現在、工場=派遣という図式が定着してしまっていますが、自前での採用だけでは間に合わないので外部に依頼している訳であって派遣が必須ではありません。

とはいえ世の中の人手不足を一手に引き受けているような業界ですから募集数は多いし、嫌でも目に入りますよね。

一方、工場(人材業界では「製造」と言うことが多い)はモノ作りをしていることは大概の方は分かっているかと思いますが、実際はどんなことが行われているのか?となるとイメージは人それぞれだと思います。

様々な憶測が飛び交うモノ作り業界。

そんな世界を知っていると転職先としても十分視野に入る人もいるのではないでしょうか。

ここではモノ作り業界、いわゆる工場へ転職する時に転職エージェントを利用すべき理由を紹介します。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

製造だけではない

作るのがメインですから工場内で最も多く就業しているのが製造です。

でも、普通に考えてみてください。

製造する人だけでは工場は回りません。

工場で作ったモノはどうやってユーザーの元まで来るんでしょう?

当然そこには搬出と運搬作業をしてる人がいます。

作るだけ作って欠陥があったとしたらどうでしょう?

ユーザーの手元に使えないものが来てしまいますね。

そういうことを未然に防ぐのも工場の仕事です。

そこには製品検査をして品質の管理をする人がいます。

モノを作りにはその材料となるモノがあります。

当たり前のことですが材料がないと作れません。

その裏には不足する(しそうな)材料を補充管理する人たちがいます。

どれだけ作る?

自動車なら自動車、PCならPC、作りたいものを無計画に作るわけではありません。

そこには時間毎、日毎、月毎、年毎に生産計画が組まれており、その調整をする人が存在します。

何を作るの?

完成品はイメージできても精密機器などは様々な部品を0.何ミリ単位で組み上げます。

それは実際製造する人が感覚で作るのではなく、設計する人がおり、製造するための手順等も指定します。

大まかに説明しましたが、「作る」以外にも、「設計する」「品質管理をする」「生産管理をする」等々の「作らない」役割が多く存在します。

案外コミュニケーションが必要

単調な作業で人と話すことが少ない、なんていう幻想を抱く方も未だに多いです。

そんなもんではありません。

例えば製造現場だと、製造品の変更、工程変更、試作品の作成や新規ライン立ち上げ等々、工場内の人間との打ち合わせや関わりだけではなく、そこに関わるざまざまな外部業者と折衝交渉なんかもしなければならない場合があったり。

そのものは単調な仕事でも一人で完結しているわけではありません。

最低限のコミュニケーションは求められます。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

小さい工場なんだけど…

特に地場の工場の場合、その企業独自で開発生産しているところは少なく、大手メーカーのベンダー(下請け)であることが多く見られます。

下請けの工場だったとしても技術を磨いていくことで、そこの元受けである大手メーカーに出向なんてこともあります。

その下請け工場が唯一無二の技術と特許を有していることもあります。

いくら小さな工場でも、そこでは「何を作っているのか」「元受け(取引先/納品先)はどこか」を把握しておくことは重要です。

大手メーカーはそれなりに最新の技術情報が集まります。

出向で一時的な在籍であっても無駄なことはありません。

技術特許なんかを持っている企業であればそれを習得して更にステップアップする機会が与えられることになります。

学歴は問いません

この世の中、果たして正社員がいいか悪いか…という論争はちょっと置いておいて。

正社員で採用される、もっと言うと学歴は関係なく昇進できる可能性が高いのもモノ作り業界の特徴の一つではないでしょうか。

高校を卒業して就職した工場に、現在工場長として在籍しています、なんて方は多くいらっしゃいます。

経験一本学歴不問と言ったところでしょうか。

学歴うんぬんより実績がモノを言う業界です。

勿論そこに行きつくまでに自分を磨く覚悟は必要です。

ちなみに工場長。

言葉にすると何となくランク下の様に受け止められますが、今時でいうならCEO、その工場の最高決裁者です。

せっかく目指すならここを目指しましょう!

意外と多い転職エージェント利用

前述したように世の中の人手不足を一手に引き受けているような業界です。

派遣からの引き抜きや他社からの移籍なんかはざらにあります。

そんな中、モノ作り業界からエージェントへの依頼も当然のことながら増えてきています。

現在は圧倒的に管理職クラス(工場長、生産管理マネージャー、品質管理マネージャー等々)が主ではありますが、いわゆる作業員クラスの不足感が半端ないのが現実。

そのクラスのオファーも最近目立つようです。

工場勤務転職の際エージェントを使って転職活動をすべき理由は?

モノ作り業界のお仕事を探す際は求人サイト、求人ペーパー、ハローワークが主として使われますが、近年、「転職エージェントによる紹介」が数を増やしています。

人材紹介会社に登録してオファーを待つというスタイルです。

ホワイトカラー転職では大分浸透しましたが、工場をはじめとしたモノ作り業界(いわゆるブルーカラー職)には馴染みが薄く、利用を控えている様子です。

情報の洪水

求人サイト、求人ペーパー、ハローワーク等での就職活動は、ご自身で探してご自身で連絡してご自身で折衝してご自身で判断決定する…。

ご自身のことですので当然と言えば当然なんですが、この世の中情報(特に求人採用に関わる情報)はとにかく多い。

情報や選択肢の多いことは良いことですが、反面、嘘の情報や恣意的情報も含まれるため、見る側は混乱してしまいがち。

判断しきれずに本来希望しない方向に向かってしまうこともあります。

そこで転職エージェント

そんな洪水のような情報を整理して、あなたの希望に沿うよう転職を導いてくれるのが転職エージェント(人材紹介会社)です。

あなたの転職のアプローチを代理で行ってくれる、いわゆる転職活動代理人です。

  • 「カウンセリングを通して適性を知れる」
  • 「質の高い求人を紹介してもらえる」
  • 「明確なアドバイスをもらえる」
  • 「面接対策をしてもらえる」

等々、いかにもって感じのメリットは検索するとたくさん出てきます。

最大のメリットは売り込み

スキルという商品の売り込み

自身で就職活動をして自身で決めることは理想ですが、求人サイト、求人ペーパー、ハローワーク等々の求人内容通りの報酬や待遇で落ち着いてしまいがちです。

転職エージェント利用の最大のメリットはあなたの価値をあなたに代わって相手(求人企業等)にPRしてくれること。

あなたの持つスキルを商品と据えて、相手に沿った売り込みをかけます。

報酬や待遇の交渉

ここの部分って、「御社の規定に従います」なんかで済ませてませんか?

企業規模が大きくない限り、給与報酬や福利厚生待遇などの規定なんかは無いところの方が多いのが現状です。

無いことそれ自体も問題なんですが…。

ということは交渉次第でこの辺は求人内容より良くなる可能性があります。

本来なかなか言いづらいこの手の交渉事をエージェントは普通に行います。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職エージェントを使う上で注意した方が良いことは?

明確なビジョンを決めておく

一過性のその場しのぎの仕事探しであればエージェントを使う必要はなく、むしろエージェントの行為は邪魔に感じるかもしれません。

平たい話、転職エージェントを使うということは、赤の他人(エージェント)に自分の将来の方向性を示してもらう行為です。

そんな赤の他人でも職務経歴書や履歴書を見るとある程度のあなたの過去は分かります。

但し、今後あなたはどうなっていきたいのか、どういう方向に進みたいと思っているのか…等々は分かりません。

自身の中で「こうしていきたい」という展望(ビジョン)を考えてみてください。

加えて「なぜそう思ったか」も考えてみてください。

最初はぼんやりでも、それが工場勤務とはかけ離れていてもOK。

「なぜそう思ったか」が重要です。

それをもってエージェントと話してみてください。

特にキャリアコンサルタント資格を持っているエージェントであればその意思を基にその希望に沿うように話をもっていってくれるはずです。

コンサルタントとは本音で話す

仮にどこか紹介されたとして、「登録時には実績ありって言いましたが実はその仕事、実績出したのは所属していたセクションの実績で自分は雑用くらいしかしてません」みたいなどんでん返しがたまにあります。

そうなってくると紹介って控えちゃいますよね。

エージェントもセールスですから多少の「盛り」はします。

でも虚偽の情報は出せません。

エージェントの信用問題でもありますが、何より、それで転職したあなたに致命的な支障をきたす可能性があるからです。

見栄を張る場ではありません。

ご自身の情報を正確に、本音で語ってください。

まとめ

転職エージェントは際立って特別なことをしているわけではありません。

あくまで転職希望者の方の就職活動のエージェント、あなたに代わってあなたを企業に売り込んでその見返り(紹介手数料)で利益を上げている代理業者です。

効率的に転職活動を行うには手っ取り早い方法です。

でも代理依頼をするわけですから依頼をするあなたも相応な準備が求められます。


関連キーワード

工場求人

工場求人についてもっと深堀りした情報を見る

工場作業員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「工場作業員」というと大変そうなイメージがありますよね。会社によっては危険物を取り扱っていたり、重量物を扱っている場合もあります。そんな工場での仕事、実は私達の生活に深く携わっているとっても身近な仕事なんです。私達の着ている服や乗っている車、食べ物やたくさんの物。そんな、ありとあらゆる物が工場で作られています。工場作業員の仕事に興味を持った方、これから工場で作業員として働いてみたい方へ、工場作業員の求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。工場作業員のおおまかな仕事内容皆さんは工場の仕事というと、どういうイメージをお持ちでしょうか?工場作業員といっても、会

工場軽作業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場と言っても色々な種類の工場があります。ここでは、そうした工場の中でも特に軽作業を必要とする工場の求人についてご紹介したいと思います。工場の軽作業のおおまかな仕事内容工場内軽作業の仕事内容と募集方法工場における軽作業とは、どのようなものがあるのかをご紹介します。多くは、人手を必要とする簡単な仕事になります。例えば、「成形品のバリ取り」「ライン上での簡単な加工」「ライン上での選別作業」等が主な内容になります。このような作業を募集される場合には、「工場内軽作業募集」というような表題で募集が掲載されている場合が殆どです。多くの募集広告では「派遣会社」が募集しているケースが目立ちます。いわゆる「製造

工場の正社員求人の人気職種10選。やりがいがあるものから稼げる仕事まで!

ここでは、日本経済のエンジンである「工場」で正社員として働く場合、その工場の求人に対する人気職を10職種をご紹介します。とある研究所の発表では、一般家庭内のほぼ95%以上が何らかの「工場」で生産された物品にあふれているという結果も出ています。さらに今やインターネット通販なども活発化され、サーボス分野における工場も「配送工場」としてその存在意義が見直しされてきています。しかし、単に人気がある、つまり、応募数が多いだけで判断できないのがこの職種になります。応募者はそれぞれ自分にとって「ピン~!」と来る何かを必ず持っています。それが「やりがいを感じられそう」なのか、「給与が高くなりそう」なのか、また

工場への転職を成功させるためにやるべき3つのことや狙い目の工場、上手な転職方法を解説します

既に何らかの工場に勤務しているが別の工場へ転職をしたいと言う人のために、工場への転職についていろいろな側面から参考になる情報やアドバイスを行いたいと思います。転職について心の中で既に決めている人はもちろん、決めかねている人たちの為にも参考になればと思います。工場への転職を成功させるためにやるべき3つのこと転職するに際して、転職先での成功を期することは誰しも転職希望者であれば考えることです。そこでここでは転職して成功するためのキーワードやそれに基づいて行うべき事を3つに分けて紹介したいと思います。前職を引きずらないどのような職でもそうですが、前職を引きずっている人を良く見かけます。つまり、「前職

工場仕分け求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

タイトルとしては「工場仕分け」としましたが、作業場は工場併設の他に運送会社やアパレル関係の倉庫などもあるので、仕分けバイトは工場に限った話ではありません。仕事内容も、場所の違いでやることが大きく変わるわけではないので、併せて解説します。工場仕分けバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕分け作業にはピッキングと軽めの検品の作業があります。ピッキングは、指示内容通りに倉庫内を移動して、決められた箱に決められた物を納めていく仕事です。アナログな場合は納品書を見ながら行い、少しハイテクなところだとインカムで自動音声による指示がなされるため、それ通りに動きます。検品は、検品専門のバイトが別にあって

惣菜工場求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

惣菜と言うと家庭でお母さんが作るおかずのイメージではありませんか?和惣菜、洋惣菜、中華惣菜・・・それらを作る工場が惣菜工場です。スーパーやコンビニ、デパ地下でパックに詰められて販売されていたり、対面で量り売りされていますね。最近は「食」に対する世の中の関心が高く、アレルギー問題や原材料の産地偽造問題、賞味・消費期限改ざんのことなどさまざまなニュースが飛び交います。利益を追求するあまり、ルール違反をする業者が存在することは怒りを感じます。けれど、本当に「おいしいものを食卓に届けたい」「安全で安心な食品を作りたい」と真摯に商品を作り続けている人たちがいることも忘れてはならない事実。そういう人たちの

工場検査の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

工場の検品作業というと、単調な作業で退屈しそうなもの。ですが検品作業は商品点検の最後の要です。今回はそんな責任のある検品作業の仕事は、どんな人であれば向いているのか、その向き不向きについてご紹介いたします。工場検査ってどんな仕事?工場の検品作業とは、基本的には流れて来た商品に傷や不具合がないか点検する作業となります。作業こそは単調なものの、出荷する前の最後の点検となる為、非常に重要な作業となります。というのも、ここで不良品を流してしまうと、そのまま消費者に渡ってしまい、会社の信用を著しく落としてしまうことになるからです。出荷する商品によっては、些細な不具合が重大な事故を招く恐れもある為、製造す

工場日払い求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場や倉庫でのバイトは常時務められるものもありますが、日払いの場合は繁忙期や欠員補充などで日雇いのケースもあります。この場合、ド短期1日だけでも働けるので金欠のときはとてもありがたく、作業内容に比べて時給も高いことが多いです。本気でやれば1カ月の手取り20万円も夢ではない工場日払いバイトについて見てみましょう。工場日払いのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容工場といっても色々あります。体力をかなり使うような、重たい機材をベルトコンベアに乗せ続ける仕事などをイメージするかもしれませんが、パッケージが破れていないか、洋服にほつれがないかなどを検品する作業や、必要なもののピックアップ業務などもあるた

お菓子工場求人でよくある募集内容や仕事内容・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

学生からフリーターまで、幅広く働ける、お菓子工場のアルバイト。耳にしたことはあっても、実際のところは知らないし、大変だという噂もちらほら……今回は、そんなお菓子工場求人の派遣スタッフの実際について、詳しくお伝えします。お菓子工場での仕事内容お菓子工場といっても、扱う商品や担当する場所によって、仕事内容はさまざまです。例えば、チョコレート菓子の製造工場の場合、チョコレートを型に流す作業、固まったチョコレートの検品作業、個包装や箱詰めの作業、使用した器具の洗浄作業などがあります。そして、定番チョコ、ジャム入りチョコ、季節商品ごとに流れが変わってくるのです。だいたいの場合、その日のスタッフの数やノル

自動車工場の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

自動車工場というのは、基本的に給与の面において好待遇を約束されているという印象が世の中にはあります。ですが、実際の感覚では、これだけ働いたからちゃんとした対価を得るという、自信に満ち溢れた世界があるのも事実になります。自分の実績を上げていくというその成果が、美しい自動車として、世の中を走り回っているのをみるのは、感無量です。今回は、そんな自動車工場の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します。自動車工場の仕事はどんな仕事?自動車工場というのは、自動車の製品自体を作るところでもありますし、自動車自体の部品を作っているところでもあります。この就業形態は、直雇用


工場求人に関するコラム

工場で働きたいならどうしたらいい?知っておくべきことと工場の仕事の探し方

ここでは、工場で働くにはどのようにすればいいのか?そもそも工場の仕事とはどういうものなのか?からご紹介します。工場における仕事の内容に関して、理解を深めて頂きたいと思います。さらに、工場で働きたいときにどのように仕事を探せばよいのかを簡単にご紹介したいと思います。今や工場と言っても、数多くの種類があり一概に一言でまとめることが出来ません。ここでは工場全般に関してと、主要な工場を例に挙げてご紹介したいと思います。ここでご紹介する工場が全てではないと言うことだけ初めにご了解ください。工場の仕事ってどんな仕事?そもそも、工場とはどのような仕事をするところなのでしょうか?昭和の時代には高度成長期を牽引

工場の人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

工場という社内の関係者しかいない空間での仕事となると、そういった空間独自の人間関係のトラブルというものがあります。今回はそんな工場の人間関係のストレスについてお話ししましょう。工場の人間関係の特色や、他の仕事の人間関係との違いにはどんなものがあるの?工場という世間の目の届かない空間での仕事となると、基本的に私語を気軽にできてしまう環境となります。また、派手なヘアスタイルやピアスといった、世間一般ではNGとされるようなオシャレも許される環境となり、ある程度の自由が許されることから、それぞれの人間性が比較的現されやすい環境と言えるでしょう。そういった環境ではどんな人間関係での問題が生じ、どんなスト

食品工場の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは、今回は食品工場の仕事内容について、どんな業務があるのか、やりがいや面白いポイントなどを紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。食品工場の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品開発流行や消費者のニーズに合わせて商品を新たに開発する仕事です。食品工場の場合はどの様な商品を作るかに合わせて、どの様な原料を使うのか、栄養成分やアレルギーなどにも注意して業務を行う必要があります。商品製造いわゆる製造ラインで商品を製造する仕事になります。月次、日次の製造計画に合わせて、効率的に商品を製造する為の人の管理や生産面での管理を行います。商品販売営業職として、出来上がった商品を

工場の日雇いバイトがおすすめな7個の理由。経験者が紹介します!

「とにかく今すぐお金が欲しい」という人におすすめなのが、工場での日雇いバイトです。日雇い形式でも長期雇用という募集もありますが、筆者の経験は日雇い日払いの工場バイトなので、それに絞ってご紹介していきます。日雇いバイトの募集が多いのはどんな工場?派遣会社に登録して、携帯のサイトから毎回行く工場を選んで仕事をしていました。工場というと「重機や工業品などの重たいパーツを、ベルトコンベアに積み直す仕事」みたいな想像をする人も多いかと思いますが、日雇いに関してはもっと体力的に楽な仕事がたくさんあります。食品、衣類、小型の電子機器などが多く、行ってすぐ覚えられて、テクニックもそれほど必要としない仕事です。

樹脂加工ってどんな仕事?仕事内容から募集内容まで詳しく解説します

身近に工場はあるでしょうか。もしくは工場で働いている人はいるでしょうか。工場と言っても、食品製造、部品製造、車の整備工場など専門がそれぞれあります。そこで樹脂加工を専門に行う工場についてお伝えしたいと思います。工場内で働く職人と工場の事務職、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。工場勤務を考えている方の参考になればいいと思います。樹脂加工はどんな仕事?樹脂とはプラスチックのことを指します。主に機械の部品、細かいパーツを設計図に基づき制作します。図面をもとに細かい点を確認しつつ依頼者と職人が納得のいくものを作り出します。プラスチック材を精密切削、彫刻、接着、溶接、折り曲げなどの加工をします。