自動車工場というのは、基本的に給与の面において好待遇を約束されているという印象が世の中にはあります。

ですが、実際の感覚では、これだけ働いたからちゃんとした対価を得るという、自信に満ち溢れた世界があるのも事実になります。

自分の実績を上げていくというその成果が、美しい自動車として、世の中を走り回っているのをみるのは、感無量です。

今回は、そんな自動車工場の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

自動車工場の仕事はどんな仕事?

自動車工場というのは、自動車の製品自体を作るところでもありますし、自動車自体の部品を作っているところでもあります。

この就業形態は、直雇用と、直雇用でない非正規雇用の現場であることがあります。

そして、自動車工業の全体で、さまざまな部品を扱うので、その生産体系の規模からして、傘下の自動車部品の下請け工場を地域に持つかたちになります。

また、自動車の部品としては、直接的な部品ではありませんが、自動車のガラスや、鉄板を作っているところも含まれますので、工業自体全域で、自動車部品を作っているかたちになります。

工場の仕事では、組立工程があり、部品工場でも組立ラインがあります。

組み立てる作業は、ラインと呼ばれるコンベアに乗ってくるものと、自身が動く場合と、両方が連結されたタイプがあります。

基本的に屋内での作業となり、その作業の閉鎖的な状況から工場内作業と呼ばれます。

きつさでいうと、きっちりと時間内で終わらせることは、労働者の義務とする意識が高いので、知的にも仕事の内容とその責任を理解していることは、自動車工場工員にとって、必須事項の重要箇所となります。

自動車工場の仕事内容

自動車工場では、組み立てラインや、部品組み立てラインとしての共同作業現場が基本となります。

組立作業が共同であるという事は、自身の他の人との連携により、作業者のひとりとして、作業に当たることが基本になります。

それは、共同の作業者としての心構えが必要になり、自分勝手な行動やミスが、同僚たちの作業の弊害となることがあります。

そして、その同僚に迷惑をかけないという意識付けを自身に行うことにより、周囲との連携・チームとしての意識・士気を高めあっていなくてはならないのです。

意識的に迷惑をかけないようにという努力は、同僚や会社だけに対してではなく、その主眼とするところの顧客に対してのことがメインであるべきです。

ライン作業

ライン作業というのは、コンベアや人の手を通して、流れ作業として、一連の組み立てを行う作業方法のことです。

つまり、自動的にもしくは人為的に流れてくる部品を、組付けたり、組み立てたりすることが、作業工員の仕事になり、そのミスのなさを決められたスピードをもって、果たさなくてはならない責任があります。

自分ひとりだけ遅れてしまうと、それが、生産ライン上の最終項目に引っかかることになり、生産自体が全部台無しになる可能性だってあるのです。

これは、もし、不良品として製品が世の中に出てしまえば、その製品のミスにより多大な被害を世の中にかける恐れを含むことになります。

それは、人為的な被害ではなくても、社会の不安を招くことであったり、その不良品製品の使用のしかたにより、顧客が人身的に被害が起こってしまうと、会社としての責任や、作業者の責任の所在を問われる結果となり、企業の社会的な宿命を物語る縮図があると言えます。

ピッキング作業

ピッキング作業というのは、自動車工場の中における輸送系の担当職になります。

自動車工場における部品数や、部品項目をその通りに、倉庫内物流担当として、運ぶのがその仕事になります。

専用ボックスから部品順に集めていきますので、順通りにならなければ、その製品を仕上げることはできません。

そのために、組み立てライン工員に対する、責務や完成品に対する責任は、とても重要なものとなります。

ピッキングと聞いて、そのピッキングスピードを自分で選べるわけでもなく、決められた時間通りに、きっちりと運ばなくてはなりません。

さまざまなトラブル対応もしなくてはならず、その部品の不備に関して、すぐに上長に報告する会社内義務を順守しなくてはなりません。

組付けた後で、完成品のほとんどに、違う部品が入っていたとすると、その完成品はオール不良品となります。

ですので、ピッキングをひとつでもミスなく仕上げるために、スピードとその確認事項に関して、マニュアルを完全に順守する責務があります。

塗装作業

塗装作業というのは、部品や製品の外観、内壁に塗装を仕上げる工程を言います。

通常スプレー類によって、塗装を仕上げますが、その塗装ムラに関しても、注意力が必要な事や、後の工程に問題にならないように、完全に仕上げることが必要になります。

もちろん、塗装作業もライン工程の中のひとつですので、時間に遅れることは許されません。

つまり、ライン・タイムにあわせて、完璧にすべての台数を完全な状態として塗装仕上げを行わなくてはならないのです。

そして、塗装作業自体が、ロボット化されていないところでは、健康面での留意も必要になり、塗装工という職能の重労働を意味することになります。

検査

検査といわれる職工は、最終的な検査工程や、ライン途中での途中検査とよばれる位置に属しています。

これは、途中での検査項目により、もし不良が摘出される場合に、すぐに上長に報告する義務があり、その検査の手順においてもしっかりとしたマニュアルがあります。

作業者は作業者自身の責任はありますが、検査工が検査を怠ったとしても、それ以上の製品に対する責任がかかるところです。

つまり、作業者の後の責任を一手に引き受けるところになりますので、しっかりとした性格で、眼がよく、五感の判断力と確かな基準で、検査を通過させなくてはなりません。

問題のある際には、上長から担当に指導してもらうように指示を促してもらうことも必要になります。

この検査工程でミスを放っておいたままにしておくと、最終的な顧客の製品に依る被害につながる可能性があります。

そして、その責任をかるはずみに見ておけば、昨今の企業ミスのような、社名に汚名を着せられる結果となり、社会的な信用不安をまねく事につながります。

検査工員は、責任をみずからに重要な事と理解する、ちゃんとした人でなくてはなりません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

自動車工場の仕事はどんな人に向いている?向いている人の4個の特徴とは?

車が好きな人

車が好きな人というのは、基本的に自動車工場の作業工員に多いと言われています。

車好きが高じてその職に就いたという人は、意外と多いです。

そのために、車に対する愛着も強く、そのほうが、作る責任というものを意識しやすいというかたちがあります。

つまり、顧客に完璧な製品を提供するという意味を、車に乗る喜びとして認識できる方が、向いているのです。

そして、ミスを犯したままに放置することが、自身の乗る車の不良品だっとして、それが、社会的な意味においても、その失望においてもあってはならないことと、理解することが先決になります。

車が好きというのは、そのかっこよさという面よりも、その安全性において、優れた製品を作るという使命につながれば正解です。

曲がったことが許せない人

曲がったことが許せない人というのは、自分にもきびしい性格をもっていたりします。

ですので、いわゆるチャラいという人には、この自動車工場工員は向いていません。

それより、堅物と言われるくらいの気質を若くしても持っている人の方が、有望と言われます。

それは、自分のミスを許せなかったり、仕事道としての、職能のプライドにかけてという、より自身のスキルを現場で実績をもって高めていくという人が、その自動車工場でのタイプになります。

そして、その仕事の結果、仕事の実績のリターンとして、その対価をもらうのです。

実直な人

実直であるというのは、真面目であるという意味とは少し違います。

作業場の小さなことに至るまで、マニュアルを順守するという真面目さの事です。

これは、浅いレベルで学歴があるという意味ではなく、根っからの真面目気質であり、冗談などを控えるような実直さを意味しています。

従業員同士での愉しい話もいいですが、仕事の時には仕事のみのことしか考えないという、作業のマスターとしての実直さのことを指しています。

厳しめな人

厳しめな人というのは、厳格であるという意味です。

厳格であるというのは、完璧な仕事士に多く、その為に、指導士としての力量を上げてくるタイプになります。

つまり、自分自身にも厳しく、その自身の経験上のことや、つらい経験などを乗り越えた人に見受けられる正確になります。

こういう人は、自分の大変な時のことも覚えているので、実は、きびしめに叱ったとしても、作業員のことも、すこしは判るよというタイプの人になります。

実際の自動車工場でのマニュアル順守は、一般的な企業のそれとは比べ物にならないくらい厳格なので、その責任を顧客の命を守るためと理解することが必要ですが、厳しいということは、自動車会社では人の命を守るという使命に燃えているのです。

自動車工場の仕事で活かせる資格

自動車工場は、未経験でもはいれる一つの職種になります。

ただし、資格があって実務経験があるような人では、工業・工場をどのように理解しているかの基本的な慣れがあります。

モノを加工するために使う資格

モノを加工するための資格は、溶接関連での資格経験があります。

ガス溶接技能講習修了者

ガス溶接における工程は、ほとんどの国内自動車工場で機械化されているので、実際はその用途は低いかたちになります。

プレス機械作業に関する資格

プレス機械においても、国内のほとんどの工場において、機械化されています。

まれに部品工場でプレスを使用することがありますが、マシン・オペレータとしては、特別に必要な資格はありません。

荷を運ぶために使う資格

物流では玉掛という作業資格がありますが、自動車工場の完全ライン化システムではさほど資格は要求されません。

かえって、自動車普通免許でも充分になります。

玉掛け技能講習修了者

自動車部品工場における、部品の搬入・搬出に使用したりします。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

キャリアアップとしては、やはり正社員への道が一番優れています。

これは、下請け工場の中にあっても、その受注に対する成果を入念に続けていく義務がありますので、自身の仕事の成果を自社の未来へとつなげる覚悟のあるひとは、正社員向きと言えます。

つまり、日々成長して、自身の仕事としても、顧客への責任や配慮の面においても、マスターと呼ばれるくらいであるなら、正社員の意識ありとみられます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

自動車工場を経験すると、これほどのきつい仕事はないだろうという、自信感がわいてくるものです。

つまり、どのような仕事にも仕事士としての努力を払う気概は生まれてきます。

ただ、途中で契約終了となった場合になると、満了で辞めなかったという理由を聞かれるので、注意が必要になります。

仕事士として、実直さと生真面目さ、そして社会人としてのマナーを学んだのであれば、ほかの仕事にも通じる世界はあります。

学歴があるのであれば、多職種への異動もある。

学歴というのは、言い方次第の世界です。

これは、どこどこの大学を出たという意味ではありません。

実際の自動車工場では、ほとんどの人たちが高校卒業資格でがんばっています。

ここでいう学歴というのは、自動車工場に勤めるかたわら、自分で一生懸命に勉強して、頭脳を鍛えた結果として、昇進する一つのスキルになることがありますし、もしくは、現場作業だけではなく他の作業場へ異動になることはあります。

まとめ

いかがでしたか?

自動車工場はきついという代名詞があります。

ただし、よく考えてみれば、ある程度の給料は保証される職種になりますので、生計を安定させたり、人生を盛り返したりする一つのきっかけとして選択できる仕事になります。

仕事自体がいくらきつくても、文句ひとついわない、自動車工場での世界観は、それから、連なっていく今後の人生においても、重要な経験値となりうると思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




自動車工場求人についてもっと深堀りした情報を見る

自動車工場で働くには?大変なことは何?必要なスキルや勉強しておくべきこともご紹介!

自動車工場で働きたいと思ったら、新卒での入社以外では期間従業員(以下、期間工)からの入社がほとんどです。期間工といえば、どのようなイメージを持っているでしょうか?もしかしたら、テレビなどで工場の様子を見たことがあり、なんとなくイメージはできているかもしれませんが、実際の現場についてはあまり知られていません。今回は、実際に期間工として働いている立場から、期間工で働くことについてのイメージをより具体的に持ってもらうためにお伝えしたいと思います。自動車工場の仕事ってどんな仕事?自動車工場の仕事は、車体やエンジンの製造、塗装、物流、加工、開発など多岐に渡ります。その中でも、期間工の仕事といえば、まずは

自動車工場の派遣が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適性とは?

「自動車工場の派遣の求人、どれも高時給だけどキツイんでしょ?」と思われる方も多いかもしれません。求人誌や転職サイトなどでよく目にする”自動車工場の派遣”の求人。興味はあるが仕事内容がよくわからないので応募するのをためらっている、という人も多いのでは?今回の記事ではまず、自動車工場での派遣の役割や仕事内容、求められるスキルといった基本的な情報をお伝えします。そして、実際に自動車工場の派遣になるための流れやどんな人が向いているのかなど知っておくと安心な情報まで詳しく説明していきます。自動車工場での派遣の役割は?まず、知っておいていただきたいのですが、自動車工業で働く人の雇用形態は3種類です。各自動