会社の方針に縛られることなく、ある程度自分の裁量で働きたい方には、派遣で働くというワークスタイルがあります。

ここでは、派遣として工場で働く時の2個の注意点とおすすめの工場仕事3選を説明しますね。

派遣として工場で働く時の2個の注意点

工場で働く際に、注意しなくてはならない派遣労働者のテーマがあります。

まず、派遣労働者と言えども、危険な労働には注意することです。

これは、給与が高くても、それなりに危険な箇所や部署があるので、そこで、身体を故障しないようにしなくてはなりません。

派遣労働においては、短期間の集中就業であったとしても、そのあとの人生に不釣り合いとなる体の不調引きずってはならないため、作業の安全マニュアルを徹底することを、社員クラスと同じようにしなくてはならないのです。

もう一つは、しっかりと、自分の自宅を持つようにならなくてはなりません。

自宅を持つことで自信を持ち、立派に社会人として生活していけるようになります。

これは、寮に入っていても、それに甘んじることなく、正社員登用を求めて働かなくてはならないということです。

危険箇所に注意する

危険個所というのは、工場内で指定されたものが必ずあります。

もしこれを守らなければ、人体に被害がある可能性はすでに指摘されているのです。

派遣労働とは言っても、そこで働く正規雇用の人と同じように、その作業マニュアル・安全マニュアルを守らなくてはなりません。

もし、それに違反した行為を続けていれば、一生の間、台無しになるような身体の不調を招くことがあるのです。

そこでは、指導された安全上の仕組みを、完璧にこなす努力をします。

製品を作るという仕事も大事ですが、それ以上に安全基準を守るという事は、工員として必須事項のはなしになります。

会社側としても、人体に破損のあるようなことは、避けようとします。

自宅通勤を所望する

自宅通勤を勧める理由は、2つあります。

これは、派遣労働でも自活することで、より働く意識を持ってもらおうとする会社側の意向になります。

もう一つは、自宅通勤として正社員に登用され、自活できるくらいの給与の中で、立派な社会人として、自立してほしいという思いがあります。

実際の工場労働における生産性というのは、意識的に生活基盤をしっかり営んでいる人の方が上がるという仕組みがあります。

会社側は、従業員費用を安く済ませるために、非正規雇用を雇っているのではなく、その就業体制の結果として、良い製品だけが生産されればよいという考え方なのです。

実際のデータでは、正社員クラスのほうが、よりよく生産性を向上できるという数字があります。

つまり、家計を立派に営んで、会社でも利益計算ができるくらいの人材であることは、工場労働環境には最適なのです。

おすすめの工場仕事3選

工場には比較的安定した産業というものがあります。

それは輸出産業です。

輸出自体は日本の地理的条件によって、常に仕事のある環境は続きます。

なので、日本内での中規模以下の産業による工場に入るよりも、輸出品目を生産している工場のほうが、安定した条件が揃っています。

派遣労働における工場労働は大手になれば、大規模工場がそろっています。

その大規模工場には、下請け工場もあり、その部材・部品を上位の工場に納品して生産体系を形作っています。

電気製品の工場

電気製品の向上は、家電を扱っているところと、電気製品の部品を作っているところがあり、実際のところ部品工場になれば、それがどんな製品になっているのか不明なことも多いです。

ただし、製品の部材製造といっても、納品上は完成品の為に時間内の納期を守らなくてはいけない仕事なので、作業は高スピードで約束を守ることにかけても、ほかの工場より徹したところがあります。

電気製品の工場に入るには、部品工場とだけの明示しか従業員は知らされないことが多く、完成品を作っているという意識はほとんど従業員にはありません。

ただし、その部品のひとつでも不良品扱いとなれば、完成品はできませんので、その意識と責任感覚が重要であると言えます。

重工業の工場

重工業とは、自動車工業・航空機工業・造船工業・大型機械を含む産業のことです。

これらの仕事は部材が重く、頑丈にできているので、基本的に腕力が必要になります。

ただし、作るスピードとしては、眼を疑うようなところがありますので、腕力と同時に体力と精神力が必要になります。

特に造船業では、その巨大な塊を作るのに、スピードと熟練工を要求されますので、技を磨いてくるころには、固定的に働く意思はないかと聞かれることがあります。

どこでも、実は非正規雇用ではなく、正社員登用を会社側のほうからも願っているのです。

食品の工場

食品工場は、衛生・清潔面での厳しい品質製造管理があり、その仕組みは身肌をきれいに保つことと、クリーンルームでの厳しい品質管理があります。

クリーンルームで働くのは、神経の作用として機敏に動かなくてはならない雰囲気があり、きめ細かなこころと精神力の必要なところになります。

派遣は正社員とどう違う?

派遣雇用というのは、会社自体の所属が違うかたちになります。

つまり、派遣会社に採用があり、それを経由して派遣型出向派遣社員という用法が正しい言い方になります。

正社員というのは会社の直雇用での正規の雇用です。

派遣出向先の事業体・工場の中では正社員と同じように指示をもらい、仕事をします。

正社員の雇用では、業務に直接関係のあるような箇所になり、一般的に派遣雇用では、業務との複合関係にあるような箇所で仕事をします。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

仕事の量も、責任も派遣雇用では、正社員とは変わりありません。

ただし、直接的な権限をもっているのは、派遣会社のほうになるので、指示の内容が会社から直接来る場合に、派遣会社からの指示も来る二重ケースがあります。

仕事の量としては、より重要な箇所を正社員の仕事が担当し、責任についても重い箇所を扱っているので、仕事の量というよりも、仕事の質にかわりがあります。

責任としては、同じ製品を作っている重大な箇所であることは変わりません。

ただし、人命に危害がありそうな箇所では派遣雇用社員は適当でないと、汲むのが工場内派遣雇用の常識になります。

仕事内容は変わる?

仕事内容は、工場のタイプにも依ります。

仕事の習熟や勉強度は正社員のほうがだんぜん上であることは言えます。

つまり、習熟度の必要な重要な箇所に正社員の仕事があります。

派遣雇用では、その新入の域での習熟度が優先されるので、いわゆる正社員は熟練工として、仕事をしていると言えます。

それぞれ求められるスキルは?

正社員に求められるスキルは、仕事以上の仕事をすることです。

派遣社員では、ミスなく仕事をしていれば、それで構わないという考え方があります。

しかし、昇進を目標にするのであれば、正社員としてのスキルは求められますし、昇進を目標にしない場合は、派遣雇用のままという考え方はあります。

収入面は?

収入面では、工場により差があります。

ですが、一般的に都市で働くオフィスワークより、収入は良いです。

そして、正社員であるなら、給与以外に賞与がもらえるところがあります。

派遣社員では、もちろんオフィスワークより収入のよいのが常識になり、賞与が付かないのが普通です。

なので、月給にすると、正社員と派遣社員では変わらないところもあります。

ですが、その際は賞与が違ってくるでしょう。

正社員

正社員では、基本的に仕事の査定は会社がします。

そのために、給与で満足するというかたちより、さらに上を目指すという働き方があります。

そのため、給与面で待遇が違うのは、その正社員としての努力という意味であり、派遣社員が固定給と残業で稼ぐのに比べて差があります。

派遣

派遣社員の仕組みでは、まず生活の安定を優先にというかたちで、寮が支給されていることろがあります。

そして、寮から送迎がついて、工場まで勤務に行くスタイルが定番です。

寮でない派遣雇用もありますが、工場周辺に自宅のある人たちがほとんどです。

つまり、遠隔地から出稼ぎに来る労働者は、基本的に派遣雇用にあずかるかたちになります。

正社員登用制度

派遣社員の人は、正社員登用があると事前に告知されていることがあります。

これは、派遣社員の就業形態が3年未満と法律で定められているためで、恒常の働き方が継続するのには、正社員になるしかチャンスはありません。

非正規雇用から正規雇用にチェンジすると、働き方や生活の意識が違ってきますので、そのままその工場の会社に踏みとどまって、立派に暮らしてく人たちがいます。

ただし、正社員登用制でも試験があり、派遣社員以上のハードワークをこなせるようになっていなくてはなりません。

よく格差社会と言われますが、そこで生き残っていくのには、やはり社会的生活の基盤として優秀である正社員を望むのが常識です。

派遣として工場で働くために他にも知っておきたいこと

派遣社員の一年以上勤務

派遣として工場で働くためには、正社員の人たちに対してのマナーや、適度な挨拶が常識であると言えます。

つまり品行方正であることは、工場の会社から見られますし、そのうえで、正社員登用の順番が回ってくるというものです。

工場とはいっても正社員たちは、立派なビジネスマンたちです。

そのため、言葉遣いや、丁寧な態度は随時管理職や他の正社員たちから見られています。

非正規雇用1年未満勤務

正社員へのあこがれは誰にもあります。

ですが、ただ仕事ができるだけではだめで、頭脳が優秀であることは必須事項になります。

これは、小・中・高校の知識があれば充分なのですが、一般的に非正規雇用を受けている人たちは、学歴があったとしても、義務教育で教わった基本的な学識がありません。

正社員登用の試験を受ける際は、中学・高校の勉強を思い出して、復習するのが手っ取り早いやり方になります。

仕事ができるだけでは、正社員から管理職を目標にされることはありません。

そこでは、頭脳と知識が要求され、とくに改善という問題については、自身の生活と現場のやり方自体を率先して変えていく力が必要なのです。

非正規雇用から脱するには、自分の事だけではなく、ほかの従業員や会社のやり方自体をよく見ておくことと、改善案をたくさん抱えていることが、秘訣となっています。

派遣として工場で働くメリット

派遣として工場で働くメリットは、働き方として、アルバイトと社員クラスの仕事の中間であることです。

これは、アルバイト状態の雇用形態からステップアップするチャンスであり、自分の収入体系を変えていこうとする努力のことになります。

いきなり正社員として面接志願できない場合は、社員登用の現場を選んで、派遣雇用からスタートする方が、経験を積めるという点では、実績あるステップアップとなります。

正社員登用のチャンスを受諾

正社員としての採用を考えていると、社員から言われると、有頂天になる感触がありますが、それと同時に、それはこの会社で骨をうずめるという意味にもとらえられます。

そして、将来の生活が保障されると同時に、派遣並みの仕事じゃ通用しないと、葉っぱをかけられ後ろから押される感触がするものです。

つまり、派遣社員よりも、厳しい世界が正社員の中にはあります。

また、異動に関しても派遣雇用にそれがないのに対して、会社の要求に関しては逆らう事項がないのが正社員です。

つまり、自分の人生としての働きと、自分の将来への保障という点で、少しは心が動きます。

その意味は、会社員になるということは、自分のための何かを捨てて、世の中の為に働くという意識改革が起こるということになります。

派遣従業者を経験

派遣労働では、固定された職場でも多少不安定なことはあります。

例えば、自分は利便性の高い道具にすぎないんだと思う事もままあります。

ですが、派遣でないと自分のしたい仕事ができないと考える人は、ステップアップのために派遣労働を選んで、自身での夢を追いかけていくという働き方もできるのです。

ここは天秤にかけるのか、それとも仕事を学ぶために派遣をやっているのかと、自問自答にかかるのが派遣社員です。

ですが、純粋にお金の為に働いている方も派遣社員には該当します。

自分のしたいことの為に、今だけ派遣をやっているという考え方もできます。

その点ではメリットがあります。

工場の派遣として働くデメリット

工場の派遣として働くデメリットとしては、やはり一般並みの給与体系であったとしても、将来への不安を払しょくできないことにあります。

これは、将来に向かって安定した生活を手に入れるという世人が誰しも思うようなことから、阻害されているという閉塞感を産みます。

自分なりに合点がいくように、認識していても、正社員の人を見れば、それをうらやむ世界はあるのです。

そして、そのために、生活の基盤を失いそうな不安にかられることがあります。

正社員になれればと思うあまり辛い涙を流すこともあるでしょう。

ただし、努力は必ず報われると信じてください。

デメリット:1 交通費が工面できない

社員クラスになると交通費が普通に手当として入っているのに、派遣では交通費支給がないところが多いです。

ですので、月給計算として全体量ですると、働いても出ていく分が大きくなっているというのが、派遣社員の実態です。

デメリット:2 手当が少ない

社員クラスになると、さまざまな手当の名称があります。

しかし派遣雇用では実務の時間給プラスに残業手当・休日出勤手当のみになります。

そのため総支給として負け組である意識は強くなってしまいます。

ただし、非正規でも工場の派遣では、普通より多めにもらっているのです。

ただ、上ばかりを見ていては閉塞感にふさがれてしまうので、あえて上を目指そうと仕事に励んでください。

まとめ

派遣という言葉は正確には派遣雇用形態といいます。

これは、派遣法という法律のもとに施行されている仕組みです。

かつては、企業の調整弁とする言い草もありました。

ただし、日本の産業を支えているという点では、働き手として正社員と同じくらい重要な人材なのです。

会社の仕組みで派遣雇用になっているという、現代の仕組みをいいようにとらえ、チャンスと考えるか、それとも閉塞感のままであるのかは、個人の選択と自由です。

実際に工場の派遣の仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

工場派遣求人