自動車工場で働きたいと思ったら、新卒での入社以外では期間従業員(以下、期間工)からの入社がほとんどです。

期間工といえば、どのようなイメージを持っているでしょうか?

もしかしたら、テレビなどで工場の様子を見たことがあり、なんとなくイメージはできているかもしれませんが、実際の現場についてはあまり知られていません。

今回は、実際に期間工として働いている立場から、期間工で働くことについてのイメージをより具体的に持ってもらうためにお伝えしたいと思います。

自動車工場の仕事ってどんな仕事?

自動車工場の仕事は、車体やエンジンの製造、塗装、物流、加工、開発など多岐に渡ります。

その中でも、期間工の仕事といえば、まずはライン上での組み立て作業が挙げられます。

例えば、車体を組み立てる部署なら車体の一部が、エンジンを組み立てる部署だったらエンジンの一部がライン上に流れています。

作業者は、ライン横の自分の持ち場に立ち、決められた作業(部品の取り付け、ボルトの締め付けなど)を行います。

基本的に同じ作業の繰り返しなので、作業内容を覚えてしまえばあとは延々と作業していくだけです。

しかし、「期間工の仕事はライン作業だけ」というわけではありません。

組み上がったエンジンや車体は、所定に場所に運ぶ必要がありますよね。

そのための、梱包や運送を行う物流の部署。

ライン作業が滞らないために部品を供給するための部署や、設備の保全の部署。

素材を加工して部品そのものを作る加工の部署や、車体を塗装する部署など、工場の中では様々な業務がこなされています。

そして、配属先については入社時の経験やスキルにもよりますが、どこに配属されるかはわかりません。

自動車工場で働くには?

自動車工場で働きたいと思ったら「必要な勉強や資格はあるのかな?」と疑問に感じますよね。

続いては、自動車工場で働くための準備や心構えについてご説明します。

自動車工場で働くために勉強しておくべきこと

自動車工場は未経験でも入ることができます。

しかし、自分が働こうとしているメーカーの車種名や機能については、カタログなどを見て覚えておいた方がいいです。

始業前の朝礼や業務上の会話でも、当たり前のように単語が出てきます。

持っておくべき資格とは?

応募の際に有利になる資格としてあげられるのは「フォークリフト」です。

自動車工場では、フォークリフトを扱う場所が多くありますが、現状、フォークリフトの有資格者は不足している状態です。

そのため、入社時にフォークリフトの資格を持っている人材は大変貴重になります。

期間工から正社員を目指す場合

中には、期間工として働きながら正社員を目指す方もいると思います。

正社員を目指すなら「電気主任技術者」、「電気工事士」、「危険物取扱(乙種など)」の資格があると有利です。

必要なスキルとは?

特別なスキルは必要ありません。

自動車工場で働く上で特に必要なのは、「素直さ」と「根気」です。

特にライン作業では、長時間立ちっぱなしでの作業になります。

また、ラインタクト(ラインが流れるスピード)に間に合わせるために、素早く動かなければなりませんので「体力」と「スピード」が必要です。

しかし、必ずしも最初から「体力」と「スピード」が優れていないといけない訳ではありません。

必要なのは、指導者の指示に素直に従うことと、根気よく仕事を続けることです。

作業内容は、慣れていけば誰でもやれるように設定されています。

まずは指導者の指示やコツを素直に実行することです。

指導者については自分より年下のことも多くあるでしょうが、変な見栄やプライドを持ってはいけません。

作業は誰でもやれるように設定されているとはいっても、最初から簡単にできるほど甘くはありません。

見た目は簡単に見えても、実際にやってみると体が上手く動かず苦労すると思います。

ここで、「自分には向いていないんだ…」と弱気にならずに、根気よく続けましょう。

自然と体は慣れて、最初はついていけなかったラインタクトにも対応できるようになっていきます。

自動車工場の仕事の探し方とは?

自動車工場の求人は主に

  • 企業HPから直接応募
  • 派遣会社経由での応募

となりますが、祝い金や寮の観点からも「派遣会社経由での応募」がオススメです。

以下、詳しくご紹介します。

企業HPから直接応募

まずは、企業HPから直接応募をするという方法です。

企業HPの「企業情報」のページに「採用情報」という項目がありますのでそちらから応募することができます。

また、「採用情報」のページは、期間工の他にも新卒採用や中途(キャリア)採用の情報が載っています。

なお、中途(キャリア)採用は、開発や設計、エンジニアやバイヤーなど多くありますが、基本的に経験者採用となります。

期間工の募集要項は派遣会社経由でもほとんど同じですが、企業HPの方が詳しく記載されているため、参考にするなら企業HPの方が良いでしょう。

派遣会社経由での応募

期間工として入社してきた人は、「派遣会社経由」での応募がほとんどになります。

その理由として挙げられるのは

  • 派遣会社からの入社祝い金
  • 採用までのサポート

があるからです。

以下、詳しくご紹介します。

派遣会社からの入社祝い金

転職情報誌や広告などで「入社祝い金20万円!」といった広告を見かけたことはないでしょうか?

「本当かなぁ?」と思うかもしれませんが、本当にいただくことができます。

そのため、派遣会社を通して入社した場合、「派遣会社」と「入社した会社」の2社から入社祝い金をいただくことになるのです。

派遣会社からの入社祝い金の相場は、20万円前後の所が多いようです。

つまり、派遣会社を経由しないだけで、20万円損してしまうということになります。

採用までのサポート

派遣会社経由で応募をすると、応募や面接のサポートをしていただけます。

具体的には、履歴書の添削や面接の練習などです。

自動車工場の入社面接での特徴の1つが、器用さや動きの速さを測ることを目的とした実技試験を採用しています。

「1分間で、手でボルトを何本締めることができるか」

「木の棒20本を、所定の場所への移動に何分かかるのか」

というような試験です。

この試験の模擬テストを派遣会社で受けることができます。

つまり、本番前に練習することができるので、あらかじめ試験の内容や雰囲気を把握することができるのです。

また、サポート内容は派遣会社によって異なります。

入社祝い金の金額が違ったり、派遣会社が民間の社宅を用意したりしてくれるところもあるようです。

いくつかの派遣会社を比較検討して、少しでも手厚くサポートしてもらえるところを選びましょう。

自動車工場の募集状況は?

人出が不足しているため、年中募集されています。

自動車業界は、近年大きな変化の時代にきています。

電気自動車や自動運転など、新技術を搭載した車の開発がどんどん進んでいますが、そうなると問題が出てきます。

現状のラインの設備では対応できず、ラインを新設しなければならないのです。

さらに、今までの生産を急に止めるわけにはいかないので、古いラインを稼働しながらのライン新設になります。

そのため、人出が足りなくなるという状況になるのです。

そのような問題を解決する手段として、生産現場では機械化が促進されていますが、部品組み付けの機械化はまだまだ実用化に至っておらず、この人手不足の状態はまだまだ続くでしょう。

自動車工場の働き口はどの程度あるの?

日本での代表的な自動車メーカーといえば、トヨタ、日産、スバル、ホンダ、スズキ、三菱、マツダなど多くあり、工場も複数あります。

人手不足の現状もあり、売り手市場となっています。

自動車工場の転職事情

未経験から働くことができるので、これまでの経歴はほとんど問われません。

実際に、食品メーカーや営業、販売、接客などの仕事から転職してきた方もいます。

また、男性が多く、女性は1割程度という部署が多いです。

年齢は20〜30代で入社してくる人が多いですが、40代以上で入社する方もいます。

自動車工場の平均給与はどれくらい?

400〜500万が平均となりますが、メーカーによって違ってきますので、募集要項を確認しておきましょう。

給与については残業、夜勤の有無、休日出勤があるかどうかでも大きく変わってきます。

しかし、残業や夜勤の有無、休日出勤は部署ごとに決まっているため、自分ではコントロールできません。

もしガッツリ稼ぎたいという人は、面接の時に、例えば「残業の多い職場が良い」と伝えると、残業の多い職場に配属されることもあるようです。

また、入寮すれば家賃や水道光熱費が無料もしくは格安で利用できるので、同じ400〜500万の年収の人と比べると自由に使えるお金は多いです。

自動車工場の仕事のやりがいとは?

自動車工場の仕事のやりがいとして、

  • 最先端のものづくりに関わることができる
  • プライベートの時間を確保できる

が挙げられます。

最先端のものづくりに関わることができる

自動車業界では、常に新技術を開発し、世の中を便利にしています。

自動車工場で働くということは、その一端を担っているということになります。

例えば、新機種のエンジンが開発された時、量産準備のためテストでライン上に流れてくることがあります。

そして、実際に作業を経験し、その時の状況を開発部門に伝えることで反映されたりします。

そんな時に「自分も最先端のものづくりに関わっている」と実感することができるのです。

プライベートの時間を確保できる

自動車工場では、日々の残業時間や休日出勤についてはあらかじめ決められています。

機械トラブルなどで、ラインが停止した場合は残業時間が伸びることがありますが、それでも残業時間の限度が決められているので、予定を立てやすいでしょう。

また、ゴールデンウィークやお盆、年末年始の休みは民間の企業よりも長く、9連休近くあります。

そのため、まとまった休みを利用して海外旅行に行く人も多いようです。

有給についても、全取得を推進されており、生産に影響が出なければ休みやすくなっています。

自動車工場の仕事の大変なこととは?

「自動車工場で働くのは大変」というイメージを持つ人は多いかと思います。

しかし、その大変さをあらかじめ知っておくことで、不安を軽減できます。

自動車工場の大変なことは、

  • 日勤と夜勤の不規則な勤務
  • 単調な作業の繰り返し
  • 夏の暑さ

の3つがよく現場から出てくる声です。

以下、詳しくご説明します。

日勤と夜勤の不規則な勤務

工場勤務をきっかけに初めて夜勤で働く人も多いと思います。

配属先にもよりますが、7割以上の人は夜勤勤務がある所に配属されるでしょう。

夜勤の勤務体系に慣れるかどうかは個人差があります。

体調を崩さないよう「日中は眠りづらいため、アイマスクをして寝る」など工夫して睡眠や食事に気を配る必要があります。

単調な作業

単調な作業を延々を繰り返していくため、仕事を覚えることができても、すぐに退屈に感じてしまいます。

考えごとをしたり、好きな歌を口ずさみながら作業をして気を紛らわせている人もいますが、品質の不具合を出してはいけないので、常に緊張感を持って作業に取り組む必要があります。

夏の暑さ

夏の工場は暑いです。

最近は、労働環境の改善が進められているところも増えてきましたが、まだまだ古い設備のままの工場も多いです。

熱中症予防のために、工場側もドリンクの補給や給水の時間をこまめに設けるなど配慮してくれます。

しかし、自分自身の体調管理は自分で気をつけなければなりません。

自動車工場の仕事はとにかく最初の一ヶ月が大変です。

同じ作業の繰り返しなので、手が痛くなったり、腰を痛めてしまったりする人も多くいます。

しかし、最初の一ヶ月を乗り越えれば、だんだんと慣れてきます。

まとめ

以上、「自動車工場で働くには?勉強しておくべきこと、必要なスキルなどを経験者が解説!」ということでまとめさせていただきました。

自動車工場で働こうかな、と思うきっかけは様々だと思います。

  • 現在の仕事の給料が低くてつらい
  • 将来やりたいことがあるけど、お金がないので諦めている
  • とにかく大手で働きたい!

など、色んな悩みや現状を変えたくて選択肢の1つとして考えているのではないでしょうか?

自動車工場は、給料も低くなく、プライベートの時間も確保できるので、資格取得やスキルアップにも励むことができます。

なんとなく入ったけど、労働条件が良くてそのまま正社員になったという人もいます。

この記事を読んで、「自動車工場で働いてみようかな。」と思うきっかけになっていただければ嬉しいです。

実際に自動車工場の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

自動車工場求人