転職エージェントは、採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。

幅広い業界の知識がつき、高い営業力や交渉力を求められることから、ステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。

実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。

しかしいざ転職を考えると、気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。

転職エージェントは比較的業務時間が長く成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与は貰えるのでしょうか?

今回は、気になる転職エージェントの年収についてご紹介します。

ざっくりとした相場感から、転職で給料を上げるための術など本音の部分をお伝えしていきたいと思います。

「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職エージェントの給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合の転職エージェントの給料相場

正社員で新卒入社した場合ですが、基本的に他の業界の営業職とあまり大差ありません。

月給20万円~25万円くらいが相場になります。

基本的に転職エージェントでの業務は求職者を担当する業務と企業を担当する業務とに分かれていますが、それぞれが協力して求職者の採用という同じゴールを目指して業務を行いますので、どちらも同じ給与体系である会社がほとんどです。

正社員で転職した場合の転職エージェントの給料相場

転職で転職エージェントに入社した場合は、給与にかなり幅があります。

どの企業でも同じですが経験やスキルによって提示される金額が異なり、もともと同じ転職エージェントでの勤務経験があり実績が高ければ、入社後のパフォーマンスへの期待と自社に入社してもらうために高額な報酬を提示します。

転職エージェントの業務の経験がなく、別の業界からの転職の場合、年齢にもよりますが第二新卒で400万円台の年収の提示が多いでしょう。

第二新卒では新卒と同程度で300万円台の年収の提示が多いので、転職エージェントは少し多めですね。

正社員での転職では年収400万円程度~実力に応じて変動、という相場です。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの? 

賞与・インセンティブ

月給に成果に応じたインセンティブがつく場合や成約金額の〇%がインセンティブとして支給される場合、年2回の賞与に成果報酬としてインセンティブが加算される場合などがあります。

基本的には成果主義の会社が多いです。

昇給

年1回~2回昇給・昇格を行う会社が多いです。

会社によって異なりますので、確認をおすすめします。

各種手当

残業代や住居手当、交通費など一般的な手当がつきます。

残業代はみなし残業代として数十時間分給与に含まれている場合もありますので、転職を考える場合は求人票をよく確認してください。

給与が高い人は何が違うの?

給与は転職した際の提示額はもちろん、入社後もそれぞれ異なります。

基本固定給+賞与(+インセンティブ)の会社では大きく変わりにくいですが、インセンティブに重点を置いている会社では時期や実力、成果によってかなり報酬額が変わります。

具体的にどんなところで違ってくるのでしょうか。

スキル・成果

まずはもちろん、その人のスキルと成果による評価です。

高い実績を上げれば上げるほど評価され、給与に反映します。

実績とは成約金額や成約件数のことです。

転職エージェントでは、自分が担当する求職者や企業に採用が決まると企業から報酬が得られる仕組みとなっています。

その報酬額は、採用された求職者の年収額の30%程度が相場です。

採用が決まり入社すると成約となります。

高い年収の案件が成約すれば、それだけ高い報酬が貰えるのです。

つまり、転職エージェントで実績を上げるには①高い年収の転職を成功させる②より多くの件数の成約をする、この二つです。

金額の〇%がインセンティブになるような会社ではストレートに実績が給与に反映しますので、人によってかなりの差が出てきます。

「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

役職

役職がつけばその分固定給が上がります。

ただ実際には求職者担当(キャリアコンサルタント)や企業担当などのプレーヤーでいた頃の方がインセンティブの率の方が良く、役職がつく前の方が年収が高くなる場合もあります。

勤続年数

実は勤続年数はあまり関係がありません。

新卒から勤めている場合は経験値という意味から勤続年数によるスキルの差、年収の差が出てきますが、転職エージェントは大半が別の会社からの転職者です。

転職時のスキルによって年収が異なりますので、入社したばかりの人が入社後1年目の人よりも給料が高いということもあります。

また実績次第ですので、後輩の方が年収が高いことも珍しくはありません。

地域

地域性はあります。

地方が地元の方は、一度くらい地元で求人を見てみたことがあるのではないでしょうか。

東京などに比べて求人の数がとても少なかったり給与が低く感じられたと思います。

転職エージェントは成約金額と成約数が実績となりますので、都市と地方ではどうしても差が出てしまいます。

ただし、固定の基本給に差があることはあまりありません。

転職エージェントの給料の決まり方

転職エージェントに入社した場合、どのように給料が決まるのでしょうか。

転職で転職エージェントに入社した場合を想定していくつかご紹介します。

前職の給料を参考にした金額

基本給などベースの金額については、前職の給料を参考にしてくれる企業様が多いです。

しかしあくまでも各エージェント会社の社内ルールによって給与が決まるので、前職の給与が必ず保障されるわけではありません。

自社における年齢・勤続年数に応じた金額

既存の社員の年齢や勤続年数を考慮し、自社の中で給与が大きく離れないように調整します。

もしくは、経験年数を自社の勤続年数に当てはめて決める場合もあります。

例えば別の転職エージェントで2年経験をしていたら、自社の3年目の給料を当てはめるというイメージですね。

この時点では実績などが考慮されていないため、入社後に実績や能力に応じて給料が上がっていくことが多いです。

実績に応じた金額

前職での経験年数、実績に応じて給料を決定します。

これまでの経験を活かして自社で活躍や成果が期待できると思われたら、それだけ高い給料が提示されます。

もちろん、いくら前職で高い成績を上げていたとしても、業界が異なり転職エージェントでの業務とは方向性が異なる場合は評価には直結しません。

人柄やコミュニケーション能力など社内で上手くやっていけるかを考慮する会社もあります。

転職エージェントで給料を上げるため転職術とは?

給料の決まり方は下記の三つでした。

  • ①前職の給料
  • ②自社(転職先)における年齢・勤続年数に応じた給料
  • ③実績に応じた給料

基本的に転職では給料が上がるという前提はありません。

転職をしたことで給料が下がってしまう人も多くいます。

最初から給料の高い企業を探すのも良いですが、実は交渉やアピール次第で年収アップは見込めるのです。

大切なのは「自分が採用する企業だったら、自分にいくら払えるか」という観点です。

では、実際に転職する際にどうしたら給料を上げることができるのか見ていきましょう。

自分の実績をアピールする

まず自分が採用する企業側だったら、どんな人に高い給料を提示して採用したいと思いますか?

頑張れます!きっと高い実績を上げてみせます!と言われても、実際はどうかなんて分かりませんよね。

一度決めた給料は簡単に下げられませんので、企業も慎重に給料を決めます。

つまり、高い給料を提示する程の根拠が必要なのです。

根拠とはあなたがこれまで実際に上げてきた実績や、実績を上げるために行ってきた工夫と過程です。

明確にこれまで自分が上げてきた実績を数字や具体例をもって面接でアピールしてください。

「これまでこんな実績を上げてきた」と言われれば「おそらく入社後もこれくらいの実績を上げてくれるだろう」という想定をもとに給料を決めてもらうことができます。

自分のスキルでどれだけ活躍できるかアピールする

もともと転職エージェントなどの同業他社にお勤めであれば、そこで上げてきた実績がそのまま新しい会社での実績に直結することが想像しやすいですが、別の業界・職種から転職エージェントに転職する場合は異なります。

これまで前職・現職で上げてきた実績や実績を上げるまでの工夫や過程の他、それがどのように転職エージェントでの業務に活かせるかというアピールが必要です。

「これまでこんな実績を上げてきたので、このスキルで転職エージェントの業務でも実績を上げられる」と伝えれば「なるほど、業界・職種は違うが入社後も同じように成果を上げてくれそうだ」と判断してもらえます。

これをできるだけ具体的に、採用する企業が自分が成果を上げる姿を想像できるようにアピールしてみてください。

「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

職務経歴書に実績などを詳細に記載する

給料を決めるタイミングは内定を出す時ではありません。

求人を出す時点でおおよその給料の枠が決まっていて、あとは応募してくれた人のスキル・経験に応じて相当額を提示します。

この相当額を決めるのは、実は一次面接などのかなり初期の段階です。

その後内定に至るまでの間に微調整はありますが、大抵が早い段階で決められています。

つまり、できるだけ早い段階から提示する給料を高くしてもらうための工夫が必要なのです。

企業に一番最初にあなたを知ってもらうのは履歴書と職務経歴書ですよね。

この職務経歴書にできるだけ分かりやすく多くの具体的に実績を記載してください。

面接をする前の時点からおおよそこれくらいの成果を出してくれそうな人だという印象がつき、一次面接ではその答え合わせをするだけになります。

特に紙に書いてあることは耳で聞くよりもはっきりと印象に残りますので、職務経歴書は丁寧に作ることをおすすめします。

給与交渉をする

どうしても譲れない給料のラインがあったりある程度の年収を希望している場合には、自ら給与交渉することで給料が上がる可能性があります。

あまり何度も言ったり交渉を重ねると印象が悪くなりますので、充分に自分をアピールした上で行ってください。

最初の提示金額が思ったほどではなくても入社後の評価で上げていくタイプの会社も多いので、評価制度について確認してみると良いと思います。

どうしても採用したい人材の場合

優秀な人材で、その会社にとってどうしても採用したい、採用しなければならない人材であれば、多少年収が高くても採用してもらうことができます。

急に空いてしまったポジションやハイクラスの採用、確実に成果を上げることが期待できる人などです。

これについてはタイミングや自分のスキルの高さ次第になりますが、その人を採用することでその会社の売り上げが伸びる、組織の運営に関わるなど大きな影響があることが予想されると、会社は高い給料を提示してでも採用したくなります。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

実績を具体的に伝え、転職エージェントの企業担当に転職

他業界の営業から転職エージェントに転職した際、年収が60万円程上がりました。

第二新卒でしたが、前職で上げてきた高い成果や社内で受けた表彰の実績、転職エージェントに活かせるスキルなど具体的にアピールを行い、転職エージェントでも高い実績を上げられるだろうと評価を受け、前職以上の年収を提示してもらうことができました。

目標達成率100%以上を継続したとき

インセンティブの制度は成約金額の〇%などではなく基本給+賞与(+インセンティブ)といった制度でした。

毎月のノルマを欠かさず達成し、月によっては200%達成など継続的に実績を上げたことが評価され高いインセンティブを上乗せした賞与を受け取り、翌年の昇給で基本給がアップしました。

明確に数字で判断されますが、しっかり給与に反映されています。

新人の教育にあたり、教育した新人が好成績を上げられる人材に育ったとき

新人教育を担当し、教育した新人が継続して成績を上げられる人材に育ったことで、今後の教育やマニュアルの作成をまかされるようになりました。

もともと新人教育についてシステムや担当がなく、なんとなく放り込むような形で教育をしていたため新人が早期退職しやすい職場だったのですが、改めて一から体制を作り直したことで退職率が減りました。

時間はかかりましたが、結果に至るまでの経緯や工夫、努力を認められ昇給しました。

まとめ

いかがでしょうか。

転職エージェントは実績を重視する傾向が強い会社ですので、給料を上げるためにもやはり実績を明確に出す、示す必要があります。

しかしその分、成果を出せばしっかりと給料に反映してくれますので、とても分かりやすいとも言えます。

ただ会社によって評価の仕方や給与体系は異なりますので、転職をお考えの方は入社前にしっかり確認するのを忘れないようにしてくださいね。

「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →



関連キーワード

転職エージェント

転職エージェントについてもっと深堀りした情報を見る

横浜の転職エージェントおすすめ6選。地元密着&大手の横浜支社を紹介

今回ご紹介するのは、横浜市の転職エージェントです。神奈川県の県庁所在地で、六大都市でもある横浜市。幕末に外国貿易のために国際港が開かれて以来、港湾都市として発展してきました。経済面では日本を代表する大手国内企業や、世界的に有名な外資系企業、地元の優良企業などが集結しています。海外を視野に入れたグローバルな企業も多く存在します。今回は横浜の地域に根づいた企業で働きたい方や、横浜からグローバルな企業を狙いたい方に向けて、地元のエージェントや横浜に支店のある大手エージェントをご紹介します。保育業界に特化したものや、海外にネットワークのあるエージェントも掲載しています。横浜を拠点に仕事探しをする際は、

福岡市の地元密着の転職エージェントおすすめ6選

今回は福岡市の「地域密着型エージェント」を6選ご紹介します。福岡市は九州最大の人口を擁する都市で、さらに国家戦略特区にもなっています。大企業や中小企業、老舗企業などさまざまな企業が新規事業やイノベーションに積極的な地域です。「福岡で仕事をしたい」という人にとって、転職エージェントは心強い存在ですよね。特に地元に密着したエージェントなら、地元企業を知り尽くしたプロの意見を聞くことができ、自分に合った優良企業に巡り会える可能性が高まります。福岡市の密着の転職エージェントACR 「ACR」は1967年に創業した福岡市の老舗エージェントです。1970年に九州で初めて人材紹介業をスタートし、福岡に根ざし

札幌市の地元密着型転職エージェント企業5選

今回は札幌を拠点に北海道全体の求人情報に強いエージェントや、医療分野に特化したエージェントなど、札幌市の「地域密着型エージェント」を5選ご紹介します。県庁所在地であり、北海道最大の経済都市でもある札幌市。「札幌で仕事をしたい」「札幌にUターン転職したい」という人は多いかもしれません。そんな時に必要になるのが、地元の求人に強い転職エージェントです。地場企業の情報だけでなく、北海道の気候や風土にも詳しい地元エージェントの存在は心強いですよね。札幌や北海道での転職をお考えの方は、参考にしてみてくださいね。札幌市の密着の転職エージェントジョブキタ紹介(株式会社北海道アルバイト情報社)「ジョブキタ紹介」

神戸市で地域密着型の転職エージェントをご紹介!おすすめのエージェント9選。

今回ご紹介するのは、神戸市での求職に有効な転職エージェントです。大小様々な企業の求人案件を取り扱い、企業と求職者との橋渡しをしてくれる転職エージェント。全国に張られたネットワークを駆使して転職支援してくれる大手のエージェントも良いですが、地元での信頼関係を活かしてそこにしかない隠れた案件を紹介してくれる地域密着型のエージェントも、非常に心強いサポーターです。この記事では、神戸市の「地域密着型転職エージェント」9社を選りすぐってご紹介したいと思います!神戸市の地域密着型転職エージェント、おすすめの9社それでは、早速見ていきましょう。株式会社ウィンウィン「株式会社ウィンウィン」は、神戸市に本社を構

名古屋のおすすめ転職エージェント8選。地元密着型を中心に紹介します。

今回は、名古屋市に焦点をあて、地域密着型の転職エージェントを8社ご紹介します。名古屋市在住で転職を考えている方、名古屋市へのUターン・Iターンを考えている方は是非参考にしてみてください。転職する際の心強い味方となる転職エージェント。「リクルートエージェンシー」「パソナキャリア」などの様に全国展開をしている大手総合転職エージェントももちろんですが、地元に密着した転職エージェントを利用することで、転職の幅はグッと広がります。名古屋市の地域密着型エージェント8選!それでは早速、各社の特徴を踏まえて見ていきましょう。株式会社パーソネル名古屋で20年の実績を持つ「株式会社パーソネル」は、本社のある名古屋

保健師で転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とおすすめのエージェントの選び方

日本は古来「終身雇用制度」が当たり前の国でした。しかし、現在ではその制度が崩壊しつつあり、それに伴って転職をする人の割合も増加しています。それは比較的安定していると言われている保健師であっても同様です。転職の理由は人によって様々ですが、自身のスキルアップのため等のポジティブな理由から、いわゆるブラック企業から逃げ出すためのネガティブな理由もあります。特に後者の理由の場合、転職者は次の職場では絶対に同じ轍を踏みたくないと考え、慎重になっている事でしょう。転職者の強い味方として「転職エージェント」という物がありますが、今回は保健師が転職を考えた時に転職エージェントを使って転職活動をすべき理由と、お

社会福祉士で転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とおすすめのエージェントの選び方

社会福祉士として転職しようと考えている方の中には、初めての転職の際にどのように仕事を見つけたら良いのか迷う方も多いと思います。一般企業と違って求人誌を見ても全然仕事が記載されておらず、困ってしまいますよね。そんな方に朗報です。転職エージェント(人材紹介サービス)を使いこなせば、今の職場で働きながら転職が可能になります。転職エージェントのメリットや使い方、沢山の転職エージェントの中から最適なものを選ぶ際の注意点などについてお伝えしていきます。社会福祉士が転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とは?なぜ社会福祉士は転職エージェントを使うべきなのでしょうか?それには福祉の専門職ならではの

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士を転職エージェントで探そうと思っている方は必見です。歯科衛生士の転職でおすすめな方法とは何だと思いますか?口コミや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。歯科衛生士は転職サイトを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのかをぜひご覧ください。歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントとは何でしょうか?転職エージェントとは人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を手助けしてくれます。料金は

臨床工学技士で転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

臨床工学技士として病院で働いていると、一度は転職したいと思うことがあるでしょう。転職することで臨床工学技士としてのキャリアアップに繋がったり、より良い環境で働くことができます。今回は、転職する方法として一番おすすめな転職エージェントについて紹介します。臨床工学技士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?臨床工学技士は、転職する際にいくつか方法があります。その一つとして、転職エージェントを使うといった方法があります。転職エージェントの役割は、求職者が抱える様々な悩みや問題を解決し、その求職者にとって最適な転職をサポートすることです。では、転職エージェントを使うべき理由を五つ紹介

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職をしようと考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。また、何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように一人で探す方法と、転職エージェントを利用しご自身に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで転職がスムーズに進んだり、真にあなたが求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。もちろん転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方は重要です。また転職エージェント利用にあたり幾つか注意をしたい点もあります。大切

理学療法士が転職エージェントを使って転職活動をすべき4個の理由とおすすめのエージェントの選び方

理学療法士として勤務している中で、「転職したい」と思うことがあるという方は実は想像以上に多くいます。自分の思い描いていた理想のリハビリができないという悩みや、激務だと感じる方、人間関係への悩みから転職を考える方までその理由は様々です。そこで今回は、理学療法士の方が転職を考える際に、転職エージェントを使って転職活動をすべき理由とおすすめのエージェントの選び方についてご紹介していきます。理学療法士が転職エージェントを使って転職活動をすべき4個の理由とは?理学療法士の方が転職をする場合には、転職エージェントを使って転職活動をすることをおすすめします。初めての転職であっても2回目以降の転職であっても、

40代が転職エージェントで転職するのに失敗しないために知っておくべき3個のことや人気な職種や業界を教えます!

40代が転職エージェントを利用して転職する際に失敗しないためには、どんなことをしたら良いのでしょうか?そもそも40代で転職エージェントをご存知の方はあまりいらっしゃらないかと思います。簡単に言えば、あなたの希望に合う仕事を紹介してくれる人です。今回は、そんな頼れる転職エージェントでおすすめな40代に人気な職種、転職で知っておくべき3個のことなど、上手な転職エージェントの活用法をご紹介します。40代が転職エージェントの転職で注意したほうが良い3個のこと転職エージェントは数社登録をする転職エージェントは複数登録をするのが基本です。それには理由があります。転職エージェントと言っても沢山の会社があるの

看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師が転職をしようと思った時の方法として最も多いのは、転職サイトに登録し転職エージェントの担当者から紹介してもらった転職先を検討することではないでしょうか。最近では看護師に特化した専門の転職エージェントの数も増えてきており、どの転職エージェントを選べば良いか迷ってしまうかと思います。そこで今回は、看護師が転職エージェントを選ぶ時の注意点と看護師が転職を成功させるためにやっておきたいことについて、元看護師向け転職エージェントが解説していきます!看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点とは?看護師向け転職エージェントの数はどんどん増えており、インターネットで「看護師 転職」と入力すると出て

営業が転職エージェントを使って転職活動をすべき理由と、利用したほうが良い人とは?

営業が転職をする際に転職エージェントを利用する理由は何だと思いますか?そもそも転職活動に転職エージェントが不可欠なのかというと、絶対に使用しなければならないものではありませんし、なければないで活動は可能です。利用をするべき理由はありませんが、転職エージェントは使い方次第では就職活動がかなり効率化します。ここでは、「実際に営業が転職エージェントを使うメリット」というところに触れていきたいと思います。転職エージェントとは?「転職エージェント」は人材紹介会社のセールスです。わかりやすく言うと、代理店の営業、転職の代理人です。人材ビジネス全般に言えることですが、この業界は他人に働いてもらって(就職活動

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人も多いのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントが沢山ありすぎて分からない!とお困りの方も是非参考にしてみて下さい。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人は沢山ありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つけても、多く

飲食業界の転職エージェントでおすすめな会社7選とその理由・エージェントを使うメリットとは?

飲食業界で転職を考えているあなた、どのような方法で転職活動を始めていますか?最近では転職をする際に求人サイトやハローワーク、転職エージェント等を利用する人が多いですよね。しかし、飲食業界で転職をするなら転職エージェントを利用するのが一番なのです。残念ながら、飲食業界の中には労働時間が不規則だったり、休日があまり取れなかったり、離職率が高かったりと、あまり労働環境の良くない企業もあります。そのような企業を、求人情報や面接で判断するのはとても難しいことです。業界独自の情報や企業情報に詳しい転職エージェントを利用することで、入社してからの「こんなはずじゃなかった!」という失敗を防ぐことができます。今

転職エージェントを比較する時の5個のポイントとは?仕事探しにおすすめのエージェントはここ!

転職エージェントを探してみたことはありますか?実際探してみたことがあるという方は、沢山あって驚かれたと思います。規模だけでも大手や中堅、一人で運営しているような小規模のエージェントまで幅広く、業界や年齢層など得意分野も様々です。どこが良いのか、またどのようなポイントで比較をしたら良いか分からないことが多いと思います。しかし自分に合った転職エージェントを選択できないと、せっかく登録したのに紹介される求人数が少なかったり充分なサポートを受けられずに転職活動自体が長引いてしまいます。既に退職済みの方の場合、離職期間が長くなれば長くなる程転職が難しくなり、転職活動はそれだけで体力も気力も使います。なる

女性の転職で転職エージェントを使った方が良い3個の理由と、おすすめのエージェントの選び方

今転職を考えている女性のあなた。女性の転職は悩みが多いと思います。「これから結婚を考えているから出産や育児のことを考えるとどんな転職が良いのか分からない…」「子供がいるから残業の少ない仕事をしたいけど、どのような仕事が良いか分からない…」「キャリアをどんどん積みたいけれど、結婚や出産で退職をしてしまうと思われそう…」等。分かります!結婚も出産も育児も悪いことではないのに、転職にとっては悩みの種です。しかし、そんな悩みに寄り添い、解決してくれるものがあります。それが「転職エージェント」です。転職したいけどなかなか踏み切れないあなた。転職活動が上手くいっていないあなた。転職エージェントなら、あなた

外資の転職で、転職エージェントを使った方が良い4個の理由とおすすめのエージェントの選び方

現在日系企業にお勤めの方で、次は外資系企業への転職をお考えの方も多いと思います。ご自身の英語力を活かしたい、年収アップを狙いたい、挑戦したい…外資系企業ならではの文化で働きたい方もいるでしょう。しかし日系企業とは異なる部分が多く、同じような気持ちで転職活動をしても残念ながら良い結果には繋がりません。外資系企業への転職は情報収集がとても大切です。この情報収集を行うために最適なのが転職エージェントです。特に欠かせないのは、転職エージェントが持つ二つの情報「豊富な求人情報」「企業の詳細な情報」です。その他にも、転職エージェントを使うメリットは沢山あります。では早速、外資系企業への転職で転職エージェン

介護業界で転職エージェントを使って転職したほうが良い5個の理由。向き不向きも解説!

介護業界は長年、激務で給料が少ないと言われており、なかなかその状況は改善しません。しかし、せっかく高齢者の介護に携わりたいという強い希望や志を持って入ったのですから、そうそう簡単に業界を去る選択をしたくないと思っている方が多いのではないでしょうか。そこで今回は介護業界にお勤めで転職を考えている方が、転職エージェントを使って転職したほうが良い理由、更に介護業界での転職エージェントの利用が向いている人・そうではない人についても解説していきます。転職エージェントとはどういうもの?初めて転職を考えている方にとっては「転職エージェント」がどういうものかイメージが湧かない方も多いと思います。「転職エージェ

看護師が転職エージェントを使って転職した方が良い4個の理由。向き不向きも解説!

看護師は転職エージェントを使って転職活動をすべきだと皆さんは知っていましたか?看護師の転職は、一般的な転職よりも売り手市場のため簡単にできると言われています。とはいえ、自分の希望する場所や条件での転職にはコツやポイントを押さえることが重要です。そこで、今回は看護師に転職エージェントがおすすめな転職方法という4個の理由や、転職エージェントを使うのに向いている方・不向きな方について解説していきます!転職エージェントとはどういうもの?転職エージェントとは、転職をしたいと考えている「求職者」の方に対し希望の年収や勤務場所、やりたい仕事などをヒアリングし、転職のアドバイスや条件に合った求人を紹介してくれ

転職エージェントとは?転職する人にとっての10個のメリットと、自分に合ったエージェント・担当者を見つけるための具体的な方法を紹介

今、転職をお考え中のあなた。どのように転職先を探していますか?転職サイトやエージェントのサイトを見たり、ハローワークを見たり、知人からの紹介を受ける方もいるかもしれませんね。なかなか良い求人が見つからず転職に踏み切れていない方も多いのではないでしょうか。では、転職エージェントにはもう登録しましたか?難しそうだから、どんなサービスかよく分からないからと避けている方は勿体ないです。転職をお考えなら、転職エージェントへの登録は必要だと思います。今回は、転職エージェントを使うことで転職する方にどんなメリットがあるかや、自分に合ったエージェントの選び方をご紹介します。こちらを見たら、早速転職エージェント

第二新卒の転職エージェントおすすめ4選。エージェントを使ったほうが良い理由と選び方とは?

第二新卒とは、明確に定義されてはいませんが多くは大学卒業後三年以内の離職者のことを言います。「仕事を三年以内で辞めた…」と言われると印象が悪いような気がしてしますよね。しかし、市場では「第二新卒」は転職に有利になりやすいのです。転職市場では、第二新卒は社会人としての基礎やマナーができていて、且つ若くて伸びしろがあると評価されます。大学を卒業したての新卒を一から育てるよりも効率良く仕事に従事してもらうことができるのは、企業側からしてもメリットです。では、第二新卒で転職を考えたらどうしたら良いのでしょうか。転職サイトを見るのもいいですが、まずは転職エージェントに登録してください!転職エージェントな

転職エージェントとの面談で、考えておくべきゴールと注意点、それまでに準備すべきこととは?よく訊かれる質問も解説します。

今こちらをご覧の方は、これから転職エージェントでの面談を控えている方や、転職エージェントに登録しようか検討中の方だと思います。転職エージェントに登録するとまず最初に行うのが担当者との面談です。何を訊かれるのかな?と少し緊張されている方もいるのではないでしょうか。実はこの面談、あなたの転職にとってとても大切なんです。転職エージェント側からはおそらく「履歴書や職務経歴書を準備しておいて下さい」としか言われていないと思います。しかし、その指示通り書類を準備しただけでは少し危険です。面談ではあなたの転職をサポートするのに必要な情報をヒアリングしますので、「面談で話したこと」があなたの転職を左右するので

転職エージェントの選び方。元エージェントが、注意点と失敗しないための選定手順を紹介!

転職エージェントの企業は多くあります。エージェント会社が抱えている求人は沢山あり、サポートも充実していそうです。しかし、自分に合わないエージェントを選択してしまうと、大切な転職活動が長引いたり失敗してしまうかもしれません。私も以前勤めていたエージェントで、とても優秀な方なのにこちらの取り扱っている分野と異なる方だったので満足に求人を紹介できず、お役に立てなかった経験があります。その方には経験や希望に合った別のエージェントの利用をおすすめしたのですが、どのエージェントでも正直に教えてくれるとは限りません。「求人を紹介します」と言いながらその後全く連絡がないということもあります。これでは時間が無駄

転職エージェントはどこがいい?おすすめ9選をご紹介!探し方・見つけ方も教えます!

誰でも一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか?その時、どのようにして新しい職場を探しましたか?昔であればハローワークを通じて職探しをする人が多かったと思いますが、現在ではインターネットを活用して自分で探すのが一般的になっています。更に、現在の転職活動では「転職エージェント」と呼ばれる転職に関するコンサルタントサービスを利用するケースが多く、転職エージェントをいかに上手く使いこなすのかが転職活動の成否に大きく関わってきています。そこで、今回は転職エージェントを選ぶ上でのポイントなどを解説していきます!転職エージェントおすすめの探し方や人気なエージェントとその理由転職エージェントとは職業

金融の転職で、転職エージェントを使ったほうが良い5個の理由とおすすめのエージェントの選び方

転職エージェントをご存知ですか?広告を見たことはあっても、実際にどんなサービスで、転職サイトとの違いやメリットをあまりよく知らない方も多いと思います。実は、金融業界での転職活動にとても心強いサービスなんです。特に金融業界でキャリアアップを目的とした転職をしたい方には、転職エージェントでなければ目的に合った転職ができないかもしれません。今回は転職活動で転職エージェントを使った方が良い理由とエージェントの選び方を解説します。特にエージェントの選び方を間違ってしまうと、充分にメリットを受けられませんので注意してください!転職エージェントとはどういうもの?転職エージェントとは、転職のプロである専任の担

不動産の転職で、転職エージェントを使ったほうが良い5個の理由とおすすめのエージェントの選び方

不動産で転職エージェントを使って転職活動をしたい方は必見です。不動産業界で転職をお考えのあなた。どうやって転職先を探していますか?転職サイト、ハローワーク、転職エージェント、知人の紹介など色々あると思います。その中でも、不動産は転職エージェントがおすすめです!そもそも転職エージェントがどんなものかや、おすすめの転職エージェントの選び方、注意点などを解説します。転職エージェントとはどういうもの?あなた専任の担当者があなたに合った求人を紹介してくれるサービスです。転職エージェントに登録すると、担当者(キャリアコンサルタント)から面談についての連絡が来ます。面談では、転職エージェントのオフィスにて、

美容師の転職で、転職エージェントを使ったほうが良い5個の理由とおすすめのエージェントの選び方

美容師は憧れの職業と言われ、お客様に喜んでいただける、華やかでおしゃれな素晴らしい職業です。では、実態はいかがでしたか?この記事をご覧いただいている方は現職に何らかの疑問や不満があり、転職をお考えかと思います。自身の望む転職ができるか心配な方も多いのではないでしょうか。美容師の転職においても、実は転職エージェントがおすすめです。今回は、美容師の転職にエージェントを利用する目的と、エージェントの選び方を解説します。転職エージェントとはどういうもの?転職エージェントをご存知でしょうか。一般的に転職を考えた際には転職サイトを見ると思います。実際に「美容師 転職」で検索すると、転職サイトが出てきます。

転職先の選び方4個のポイント。現役人材採用コンサルが解説する、失敗しない求人の探し方・見極め方

年間転職者数は300万人を超え、2人に1人が転職経験があるとされており、社会人の約半数が経験している「転職活動」。転職活動にネガティブなイメージは無くなりましたが、それでも人生を大きく左右する行動であるが故に慎重な方も多いと思います。「今度こそ最後の転職にしたい・・・」と転職活動について考えている方も多くいらっしゃることでしょう。転職を繰り返すことで良い条件の会社を選べなくなることもありますからね。今回はそんな方の為に、現役の人事採用コンサルタントが失敗しない求人の探し方・見極め方を伝授します。まずは、自分にとって何が大事なのかをしっかりと自分を分析することが必要です大手人材会社がキャッチコピ

工場勤務の人が転職エージェントを使って転職活動をすべき3個の理由とおすすめのエージェントの選び方

現在、工場=派遣という図式が定着してしまっていますが、自前での採用だけでは間に合わないので外部に依頼しているわけであって、派遣が必須ではありません。とは言え、世の中の人手不足を一手に引き受けているような業界ですから募集数は多いし、嫌でも目に入りますよね。一方、工場(人材業界では「製造」と言うことが多い)はモノ作りをしていることは大概の方は分かっているかと思いますが、実際はどんなことが行われているのか?となるとイメージは人それぞれだと思います。様々な憶測が飛び交うモノ作り業界。そんな世界を知っていると、転職先としても充分視野に入る人もいるのではないでしょうか。ここではモノ作り業界、いわゆる工場へ

転職エージェントとはどんな仕事?その仕事内容や転職業界においての役割、なり方など詳しく解説します!

転職エージェントとは一体どんなことをする職業なのか気になっている方は必見です。ここでは、現役キャリアコンサルタントが語る、具体的な転職エージェントの仕事内容から、業界における役割、転職エージェントへの就職方法や注意点をお伝えしていきます。私の体験もいろいろ書かせていただいているので、より具体的な転職エージェントの仕事のイメージがつきやすい内容になっています!是非最後までご一読ください!転職エージェントとはどんな仕事?転職エージェントとは「企業と転職者の仲介役」をするお仕事です。転職を希望している人と、中途で人材を採用したいと考えている企業のマッチングを行います。転職エージェントの仕事内容とは?

転職エージェントの裏事情とそれでもエージェントを使って転職したほうが良い理由とは?向き不向きのタイプもある!

新入社員で就職以来1社だけに勤務してきた人にとって、初めての転職は未知のことで緊張すると思います。転職経験がある方でも、転職活動は悩みや不安が発生し、自分の力だけで転職を進めるのは困難だと思います。特に転職エージェントの活用については分からないことが多く、転職エージェントについて詳しく知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、転職エージェントの裏事情やその人に合った転職エージェントの活用の仕方について考えてみたいと思います。転職エージェントの裏事情とは個人で転職活動を行うことは大変ですが、転職をサポートしてくれる転職エージェントのサービスを活用すれば効率的な転職活動を行うことが

転職エージェントを使って転職する5個の具体的な流れを解説!

転職エージェントという言葉は聞いたことがあると思いますが、「転職エージェントの具体的な使い方が分からない」と思うことが多いのではないでしょうか。具体的なエージェントの活用方法を知れば、より良い転職先に巡り合えます。このページでは、現役で転職エージェントでコンサルタントをしている私が、エージェントの活用方法についてご紹介します。主に以下について説明させていただきます。転職エージェントを利用する流れ「登録」をするときのポイントコンサルタントとの面談のポイント面接対策について内定時のポイント最後までこの記事を読んでいただきエージェントにご登録いただければ、何も知らないでエージェントを使っている人より

転職エージェントのおすすめ3選と賢いエージェントの選び方

「転職をする」と決めたら、転職する業界や職種をある程度定めて情報収集をするというのが一般的でしょう。しかしネットで「転職」と打つとあらゆる広告が表示され、どこから手をつけたら良いのか困るという方も多いのではないでしょうか。また、転職とはかなりナイーブな内容であるため、周りに相談し難いということもありますよね。そこで便利なものが転職エージェントです。この記事では、そもそも転職エージェントとは何者であるのか、また賢い使い方をするためにはどうしたら良いのかということから、おすすめの転職エージェントについてまとめていきます。転職エージェントってどんなことをしてくれるの?転職エージェントとは、人材紹介事