工場勤務は高時給とよく聞きますが、派遣の工場時給の相場はどれくらいなのか?

また、時給を上げる為にやるべきことなど、工場勤務をする上で気になるお金の事情についてご紹介いたします。

工場派遣の時給相場はどのくらい?

工場の時給は基本的に高給となります。

そんな工場勤務の派遣について、長期や短期の給与相場、また、福利厚生についてご紹介します。

長期派遣

長期の派遣の場合はステップアップ式で時給が上がる仕組みが多いです。

例えば、勤務して3ヶ月経ったら昇給や、役職が上がったら昇給など、通常のサラリーマンの昇給スタイルとほとんど変わりません。

ただし派遣という点で考えて、通常のサラリーマンと違うところは、役職がついて昇格した際は、大抵の場合直雇用のお誘いがあります。

派遣元としてもそれだけ優秀な人材は手元に残しておきたいもの。

また、高い派遣料を支払うよりその分を直接従業員に反映した方が安上がりですし、従業員側としても直雇用になり雇用が安定する上に時給も上がるので、お互いにメリットしかありません。

自由なスタイルで働きたい、事情があり派遣のままで働きたいという理由がない限り、直雇用のお誘いを断る人はいないでしょう。

単発派遣

単発の短期の派遣の場合、特別手当がつくケースが多くあります。

そもそも短期の雇用となると、その多くが繁忙期となります。

その為通常の業務より多忙となるケースが多く、その分時給が若干上がるか、若しくは特別手当として上乗せで給与につけるかなどして、多忙な分を補填します。

とはいえ、こちらも長期と同じく優秀な従業員であれば、短期の期間満了のタイミングで直雇用のお誘いはあります。

もしその職場が気に入ったのであれば、そのまま直雇用のお誘いに乗るのが賢明でしょう。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

基本の時給以外はどのようになっているのか。

派遣で働く場合の福利厚生についてご説明いたします。

交通費

交通費については、派遣会社によってかなり事情が異なってきます。

求人の表記では「交通費は時給に含まれています」なんてごまかした言い方をするところもありますが、それは単純に交通費がつかないことを意味しています。

交通費の分、時給が上がるなどのケースはほとんどありません。

住宅手当(寮費等)

都会から離れた遠方の地域だとよくあるケースなのですが、交通機関や地域性の事情から、会社が用意した社宅や寮があるケースが工場勤務の場合はよくあります。

その際には住宅手当として別途支払われるというより、家賃タダなどのケースが多くなります。

ただし、その場合に気をつけなければいけないのが、ひそかに時給を下げられているケースです。

これもよくある話なのですが、表向きは「社宅寮の家賃タダ!」と謳っている求人でも、実は社宅に住まないと時給が若干高くなっているケースもあります。

つまり、家賃がタダの代わりに、時給が少し低くなっていることがあるのです。

わざわざそんなネガティブな事情を自分から言う会社はほとんどありませんので、いいように騙されないように注意してください。

食事手当

工場や寮によっては社員食堂があるところがあり、そういったところでは食事手当がつくケースもあります。

その場合は、自分で自炊するのとほとんど変わらない食費で豪華な社食を食べられることも多いので、そういった設備がある場合は有効に活用していきましょう。

皆勤手当

派遣会社によっては皆勤手当をつけているところもあります。

とはいえせいぜい5千円から1万円などが相場ですし、もらえたとしても1年単位や最初の3ヶ月だけなどの為、「もらえたらラッキー」程度に考えておきましょう。

その他福利厚生

派遣会社の場合、ほとんどが福利厚生がしっかりしていて、有給や健康保険などは揃っている会社がほとんどです。

というのも、派遣会社としても優良な会社を目指し、会社の印象を良くして集客したい為、そういったところは最低限整っている会社しか派遣業をしていない、といっても過言ではないでしょう。

さらに言ってしまえば、福利厚生がしっかりしてない派遣会社には今の時代、まず登録する人はいません。

もはやそこは最低基準とも言えますので、福利厚生がつかないといった不安を持つことはないでしょう。

給与が高い人は何が違うの?

派遣で工場勤務をする人の中で、数名は時給が他の人より高い人達がいます。

そこにはどういった違いがあるのでしょうか。

ご説明していきます。

スキル

入社する前から元々経験がある、資格を持っている等、即戦力としてすでに能力を持っている人に関しては、初めから時給が高く設定されていることがよくあります。

やはり工場としても、経験者や有資格者で即戦力を求めている企業が多い為、そこは考慮され時給を少し高めに設定されることはよくあります。

役職

何かの役職に昇格した際に時給が上がるケースは当然のようにありますが、前項でも述べた通り、昇格して役職がつくころには、工場からも信頼を得られている状況ですので、ほとんどのケースで直雇用のお誘いがきます。

結果直雇用になればほとんどのケースで時給が上がる為、同じ仕事で給料が上がるならと、このタイミングで直雇用に切り替える人は多いです。

勤続年数

勤続年数で時給が上がることはありますが、こちらに関しては上がったとしてもスズメの涙ほどです。

というのも現代では派遣法が変わり、派遣スタッフは同じ場所で3年以上勤務できないといった法律ができました。

その為派遣として働くなら最長でも3年までで、そこから先は別の現場に異動するか、直雇用に切り替えるかのどちらかとなります。

その為現代の派遣の場合、勤続年数で時給を上げるといった形式をとるところは少ないです。

地域

地域によって物価や家賃相場などが違う為、同じ会社、同じ仕事内容でも時給に差が出ることは当然あります。

大きいところで時給が100円以上差が出るところもありますが、逆に田舎であればあるほど、社宅によって家賃をタダにするといった運用をとっているところも多い為、一概に都会であればあるほど稼げるとは言い切れません。

工場派遣の時給の決まり方

工場派遣の場合、時給の決まり方としてみられるのは、まずそれぞれの地域相場と職種の相場でしょう。

結局のところ、派遣スタッフにいくら支払うか決めるのは派遣会社であり、利益率を考え、クライアントである工場からいくらの時給単価で報酬をもらうかは派遣会社によって違う為、同じ会社、同じ仕事内容でも派遣会社によってその時給には差があります。

その為「ここの現場で働きたい!」という仕事が見つかったとしても、その段階でまだ派遣会社に登録してないのであれば、同じ仕事内容で他の派遣の相場を調べると良いでしょう。

実際に働いてみて自分の時給が他の人より低ければ、入社前に調べなかったことを後悔するはめになります。

工場派遣で時給をあげるためにやるべき3個のこと

工場勤務の派遣で時給を上げる方法はいくつかあります。

ここからは時給を上げる方法についていくつかご紹介していきましょう。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

まずはしっかりとした実績を築くこと。

それがないと時給交渉の土台の上にも上がれない為、まずはそこからです。

その上で自分の働きぶりが他の人より秀でているのであれば、派遣会社と交渉してみるのもよいでしょう。

派遣会社も優秀な人材であれば、なるべく直雇用にならないように手元に置いておきたいと考えます。

特に昇格の話が出てきたタイミングがベストな為、もし昇格の話が出て直雇用の話が出たのであれば、派遣会社と交渉してみる絶好のチャンスです。

スキルアップを図る

工場によってはある一定のスキルが付与された段階で、時給が上がるように設定されているところも多い為、スキルアップを図って時給アップを目指すのは有効な手段でしょう。

思い切って転職する

今の工場で時給と仕事内容が割に合わないと感じるのであれば、思い切って現場を変えてみるのも一つの手です。

その場合気をつけることがいくつかあるのでご説明いたします。

転職先の選び方1:なるべく同じ派遣会社で別の現場を探す

別の派遣会社に変えてしまうと、せっかく付与されていた有給や社会保険などが全てリセットされてしまいます。

履歴書としてもあまり印象の良くない履歴が残ってしまう為、同じく派遣で仕事を変えるのであれば、なるべく同じ派遣会社に仕事を紹介してもらうのがベターでしょう。

転職先の選び方2:前回の経験を武器に交渉する

どうせ現場を変えるのであれば、以前より時給が高いところで働きたいものです。

少なくとも以前の時給よりは下げたくないですよね。

そんな時は現場を変えるタイミングで、派遣会社と交渉してみるとよいでしょう。

現場によっては本来設定している時給より以前の現場の時給の方が高いようなら、以前の時給に合わせて同じにしてくれる、上手くいけば上げてくれることもあります。

派遣とはいえ現場によっては年単位で働く為、時給を上げられるタイミングがあるのでしたら、是非とも派遣会社と交渉してみてください。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

私が経験した話、もしくは同僚や先輩が経験した話から時給が実際に上がったケースをいくつかご紹介致します。

研修期間終了時

これは多くの現場で採用されている運用方法ですが、基本的に3ヶ月経過した段階で時給を上げてくれるところは多いです。

これに関しては、求人の段階で掲示している条件の為、事前に把握した上で働けるケースがほとんどでしょう。

資格を取得する

それぞれの現場で使う資格を取得した段階で、時給が上がったり資格手当がついたりするケースは少なくありません。

もしそういった方針があり、その費用を会社が負担してくれるのであれば、その資格を取得しておいて損はないでしょう。

マルチスキルを身につける

稀にあるケースですが、基本的には一つのポジションで長く働くケースが多いものの、例えば欠勤や退職が出た際に臨機応変に対応できるように、マルチスキルの人材を育成する方針をとっている現場もあります。

そんな場合は、いくつかの現場を渡り歩いた段階で、その経験の分だけ時給を上げてくれたケースもありました。

派遣から直接雇用になることはあるの?

前項でも述べましたが、役職がついた段階で直雇用のお誘いが来るケースはかなりの割合であります。

その他に直雇用のお誘いがあるとすれば、短期契約で働いたものの仕事ぶりが優秀だった為直雇用に切り替えるケースや、役職はつかないものの一般スタッフとしての能力が優秀な為直雇用に誘われたりなど、結局のところ優秀な人材であればあるほど、直雇用のを誘いはかなり高い確率であります。

また派遣先のクライアントとしても、全く素行の知らない人を新しく雇うより、優秀だとわかっていて既に教育済みの人材を雇いたいと思うのは自然な流れです。

もし派遣を卒業して定職に就きたいのであれば、派遣だからと適当な仕事はせず、まじめに向上心を持って仕事に取り組むことをおススメします。

この働き方は、こんな人におすすめ!

ここまでは派遣に焦点を絞って話してきましたが、最後にその他の雇用形態についても、おススメなケースをご紹介します。

正社員

定職に就きたい。

一つの場所で長く働いていきたい。

他の職種には興味がない。

そういった方は当然の話ですが、正社員を目指して働くとよいでしょう。

懸念点としては一度正社員で雇用されると責任が増える為、簡単には辞められなくなるといったデメリットがありますが、そもそももう辞めるつもりがないのであれば、このデメリットは事実上存在しなくなります。

結婚して家族がいる方は、家のローンを組む際にも正社員の方がローンが通りやすいなどのメリットもある為、腰を据えるのであれば正社員を目指すことをおススメします。

契約社員

あまり責任は背負いたくない。

そんなに給与が高くなくてもいいから、程よい立ち位置で働きたいというのであれば、契約社員の立ち位置が丁度よいでしょう。

デメリットとしては半年や3ヶ月スパンの契約を交わす為、会社からしたら都合のいいところで契約終了にできるといった点です。

とはいえ今の時代、契約社員もほとんど正社員と同じ扱いをする企業も多い為、一人暮らしをしている内は契約社員でも不自由をすることはないでしょう。

アルバイト

興味のある仕事を体験してみたい。

副業としてなにか働きたいといった理由の場合は、アルバイトが最も都合が良いでしょう。

時間やシフトについても直接就労先と交渉出来る為、とにかく都合がつけやすいです。

派遣

一人暮らしの段階で、自分の自由なスタイルで同じスキルを活かして働きたいという場合は、派遣が最も適していると言えます。

アルバイトと違うところは、社会保険がしっかりしていて、尚且つ派遣先の契約が終了したとしても、同じスキルを活かして有給や社会保険を継続させつつ、他の現場で働けるといったメリットがあります。

世間一般では派遣といった立場はあまり良くは思われませんが、自分のスタイルで自分の好きなように働きたいのであれば、派遣といったスタイルも決して悪い選択ではないでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

工場での派遣として働くメリットやデメリット、時給の仕組みについて詳しくご説明してきましたが、参考になりましたでしょうか?

もし派遣で工場で働く事に興味を持たれたのであれば、上記の情報を活用して自分にあったスタイルで働いてみてください。


関連キーワード

工場派遣求人

工場求人についてもっと深堀りした情報を見る

工場作業員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「工場作業員」というと大変そうなイメージがありますよね。会社によっては危険物を取り扱っていたり、重量物を扱っている場合もあります。そんな工場での仕事、実は私達の生活に深く携わっているとっても身近な仕事なんです。私達の着ている服や乗っている車、食べ物やたくさんの物。そんな、ありとあらゆる物が工場で作られています。工場作業員の仕事に興味を持った方、これから工場で作業員として働いてみたい方へ、工場作業員の求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。工場作業員のおおまかな仕事内容皆さんは工場の仕事というと、どういうイメージをお持ちでしょうか?工場作業員といっても、会

工場軽作業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場と言っても色々な種類の工場があります。ここでは、そうした工場の中でも特に軽作業を必要とする工場の求人についてご紹介したいと思います。工場の軽作業のおおまかな仕事内容工場内軽作業の仕事内容と募集方法工場における軽作業とは、どのようなものがあるのかをご紹介します。多くは、人手を必要とする簡単な仕事になります。例えば、「成形品のバリ取り」「ライン上での簡単な加工」「ライン上での選別作業」等が主な内容になります。このような作業を募集される場合には、「工場内軽作業募集」というような表題で募集が掲載されている場合が殆どです。多くの募集広告では「派遣会社」が募集しているケースが目立ちます。いわゆる「製造

工場の正社員求人の人気職種10選。やりがいがあるものから稼げる仕事まで!

ここでは、日本経済のエンジンである「工場」で正社員として働く場合、その工場の求人に対する人気職を10職種をご紹介します。とある研究所の発表では、一般家庭内のほぼ95%以上が何らかの「工場」で生産された物品にあふれているという結果も出ています。さらに今やインターネット通販なども活発化され、サーボス分野における工場も「配送工場」としてその存在意義が見直しされてきています。しかし、単に人気がある、つまり、応募数が多いだけで判断できないのがこの職種になります。応募者はそれぞれ自分にとって「ピン~!」と来る何かを必ず持っています。それが「やりがいを感じられそう」なのか、「給与が高くなりそう」なのか、また

工場への転職を成功させるためにやるべき3つのことや狙い目の工場、上手な転職方法を解説します

既に何らかの工場に勤務しているが別の工場へ転職をしたいと言う人のために、工場への転職についていろいろな側面から参考になる情報やアドバイスを行いたいと思います。転職について心の中で既に決めている人はもちろん、決めかねている人たちの為にも参考になればと思います。工場への転職を成功させるためにやるべき3つのこと転職するに際して、転職先での成功を期することは誰しも転職希望者であれば考えることです。そこでここでは転職して成功するためのキーワードやそれに基づいて行うべき事を3つに分けて紹介したいと思います。前職を引きずらないどのような職でもそうですが、前職を引きずっている人を良く見かけます。つまり、「前職

工場仕分け求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

タイトルとしては「工場仕分け」としましたが、作業場は工場併設の他に運送会社やアパレル関係の倉庫などもあるので、仕分けバイトは工場に限った話ではありません。仕事内容も、場所の違いでやることが大きく変わるわけではないので、併せて解説します。工場仕分けバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕分け作業にはピッキングと軽めの検品の作業があります。ピッキングは、指示内容通りに倉庫内を移動して、決められた箱に決められた物を納めていく仕事です。アナログな場合は納品書を見ながら行い、少しハイテクなところだとインカムで自動音声による指示がなされるため、それ通りに動きます。検品は、検品専門のバイトが別にあって

惣菜工場求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

惣菜と言うと家庭でお母さんが作るおかずのイメージではありませんか?和惣菜、洋惣菜、中華惣菜・・・それらを作る工場が惣菜工場です。スーパーやコンビニ、デパ地下でパックに詰められて販売されていたり、対面で量り売りされていますね。最近は「食」に対する世の中の関心が高く、アレルギー問題や原材料の産地偽造問題、賞味・消費期限改ざんのことなどさまざまなニュースが飛び交います。利益を追求するあまり、ルール違反をする業者が存在することは怒りを感じます。けれど、本当に「おいしいものを食卓に届けたい」「安全で安心な食品を作りたい」と真摯に商品を作り続けている人たちがいることも忘れてはならない事実。そういう人たちの

工場検査の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

工場の検品作業というと、単調な作業で退屈しそうなもの。ですが検品作業は商品点検の最後の要です。今回はそんな責任のある検品作業の仕事は、どんな人であれば向いているのか、その向き不向きについてご紹介いたします。工場検査ってどんな仕事?工場の検品作業とは、基本的には流れて来た商品に傷や不具合がないか点検する作業となります。作業こそは単調なものの、出荷する前の最後の点検となる為、非常に重要な作業となります。というのも、ここで不良品を流してしまうと、そのまま消費者に渡ってしまい、会社の信用を著しく落としてしまうことになるからです。出荷する商品によっては、些細な不具合が重大な事故を招く恐れもある為、製造す

工場日払い求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場や倉庫でのバイトは常時務められるものもありますが、日払いの場合は繁忙期や欠員補充などで日雇いのケースもあります。この場合、ド短期1日だけでも働けるので金欠のときはとてもありがたく、作業内容に比べて時給も高いことが多いです。本気でやれば1カ月の手取り20万円も夢ではない工場日払いバイトについて見てみましょう。工場日払いのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容工場といっても色々あります。体力をかなり使うような、重たい機材をベルトコンベアに乗せ続ける仕事などをイメージするかもしれませんが、パッケージが破れていないか、洋服にほつれがないかなどを検品する作業や、必要なもののピックアップ業務などもあるた

お菓子工場求人でよくある募集内容や仕事内容・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

学生からフリーターまで、幅広く働ける、お菓子工場のアルバイト。耳にしたことはあっても、実際のところは知らないし、大変だという噂もちらほら……今回は、そんなお菓子工場求人の派遣スタッフの実際について、詳しくお伝えします。お菓子工場での仕事内容お菓子工場といっても、扱う商品や担当する場所によって、仕事内容はさまざまです。例えば、チョコレート菓子の製造工場の場合、チョコレートを型に流す作業、固まったチョコレートの検品作業、個包装や箱詰めの作業、使用した器具の洗浄作業などがあります。そして、定番チョコ、ジャム入りチョコ、季節商品ごとに流れが変わってくるのです。だいたいの場合、その日のスタッフの数やノル

自動車工場の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

自動車工場というのは、基本的に給与の面において好待遇を約束されているという印象が世の中にはあります。ですが、実際の感覚では、これだけ働いたからちゃんとした対価を得るという、自信に満ち溢れた世界があるのも事実になります。自分の実績を上げていくというその成果が、美しい自動車として、世の中を走り回っているのをみるのは、感無量です。今回は、そんな自動車工場の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します。自動車工場の仕事はどんな仕事?自動車工場というのは、自動車の製品自体を作るところでもありますし、自動車自体の部品を作っているところでもあります。この就業形態は、直雇用


工場派遣求人に関するコラム

工場派遣の仕事がおすすめな7個の理由。経験者が解説します

工場勤務というと、「土日祝日休みで勤務が安定している」「時給も高く、接客もない為、作業さえ覚えてしまえば誰でも仕事ができる」といったメリットがある為、工場勤務を希望する人は少なくありません。今回はそんな工場勤務を希望する人に向けて、派遣での工場勤務の経験を基に、おススメなポイントや工場勤務の魅力などについてご紹介致します。私はこんなところで工場派遣の仕事を経験しました私は某バッテリー製造工場で派遣として勤務をしていました。主に車のバッテリーをライン製造する工場で、製造だけでなく機械のメンテナンスも自分達で毎週行う職場でした。従業員数としては非常に広大な土地での工場勤務だったこともあり、およそ1

工場派遣が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

ネットやフリーペーパーで工場の派遣労働者や日雇い、短期アルバイトの求人をよく見かけますよね。筆者は、人材派遣会社の正社員として工場に派遣されて働いていた為、一般的な派遣労働者と違ってやや特殊な部類でした。今回は、工場派遣に向いている人の特徴やスキル、適性、仕事内容等をご紹介していきます。工場派遣の大まかな仕事内容工場に派遣された人に任される仕事というのは、大体の場合、細かい作業と力仕事の大きく2つです。パソコンを扱う仕事や事務的な仕事は正社員の方がします。また専門的かつ技術的な仕事は、それを行う上で必要な免許やスキルを持った人にしか出来ないことが多いので、派遣された人に任されることはほぼありま

派遣として工場で働く時の2個の注意点とおすすめの工場仕事3選

会社の方針に縛られることなく、ある程度自分の裁量で働きたい方には、派遣で働くというワークスタイルがあります。ここでは、派遣として工場で働く時の2個の注意点とおすすめの工場仕事3選を説明しますね。派遣として工場で働く時の2個の注意点工場で働く際に、注意しなくてはならない派遣労働者のテーマがあります。まず、派遣労働者と言えども、危険な労働には注意することです。これは、給与が高くても、それなりに危険な箇所や部署があるので、そこで、身体を故障しないようにしなくてはなりません。派遣労働においては、短期間の集中就業であったとしても、そのあとの人生に不釣り合いとなる体の不調引きずってはならないため、作業の安