工場と言って自動車工場や電気機器の工場など業種も広く、また組み立て用の工場から部品工場、大規模なところから町工場のようなところまで様々な種類があります。

期間工などをはじめ、工場で働く場合のおすすめなどを探せるように紹介していきます!

条件が良かったり自分の希望に沿う工場求人を探してみましょう!

工場の求人といっても、その種類は多種多様にあります。

工場求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

工場求人のおおまかな内容となると、主にはライン作業、商品の仕分け作業、運搬作業の3つに分かれます。

ライン作業

ライン作業とは、各工程に分かれ流れ作業で一つの商品を製造していく作業を言います。

例えばバッテリー製造で言うと、まずはバッテリーの中身をいくつかの工程で製造し、途中で製造した中身のパーツをケースに詰め、蓋をし、最後に傷や破損がないか検品作業、といった流れで製造されます。

一連の流れを数人数十人が各工程で担当し、みんなで一つの商品を製造していくのがライン作業です。

仕分け作業

仕分け作業とは、既に出来上がった商品、または物販する商品の種類ごとに分ける作業を言います。

例えば、各地域別に郵送物を仕分けたり、各製品を作る為の部品を仕分けたりなどです。

運搬作業

工場の敷地は非常に広大です。

そして基本的にどんな製品も一つ一つ運ぶのではなく、ある程度まとめて一気に運びます。

その際に、重機やフォークリフトなどの運搬機で商品を運ぶ作業があります。

基本的にはそれぞれの運搬機の免許が必要となる為、求人の時点で必須項目に免許名を記載するか、雇った後で工場のカリキュラムで免許を取得するかの形式が多いようです。

工場求人にはどんな種類があるの?

工場求人と一言で言っても、その種類は多種多様です。

下記に一般的な工場求人の種類をご紹介します。

工場求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

自動車製造

自動車は沢山のパーツに分かれていて、それぞれをそれぞれのラインで製造して、最後に組み立てをし、自動車が作られていきます。

その為自動車製造には膨大な人手が必要となり、自動車製造の工場求人が多くあります。

ただし、基本的に自動車製造は大手による求人が多い為、給与は高額なケースが多いものの、その分求められるスキルも高くなります。

その為軽い気持ちで入社した人が次々に辞めていくといったことも多い為、自動車製造の求人に応募するときは、ある程度の覚悟を持って応募することをおすすめします。

雇用形態としては、高いスキルを必要とする点から、正社員や契約社員での雇用が多く、基本的に長期雇用を視野に入れている為、入社のハードルは高く設定されているケースが多いです。

お菓子製造

世の中には沢山のケーキやお菓子が存在します。

そんな中でお店のショーケースに並ぶものは、基本的にその店舗で製造していることが多いですが、包装されたお菓子やお土産となるお菓子は、ほぼ全て工場での製造となります。

その為お菓子製造の求人は豊富にあり、常に求人一覧の中に記載されている状況です。

基本的にはライン作業での製造となりますが、一つの連なった機械で製造するというよりかは、各部署に分かれてそれぞれで作ったものを組み合わせて一つの商品とするケースが多いです。

雇用形態としてはパートや派遣が多くを占めています。

というのも、お菓子の需要は季節によって波がある為、派遣やパートといった非常勤で繁忙期に大量に採用するといったケースが多いからです。

また、作業そのものも簡単で単調なものが多い為、ショートタイムのパートを早番と遅番で雇うといった形式も多く見受けられます。

ドリンク類製造

缶や瓶のドリンク類は工場で製造されていることが多く、イメージしやすいのは炭酸飲料や缶コーヒーと言ったポピュラーなドリンク類でしょう。

こういった種類の工場はその多くが機械による工程が多い為、規模こそ大きいものの、人手はそれほど必要としていません。

その為意外と求人に載ることも少なく、載っていたとしてもほぼ機械による製造で作業も簡単な為、パートや派遣での雇用が多く目立ちます。

電気製品製造

車のバッテリーや電池といった消耗品の製造工場では、大きな機械によるライン作業がほとんどです。

というのも、これらの消耗品は手作業でやれることがほぼなく、どうしても機械による製造を余儀なくされるケースがほとんどだからです。

その為作られる商品の数こそ膨大ではあるものの、それを製造する上で必要な人員はそれほど多くありません。

そのほとんどが機械に材料を供給する単調な作業であるため、特別なスキルも必要としません。

ただし、中にはぐつぐつに溶けた鉛や、人体に有害な液体を扱うといった危険が伴うポジションもある為、数名の正社員を責任者として雇う形式が多くあります。

また、単調で簡単とはいえ、扱いを間違えると危険なものを多く扱う為、業務委託や派遣で長期雇用を前提とした雇用形態が多くあります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

自分がどういった目的で働くのかによって、おすすめの雇用形態や職種は異なってきます。

長期で腰を据えて働くのであればもちろん正社員雇用ですが、何か別の目的でお金稼ぎのために働くといった目的であれば、高時給の現場を渡り歩くといった方法も一つの手段です。

また、工場勤務はある程度融通が利くところが多くある為、ショートタイムで働く主婦さんなども多くいます。

そういった方々におすすめなのは、作業も簡単でリスクも少ないお菓子製造やドリンク製造の工場です。

急な欠勤が発生しても代わりが利きますし、一日4~5時間の勤務でも受け入れてくれるところは多くあります。

工場求人でよくある募集内容とは?

工場での勤務はどういった勤務スタイルで給与はどれほどなのでしょうか。

工場勤務をする上で気になる募集内容についてご紹介します。

給与相場

  • 月給:25~35万
  • 時給:1000~1500円

工場の給与相場は、長期雇用なのか繁忙期のみの短期雇用なのかによっても変わってきます。

基本的に繁忙期だけの短期雇用の場合は、通常の時給よりも100~200円ほど高く設定されていることが多いです。

また長期雇用となると、繁忙期であっても時給などが上がるケースはあまりありませんが、その代わりボーナスといった形式で支給されるところも少なくありません。

正社員雇用となると残業がつきものとなるため、基本的に月給30万を超えるケースがほとんどです。

勤務時間や休日、残業

工場の多くは「工場カレンダー」といった工場独自のカレンダーによって、勤務日を決めている現場がほとんどです。

また接客業ではない為、ほとんどの工場が土日祝日休みといった形態をとっています。

勤務時間は工場によって様々で、9~18時固定のところもあれば、日勤と夜勤に分けて丸一日稼働しているところもあります。

残業に関しては、派遣雇用であれば残業をすることはほとんどありません。

というのも、工場側も派遣に残業をさせてしまうと高額な残業手当が発生してしまう為、なるべく派遣は定時で帰して、直雇用の人に残業をしてもらう現場が多いです。

となると、直雇用であるアルバイトや正社員となれば残業が入ることはよくあり、繁忙期となればそれはほぼ毎日となります。

工場も需要があるからフル稼働をしているわけですから、その日の納品数に達していなければ残業は当たり前にある、と認識しておいた方がよいでしょう。

福利厚生

福利厚生はある程度整っている工場がほとんどとなります。

特に労災に関してはほぼ全ての工場で入っていて、その背景には自動で動く機械に指を挟めたりなどの怪我をする恐れがある為です。

その他の福利厚生に関しては、大手の工場であれば法定外福利厚生がついていることもありますが、あまり期待しない方がよいでしょう。

勤務場所

勤務場所は大半が製造現場となります。

少数が事務に回ることもありますが、事務に関しては別枠で求人を出しているケースがほとんどです。

また製造現場であっても、フォークリフトなどの運搬作業を任されるケースもある為、自分がなんの仕事がしたいのか、面接の時点で明確にしておきましょう。

求められる人物像

工場の作業は非常に単調な作業となる為、とにかく根気よく、適当な仕事をしない人材が求められます。

また工場に求められるのは生産スピードと品質の為、丁寧な仕事で無駄なく動ける人材も求められます。

接客はしないため、基本的にコミュニケーション力は求められませんが、工場のほとんどの仕事はライン作業による連携を主とした作業になる為、派遣から直雇用などに誘われるには、コミュニケーション力も必須となります。

必要なスキルや資格、経験

基本的に資格は不要となりますが、運搬作業であればそれに適した免許、自動車製造であれば整備士の資格などが必要となることが多いです。

工場求人の雇用形態による違い

工場の現場では、そのほとんどが派遣やアルバイトなどの非正規雇用となります。

管理者となると正社員雇用となるケースが多いですが、従業員全体で考えるとほんの一握りです。

自分にあった工場の求人の選び方や注意点

工場の作業はどこも単調な作業となる為、基本的に何かを目指して工場勤務を選ぶ人は少ないです。

その為お金稼ぎが目的で就労する人がほとんどですが、強いて言えば接客業が苦手な人にとってはおすすめの仕事と言えます。

しかし、工場勤務というのは将来転職するにしてもあまりアピールポイントにはならない職種となる為、何か目標とする将来の目標がある人にとっては、お金稼ぎ以外の目的ではあまり選ばない方がよいでしょう。

【選び方①】雇用形態から探す

工場勤務であれば、派遣で入ったとしても3年後には直雇用にしてくれるケースがほとんどです。

その為、長期雇用を目指しているのであればもちろん正社員雇用ですが、それが敵わない段階なのであれば、基本的には派遣でもアルバイトでもあまり差はないと言えます。

【選び方②】職種から探す

機械操作が得意なのであれば、製菓や食品工場以外で探すのがよいでしょう。

というのも、食品を扱った工場作業はそのほとんどが誰でもできる簡単な作業となる為、機械操作が好きな人にとっては不向きと言えます。

機械操作が得意なのであれば、細かい小型の機械製品を製造する工場をおすすめします。

逆に得意分野がないのであれば、食品製造はおすすめです。

単調な作業を根気よく続けられる根性があれば、だれでもできる作業となります。

【選び方③】会社の業態から考える

会社の業態で選ぶとすると、気をつけるべきは、夜勤があるかないかです。

入社当初は日勤で入ったとしても、そもそもが多忙で日勤だけでは足りない為夜勤もしているので、夜勤がある企業で将来長期的に働くのであれば、基本的に夜勤もいつかは任されることを覚悟した上で働いた方がよいでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与は最低でも月収20万以上は稼げる現場を選んだ方がよいでしょう。

基本的に給与が安いから仕事が簡単といったことはありません。

また、単調な作業の続く仕事となる為、モチベーションを維持できる一番の要因は給与となります。

その為、自分が生活していく上で余裕を持って生活できる給与の現場で働かなければ、そのモチベーションはまず続かないでしょう。

【選び方⑤】エリアから考える

工場の現場は基本的に街の外にあります。

その為重要となってくるのが交通機関ですが、自家用車がないようであれば工場勤務は厳しい所が多いでしょう。

無料送迎がある工場もありますが、そもそもが工場は従業員数がケタ違いに多い為、無料送迎を毎日遅延なく利用できるとは考えない方が良いです。

注意点

その他の注意点をあげるとすると、人体に有害なものを扱う工場でないかどうかはチェックポイントです。

例えば鉛を扱った工場であれば、気化した鉛を毎日吸い続ければ人体に蓄積し、将来的にあらゆる障害を引き起こす要因となります。

工場勤務は体が資本です。

また将来家族を持つことを考えているのであれば、健康面についてはちゃんと考えて労働を続けることをおすすめします。

工場求人についてよくある疑問

工場勤務を検討するうえで、気にある疑問をいくつか挙げてみましょう。

現場の人間関係は?

工場の面接でよくある質問としては、現場の人間関係でしょう。

工場の作業に関してはある程度想像できる人がほとんどですが、現場の人間関係については入ってみないとわからないといったところがあります。

そして工場勤務を希望する人の中には、接客が苦手で入ってくる人もいる為、コミュニケーションに自信がなく人間関係を気にする人が少なくありません。

結論から言って、現場の人間関係は運次第です。

これは工場によってこういった特色があるといったことがない為、実際に入ってみて自分に合うかどうか試していただく他ありません。

不安かとは思いますが、それも経験です。

実際に入ってみて自分の判断で続けていけるかどうかご判断をお願いします。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

正直なところ、工場勤務の面接はどこの求人よりも緩いです。

勤務条件に制限さえかけなければ、ほとんどの人を採用してくれます。

というのも、人員さえ確保できればいいという工場がほとんどの為、人柄はあまり重視されません。

とにかく重視されるのは長く続けてくれる人。

根性さえアピールできれば、基本的に面接は合格するでしょう。

未経験でも応募できる?

自動車製造は基本的に整備士の資格がないと雇ってもらえませんが、それ以外の工場は基本的に未経験でも採用してくれます。

その点は心配ないでしょう。

会社の雰囲気は?

これも正直なところ運次第です。

接客がなく、また人の見えない区域での作業となる為、私語があったとしても基本的に咎められることはありません。

その為会話を交わしながら仕事ができる現場がほとんどの為、気楽に働けることが多いでしょう。

ただし、工場という性質状あまり人間性を重視して雇わない為、コミュニケーションに問題のある人が入ってくるケースは少なくありません。

その為休憩室などでは自然とグループができることが多くあり、群れることを好まない人であればあえて孤立して仕事をする人も少なくないです。

イメージしやすいのは学校でのお昼休みでしょうか。

基本的に工場でも人間関係はそれとあまり違いありません。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

工場の求人の雇用形態は、ほぼ全ての募集があります。

その為、自分にあった雇用形態を選んで入社できるでしょう。

ただし、正社員だけは厳選して面接される為、正社員雇用を目指すのであればハードルは高いことを覚悟の上で挑んでください。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員以外は基本的に時給制となります。

ボーナスも非正規雇用にはつかないところがほとんどです。

また、そもそも正社員雇用は基本的に管理者となる為、その時点で給与には差が生まれます。

正社員と一般従業員ではおよそ5~10万ほどの差があります。

残業って多いの?

工場は生産が命の仕事となります。

その為、その日のノルマを達成できないとなると残業をしての生産となる為、需要があり安定している企業であればあるほど残業は多いです。

シフトの自由度ってどうなの?

基本的に工場カレンダーによる全員同じ勤務日での勤務となる為、シフト制をとっている工場は少ないと言えます。

ですが繁忙期でもなければ基本的に有給などは取りやすいでしょう。

融通が利くのも工場勤務の魅力です。

資格って必要なの?

運搬作業、または自動車製造の工場であれば、資格を必要とするケースがほとんどです。

ただし、運搬作業の免許に関しては工場で取得させてくれるところもある為、稀に無資格者を雇ってくれるところもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

工場勤務は単調な作業ではありますが、勤務スタイルや給与面に関しては魅力のある仕事と言えます。

また、コミュニケーションの苦手な人にとっても働ける現場となる為、個人の事情に合わせて働きやすい職種ではないでしょうか。

工場勤務をお考えの人は是非この記事を参考にしてください。


工場求人についてもっと深堀りした情報を見る

工場作業員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「工場作業員」というと大変そうなイメージがありますよね。会社によっては危険物を取り扱っていたり、重量物を扱っている場合もあります。そんな工場での仕事、実は私達の生活に深く携わっているとっても身近な仕事なんです。私達の着ている服や乗っている車、食べ物やたくさんの物。そんな、ありとあらゆる物が工場で作られています。工場作業員の仕事に興味を持った方、これから工場で作業員として働いてみたい方へ、工場作業員の求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。工場作業員のおおまかな仕事内容皆さんは工場の仕事というと、どういうイメージをお持ちでしょうか?工場作業員といっても、会

工場軽作業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場と言っても色々な種類の工場があります。ここでは、そうした工場の中でも特に軽作業を必要とする工場の求人についてご紹介したいと思います。工場の軽作業のおおまかな仕事内容工場内軽作業の仕事内容と募集方法工場における軽作業とは、どのようなものがあるのかをご紹介します。多くは、人手を必要とする簡単な仕事になります。例えば、「成形品のバリ取り」「ライン上での簡単な加工」「ライン上での選別作業」等が主な内容になります。このような作業を募集される場合には、「工場内軽作業募集」というような表題で募集が掲載されている場合が殆どです。多くの募集広告では「派遣会社」が募集しているケースが目立ちます。いわゆる「製造

工場の正社員求人の人気職種10選。やりがいがあるものから稼げる仕事まで!

ここでは、日本経済のエンジンである「工場」で正社員として働く場合、その工場の求人に対する人気職を10職種をご紹介します。とある研究所の発表では、一般家庭内のほぼ95%以上が何らかの「工場」で生産された物品にあふれているという結果も出ています。さらに今やインターネット通販なども活発化され、サーボス分野における工場も「配送工場」としてその存在意義が見直しされてきています。しかし、単に人気がある、つまり、応募数が多いだけで判断できないのがこの職種になります。応募者はそれぞれ自分にとって「ピン~!」と来る何かを必ず持っています。それが「やりがいを感じられそう」なのか、「給与が高くなりそう」なのか、また

工場への転職を成功させるためにやるべき3つのことや狙い目の工場、上手な転職方法を解説します

既に何らかの工場に勤務しているが別の工場へ転職をしたいと言う人のために、工場への転職についていろいろな側面から参考になる情報やアドバイスを行いたいと思います。転職について心の中で既に決めている人はもちろん、決めかねている人たちの為にも参考になればと思います。工場への転職を成功させるためにやるべき3つのこと転職するに際して、転職先での成功を期することは誰しも転職希望者であれば考えることです。そこでここでは転職して成功するためのキーワードやそれに基づいて行うべき事を3つに分けて紹介したいと思います。前職を引きずらないどのような職でもそうですが、前職を引きずっている人を良く見かけます。つまり、「前職

工場仕分け求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

タイトルとしては「工場仕分け」としましたが、作業場は工場併設の他に運送会社やアパレル関係の倉庫などもあるので、仕分けバイトは工場に限った話ではありません。仕事内容も、場所の違いでやることが大きく変わるわけではないので、併せて解説します。工場仕分けバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕分け作業にはピッキングと軽めの検品の作業があります。ピッキングは、指示内容通りに倉庫内を移動して、決められた箱に決められた物を納めていく仕事です。アナログな場合は納品書を見ながら行い、少しハイテクなところだとインカムで自動音声による指示がなされるため、それ通りに動きます。検品は、検品専門のバイトが別にあって

惣菜工場求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

惣菜と言うと家庭でお母さんが作るおかずのイメージではありませんか?和惣菜、洋惣菜、中華惣菜・・・それらを作る工場が惣菜工場です。スーパーやコンビニ、デパ地下でパックに詰められて販売されていたり、対面で量り売りされていますね。最近は「食」に対する世の中の関心が高く、アレルギー問題や原材料の産地偽造問題、賞味・消費期限改ざんのことなどさまざまなニュースが飛び交います。利益を追求するあまり、ルール違反をする業者が存在することは怒りを感じます。けれど、本当に「おいしいものを食卓に届けたい」「安全で安心な食品を作りたい」と真摯に商品を作り続けている人たちがいることも忘れてはならない事実。そういう人たちの

工場検査の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

工場の検品作業というと、単調な作業で退屈しそうなもの。ですが検品作業は商品点検の最後の要です。今回はそんな責任のある検品作業の仕事は、どんな人であれば向いているのか、その向き不向きについてご紹介いたします。工場検査ってどんな仕事?工場の検品作業とは、基本的には流れて来た商品に傷や不具合がないか点検する作業となります。作業こそは単調なものの、出荷する前の最後の点検となる為、非常に重要な作業となります。というのも、ここで不良品を流してしまうと、そのまま消費者に渡ってしまい、会社の信用を著しく落としてしまうことになるからです。出荷する商品によっては、些細な不具合が重大な事故を招く恐れもある為、製造す

工場日払い求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場や倉庫でのバイトは常時務められるものもありますが、日払いの場合は繁忙期や欠員補充などで日雇いのケースもあります。この場合、ド短期1日だけでも働けるので金欠のときはとてもありがたく、作業内容に比べて時給も高いことが多いです。本気でやれば1カ月の手取り20万円も夢ではない工場日払いバイトについて見てみましょう。工場日払いのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容工場といっても色々あります。体力をかなり使うような、重たい機材をベルトコンベアに乗せ続ける仕事などをイメージするかもしれませんが、パッケージが破れていないか、洋服にほつれがないかなどを検品する作業や、必要なもののピックアップ業務などもあるた

お菓子工場求人でよくある募集内容や仕事内容・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

学生からフリーターまで、幅広く働ける、お菓子工場のアルバイト。耳にしたことはあっても、実際のところは知らないし、大変だという噂もちらほら……今回は、そんなお菓子工場求人の派遣スタッフの実際について、詳しくお伝えします。「お菓子工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →お菓子工場での仕事内容お菓子工場といっても、扱う商品や担当する場所によって、仕事内容はさまざまです。例えば、チョコレート菓子の製造工場の場合、チョコレートを型に流す作業、固まったチョコレートの検品作業、個包装や箱詰めの作業、使用した器具の洗浄作業などがあります。そして、定番チョコ、ジャム入りチョコ、季節商品ごとに流れが

自動車工場の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

自動車工場というのは、基本的に給与の面において好待遇を約束されているという印象が世の中にはあります。ですが、実際の感覚では、これだけ働いたからちゃんとした対価を得るという、自信に満ち溢れた世界があるのも事実になります。自分の実績を上げていくというその成果が、美しい自動車として、世の中を走り回っているのをみるのは、感無量です。今回は、そんな自動車工場の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します。自動車工場の仕事はどんな仕事?自動車工場というのは、自動車の製品自体を作るところでもありますし、自動車自体の部品を作っているところでもあります。この就業形態は、直雇用


工場求人に関するコラム

工場で働きたいならどうしたらいい?知っておくべきことと工場の仕事の探し方

ここでは、工場で働くにはどのようにすればいいのか?そもそも工場の仕事とはどういうものなのか?からご紹介します。工場における仕事の内容に関して、理解を深めて頂きたいと思います。さらに、工場で働きたいときにどのように仕事を探せばよいのかを簡単にご紹介したいと思います。今や工場と言っても、数多くの種類があり一概に一言でまとめることが出来ません。ここでは工場全般に関してと、主要な工場を例に挙げてご紹介したいと思います。ここでご紹介する工場が全てではないと言うことだけ初めにご了解ください。工場の仕事ってどんな仕事?そもそも、工場とはどのような仕事をするところなのでしょうか?昭和の時代には高度成長期を牽引

工場の人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

工場という社内の関係者しかいない空間での仕事となると、そういった空間独自の人間関係のトラブルというものがあります。今回はそんな工場の人間関係のストレスについてお話ししましょう。工場の人間関係の特色や、他の仕事の人間関係との違いにはどんなものがあるの?工場という世間の目の届かない空間での仕事となると、基本的に私語を気軽にできてしまう環境となります。また、派手なヘアスタイルやピアスといった、世間一般ではNGとされるようなオシャレも許される環境となり、ある程度の自由が許されることから、それぞれの人間性が比較的現されやすい環境と言えるでしょう。そういった環境ではどんな人間関係での問題が生じ、どんなスト

食品工場の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは、今回は食品工場の仕事内容について、どんな業務があるのか、やりがいや面白いポイントなどを紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。食品工場の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品開発流行や消費者のニーズに合わせて商品を新たに開発する仕事です。食品工場の場合はどの様な商品を作るかに合わせて、どの様な原料を使うのか、栄養成分やアレルギーなどにも注意して業務を行う必要があります。商品製造いわゆる製造ラインで商品を製造する仕事になります。月次、日次の製造計画に合わせて、効率的に商品を製造する為の人の管理や生産面での管理を行います。商品販売営業職として、出来上がった商品を

工場の日雇いバイトがおすすめな7個の理由。経験者が紹介します!

「とにかく今すぐお金が欲しい」という人におすすめなのが、工場での日雇いバイトです。日雇い形式でも長期雇用という募集もありますが、筆者の経験は日雇い日払いの工場バイトなので、それに絞ってご紹介していきます。日雇いバイトの募集が多いのはどんな工場?派遣会社に登録して、携帯のサイトから毎回行く工場を選んで仕事をしていました。工場というと「重機や工業品などの重たいパーツを、ベルトコンベアに積み直す仕事」みたいな想像をする人も多いかと思いますが、日雇いに関してはもっと体力的に楽な仕事がたくさんあります。食品、衣類、小型の電子機器などが多く、行ってすぐ覚えられて、テクニックもそれほど必要としない仕事です。

樹脂加工ってどんな仕事?仕事内容から募集内容まで詳しく解説します

身近に工場はあるでしょうか。もしくは工場で働いている人はいるでしょうか。工場と言っても、食品製造、部品製造、車の整備工場など専門がそれぞれあります。そこで樹脂加工を専門に行う工場についてお伝えしたいと思います。工場内で働く職人と工場の事務職、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。工場勤務を考えている方の参考になればいいと思います。樹脂加工はどんな仕事?樹脂とはプラスチックのことを指します。主に機械の部品、細かいパーツを設計図に基づき制作します。図面をもとに細かい点を確認しつつ依頼者と職人が納得のいくものを作り出します。プラスチック材を精密切削、彫刻、接着、溶接、折り曲げなどの加工をします。