工場派遣の人

今回は、工場の派遣についてお伝えしたいと思います!さあ何か給料のいい仕事を探そう!また、短期でガッツリ稼ぎたい!という人なら、一度は目に留まるであろう「工場派遣求人」。

短期間で効率よく稼ぐことが出来て、なおかつ短期の場合も多く、条件には十分見合うんだけど、なかなか一歩前に足が出ないという方も多いのでは?その理由は様々ですが、工場作業といえば作業がハードなイメージもありますし、特殊な作業になるので、躊躇してしまうこともありますよね。

そこで今回は、工場派遣求人のあれこれを紹介したいと思います。

これであなたも最初の一歩を踏み出すことができるかもしれません。

工場の派遣はどんな仕事?

工場のお仕事には沢山の種類があり、派遣元の会社に相談すれば、自分のスキルや経験に合った仕事をピックアップして選ぶことができます。

また、そういった経験の少ない方でも、作業的に難しくないものも中にはあるので、やる気さえあれば、どんな人でもチャレンジが可能なのが、この工場の派遣の仕事です。

昇給を望むのは厳しいかもしれませんが、ある程度の経験さえ積む事が出来れば、契約終了後に給料のいい他の工場派遣でも勤める事も可能です。

工場の派遣の大まかな仕事内容

工場でフォークリフトを扱う

工場の派遣といえば、検査・非破壊検査等の業務、梱包、製造機械オペレーター、運搬・組み立てや物流関係の仕事が挙げられます。

製造業の場合、テレビのような精密機械から、船や車といった乗り物を、流れ作業の要領で、担当の作業を担うといった形になります。

また、食品加工業の流れ作業なども代表的な工場派遣のひとつとなります。

基本的には、流れ作業が主となりますが、そんな大事な工程の作業の一つを担うという事で、お給料もしっかり頂けます。

職場に人間関係はありますが、営業や販売のような接客業の要素があまりないので、自分の持ち場をしっかりこなしていれば、スムーズに仕事が運びます。

工場派遣の派遣はこんな人に向いている!

工場派遣の仕事は、特殊な資格などが必要ではない限り、今まで就業経験のある人なら就業可能です。

お客様と話をしたり、デスクワークをする事は少ないので、身体を動かして仕事をしたい人、また、器用な人であれば問題なく仕事をこなすことができます。

工程によっては長時間単純作業をし続ける場合もあるので、そういった作業があまり苦にならない人が向いています。

手先が器用な人

手先が器用な人は、流れ作業の工程を正確に素早くこなす要素がありますので、こういった工場派遣には向いています。

器用さに自信のない人でも、作業を合理的にこなす思考力があれば、時間を費やすほどに作業もスムーズにこなすことが出来るようになるでしょう。

体力に自信がある人

工場派遣の中には、歩き回ったり、力作業などが必要になる場合が多く、体力に自信がある人は適応が早いでしょう。

繁忙期などは残業が発生する可能性もあります。

その場合、長時間立ち仕事をするようなことにもなりかねません。

体力に自信のない人は、事前に派遣元の会社に相談しましょう。

比較的体力を使わない仕事を紹介してもらえる可能性もあります。

工場派遣が向いている人の特徴は、こちらの記事も参考に!

工場の派遣でよくある募集内容とは?

工場の派遣でよくある募集内容はこちら!

工場の派遣でよくある募集内容をご紹介します。

工場の派遣は、日本全国に求人があり、どの地域でも見つけることが出来ます。

全国の工場派遣の求人で多いのが、車・バイクの部品の製造業です。

各メーカーの工場が全国にあり、年中求人を見つけることが出来ます。

その他には、ロボットの部品製造や、医療機器製造、小型部品の製造、女性が対象の倉庫内作業など、さまざまです。

期間は、3か月を境に、それ以上の長期勤務が可能な人を募集しているところも多くあります。

では、それぞれの時給の相場はどのようになっているのでしょうか?

時給相場

給与体系は、日給制と時給制、月給制に分かれます。

気になる時給ですが、平均して1000円は超えてくるイメージになります。

日給では1万円前後のお仕事が多いです。

残業などがある求人もありますので、そういったお仕事を選べば、さらに給料を見込むことが出来ます。

ですので、出来るだけ稼ぎたい人は、繁忙期に入っている工場を選ぶことがおすすめです。

シフトの入れ具合

仕事のシフトについては、各工場によって変わりますが、平日稼働は必須の工場がほとんどになります。

中には繁忙期に差し掛かり、土日祝の出勤が求められる職場もあります。

夜勤がある工場の場合は、2交代、もしくは3交代制となり、夜勤勤務に入らなければならない場合もありますので、応募する際は注意が必要です。

求められる人物像

工場内での作業になりますので、適性などはあるかと思いますが、求人広告には会社側も「求められる人物像」というものを掲載している所が少ないです。

そこで、工場勤務に向いていると思われる人物像をいくつか挙げてみたいと思います。

集中力が持続する人

工場内作業は、ひとりでその工程を担う事もあれば、数人で担う事もあります。

基本的に、集中力が持続する人に向いていると言えるでしょう。

言葉を変えると、集中力の緩急がポイントになります。

もちろん、1日中の作業となりますので、集中するところは集中する、そしてしっかり神経を休める場も必要になります。

寡黙な人

寡黙な人なら、工場作業は苦にならないと思われます。

なぜなら、工場作業では人と話すことが、業務以外では必要ないことが多いからです。

かといって、休憩中などはリフレッシュもかねて人とコミュニケーションを取ることをお勧めします。

いかに休憩時間にリフレッシュするかは、作業効率にも影響するからです。

必要なスキルや資格、経験

資格や経験があることで、メリットが4つあります。

  • 1.資格手当が付き、給料が上がる。
  • 2.仕事の選択肢が増える。
  • 3.キャリアアップができる。
  • 4.幅が広がるので、転職がし易い。

必要な資格や経験は、派遣先の工場によって異なりますが、あれば便利な資格もたくさんあります。

例えば、工場作業でよく使う「クレーン」「フォークリフト」の免許。

これがあればさらに一つ上の作業をこなせます。

加工作業であれば、「溶接作業者」の資格、また、「危険物取扱資格者」なども有名です。

効率よく作業し、キャリアアップすることも考えれば、資格を取得する事は、賢い選択肢となります。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

どんな仕事をしていても、やはり気になるのが正社員と派遣社員の違い。

有期社員と正社員では、待遇面などが違ってくるのでしょうか?もちろんですが、派遣社員は期間が定められており、その期限以降、契約を更新する必要があります。

対して正社員は、その会社によって守られているので、期限などはありません。

また、一概には言えませんが、たいていは仕事に対する責任の違いもあります。

また、作業は同じでも待遇面が違う場合もあります。

もう一つは、定期的に賞与が付くかどうかになります。

正社員はいわゆるボーナスが付きますが、派遣社員は賞与がつきません。

しかしその分月々の給料が良かったりします。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

もちろん、正社員の方が責任を問われる立場になります。

しかし、仕事量はそんなに変わらない場合が多いと思われます。

近年、有期社員と正社員の仕事の量はさほど変わらなくなってきています。

ですが例外を除き、工場作業では、工程の管理や責任のある作業は、正社員が管理する形になるでしょう。

仕事内容は変わる?

もちろん、工場の工程管理となれば、仕事内容は若干違ってきます。

しかしながら、工程の中での作業は、派遣社員も契約社員も、正社員も同じ作業内容をこなす場合が多いです。

大人数でその工程を回している工場では、正社員を補助する形で派遣社員が投入されますが、中には正社員より仕事をこなす派遣社員も居たりします。

待遇面に影響はないかもしれませんが、今後の契約更新などを考えると、いい評価を得たいところですね。

それぞれ求められるスキルは?

派遣社員が求められるスキルは、正社員に比べるとハードルが低いものになりますが、まずは一般的な工場作業をこなすことを求められると思っておいた方がいいです。

後々に必要な資格取得などを打診される可能性もあります。

収入面は?

請け負う仕事や内容、また資格の有無によって収入は変わってきます。

資格はあったほうが収入面では期待できますが、残業代などを考えると工場作業は稼ぐことが出来ます。

正社員

正社員は責任がある分、年二回の賞与(ボーナス)があるので、月々の給料はさほど高くない場合があります。

派遣

派遣社員には賞与がありませんが、その分月々の給料が正社員よりも高い場合があります。

資格手当などでさらに給料アップを狙いたいところです。

バイト

バイトになりますと、給料面ではあまり期待はできないかもしれません。

期間契約などもないので、高給を狙うなら派遣か契約社員がいいでしょう。

工場の派遣になるために他にも知っておきたいこと

暑さ、寒さ対策は万全に

工場のイメージはどんなものをお持ちですか?夏は焼けるように暑く、冬は凍るほど寒いなんて工場もよくあります。

暑さと寒さ対策は、作業をする上で大切になりますのでしっかり行いましょう。

最近は作業着ショップやホームセンターで、秀逸な防寒具などが安く販売されているので、必要であれば購入しましょう。

残業代が出ない場合もあるので確認が必要

勤務する工場によっては、残業代が出ない!なんてことも考えられます。

もちろん、こういったケースは稀ですが、実際にあったりします。

就業契約前に、大事な契約内容を確認することをお勧めします。

大事なお給料の事なので、給与明細はしっかり確認し、残業代が付いているか、なければ会社側と相談することが先決です。

自分にあった工場派遣の求人の選び方や注意点

工場派遣には多種多様な求人があります。

自分に合ったものを選びましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態には契約社員、派遣社員、アルバイトがあります。

待遇も若干の違いがあり、どれも責任をもって期間をこなさなければなりません。

必要な用途に沿って、自分に合った形態を選びましょう。

【選び方②】職種から探す

職種には沢山の種類がありますが、会社の条件と自分の直感なども駆使して、自分に合った仕事を見つけましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

勤める会社がどんな会社なのかを知る事も、選び方のひとつとなります。

同じ自動車業界でも、沢山の業態があります。

これを基準に、自分に合った職場を選択することも可能です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

大事な雇用形態と給与。

ここを重視する人は、出来るだけ手当の付くような仕事を選ぶと間違いありません。

【選び方⑤】エリアから考える

勤務地なども、必要な選択肢の一つとなります。

工場作業は主に地方などに多いですが、家の近所に勤めたい人も、近所のエリアから求人検索してみて下さい。

工場の派遣で働くメリット

工場の派遣で働くメリットはたくさんあります。

短期でガッツリ稼ぎたい人はもちろん、製造業を極めていきたい人にもいい経験になります。

未経験でも仕事に就きやすく、高収入も可能

作業自体が簡単なものが多いので、未経験でも仕事に就きやすく、なおかつ給料や待遇がいい所が多いです。

共同作業の大切さを学べる

一人で黙々と作業をする場合でも、やはり工程全体のチームワークは欠かせません。

共同作業で結果を出すことがいかに大切かを学ぶことが出来ます。

色んな人との出会いがある

全国津々浦々、いろんなところから人が集まる工場派遣。

みんなそれぞれ事情があり、個性が強いです。

この人たちとの出会いがいい勉強になり、いい出会いとなります。

工場の派遣で働くデメリット

工場で働くデメリットは、目的が短期でガッツリ稼ぐのが目的な人ならあまり感じないかもしれませんが、勤務する場所によっては、デメリットを感じる場面も出てくる可能性があります。

スキルが身につかない

単純作業を毎日要求される職場であれば、次の仕事につながるようなスキルを身に着けるのは難しいでしょう。

しかしその分、空いた時間を資格取得に向ける手もあります!

派遣切りされやすい

最近問題になっている「派遣切り」。

工場の仕事の受注状況からすると、仕事を切られる可能性も捨てきれません。

しっかり見極めて応募したいところです。

まとめ

工場派遣は、短期でガッツリ稼ぐにはいい職場です。

もちろんメリットやデメリットはありますが、仕事だけでなく、出会う人々も個性的で、友人が出来る事もあります。

就業前には、派遣の契約内容をしっかり確認して、残業代が出ないなんてことが無いように、しっかり自分の身を守りましょう!

派遣として工場で働く時は、こちらの記事も参考に!


関連キーワード

工場求人 派遣求人