工場での勤務というと、勤務時間が工場カレンダーで決まるため、勤務先によっては土日祝日がお休みで勤務時間が安定している、福利厚生がしっかりしている、収入がある程度高額で変動することも少ないなど、様々なメリットがあります。

その為、生活スタイルを安定させつつ一定水準の収入を得て生活を営みたい、という方にとっては狙い目の職種と言えます。

そんな工場勤務で勤める為には一体どんなところに気をつければいいのか、そしてどんなタイプの職場があるのかなど、工場の仕事探しで気になる情報をご紹介します。

工場の仕事のおおまかな仕事内容

工場勤務となると、皆さんが想像する通り仕事内容はもの作りがメインとなります。

違いがあるとすれば、それは作るものの違いと言えるでしょう。

主に多いジャンルを、仕事の様子と合わせてご紹介します。

お菓子やケーキなどの食品製造工場

お菓子やケーキなどの食品を扱った工場は、基本的に材料供給をメインとした作業になります。

ほとんどの作業を機械がしてくれる為、基本的に人がする作業といえば材料を所定の箇所にセッティングおよび投入する作業となります。

ただし食品を扱う為、工場内に入る際は衛生管理が厳しくされている工場が多く、マスクに帽子、手袋に決められた作業着の着用を義務付けられることが多いです。

また、工場内に入る前に徹底的に手を洗ったり、入り口でエアーシャワーといった機械で作業着についているチリを飛ばしたりと、衛生面については非常に厳しく管理されています。

そんな中で実際に働いてみて感じるのは、工場内の湿度の高さです。

窓を開けていると虫が入ってきてしまう為、基本的に食品製造工場内は窓を閉め切った空間での作業となります。

そんな中で、鍋で大量の液体を熱する作業があると、その湿度と温度はサウナに近い状態となります。

実際に体験してみないとその過酷さはわからない為、結局のところやってみないとわからないものではありますが、実際に働いてみて体調を崩すようなら、早めの段階で上司に相談してみるとよいでしょう。

車のパーツ製造工場

車の組み立てやパーツの製造工場となると、働く為の条件として整備士の資格を求められることが多くあります。

それほど車の製造というのは簡単ではなく、また専門的な知識を必要とします。

また、車の製造工場は基本的に大手が手掛けているケースが多く、そこで求められるスキルは高い水準となる為、車の製造工場で働くには事前の下調べが必要となります。

求められるスキル水準が高いことからもわかりますが、マナーや社会常識など、社会人としてもある程度高い水準を求められるため、誰でも働ける現場とは言い難いです。

その代わり給与は高いものとなりますが、その厳しさから退職者も多い為、軽い気持ちで足を踏み入れていい世界ではないでしょう。

バッテリーやスプレーなどの消耗品製造工場

車のバッテリーや電池、スプレーや化粧品など、消耗品を扱った工場は基本的に食品工場と同じく、材料となる薬品や資材を機械に投入するのが基本作業となります。

しかし、こういった工場で気をつけなければならないのが、健康に対する有害性の懸念点です。

薬品をいくつも扱う為、扱いを間違えると発火したり有害ガスが発生するものもあります。

その為、危険性を考慮して時給などが高めに設定されているケースも少なくありませんが、将来的な健康面を考えると、あまりおすすめはできないでしょう。

現代では健康被害を最小限に抑える為に、高性能のマスクなども開発されている為、昔に比べて人体に対する影響は少なくなりました。

ですが、工場の規則をしっかり守らないと厳しい罰則や、最悪解雇処分となるケースもある為、決められた工場規則はしっかりと守りましょう。

缶やペットボトルなどのドリンク製造工場

代表例でいうと炭酸飲料やコーヒー飲料などが挙げられますが、基本的にこういった缶やペットボトルのドリンク製品は、大手が手掛けているケースが多いです。

そして、現代では多くの工程が機械化されている為、大規模な工場の割には人手はそれほど必要ではありません。

その為こういった工場では作業としても非常に簡単なものが多く、パートや派遣といった形態で人手を補っているケースも多くあります。

社員はいたとしても管理者として数名配置されている程度です。

こういった事情がある為、大手と言えど給与はそれほど高くありません。

作業そのものが簡単な為、妥当なのもかと思われます。

その為こういった工場では長期で働くのであれば、誠実な勤務態度や出勤率を維持し、堅実にまじめに働いて信頼を積み重ねる必要があります。

組み立て作業の工場

車庫や建築資材など、大きな建造物を作る為のパーツを扱う工場では、物によっては重機を使えず人の手で運んだり組み立てたりする作業が発生します。

そういった現場で必要とされるのは力仕事ができる男手となり、その為こういった工場ではほとんどが男性による従業員が割合を占めています。

基本的な作業としては工具を使った組み立ておよびパーツの作成となりますが、基本的に金属を扱う為、溶接の作業を必要とするケースが多いです。

簡単な作業であれば資格を必要としませんが、基本的に危険を伴う作業となる為、正社員や責任者ともなれば溶接の資格取得を義務付けられることも珍しくありません。

運搬作業

工場全体に言えることですが、どの工場でも最初の材料供給と、完成した商品の運搬作業がある為、フォークリフトやダンプといった免許を必要とする運搬作業が発生します。

そういった運搬作業は、ほぼ全ての作業を重機で行う為それほど力作業は発生しませんが、その代わり長時間座った状態での作業となる為、腰痛などの体力面での疲労は大きいものとなります。

運搬作業は基本的に免許が必要となる為、免許さえしっかりと取得できれば長期的に安定して働くことができます。

工場で安定した立場で働きたいのであれば、運搬作業を担当するのも悪くないでしょう。

工場の仕事探しをスムーズに進める方法とは

工場で仕事を探す上で「ここに気をつけておけばスムーズになる」といったポイントをご紹介します。

事前に把握しておくことで仕事探しの効率が上がる為、是非参考にしてください。

どんなタイプの仕事があるのか把握する

工場の求人は特別なサイトでなくても、通常の求人サイトですぐに見つかります。

ただし、簡単に見つかるからこそ検索条件を絞らないと沢山の情報が出てしまうことに。

一度検索情報を絞らず検索し、どんな仕事が工場の職種であるのか把握した上で、条件を絞って検索することをおすすめします。

働きたいエリアを把握しておく

工場の仕事は郊外となる為、ある程度働きたいエリアの地図を把握しておくと、仕事探しがスムーズに進むでしょう。

基本的に居住区には工場はない為、なかなか見慣れない地域での就労になるケースが多いです。

事前に郊外のエリアがどんな地域か把握しておけば、住所を見ただけで「あっ、あの辺りか」とすぐに地域を把握して選出できます。

工場の仕事の様子を動画で見ておく

工場の仕事というのは基本的にどこもそれほど大差ありません。

基本的にほとんどの作業を機械がしてくれる時代ですので、従業員は材料の供給をしたり、運搬作業をしたりするくらいです。

その為事前にYouTubeなどで、興味のある工場の作業風景を見ておくととても参考になるでしょう。

工場の仕事を探す上で注意すべきこととは?

工場で働くとなると、いくつか気をつけなければいけないことがあります。

下記でご紹介しますので参考にしてください。

交通事情を確認

工場は基本的に郊外にある為、車のない方はバスや無料送迎の確認が必要となります。

基本的にどこの工場も交通手段の説明は求人情報に記載していますが、工場によっては自家用車のある人しか働けない場所も。

面接前に事前に確認しておきましょう。

食堂があるかを確認する

工場近くに飲食店などがあるケースは少ない為、お弁当を持参しないのであれば、食堂があるかどうか確認しておくのもよいでしょう。

ちなみに、工場の食堂は非常に安価でボリュームのある食事が多いです。

食堂が働く上での魅力の一つでもあります。

土日祝日休みかをチェックする

工場は大抵、工場カレンダーといったもので勤務日時を決定します。

また、工場勤務は接客業ではないため、わざわざ休日に勤務する必要がなく、それぞれの工場で独自の勤務スタイルで働くことが出来ます。

多くの工場では土日祝日が休みとなりますが、工場によってはそういった形態をとっていない工場もある為、思い込みで行動せずしっかりと確認してから求人に応募しましょう。

免許や資格が必要かを確認する

工場の仕事内容によっては、運搬作業で免許が必要だったり、整備の仕事で整備士の資格が必要だったりと、条件が定められているケースがあります。

そういった資格や免許がないと面接をしても時間の無駄になってしまうこともある為、しっかりと確認しておきましょう。

残業の条件

工場の多くは、繁忙期ともなれば残業を強いられることが多くあります。

諸事情により残業はしたくないとのことであれば、正社員は目指さず派遣などの制限のある雇用形態をあえて選ぶのも一つの手段でしょう。

工場で働く上での危険性について知っておこう

「5S」とは

工場業界ではもはや常識となっている言葉があります。

それは「5S]と呼ばれる基本理念で、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の五つの頭文字をとった言葉となります。

これはちょっとした気の緩みで大きな事故に発展してしまう危険性を持った作業であることを意識づけるものであって、これを守れない人は、強制的に解雇されることもあるほど基本的であり、それでいて大切な規則となっています。

例えば、丸ノコギリを使う場面や機械でプレスする作業などは、ちょっとした気の緩みで指を切断や潰すといった危険性が潜んでいる作業であったり、また、大きなパーツを壁に立てかけておいたものが、風などの影響で倒れてきてその下敷きになる危険性だったり。

工場の作業では数多くの機械を扱ったり、金属や木材などの大きなパーツを扱ったりする現場が多い為、そういった危機意識を高める必要性があります。

そういった危険性を少しでも少なくする運動としてこの5Sがあり、整理整頓をして床や機械の中に工具を残さないように気をつけたり、清掃をしっかりとして液体や粉塵を床に残さないようにして転びにくい環境を作ったり、危険性のある機械を扱わせる時はしっかりとその危険性をレクチャーしてしつけを徹底したりと、色んな場面での意識を高めて危険性を減らす努力が、工場では常日頃から求められます。

そして、こうした意識を怠り、ある時に大事故を起こして大怪我でもしてしまえば、工場全体の連帯責任となり、管理者である上司などはその監督責任を問われてしまいます。

一人のミスが全体への影響を招いてしまう為、こうした面で意識の低い人は、例えどんなに仕事ができても、規則違反として解雇されることも珍しくありません。

不良品を流すことの危険性

上記では工場内での従業員への危険性についてお話しましたが、製造される商品に不具合があった際は、お客様への危険も伴うことも工場では教育指導されます。

例えば車のバッテリーに関して言えば、不良品を流してしまい、それが消費者の元に届きそのまま使用されたとしましょう。

そしてあることがきっかけで発火などし、ガソリンなどに引火したらどうなるか?

結果は考えなくてもわかりますよね。

このように、工場で製造する商品に不具合があったり、食品で言えば異物が混入などすると、消費者に多大なる迷惑をかけるケースがあります。

そうなれば工場だけでなく会社全体の責任が問われてしまい、最悪謝罪会見などを開き、その企業の信用は地に落ちます。

そうなれば数千人の従業員を路頭に迷わせることになりかねません。

工場勤務でのちょっとしたミスは、こうした形で思わぬ大問題へ発展しかねないうことを認識し、その責任をしっかり理解した上で作業をする義務が工場で働く者にはあります。

社会人として、大人として、最低限の責任と意識は持って仕事にあたりましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

工場勤務を考える上で参考になる情報をお伝えしてきましたが、どれも工場を選ぶ上で見落としてはならないポイントばかりかと思います。

職場環境は長く働く上で重要な要素ですので、是非参考にしてみてください。


関連キーワード

工場仕事