工場の検品作業と聞くと、「単調な作業で退屈しそう」「仕事がキツそう」というイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?

検品作業はその商品が完成する前の点検の最後の重要な仕事です。

では、どういった人が工場検査の仕事に向いているのか、どのようにしたら検査の仕事に就けるのでしょうか?

今回はそんな責任のある検品作業の詳しい業務内容や、向き不向き、やりがいやその後のキャリアについてご紹介いたします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「工場検査」の仕事例をチェック

工場検査ってどんな仕事?

工場検査の仕事内容とは、簡単に言うと『製品の良し悪しを見る』といったものです。

出来上がった製品を、目視などでの簡単な検査から精密機械やスキャナーを使用して0.001単位で調べたり、顕微鏡などを使用して検査したりするものなど様々です。

せっかく作った製品の品質が悪かったら会社の信用に影響しますので、検査の仕事は必ず必要で非常に重要な仕事と言えるでしょう。

さて、検査の仕事にはどのような役割があるのでしょうか。

工場検査の仕事は大きく3個の役割に分けられる

生産過程での検査

まず第一に、生産途中での検査の役割があります。

完成した製品に対して不良が見つかれば初めから作り直しになってしまうので、生産途中での検査は必要になってきます。

生産過程で予めどの工程で検査をするのか決めているのです。

これも業種によって様々な検査の仕方があります。

生産過程で検査をしていき、後工程に不良品を流さないようにする役割があります。

完成品の検査

当たり前のことですが、作った製品を出荷して売らなければ会社の利益にはなりません。

ただ、出荷した製品がきちんと組み立てられていなかったり異物が入り込んでいたりしたら、会社の信用を失い兼ねません。

最終チェックをすることで出荷する製品が不良品でないのかを判断することになります。

お客様に不良品を渡さないように、しっかりと検査しなければなりませんね。

不良が出た場合の原因検査

生産過程で不良が出る場合には、人的ミスによる不良とロボットや機械が原因で不良が出てしまうことがあります。

人的ミスでも機械などのミスでも、なぜ不良が出てしまったのかを追求しなければなりません。

原因を追究しなければ、また再発してしまう可能性が高くなるからです。

そこで、不良が出た時に原因を追究して管理をしていく役割の仕事もあります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

生産過程の検査での二つの業務

今回は大まかに二つの業務としてまとめて見ました。

視覚や触覚を使用して調べる官能検査

官能検査とは、人間の五感(視覚・触覚・味覚・聴覚・嗅覚)を使用して製品の良し悪しを調べる検査のやり方です。

私は自動車業界の製造業で仕事をしていたのですが、作られた製品の検査は大体が官能検査で、表面の傷や割れがないかや塗装に変色がないかなどをチェックしていました。

他の業種でももちろん官能検査を行います。

例えば、食品関係の仕事ではベルトコンベアで流れてくる製品に異物など混入していないかなどを目で見て確認します。

見本の製品を1個置いておけばそれに照らし合わせて確認をすることができるので、入って間もない新人の作業者でもすぐに作業に取り組むことができるでしょう。

簡単なやり方でチェックする項目を覚えてしまいさえすれば検査ができるので、官能検査を行っていない工場はほとんどないのではないでしょうか。

ただそういった検査の仕方だと必ず全数検査(製品すべてを確認する)ことになるので、その分人手が必要になってきますし、1日に1,000個以上の製品の検査を行ったりするので、集中力が続かずに検査漏れなど起きる可能性も出てくるのです。

なので、最近の工場では自動で検査してくれる機械を入れているところも多くあります。

その分人手を他のところに移動させられるので、自動検査機を導入している企業は多いのではないでしょうか。

作業者も楽になりますしね。

こういった自動にできる部分は自動にしていけるので、新人でもとてもやりやすい仕事だと思います。

生産過程での製品個数などをチェックする検査職

製造途中で製品検査をしてから後工程に製品を流す生産過程での検査ですので、後工程に流す製品の数が合わなければ出荷できません。

数を把握するという仕事も検査の一つに分類されるので、非常に重要な役割です。

この仕事でも資格が必要とされる職種は少ないと思うので、入社後すぐに業務に従事することができるのではないでしょうか。

ただ、製品の数をしっかりと把握して在庫管理などを適切に行い、正しい数を出荷できるようにしなければなりません。

機械で個数を制御している工場もありますが、中小企業などではやはり人の手が入ることが多いので、大切な役割になってきます。

ここで、『なら、多めに生産して置いて足りてなかったらそこから補えば良いではないのか?』などの疑問を持つ人がいるかもしれませんが、それはモノを売る職業にとっては無駄なことになります。

簡単に言うと、製品を多めに作ると「在庫を持つ」こととなり、その在庫分が売れなければその製品は無駄となってしまうので、この無駄をどんどん無くしていくことが利益に繋がっていくのです。

完成品の最終チェックの業務

製品の最終チェック

ここでは、出荷する製品の最終チェックを行ったりします。

見本の完成品を置いてそれに対して照らし合わせて検査を行い、検査の仕方も官能検査による検査が多いです。

特に最終チェックをきちんと行い、生産途中検査のチェック漏れを防がなければなりません。

以前勤めていた工場では、不良品を見逃すことは絶対あってはならないので、集中力を持たせるために担当者をよく交替しながら検査をしていました。

それほど最終チェックは大切になってきます。

最終チェックで行う業務は、生産過程での検査方法と類似します。

目視で製品に不純物が無いか等や割れとかヒビが入っていないかを検査していき、不良があれば省いていくような業務になります。

不良原因の検査での二つの業務

人的ミスの原因追求

人的ミス及びヒューマンエラーでのミスによって不良品が発生する場合があります。

自動車関係や電気機器関係では、ボルトの付け忘れや締め忘れなど部品を付け忘れていたなどが主なミスになります。

他にも製品を落として傷を付けるのも人的ミスです。

検査の仕事としては、不良の原因を検査して原因を突き止めていくような役割となってきます。

この人的ミスの原因を突き詰めていくと、仕事場の悪さや整理・整頓(2S)がきちんとできていないことが多いです。

このような人的ミスの要因を職場の方々と一緒になって追求し、改善していく検査の仕事もあります。

機械やロボットによる不良の原因追求

機械やロボットなどが原因で不良が出る場合もあります。

ロボットなどが正常に動かずに、きちんと溶接されていなかったりなどが原因になります。

工場にはきちんと工程が決まっているので、どの工程で機械での不良が出たのかを追求しなければなりません。

工程の流れをもとに何故不良が発生したのかを分析して追求していき、技術者と話し合いながら細かい検査を行っていきます。

検査の内容を元にロボットの仕組みを変えたりするので、専門的な知識が発生してくる場合もあるでしょう。

こちらも人的ミスの場合と同様に、不良が出た原因を突き詰めていくのが役割となります。

例を挙げると、不良品の寸法がどれだけズレているのかを計測機械やノギスなどで正確に測って行き、ズレている分を技術者などに提出するなどの仕事内容があります。

工場検査の仕事はどんな人に向いている?

黙々と作業できる人

工場検査の仕事は黙々と1人で作業することが多いので、集中力があって黙々と仕事に取り組みたい人に向いています。

全数検査などになると、ほぼ喋らずに1日を終えれることもあるので、コミュニケーションを取ったりするのが苦手な方などにも向いているのではないでしょうか。

もちろんコミュニケーションが全くないのはあり得ませんが、1人で作業を取り組んだりするのが好きな人には良い仕事だと思います。

責任感をしっかりと持てる人

検品作業そのものは難しくなくても、その責任の重さを理解してる人でないと、ちょっとした傷や不具合も「これくらいならいいか」と見て見ぬふりをして流してしまう人もいる為、自分が担当している仕事の責任の重さをしっかり理解している人でないとこの仕事は務まりません。

「自分が見逃したら会社の信用問題に関わる」という意識が大切です。

いい加減な仕事はせず、スピードより正確さを優先できる人

スピードを優先するがあまり一つ一つの作業に細かいミスが多かったり、作業が慣れてくると考えごとをしながら作業をし、結果簡単な問題点さえ見落としてしまう人など、一見簡単そうに見えてもそれを長時間続けるとなるとミスを繰り返す人は沢山います。

その為検品作業では、とにかく集中力を切らさず、作業が溜まってきても焦らず正確な仕事ができる精神力と根気が求められます。

逆に工場検査の仕事に向いていない人の特徴は?

ここまでは「検品作業に向いている人」についてご説明してきましたが、ここからは逆に「検品作業に向いていない人」についてご紹介していきます。

検品作業に向いていない人は以下のような人となります。

  • 人と話す仕事が好きな人
  • 自分の仕事を評価されたい人
  • 常に変化を楽しみたい人

工場の検品作業というのは想像の通り、非常に単調で華のない仕事です。

まるでロボットのように何時間も同じ作業を繰り返します。

その為、人と話すことはほとんどありませんし、仕事が評価されるとしても、それは一つ一つの製品をしっかり見て傷や不具合を見逃さないという点でしか評価されません。

その為インセンティブといったものも存在しませんし、給与が上がったとしてもそれは勤続年数によるものくらいです。

また、検品作業は非常に単調な作業を延々と繰り返す作業の為、仕事に変化を求める人にはまず向きません。

これに関しては誰もが想像がつくことで、そういった性格の人はまずこの仕事は選びませんし、上記で書いた内容についても大まかには仕事内容が想像できる仕事の為、話好きや評価されたい人もこの仕事に応募することはないでしょう。

しかし、実際に働いてみて予想外となるのが、人と話すことが苦手な人が人と話さない仕事を求めて工場に応募してくるケースです。

確かに接客の仕事がない為基本的には人と話すスキルは求められませんが、工場の現場には多くの従業員がいて、その同僚達と連携して仕事をする流れがほとんどです。

その為、話すスキルは求められなくて、協調性といった点でスキルは必要になってきます。

例えば、自分が担当しているポジションの前後には基本的には他の人が担当しているポジションがあって、自分の前の工程から流れて来た製品やパーツに不具合があったら、そのことを前工程を担当している人に注意しにいかなければなりません。

そこで言い方が悪かったりすると関係性は悪化していきますし、いつか自分がミスをした時はフォローしてもらえなくなります。

これはどの仕事でも言えることですが、ライン作業が基本となる工場の仕事ではその協調性が生産率に大きく影響する為、その点においてコミュニケーション力は求められる仕事となります。

人と話すことが苦手だからと安易な考えで仕事を選ばないように注意しましょう。

どんな経緯で検品作業を任されるのか

検品作業というのは責任の重い仕事です。

商品に傷や不具合がないか点検する最後の砦なので、ここで見逃しが発生してしまうと不良品が消費者へ流れてしまうことになります。

その為基本的に検品作業はある程度勤続年数があり、信用できる人が任せられます。

工場によってその経緯は違いますが、基本的には以下のような流れとなります。

  • 新人にはまずミスをしたとしてもフォローの利く簡単なポジションから任せる
  • ある程度経験を積んだら次の工程を任せる
  • ライン作業の全工程を経験させたら最後に検品作業を任せる

上記が基本的な流れとなります。

というのも、そもそもその製品がどんな工程で作られているのかを理解できていないとどんな状態が不良品なのか、どんな状態であればどんな不具合が生じるのかなどが理解できません。

その為検品作業を任せられる人は、基本的に全工程をある程度経験させてから任せられるケースが多いです。

ただし、工場によってはその優先順位が逆になることもあります。

例えば、先に検品作業を任せて、自分がどんな製品を作る作業をしているのかを理解させてからラインの製造ポジションを任せるなど、工場によってはその考え方は様々です。

検品作業=最も信頼されるポジションと決まっているわけではありませんが、仮に先に検品作業から担当することになったとしても、ほとんどのケースで熟練の先輩と一緒に作業することになります。

いくら工場によって考え方が違うとは言え、検品作業は不良品を流さない最後の砦といった部分はどこも共通です。

責任のある仕事といった点では変わらない為、任されるからにはしっかりと責任を意識して手を抜かない仕事をしましょう。

検品作業の経験談

さて、ここまで検品作業の重要度や向き不向きについてご説明してきましたが、ここからは実際に検品作業を経験した人の経験談についてお話します。

工場勤務を希望している方は是非参考にしてください。

誰がどれくらいのスキルで作業をしているか把握できる

検品作業は送られてきた製品をしっかりと点検して、傷や不具合がないか見る仕事になります。

その為、どこかに傷や不具合があると、それを担当している担当者、若しくはリーダーに報告し改善や注意をしてもらうことになります。

つまり、誰がどれくらいの正確さで作業をしているか把握することができるということです。

製品の点検だけでなく働く従業員のスキルも把握できるため、自分の任せられている仕事は見た目以上に責任のある仕事なんだとつくづく感じさせられます。

出荷後に問題が発覚した場合は責任を問われる

検品作業はライン作業の最後の砦です。

後々不良品が混ざっていたことが発覚すると、管理者含め検品担当者も責任を問われます。

なぜ不良品に気付かなかったのか、検品作業の段階では不良品ではなく、出荷し消費者に届くまでのどこかで傷が入ったり壊れたりしたのか。

不良品が発覚した際はどこの工程でその問題が発覚したのか調査が入る為、その際は検品担当者は必ず自分の仕事について聴取されます。

単調だからこそ集中力が必要

検品作業は本当に単調な作業なので、慣れれば慣れるほど作業に集中しなくなりミスが増えます。

その為、単調な作業だからこそ無心になって集中力を切らさずに作業をする根気力が求められる仕事です。

プライベートで問題があった時に考えごとをしながら作業をしていて、見た目には仕事をしているものの、実際にはほとんど製品を見ずに流して結果不良品を大量に流していた先輩を見たことがあります。

その際は製品を作っていた機械に不具合があり、連続して不良品を生産してしまっている状況でした。

もちろん、その不具合を検知できずに不良品を流し続けたその先輩は、後で上司からこっぴどく叱られていました。

幸い左遷にはなりませんでしたが、そんな光景を見て自分も気を付けなければと学んだ記憶があります。

いかがでしょうか?

上記の三つは実際に検品作業を経験した人、もしくはそれを側で見ていた人からの体験談ですが、工場勤務を目指す人にとっては大変参考になる情報かと思います。

単調だからこそミスなく作業を続けられる根気力、それが最も必要なスキルであることは明白です。

また、慣れれば慣れるほどミスの多くなる作業です。

慣れてきたからと言って安心せず、日々軽い緊張感を持って仕事にあたりたいものですね。

工場検査の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

責任感の芽生え

自分が検査して後工程に流すので、その分責任感が芽生えてきます。

自分の検査ミスで後工程の分野に迷惑をかけてしまうかもしれないからです。

細かい作業となると顕微鏡での検査やデジタルノギスなどを使用して検査をしていくので、非常に集中が入ります。

責任感が芽生えると仕事に対してもおざなりにならずにひたむきに取り組めていけると思うので、やりがいを感じていけると思います。

仕事を任せてもらえる

検査の仕事は基本的に目視により検査が多く、専門的な資格などは不要な場合が多いです。

そのため、工場に入ったばかりの人でもすぐに仕事を始めることができるのです。

年齢などもあまり関係ないので、すぐに1人作業を任せてもらい、黙々と作業ができます。

黙々と作業したい方などにはとても良いと思います。

面白いポイント

不良品の発見

検査職での面白いポイントは、不良品を自分で発見できた時だと思います。

機械やロボットで作るので、不良品の数は決して多くはありません。

大量の製品を見ていくので見落としてしまいそうになることもあります。

注意深く検査していき、その中から不良品を発見できたときはやりがいも感じられますし、面白いポイントになるのではないかと思います。

ある意味宝探しのつもりで仕事を行っているような感覚にもなってくると思います。

その分不良品を発見したらお金が貰えるような制度を作っている企業などもあるので、そのような制度がある企業に就職できるとより良いと思います。

不良原因の発見と改善

先に書いた内容で、検査の仕事に不良原因の検査と追求の仕事があると書きました。

検査の仕事で調べた製品寸法などが他部署で役立ち、改善されて良品になっていたりすると、自分の行ったことが役に立っていると実感できます。

トライ&エラーを繰り返しながら、製品を何度も検査していき技術者と相談しながら良品に近づけていくのですが、そこでの検査のデータは非常に重要な役割となって行きます。

検査で調べたデータに基づいて改善を行っていくので、数値を間違って記入していたり数値を記入している場所を間違っていたりすると、他部署に多大な迷惑がかかります。

責任も大きくありますが、その分何度も繰り返して検査したものが良品となると非常に面白く思います。

その後のキャリアについて

この仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

上でも書いたように、工場の検品作業というのは華のない仕事ではありますが、その責任の重さとライン作業の最後の砦を任されるという会社からの信頼性、といった点を考えると、転職した際の面接の印象としてはそう悪いものではないでしょう。

ただし、工場勤務の経験で面接で一番見られるのは勤続年数であり、単調な作業でも飽きずに長く働ける人材かどうかを見られています。

その為キャリアアップを目指すのであれば、最低でも3年は働いていないと転職活動の際の印象は悪くなってしまうでしょう。

また、同じく工場の仕事で転職するとするなら、検品作業の経験は面接をする上である程度印象の良いものとなります。

というのも、同業者であれば検品作業を任せられる人材というのがどういう人材なのか分かっているからです。

責任感があり、単調な作業でも怠けず根気良く仕事ができ、それでいて飽きずに長期でしっかり働いてくれる人材であることの証明となります。

その為「検品作業なんて将来なんの役にも立たない」と見切りをつけるのではなく、与えられた仕事をしっかりと責任を持ってこなす人材ほど、新しい職場でも評価されるでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

工場の検品作業の経験を他の職種で活かすとすると、それは事務作業や公務員といったスピードより正確さを求められる仕事でしょう。

工場よりは人と話す機会の多い職種と言えますが、単調であっても正確さが求められ、それでいて責任の重い仕事であることには変わりないです。

その為、検品作業をどれだけの年数続けてきたのか、そこでどれだけ見逃しをせずに正確に仕事をこなし会社から評価されていたのかを面接でアピールできれば、その経験は次の職場でも活かせるものとなります。

また、検品作業というのはいかに不良品を流さないかにかかっている為、特に正確な処理を求められる事務職では、その根気と正確さの人間性は高く評価されるでしょう。

こういった作業は各々の性格がそのまま反映される仕事になる為、気楽な性格で責任感がない人には任せられない仕事となります。

作業手順などについては1週間もあれば基本的なことは覚えられるにしても、人それぞれの性格についてはなかなか変えられるものではありません。

長年研修担当や新人教育を担当している人であれば分かる話ですが、性格に問題のある人というのはどこまでいっても基本的にその問題点は解消されません。

歳を重ねた人であればあるほどその頑固さは増してしまいます。

その点を考えると、検品作業を長年続けてきた実績のある人はその仕事に対する向き合い方や人柄といった点で評価してもらえるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

単調な作業である検品作業でも、ちゃんと素質のある人でないと務まらないことや責任のある仕事であることは伝わったのではないでしょうか。

また、地味な作業でもしっかりと長期間続けていれば、その経験はちゃんと次にも活かせるものとなります。

ドラマに出てくるような華のある仕事ではありませんが、しっかりと価値のある責任の重い仕事です。

これから工場の検品の仕事に務める方も、現在検品の仕事をしている方も、地味だからと卑下はせず誇りを持って仕事に勤しんでください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




工場求人についてもっと深堀りした情報を見る

工場作業員求人の募集内容は?派遣など雇用形態の違いもご紹介!就職・転職の参考に!

「工場作業員」というと大変そうなイメージがありますよね。会社によっては危険物を取り扱っていたり、重量物を扱っている場合もあります。そんな工場での仕事、実は私達の生活に深く携わっているとっても身近な仕事なんです。私達の着ている服や乗っている車、食べ物やたくさんの物。そんな、ありとあらゆる物が工場で作られています。工場作業員の仕事に興味を持った方、これから工場で作業員として働いてみたい方へ、工場作業員の求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。工場作業員のおおまかな仕事内容皆さんは工場の仕事というと、どういうイメージをお持ちでしょうか?工場作業員といっても、会

工場で働きたいならどうしたらいい?知っておくべきことと工場の仕事の探し方

ここでは、工場で働くにはどのようにすればいいのか?そもそも工場の仕事とはどういうものなのか?からご紹介します。工場における仕事の内容に関して、理解を深めて頂きたいと思います。さらに、工場で働きたいときにどのように仕事を探せばよいのかを簡単にご紹介したいと思います。今や工場と言っても、数多くの種類があり一概に一言でまとめることが出来ません。ここでは工場全般に関してと、主要な工場を例に挙げてご紹介したいと思います。ここでご紹介する工場が全てではないと言うことだけ初めにご了解ください。工場の仕事ってどんな仕事?そもそも、工場とはどのような仕事をするところなのでしょうか?昭和の時代には高度成長期を牽引

工場軽作業求人の募集内容をご紹介!事業形態のパターンや職種もチェックしておこう!

工場と言っても色々な種類の工場がありますよね。そうした工場の中でも特に軽作業を必要とする工場の求人についてご紹介したいと思います。軽作業の工場とは、どんな種類があるのでしょうか。軽作業だから女性でもできる仕事が多いイメージもありますよね。工場の軽作業の募集でよくある内容やおすすめ求人のポイントからよくある疑問までお話しいたします。工場の軽作業のおおまかな仕事内容工場内軽作業の仕事内容と募集方法工場における軽作業とは、どのようなものがあるのかをご紹介します。多くは、人手を必要とする簡単な仕事になります。例えば、「成形品のバリ取り」「ライン上での簡単な加工」「ライン上での選別作業」等が主な内容にな

工場の正社員求人の人気職種10選。やりがいがあるものから稼げる仕事まで!

ここでは、日本経済のエンジンである「工場」で正社員として働く場合、その工場の求人に対する人気職を10職種をご紹介します。とある研究所の発表では、一般家庭内のほぼ95%以上が何らかの「工場」で生産された物品にあふれているという結果も出ています。さらに今やインターネット通販なども活発化され、サーボス分野における工場も「配送工場」としてその存在意義が見直しされてきています。しかし、単に人気がある、つまり、応募数が多いだけで判断できないのがこの職種になります。応募者はそれぞれ自分にとって「ピン~!」と来る何かを必ず持っています。それが「やりがいを感じられそう」なのか、「給与が高くなりそう」なのか、また

工場への転職を成功させるためにやるべき3つのことや狙い目の工場、上手な転職方法を解説します

既に何らかの工場に勤務しているが別の工場へ転職をしたいと言う人のために、工場への転職についていろいろな側面から参考になる情報やアドバイスを行いたいと思います。転職について心の中で既に決めている人はもちろん、決めかねている人たちの為にも参考になればと思います。工場への転職を成功させるためにやるべき3つのこと転職するに際して、転職先での成功を期することは誰しも転職希望者であれば考えることです。そこでここでは転職して成功するためのキーワードやそれに基づいて行うべき事を3つに分けて紹介したいと思います。前職を引きずらないどのような職でもそうですが、前職を引きずっている人を良く見かけます。つまり、「前職

工場仕分け求人でよくある募集内容をご紹介!求人の選び方教えます!バイト探しの参考に!

工場仕分けのバイトを始めてみたい方はぜひこの記事を参考にしていただければと思います。仕分けバイトは、工場併設の作業場での業務の他に運送会社やアパレル関係の倉庫など多岐に渡る分野があるので求人数もとても多くあります。しかし、仕分けの仕事内容は、場所の違いでやることが大きく変わるわけではないので、ここでは工場での仕分けに着目してお話しさせていただきます。具体的な業務や求人のおすすめポイントなどの気になる内容をここで把握しちゃいましょう工場仕分けバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕分け作業にはピッキングと軽めの検品の作業があります。ピッキングは、指示内容通りに倉庫内を移動して、決められた箱

工場派遣の仕事がおすすめな理由は?高収入?!興味のある人は今すぐチェック!

工場勤務というと、「土日祝日休みで勤務が安定している」「時給も高く、接客もない為、作業さえ覚えてしまえば誰でも仕事ができる」といったメリットがある為、工場勤務を希望する人は少なくありません。今回はそんな工場勤務を希望する人に向けて、派遣での工場勤務の経験を基に、おススメなポイントや工場勤務の魅力などについてご紹介致します。私はこんなところで工場派遣の仕事を経験しました私は某バッテリー製造工場で派遣として勤務をしていました。主に車のバッテリーをライン製造する工場で、製造だけでなく機械のメンテナンスも自分達で毎週行う職場でした。従業員数としては非常に広大な土地での工場勤務だったこともあり、およそ1

工場派遣時給の相場は?給料を上げるためにやるべき3個のことも紹介します

工場の時給は高時給とよく聞きますが、派遣の工場時給の相場はどれくらいなのでしょう?今回は、工場勤務をする上で気になるお金の事情について詳しくご紹介していきたいと思います。経験談のご紹介と共に時給を上げる為にやるべきことなどもお話ししますので、最後までお見逃しなく!工場派遣の時給相場はどのくらい?工場の時給は基本的に高給となります。そんな工場勤務の派遣に関しまして、長期や短期の給与相場、また福利厚生についてお伝えします。長期派遣の場合長期の派遣の場合はステップアップ式で時給が上がる仕組みが多いです。例えば、勤務して3ヶ月経ったら昇給や役職が上がったら昇給など、通常のサラリーマンの昇給スタイルとほ

工場の仕事探しをスムーズに進める方法をご紹介!就職・転職活動中なら要チェック!

工場での勤務というと、勤務時間が工場カレンダーで決まるため、勤務先によっては土日祝日がお休みで勤務時間が安定している、福利厚生がしっかりしている、収入がある程度高額で変動することも少ないなど、様々なメリットがあります。その為、生活スタイルを安定させつつ一定水準の収入を得て生活を営みたい、という方にとっては狙い目の職種と言えます。そんな工場勤務で勤める為には一体どんなところに気をつければいいのか、そしてどんなタイプの職場があるのかなど、工場の仕事探しで気になる情報をご紹介します。工場の仕事のおおまかな仕事内容工場勤務となると、皆さんが想像する通り仕事内容はもの作りがメインとなります。違いがあると

工場バイトがキツいと言われる4個の理由と知るとやりたくなる5個のおすすめな理由

工場バイトはきついイメージを連想される方が多いかと思います。現場によって肉体労働を強いられる場所もあり、業務内容によっては工場バイトは辛いと感じる人が多く、長く続けられない仕事とも思われがちです。そんな工場バイトはどんな理由で退職者が多いのでしょうか?また、それを乗り越える為にはどうすべきなのかを、工場勤務の経験を基にお話していきたいと思います。工場バイトを楽しいと思えるようにメリットを知っておきましょう。工場バイトのおおまかな仕事内容とは?工場でのアルバイト勤務は決して少なくありません。むしろその割合は多い方です。工場としてもアルバイトで雇って優秀であれば正社員雇用といった流れの方が無難で、

工場の仕事がキツいと言われる3個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

街中から少し離れた場所に行ってみると、工場や工場団地などをよく目にしますよね。私たちの生活に欠かせない必需品と言われる物は、そのほとんどが工場で作られていて、中には毎日数万個単位で生産している物も沢山あります。本当にこんなに大量に必要なのか?と思ってしまうほどの量を24時間常に生産している工場も数多く存在します。そんな工場の仕事がキツいと言われる理由や乗り越えるための方法、工場の良いところを工場勤務の体験を基に書いていきたいと思います。工場の仕事のおおまかな仕事内容とは?工場の仕事は非常に沢山ありますが、大まかに分けてみると鉄鋼業、自動車産業、物流、薬品類、印紙類、飲料や食品、化学や石油化学、

自動車工場で働くには?大変なことは何?必要なスキルや勉強しておくべきこともご紹介!

自動車工場で働きたいと思ったら、新卒での入社以外では期間従業員(以下、期間工)からの入社がほとんどです。期間工と言えば、どのようなイメージを持っているでしょうか?もしかしたらテレビなどで工場の様子を見たことがあり、なんとなくイメージはできているかもしれませんが、実際の現場についてはあまり知られていません。今回は、実際に期間工として働いている立場から、期間工で働くことについてのイメージをより具体的に持ってもらうためにお伝えしたいと思います。自動車工場の仕事ってどんな仕事?自動車工場の仕事は、車体やエンジンの製造、塗装、物流、加工、開発など多岐にわたります。その中でも期間工の仕事と言えば、まずはラ

惣菜工場求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

惣菜と言うと家庭でお母さんが作るおかずのイメージではありませんか?和惣菜、洋惣菜、中華惣菜・・・それらを作る工場が惣菜工場です。スーパーやコンビニ、デパ地下でパックに詰められて販売されていたり、対面で量り売りされていますね。最近は「食」に対する世の中の関心が高く、アレルギー問題や原材料の産地偽造問題、賞味・消費期限改ざんのことなどさまざまなニュースが飛び交います。利益を追求するあまり、ルール違反をする業者が存在することは怒りを感じます。けれど、本当に「おいしいものを食卓に届けたい」「安全で安心な食品を作りたい」と真摯に商品を作り続けている人たちがいることも忘れてはならない事実。そういう人たちの

自動車工場の派遣が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適性とは?

「自動車工場の派遣の求人ってどれも高時給だけどキツいんでしょ?」と思われる方も多いかもしれません。求人誌や転職サイトなどでよく目にする‟自動車工場の派遣”の求人。興味はあるけど仕事内容がよく分からないので応募するのはどうしようかな…という人も多いのでは?今回の記事ではまず、自動車工場での派遣の役割や仕事内容、求められるスキルといった基本的な情報をお伝えします。そして、実際に自動車工場の派遣になるための流れやどんな人が向いているのかなど知っておくとお得な情報まで詳しく説明していきます。自動車工場での派遣の役割は?まず知っておいていただきたいのですが、自動車工業で働く人の雇用形態は3種類です。各自

工場の人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

工場とは社内の関係者しかいない職場なので、工場勤務ならではの人間関係によるトラブルがあり、なかなか理解されないことが多いです。工場の人間関係はキツいというような言葉を耳にすることもありますが、具体的にどのようなストレスがあるのかは分からないのではないでしょうか?今回は、そんな工場の人間関係のストレスについて詳しくお話ししていきます。工場の人間関係を面倒だと感じている方も、この記事を読んで対処法を見つけましょう。工場の人間関係の特色や、他の仕事の人間関係との違いにはどんなものがあるの?工場という世間の目の届かない空間での仕事となると、基本的に私語を気軽にできてしまう環境となります。また、派手なヘ

食品工場の仕事内容を役割に分けてご紹介!一般製造業との違いはどんなところ?

食品工場の仕事内容について、どんな業務があるのか、やりがいや面白いポイントなどを紹介させていただきます。製造業には様々な職種がありますが、食品工場の仕事内容では、主に開発と製造と販売という3つの役割に分担されます。それぞれとてもやりがいのある業務ばかりなので、詳しく解説させていただきます。この職業に興味のある方は、最後まで読んでいただき職探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?食品工場の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品開発流行や消費者のニーズに合わせて商品を新たに開発する仕事です。食品工場の場合は、どのような商品を作るかに合わせて、どのような原材料を使うのか、栄養成分やアレルギーなどにも

工場の日雇いバイトがおすすめな理由は?バイトの仕事内容や経験したことをお話しします!

「とにかく今すぐお金が欲しい!」という人におすすめなのが、工場での日雇いバイトの仕事です。短期や日払いのアルバイトは沢山ありますが、特に工場での日雇いバイトの場合、どんな募集や仕事内容が多いのでしょうか?日雇い形式でも長期雇用という募集もありますが、今回は日雇い日払いの工場バイトに絞ってご紹介していきます。どうして工場の日雇いがおすすめなのか、またその後に活かせる経験もお話したいと思いますのでご一読くださいね。日雇いバイトの募集が多いのはどんな工場?派遣会社に登録して、携帯のサイトから毎回行く工場を選んで仕事をしていました。工場というと「重機や工業品などの重たいパーツを、ベルトコンベアに積み直

樹脂加工ってどんな仕事?仕事内容から募集内容まで詳しく解説します

身近に工場はあるでしょうか。もしくは工場で働いている人はいるでしょうか。工場と言っても、食品製造、部品製造、車の整備工場など専門がそれぞれあります。そこで樹脂加工を専門に行う工場についてお伝えしたいと思います。工場内で働く職人と工場の事務職、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。工場勤務を考えている方の参考になればいいと思います。樹脂加工はどんな仕事?樹脂とはプラスチックのことを指します。主に機械の部品、細かいパーツを設計図に基づき制作します。図面をもとに細かい点を確認しつつ依頼者と職人が納得のいくものを作り出します。プラスチック材を精密切削、彫刻、接着、溶接、折り曲げなどの加工をします。

工場派遣が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

インターネットやフリーペーパーで工場の派遣労働者や日雇い、短期アルバイトの求人をよく見かけますよね。筆者は人材派遣会社の正社員として工場に派遣されて働いていた為、一般的な派遣労働者と違ってやや特殊な部類でした。今回は、工場派遣に向いている人の特徴やスキル、適性、仕事内容等をご紹介していきます。工場派遣の大まかな仕事内容工場に派遣された人に任される仕事というのは、大体の場合、細かい作業と力仕事の大きく二つです。パソコンを扱う仕事や事務的な仕事は正社員の方がします。また専門的且つ技術的な仕事はそれを行う上で必要な免許やスキルを持った人にしかできないことが多いので、派遣された人に任されることはほぼあ

工場で派遣で働く時の派遣会社の探し方と私が使ったおすすめ派遣会社

今では、派遣会社を通じて仕事探しをされている方が増えてきました。私も派遣会社を通じて工場で働くようになったのですが、派遣会社はどこでも良いというわけではなく、自分の都合によって適切な派遣会社を選ぶようにしたほうが良いです。今回は、工場勤務経験のある筆者が、派遣会社の探し方と私が使ったおすすめ派遣会社をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。工場派遣の大まかな仕事内容工場派遣では、組立、検査、製造ライン、ピッキングや梱包といった仕事があります。工場派遣の組立、検査については、今ではメジャーな仕事として、多くの方が派遣会社を通じて選ぶことがあるほどです。肝心の仕事内容ですが、組立、検査は製造

工場日払い求人でよくある募集内容をご紹介!注意点は?自分に合った求人の選び方教えます

工場や倉庫でのバイトは常時務められるものもありますが、日払いの場合は繁忙期や欠員補充などで日雇いのケースもあります。この場合、ド短期1日だけでも働けるので金欠のときはとてもありがたく、作業内容に比べて時給も高いことが多いです。本気でやれば1カ月の手取り20万円も夢ではない工場日払いバイトについて見てみましょう。工場日払いのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容工場といっても色々あります。体力をかなり使うような、重たい機材をベルトコンベアに乗せ続ける仕事などをイメージするかもしれませんが、パッケージが破れていないか、洋服にほつれがないかなどを検品する作業や、必要なもののピックアップ業務などもあるた

工場バイトがおすすめな7個の理由。フォークリフトやピッキングなど色々とやった経験をもとに解説!

皆さんこんにちは。今回は工場バイトがおすすめな理由について色々と書いていきたいと思います。とりあえず手っ取り早く仕事について稼ぎたいと思った時には、工場のバイトはかなりおすすめだと思います。私も昔、工場バイトは何回かやった経験がありますが、仕事の需要は幾らでもありますし、作業の内容も簡単なものが多く誰でも直ぐに採用されるとあって、お金に困った時にはよくお世話になったものです。仕事自体は同じことをただひたすらに繰り返すような単純作業が中心なので、つまらない、飽きやすい、眠くなるといった欠点もあるのは事実です。逆に言えば、あまり頭を使わずにただ黙々と作業していれば良いだけなので、人に気を遣うことも

お菓子工場求人の募集内容や仕事内容をご紹介!求人を選ぶ時のポイントも教えます!

お菓子工場の求人が気になっている方は必見です!学生からフリーターまで幅広く働けるのが「お菓子工場のアルバイト」。耳にしたことはあっても、実際のお菓子工場の仕事内容は知らないし、大変だという噂もちらほら聞いたりもして…。今回は、お菓子工場求人の派遣スタッフ経験者である筆者が働く際に知っておくべき情報を詳しくお伝えしていきます。お菓子工場での仕事内容お菓子工場と言っても、扱う商品や担当する場所によって仕事内容は様々です。例えばチョコレート菓子の製造工場の場合、チョコレートを型に流す作業、固まったチョコレートの検品作業、個包装や箱詰めの作業、使用した器具の洗浄作業などがあります。そして、定番チョコ、

自動車工場の仕事はどんな人に向いている?向いている人の四つの特徴やキャリアについて解説します

自動車工場というのは、基本的に給与の面において好待遇を約束されているという印象が世の中にはありますよね。しかし、実際の感覚ではこれだけ働いたからきちんとした対価を得るという、自信に満ち溢れた世界があるのが事実になります。自分の実績を上げていくというその成果が、美しい自動車として世の中を走り回っているのを見るのは感無量です。今回は、そんな自動車工場の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の四つの特徴やキャリアについて解説します。自動車工場の仕事はどんな仕事?自動車工場というのは自動車の製品自体を作る所でもありますし、自動車本体の部品を作っている所でもあります。この就業形態は、直雇用と直雇用でな

石川の工場求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な工場・エリア・年収相場を解説します

石川の工場求人が気になっている方は必見です。今では、インターネットで多くの求人を閲覧することができ、求人探しも簡単にできる世の中ですよね。今回は、石川県の工場求人に絞って、ネットで掲載されている求人情報より具体的な工場業務についてや、おすすめなエリア、給料事情についてお話しさせていただきます。あなたに合う工場求人の見つけ方や、そのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にどうぞ。石川の工場求人のおすすめ募集内容の特徴工場求人ならどこでも良いという気持ちで探すのだけはやめておきましょう。石川県の場合は、色々な工場求人が出ていますので、長続きしそうなものを選ぶだけでなく、自分の性格、経験を活かせるもの

工場の仕事内容と向いている人・向いていない人の特徴とは?メリット・活かせる経験も!

今回は、工場での勤務経験がある筆者が工場の仕事に「向いている人・向いていない人の特徴」や、現場監督・オペレーターなどの役割ごとの具体的な「仕事内容」についてご紹介します。また、これから工場で働きたいという人のために、どのようなキャリアを有していると工場の求人応募で評価されやすいのか、そのような情報を基本的なことだけでなく経験に基づく情報も含めてご紹介しますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。工場はどんな仕事?工場内作業員は、作業現場に応じた仕事をこなすことが最も重要となります。そのため、ライン工と呼ばれる仕事に就き、ラインの状態に応じた作業を行わないといけません。例えば、マシンオペレータ

派遣として工場で働く時の2個の注意点とおすすめの工場仕事3選

会社の方針に縛られることなくある程度自分の裁量で働きたい方は、派遣で働くというワークスタイルを好まれる方が今の時代多いかと思います。ここでは、派遣として工場で勤務する際の二つの注意点と、おすすめの仕事三選をご紹介していきたいと思います。また、メリットやデメリットについてもご紹介しますので、派遣での工場勤務の将来性を見極めてみてはいかがでしょうか?派遣として工場で働く時の2つの注意点工場で働く際に注意しなくてはならない派遣労働者のテーマがあります。まず、派遣労働者と言えども危険な労働には注意することです。それなりに危険な箇所や部署があるので、そこで怪我をしないようにしなくてはなりません。派遣労働

工場勤務の人が転職エージェントを使って転職活動をすべき3個の理由とおすすめのエージェントの選び方

現在、工場=派遣という図式が定着してしまっていますが、自前での採用だけでは間に合わないので外部に依頼しているわけであって、派遣が必須ではありません。とは言え、世の中の人手不足を一手に引き受けているような業界ですから募集数は多いし、嫌でも目に入りますよね。一方、工場(人材業界では「製造」と言うことが多い)はモノ作りをしていることは大概の方は分かっているかと思いますが、実際はどんなことが行われているのか?となるとイメージは人それぞれだと思います。様々な憶測が飛び交うモノ作り業界。そんな世界を知っていると、転職先としても充分視野に入る人もいるのではないでしょうか。ここではモノ作り業界、いわゆる工場へ

自動車工場求人でよくある募集内容をご紹介!自分に合った求人を選びたい方は参考に!

自動車工場で働いていた筆者が、具体的な業務内容や職種など求人のポイントを詳しくご紹介します。「やっぱり派遣での募集が多いの?」「正社員と派遣の違いは?」など、自動車工場で働きたいと考えている方のよくある疑問にもお答えしますので、是非最後までお読みいただけると幸いです。自動車工場求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容自動車工場の求人における仕事は多くあります。ここは一番キツいと言われる職場になります。仕事の内容としては自動車組み立てがメインで、安全性の必要な工程においては正社員工員が占めていますので、その他の副次的な作業の現場やアシストで入ることもあります。皆が同じように働いて職場と工程が成

電子部品工場求人でよくある募集内容・募集職種や、おすすめ求人の特徴について解説します

電子部品工場で働きたい方のために、今回は募集内容やおすすめの電子部品工場求人の特徴などをご紹介します。また、求人だけでなく具体的な仕事内容についても触れていますので、電子部品工場はどのようなものを生産しているのか、どのような仕事を任せられるのかが気になる方はぜひ参考にしてみて下さいね。電子部品工場求人はどんな仕事?電子部品とは時代によって変化しますが、主にCPU、もしくはスマートフォン、パソコンに搭載される部品のことです。かなり小さな部品であるため、電子部品工場の勤務でも小さな部品の生産、管理、保全を求められることが多いと思います。生産というのはベルトコンベア上に積載されている半導体のことで、

食品工場バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

「人気があるお菓子やお惣菜をどう作っているのか、食品工場に行ってみた!」というような企画でバラエティ番組やニュース番組などによく取り上げられる食品工場。TVを観ていて「食品工場で働いてみたい!」と、興味を持ったことがある人もいますよね。今回は、食品工場のアルバイト求人や仕事内容についてなどを詳しく解説します。アルバイトの求人が出ていた食品工場に行ってみたら、いつもコンビニで買うお惣菜やおでんを作る食品工場だったということもありますよ。食品工場は、どんな仕事をしているのか?食品工場は、工場によって扱っている食材や作っている食品が異なってきますが、大体は野菜を切る、工場独自のタレに漬け込む、食材の

工場派遣求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

今回は、工場の派遣についてお伝えしたいと思います!さあ何か給料のいい仕事を探そう!また、短期でガッツリ稼ぎたい!という人なら、一度は目に留まるであろう「工場派遣求人」。短期間で効率よく稼ぐことが出来て、なおかつ短期の場合も多く、条件には十分見合うんだけど、なかなか一歩前に足が出ないという方も多いのでは?その理由は様々ですが、工場作業といえば作業がハードなイメージもありますし、特殊な作業になるので、躊躇してしまうこともありますよね。そこで今回は、工場派遣求人のあれこれを紹介したいと思います。これであなたも最初の一歩を踏み出すことができるかもしれません。工場の派遣はどんな仕事?工場のお仕事には沢山

工場長の転職について2個の注意点。向き不向きなども転職エージェントが解説します

その企業にとって工場長を迎えるということは、作るモノを変更するに匹敵するくらい重要な事項です。当然ながら細心の注意と最大の覚悟をもって挑んできます。さぞかし様々な求人条件が出されることかと思いきや、ヒアリングしてみると最終的に次の注意点2つに行きついてしまいます。同一品目経験や管理経験人数も重要ですが究極はここが採用のカギとなります。工場長の転職に際しての注意点(求められること)その1:全体を俯瞰できる企業の採用のお手伝いをしていると経営サイドの意見も必要となるために計画策定の場にお呼びいただく機会が度々あります。某汎用機械メーカーとその企業のメインバンクとのお話に同席させていただいたとき、そ

工場長はどんな仕事?ステップアップしてなりたい人向けに転職エージェントが解説します

工場長とはどんな仕事をするのか疑問に思ったことはありませんか?工場長とは、おおまかにいえば工場での生産活動における責任者といったところでしょうか。工場での管理を任された工場長のやるべきことをこの記事にまとめてみましたので、興味のある方は是非最後までご覧ください。工場長へのステップアップを目指している方は特に必見です。工場長とは?規模の大小に関わらず、その企業の生産拠点(工場)での(大げさに言えば)最高権力者が工場長です。生産の現場で働く方々が就ける最高位の役職者で、規模の大きい企業だと取締役等の役員かそれに準ずる階級に値します。当たり前ですが、工場では何らかの生産活動をします。その活動をコント

工場長の年収相場は?年収をアップさせるための秘訣を転職エージェントが解説します!

いきなり工場長の年収の話をする前に、そもそもこの業界相場はどんなものなのか?を知る必要があるのではないでしょうか。大中小色んな企業やモノ作りによって、工場長の立場でもどの程度収入の差があるのか気になるところですよね。それによって収入アップを目指している人も転職先や就職先が変わってくるでしょうし、意外な分野が高収入かもしれません。この記事では、色々なモノ作り界隈での全般的な収入のことについても触れてみたいと思います。一口に工場と言っても様々ある一口に工場や製造、モノ作りと言っても、そこでは様々なモノが作られています。需要が多く大量生産するモノもあれば小ロットで手作業に近い生産をするモノ、品目は食

工場アルバイトをして良かったと思った12のこと

同じアルバイトをしていても、学生、主婦、フリーター、10代から60代の男性、女性と様々な人達がいます。それぞれの境遇が違っていて、アルバイトをする理由も違います。良かったと思うことも違ってきます。ここでは、学生のアルバイトを中心に書いています。アルバイトと言えばお金儲けだけのビジネスライクな働きと思われがちですが、それだけではないことがよく分かります。工場アルバイトをして良かったと思った12のこと自分の将来を思い描くことができた働いている人の姿をすぐ側で見ることで、働いている人の仕事への責任感からくる真剣さを肌で感じることができ、それが眩しく見えました。自分の将来もこうでありたいなぁと思いまし

工場バイト求人にはどんな種類があるの?仕事内容や求人の選び方をご紹介します!

工場にも様々な種類や仕事内容があり、どの工場バイトを選んだら良いでか分からないという人もいるのではないでしょうか。この記事では、工場バイト求人でよくある仕事内容や求人の選び方を紹介します。是非参考にしてください。工場のバイトにはどういう種類の工場があるの?    多種多様な工場がある業種で分けると自動車や船、機械などを作る機械金属系の工場から、食品系、倉庫系、そして日常目にするものなど、それぞれの品物の関係の工場があると言っても良いでしょう。規模でいうと数百人単位の多くの人が働いている大手の大企業の工場や、数十人単位の中企業、家族的な十数人の小企業という分け方ができます。それぞれ特徴があります