手当が含まれているのかどうかを確認することと、その他の雇用条件に手当としてどのようなものが支給されるのか確認することを忘れてはいけません。

仮に、年収の額面が希望額や現状の年収よりも低いものだったとしても、手当で支給される金額がどのくらいになるのかによっては記載されている金額以上の年収を手にすることができたり、手取りで残る金額が前職よりも多くなるケースなどがあるからです。

また、その逆に記載されている年収がとても高い提示がされている場合でも、裁量労働制が前提となっていて労働時間に制限がなかったり、休日出勤が前提となっているケースもあります。

固定残業代を含んで年収が高く見えるケースも同様です。

年収ベースでの金額と諸手当の条件を確認した上で、実際に手にできそうな想定収入をシュミレーションをして検討するようにしましょう!

【選び方⑤】エリアから考える

自分が働きたいと思うエリアから仕事探しをすることも方法の一つです。

全国対応のエージェントであれば、勤務地の希望を伝えると現地エリアを担当するアドバイザーが担当して割り当てられ、現地にある求人を紹介してくれるようになります。

また、全国各地には地元に密着した地域限定のエージェントなども数多く存在しているので、希望勤務地で事業展開をしているエージェントを利用するというのも重要になります。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

転職エージェントを運営する企業には、リクルートなど総合情報提供企業として企業ブランドを確立し安心感が得られるものもあります。

失敗しない転職活動を行う上で、初めて聞く企業のサービスを利用するのに不安がある場合などは、安全策として他の情報提供サービスを利用したことがある企業が展開をしている転職サービスを利用することも選択肢として持っておきましょう。

【選び方⑦】「リクナビNEXT転職エージェントランキング」を参考とする

もう一つ転職エージェント選びで悩んでいる場合に参考となる指標が転職エージェントランキングになります。

これは、大手人材情報提供企業であるリクルートが提携をしている約430社の転職エージェントについて、いくつかの項目を設定しランキング形式で評価したものになります。

主な評価項目で言うと「総合満足度ランキング」「紹介求人案件満足度ランキング」「カウンセリング・対応満足度ランキング」など、エージェントとして利用したユーザーがどのくらい提供されるサービスに満足をしているか客観的に分かるようになっています。

2016年度上期の総合満足度ランキングは以下の通りとなっていました。

  • 1位:株式会社メイテックネクスト
  • 2位:株式会社エリメントHRC
  • 3位:株式会社パソナ
  • 4位:株式会社クイック
  • 5位:株式会社JACリクルートメント

なかなか決め手に欠けると感じた場合には、客観的な指標を参考に選んでみることも重要となります。

リクナビNEXTのランキングは半期に度更新されているため、最新の情報も定期的に確認すると良いでしょう。

転職エージェントで転職する人は多い?

現在、転職活動を行う人はどの程度、転職エージェントを利用しているのでしょうか?

総合人材サービスを提供している「マンパワーグループ」が2015年8月に実施した「転職活動に関する調査」の結果によると、転職エージェントを利用して、転職活動を行った人の割合は全体の28.7%で、ハローワーク(53.9%)、求人サイト(41.7%)に次ぐ利用率でした。

昔から定着をしているハローワークなどのサービスに次いで、エージェントを利用することも転職活動に根付いたものとなりつつあります。

よくある転職理由

転職活動において、採用面接などで一番ポイントになるのが「転職理由」になります。

採用サイドの視点から考えると、転職理由や現職の退職理由を知ることで以下の点を確認することが重要です。

  • 仕事内容や企業に対して求めているものを理解し、自社がその点を提供できるか
  • 業務上のどのような点に不満を感じるかを把握し、自社への入社後に不満が生じないか
  • 今後のキャリアプランなどを確認し、企業の事業方針との適正があるか
  • 同じような理由で入社後に早期退職をしないか

エージェントを活用して採用を行うことは企業にとって高額な投資となるため、企業にとっても失敗のない理想の採用を行いたいと考えています。

入社後のアンマッチを防ぐために、転職の背景や前職の退職理由というものが重要なキーポイントになります。

ここでは転職でよく使われる転職理由をいくつか紹介をします。

裁量を多く与えてもらえる企業でチャレンジをしたい!

営業系での転職理由として有効なものになります。

年功序列などによってキャリアステップの進み方が遅く、業務における裁量が限定されていて結果的に年収の上りが少ないことを理由として転職をする人は、営業職では一般的なことになります。

単に給料が低いとか出世ができないということを全面に出してしまうとネガティブな印象になりますが、これまでの業務実績などを背景として「もっと責任範囲が広い仕事にチャレンジをしたい!」

個人裁量を多く与えてくれる職場環境で働きたいというポジティブな発信であれば、印象も変わります。

キャリアチェンジをきっかけに自己成長をしたい!

これは20代から30代前半までに有効な理由となりますが、転職を「成長」の機会として結びつけることも重要なポイントになります。

特に、現在従事している職種から、別の職種に未経験として転職する場合には「成長」というキーフレーズが大切です。

単純に「営業が嫌」とか「事務が退屈」ということが根本にあったとしても、そのままでは採用サイドの印象はあまり良くありません。

もっと自分自身を成長させるために、これまでとは違う職種にチャレンジをしたいとポジティブに伝えるようにしましょう!

ワークライフバランスを重視した職場環境で働きたい!

最近では政府も一丸となって「働き方改革」を進めて、長時間労働の削減などに取り組んでいます。

その中で残業や休日出勤の多さに対して不満を持つことは、以前に比べるとネガティブなこととして捉えられることは減りました。

家庭の事情やプライベートでの活動など自分自身のライフスタイルに適した職場環境を選ぶことは、明確な転職理由になります。

組織の中で、周囲との連携で行う業務を行いたい!

営業組織の中は、個人の成果に特化をしたビジネスモデルを展開する企業もあります。

そのような組織で、いわゆるノルマの厳しさについていくことができずに転職をしたいということも多いのではないでしょうか?

厳しいノルマに嫌気がさして…ということは転職理由にはなり得ないネガティブな内容となってしまいます。

このような場合に転職理由としてふさわしいものが「組織での連携」という内容になります。

企業によっては、個人の能力や成果よりも組織全体での取り組みや成果に比重を置いているところも多く存在しています。

個人での業績などに課題があった場合でも、組織として周囲との連携を重視する組織に移って実力を発揮したい!とポジティブに伝えることが大切です。

ポイントとしては、とにかく「ネガティブ」な要素を出さない!ということになります。

もちろん、会社を辞めて転職をする理由として会社や社内の人間関係、業務内容について何らかの不満があることは事実となります。

ですが、その不満だけが「転職理由」にはなりません。

会社に対して感じている不満をどのようにしたら解決できるか、そして解決できればどのようなキャリアパスを進みたいのかと、単なる不満で終わらせずに今後へのキャリアプランなどポジティブなものに変換をして、回答することがとても重要となります。

転職エージェントこんなエージェントは気を付けた方がいい!見分け方とは?

転職エージェントを利用する際には、現職の企業情報から年収情報など、かなり詳細な個人情報を提供しなければなりません。

そして、転職とは人生を左右する大きなイベントとなりますので、その結果については非常に重要な意味を持つものとなり、失敗することは極力避けたいというのが本音です。

そのような重要個人情報を提供した挙句に、希望とはかけ離れた転職結果に終わってしまったということがないよう、リスクのある転職エージェントへの登録と利用は避けたいところです。

基本的に転職エージェントを事業展開している企業は、人材紹介に関する認可を厚生労働大臣から受けた事業者しか行えない「認可事業」となりますので、詐欺などの犯罪を目的とした企業については国の認可を受けているのかをチェックすれば判断できます。

そこで、ここでは希望の転職ができるかどうかという現実的なポイントについての見分け方を解説します。

担当アドバイザーからのアクションが少ない

転職エージェントで一番の特徴となるのが、自分に専属のキャリアアドバイザーがつくことです。

一般的な転職エージェントでのサービス提供の流れは以下の通りです。

  • エージェントのホームページ上でユーザー登録をする
  • 職務経歴や履歴書情報を登録する
  • 担当となるキャリアアドバイザーが設定され、メールもしくは電話で連絡を受ける
  • キャリアアドバイザーと面談を行う
  • 求人票を受け取り、エントリーを行う

ここから先については、エントリーと書類通過をした企業との採用面接を繰り返していくことになります。

この各ステップにおけるキャリアアドバイザーからのアクションが少ないエージェントには注意が必要です。

優良なエージェントの場合には以下のようなアクションがアドバイザーからあります。

  • 職務経歴書や履歴書の作成についてのアドバイス
  • 書類選考における課題などの情報提供と改善提案
  • 採用面接時の注意点についてのアドバイスや面接後のフォローアップ
  • 定期的な求人情報の提供

このように、自分に合った転職活動を成功に導くためのサポートを受けられることがエージェント利用の魅力になります。

これに対して注意が必要なエージェントの場合には、上記のようなアクションが少なくなる傾向があります。

具体的には

  • 提出書類に対するチェックがない
  • 書類選考に対する結果のフィードバックがない
  • 面接に対するアドバイスやロールプレイングなどのフォローアップ体制がない
  • 提供される求人情報が少ない

登録をした後のフォローアップが放置されていると感じた場合には、速やかにエージェントの変更を検討しましょう。

ただし、このサービス内容の差についてはエージェント全体の問題である場合と担当となったアドバイザー個人の問題である場合の2パターンあるので、エージェント内で複数のキャリアアドバイザーとのコネクションを持てる場合には、2名以上のアドバイザーとやりとりをするようにしましょう。

登録しても求人情報の提供がない

転職エージェントによって保有している求人情報の量と質に差があります。

また、同じエージェントでもアドバイザーによって担当している領域に違いがあったり、保有している求人情報に差があります。

転職エージェントに登録をすると無条件で定期的な求人情報の提供が受けられると考えがちですが、エージェントによってはこの通りではないものも存在をします。

一般的には、公開されている求人情報があって少なくとも一つ程度は求人情報を得ることができますが、登録者のステータスに応じて求人情報を提供するタイプのエージェントもあります。

この場合登録をしたとしても求人情報がゼロで、何も求人票が貰えないということもあり得ます。

この場合には登録を済ませて待っていても求人情報を得ることはできませんので、公開求人情報を多く保有するエージェントへの登録も忘れないように注意が必要です。

自分が登録をしたエージェントがどのようなタイプのサービス展開をしているのか理解をした上で転職活動を行うことも重要となります。

まとめ

これから転職を検討しているという方は、まず転職エージェントに登録することをオススメします。

現在の日本社会は深刻な労働力不足に陥っていて、有効求人数など転職に関する指数については転職者有利な方向に動いています。

ですが、希望する職種や勤務地・労働条件に年収など転職するにあたっての希望条件に見合う企業がどれだけあるのか?という観点や、採用する企業側の細かな条件設定や面接官との相性などを踏まえると、求人市場の状況改善通りの簡単な転職というのは現実にはありません。

一説には、書類選考の通過率が約30%、その次にある一次面接の突破率が約10%とも言われており、非常に狭き門であることに変わりはありません。

なので、どのような転職をしたいのかといった自分自身の棚卸しや、より成功に結び付きやすい転職活動を行うための事前準備などにしっかりと時間を割くことと、エントリー企業の量を確保することが重要になります。

そして、客観的に自分のPRポイントがどこにあるのか?適切な転職理由などを発信できているのか?をチェックしてもらうためにもキャリアアドバイザーを活用して転職活動をすることは、現在の転職活動においては欠かすことができないことになっています。

転職エージェントごとに特徴や強みがあり、保有している求人情報に差があります。

キャリアアドバイザーの力量によって、同じ企業・部門・採用担当者であっても採用確率に差が出るのも事実です。

つまり、複数の転職エージェントへの登録が重要であり、キャリアアドバイザーとの相性などを見極めて、自分にとってベストマッチなエージェント選択をすることが転職の成功へと繋がっています。

実際に転職エージェントを利用するときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

横浜の転職エージェントおすすめ6選。地元密着&大手の横浜支社を紹介

今回ご紹介するのは、横浜市の転職エージェントです。神奈川県の県庁所在地で、六大都市でもある横浜市。幕末に外国貿易のために国際港が開かれて以来、港湾都市として発展してきました。経済面では日本を代表する大手国内企業や、世界的に有名な外資系企業、地元の優良企業などが集結しています。海外を視野に入れたグローバルな企業も多く存在します。今回は横浜の地域に根づいた企業で働きたい方や、横浜からグローバルな企業を狙いたい方に向けて、地元のエージェントや横浜に支店のある大手エージェントをご紹介します。保育業界に特化したものや、海外にネットワークのあるエージェントも掲載しています。横浜を拠点に仕事探しをする際は、

福岡市の地元密着の転職エージェントおすすめ6選

今回は福岡市の「地域密着型エージェント」を6選ご紹介します。福岡市は九州最大の人口を擁する都市で、さらに国家戦略特区にもなっています。大企業や中小企業、老舗企業などさまざまな企業が新規事業やイノベーションに積極的な地域です。「福岡で仕事をしたい」という人にとって、転職エージェントは心強い存在ですよね。特に地元に密着したエージェントなら、地元企業を知り尽くしたプロの意見を聞くことができ、自分に合った優良企業に巡り会える可能性が高まります。福岡市の密着の転職エージェントACR 「ACR」は1967年に創業した福岡市の老舗エージェントです。1970年に九州で初めて人材紹介業をスタートし、福岡に根ざし

札幌市の地元密着型転職エージェント企業5選

今回は札幌を拠点に北海道全体の求人情報に強いエージェントや、医療分野に特化したエージェントなど、札幌市の「地域密着型エージェント」を5選ご紹介します。県庁所在地であり、北海道最大の経済都市でもある札幌市。「札幌で仕事をしたい」「札幌にUターン転職したい」という人は多いかもしれません。そんな時に必要になるのが、地元の求人に強い転職エージェントです。地場企業の情報だけでなく、北海道の気候や風土にも詳しい地元エージェントの存在は心強いですよね。札幌や北海道での転職をお考えの方は、参考にしてみてくださいね。札幌市の密着の転職エージェントジョブキタ紹介(株式会社北海道アルバイト情報社)「ジョブキタ紹介」

神戸市で地域密着型の転職エージェントをご紹介!おすすめのエージェント9選。

今回ご紹介するのは、神戸市での求職に有効な転職エージェントです。大小様々な企業の求人案件を取り扱い、企業と求職者との橋渡しをしてくれる転職エージェント。全国に張られたネットワークを駆使して転職支援してくれる大手のエージェントも良いですが、地元での信頼関係を活かしてそこにしかない隠れた案件を紹介してくれる地域密着型のエージェントも、非常に心強いサポーターです。この記事では、神戸市の「地域密着型転職エージェント」9社を選りすぐってご紹介したいと思います!神戸市の地域密着型転職エージェント、おすすめの9社それでは、早速見ていきましょう。株式会社ウィンウィン「株式会社ウィンウィン」は、神戸市に本社を構

名古屋のおすすめ転職エージェント8選。地元密着型を中心に紹介します。

今回は、名古屋市に焦点をあて、地域密着型の転職エージェントを8社ご紹介します。名古屋市在住で転職を考えている方、名古屋市へのUターン・Iターンを考えている方は是非参考にしてみてください。転職する際の心強い味方となる転職エージェント。「リクルートエージェンシー」「パソナキャリア」などの様に全国展開をしている大手総合転職エージェントももちろんですが、地元に密着した転職エージェントを利用することで、転職の幅はグッと広がります。名古屋市の地域密着型エージェント8選!それでは早速、各社の特徴を踏まえて見ていきましょう。株式会社パーソネル名古屋で20年の実績を持つ「株式会社パーソネル」は、本社のある名古屋

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つ

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。


転職に関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転