工場にも様々な種類や仕事内容があり、どの工場バイトを選んだら良いでか分からないという人もいるのではないでしょうか。

この記事では、工場バイト求人でよくある仕事内容や求人の選び方を紹介します。

是非参考にしてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「工場 バイト」の仕事例をチェック

工場のバイトにはどういう種類の工場があるの?    

多種多様な工場がある

業種で分けると

自動車や船、機械などを作る機械金属系の工場から、食品系、倉庫系、そして日常目にするものなど、それぞれの品物の関係の工場があると言っても良いでしょう。

規模でいうと

数百人単位の多くの人が働いている大手の大企業の工場や、数十人単位の中企業、家族的な十数人の小企業という分け方ができます。

それぞれ特徴があります。

仕事内容で見ると

製造、組立、加工、仕分け、検査、検品、管理、梱包、ピッキング、それぞれのライン作業と様々あります。

業種によって、また規模によっても変わってきます。

様々な業種の工場がある上に、何百人と働いている工場から数十人の家族的な工場まである

それぞれの工場で製造、加工、検査検品、シート貼り、梱包発送という仕事があります。

種類が多いと選ぶのが大変だという反面、こんなに沢山の中から自分のしたいと思うものを選べるんだとも言えるわけです。

自分に合った仕事を慎重に選びましょう。

次に、実際に募集でよくある代表的な業種について見てみます。

食品関連工場  

パン製造工場、ケーキやクッキーの製造工場、ウインナーやハムなど食肉の加工工場などがあります。

いつも食べているものを扱うので、親しみやすいです。

パンやお菓子の工場では、一日中甘い匂いの中にいることになります。

好きな人にとってはたまりません。

どの工場でも、原料作り、ライン作業、検品検査、袋詰め・箱詰め、梱包、発送といった仕事があります。

この中のどこかを担当することになります。

仕事の多くは機械が行い、その機械の調整点検など危険なことはそれぞれの責任者や決まった人が行います。

大きな工場では、その内の一部分の仕事をすることになりますが、中小の工場では全ての工程を体験できるところもあります。

食肉工場では、肉を量って袋に入れ、シートを貼り、発送するといった仕事があります。

青果工場では、卸売り業者から買った果物や野菜を、重さを量って袋詰めする仕事などがあります。

お菓子関連の工場では、クリスマス、バレンタイン、年末年始の行事のある季節に期間募集が多く出ます。

食品を扱うので、制服をきちんと着る、髪の毛は帽子からはみ出さない、化粧、香水などは控えるといった決まりがあります。

印刷工場

専門職の印刷オペレーターが元の版を作り機械にセットすると、後は機械が全部行います。

仕事としては、原料のインクの準備のお手伝いとか、機械にセットする用紙を準備したり印刷して裁断を終えたものを包装することになります。

また、年賀状、暑中見舞い、カレンダー作りの季節に短期の仕事があります。

注意点は、印刷工場ではインクの匂いが充満していて強烈な匂いがすることです。

自動車関連工場

工場の仕事と言えば、一番初めに思いつくのが自動車関連工場ではないでしょうか。

ここでは、自動車や自動車部品の製造工程でのライン作業のお仕事になります。

広い大きな工場で大勢の人との作業です。

流れ作業ですから、決められた時間に決められた作業をしないといけません。

そういう意味では厳しいかもしれませんが、自動車の好きな人にとってはやりがいのある仕事でしょう。

数週間か数ヶ月の期間募集が普通です。

他にもこんな工場が!

最近インターネットでの買い物が増えてきています。

それに対応するように、書籍、衣料品、工具、食品、雑貨類などの倉庫でピッキングの仕事が増えています。

ピッキングとは、沢山ある倉庫の中の商品から指定された商品を取り出してくる作業のことです。

また、冷凍庫、冷蔵庫内での作業というのもあります。

例えばマイナス50度の冷凍されたマグロを機械でお寿司の形や鉄火巻き用などに加工します。

特殊なので給料は高いです。

工場バイトの仕事内容は?

工場内での仕事というと、商品、製品の製造、管理ということになります。

食品、加工食品、工業製品と取り扱う物によって仕事内容が変わります。

そしてどの仕事にも、整理整頓や就業後は片付け、清掃の仕事があります。

少し詳しく見てみましょう。

パン、ケーキ、クッキーなどの食品工場での仕事

材料の準備、そのお手伝いがあります。

商品が出来上がって、ベルトコンベアーに乗って出てきます。

そこで出荷できるかどうか不良品を分けたり等級に分けたりする検品、仕分けの仕事があります。

続いて、袋詰め、箱詰め、シール貼り、発送などの仕事があります。

発送以外では力仕事はありません。

流れ作業で機械のペースに合わせて仕事をするところが多いです。

街の十数人のお菓子屋さんでは、狭い範囲で全工程を手作業でしているところもあります。

そういうところでは、様々なスキルを学べます。

印刷工場

印刷工程でのお仕事は、用紙の準備をし、使う用紙のサイズ、品質、必要な枚数を用意します。

必要であればインクの補充もします。

印刷できた用紙を運んで包装するといった仕事もあります。

紙を運ぶのが力仕事になります。

自動車関連工場

自動車作りの一連の工程、プレス、溶接、塗装、エンジン製造、組立、検査、出荷のなかでのお仕事になります。

ラインでの流れ作業です。

通常はチームを組んでラインを担当します。

機械でできない細かいところに人の手が入ります。

流れ作業ですので、決められた時間内に仕上げないと周りに迷惑をかけてしまいます。

しかし、これも慣れると大丈夫です。

町工場

中小の町工場では、大量生産ではできない特殊なものや変わったものを作っていたりします。

受注が多かった時に短期で人を雇うのですが、面白い仕事も結構あります。

それとは反対に、廃材処理など正社員の嫌う仕事のために短期で雇うという場合もあります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

工場バイトのメリットとデメリットは? 

メリット     

働く期間やシフトなどを自分の都合で選べるバイトが多い

工場のバイトは絶えずある程度の募集があります。

都合の良い時期や期間を選んで働くことができます。

自動車関連の工場は、真面目に働いてもらえるなら少しでも長く働いてほしいというところがほとんどです。

数ヶ月単位の募集が多いです。

お菓子関連では、行事のある季節に数日から数週間の募集が多いです。

一度経験して慣れている人は、工場も都合が良いので優先してもらえたり、給料を上げてもらえたりします。

自動車関連の工場や食品工場の大きいところでは、シフト制をとっている工場がほとんどです。

また、夜勤や早朝の勤務では給料が上がります。

工場のカレンダーのあるところでは、その内容に合わせて休みを取ることになります。

単純な軽作業が多く、難しいスキルや知識は必要ない

短期の募集ですので、スキルがなくても誰でもすぐにできるような仕事内容にしてあるのがほとんどです。

力の要らない軽作業がほとんどで、運搬も普通フォークリフトやターレットで運んでくれます。

仕事中は人と話す必要がなく、作業に集中できる

流れ作業が多いので、作業が始まると話をしている暇がありません。

人とおしゃべりするのが苦手な人や、一人で黙々と作業をするのが好きな人にぴったりです。

時給が良いバイトが多い

販売や店員などの仕事より軽作業の工場の方が時給は高いです。

夜勤、早朝のある工場では更に給料が上がります。

大きな工場で働くと友人ができやすい

大きな工場では、人が多いというだけで多くの人との接触が多くなり、気の合う人もできやすくなります。

また、自動車関連工場では短期とは言え厚生施設が完備されており、社宅、寮があり、食堂がついていて、お風呂まであるところもあります。

こういう環境では周りの人と話をする機会も更に多くなり、友人もできやすくなります。

小さな工場は暖かい環境で仕事ができる

小さな工場は、少人数で働いている人も固定しています。

そういうところはアットホームで、新人を温かく迎え大切にしてくれます。

また一つの単純作業を延々と続けるのでなく様々な仕事をさせてもらえるので、親切に教えてもらえて仕事にも飽きがきません。

また完成させるところまで見られるので、達成感の持てる仕事ができます。

工場バイトがおすすめな理由は、こちらの記事を参考に!

デメリット      

長時間黙々と同じ作業を繰り返す必要がある

単純で同一内容の作業を時間内続けるというのが工場の仕事の特徴です。

立ちっぱなし、同じ姿勢が続きます。

そういうのは我慢できないという人には向かないかもしれません。

ミスがないよう徹底しなければならない

ミスをすると、その商品はもう使い物になりません。

廃棄することになり会社に損害をもたらします。

ですから、ミスのないように集中しないといけません。

また、機械が絶えず動いているので、油断すると大けがをしたり他の人に大怪我をさせてしまいます。

細心の注意が必要です。

求人の選び方    

通勤方法は?通いやすい工場を選ぼう!

通勤方法(徒歩、自転車、バイク、マイカー、バス、電車)をどうするかで選ぶ工場も変わってきます。

通勤方法によって駅から近い方が良かったり、家の近くでなければならなかったり、どの程度の距離までなら良いのかも決まってきます。

また、自転車、バイク、車なら止めるところの有無も確認しておきましょう。

作業内容を確認する

求人欄に仕事内容をあまり詳しく書くと長くなって見にくいので、簡単な文字だけになりがちです。

同じ検品でも、不具合なものを取り除く仕事と、それプラス等級別に分けるとかで違ってきます。

また簡単な軽作業とあっても、あまりにも単純すぎて3分が30分に感じられるような耐えられないほど退屈で先が見えない仕事もあります。

時給や期間を確認する、交通費は?

時給から引かれるものがあったり、時給は低くてもそれに見合う良いことがあるという場合もあります。

時給は相場より低いところは避けたいですが、他の条件との兼ね合いがありますから、よく確認して総合的に見て決めましょう。

期間も自分の都合に合うかどうか確認しておきましょう。

希望する時間帯はもう間に合っているということもあります。

交通費もどこまで出るのか確認しておきましょう。

残業はどのくらいあるか?

残業は困るという方もいれば、少しでも残業して多く稼ぎたいという方もおられます。

それぞれの条件が許されるのかどうか、初めに確認しておきましょう。

同じ働くのなら、納得して気持ち良く仕事に取り組めるようにしましょう。

もし長期バイトで数週間~数ヶ月、寮や社宅で過ごすなら

布団、エアコン、冷蔵庫、テレビ、照明カーテンの有無、お風呂、近くのスーパー、コンビニなど確認しておきましょう。

まとめ

一口に工場バイトと言っても、様々な種類があるということが分かってもらえたかと思います。

少しでも興味のある方は、短期や単発バイトなどを一度応募してみてはいかがでしょうか?

工場バイトの仕事内容や求人の選び方について悩んでいる方にお役に立つことができれば光栄です。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

バイト求人 工場求人

工場バイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

工場仕分け求人でよくある募集内容をご紹介!求人の選び方教えます!バイト探しの参考に!

工場仕分けのバイトを始めてみたい方はぜひこの記事を参考にしていただければと思います。仕分けバイトは、工場併設の作業場での業務の他に運送会社やアパレル関係の倉庫など多岐に渡る分野があるので求人数もとても多くあります。しかし、仕分けの仕事内容は、場所の違いでやることが大きく変わるわけではないので、ここでは工場での仕分けに着目してお話しさせていただきます。具体的な業務や求人のおすすめポイントなどの気になる内容をここで把握しちゃいましょう工場仕分けバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕分け作業にはピッキングと軽めの検品の作業があります。ピッキングは、指示内容通りに倉庫内を移動して、決められた箱

工場バイトがキツいと言われる4個の理由と知るとやりたくなる5個のおすすめな理由

工場バイトはきついイメージを連想される方が多いかと思います。現場によって肉体労働を強いられる場所もあり、業務内容によっては工場バイトは辛いと感じる人が多く、長く続けられない仕事とも思われがちです。そんな工場バイトはどんな理由で退職者が多いのでしょうか?また、それを乗り越える為にはどうすべきなのかを、工場勤務の経験を基にお話していきたいと思います。工場バイトを楽しいと思えるようにメリットを知っておきましょう。工場バイトのおおまかな仕事内容とは?工場でのアルバイト勤務は決して少なくありません。むしろその割合は多い方です。工場としてもアルバイトで雇って優秀であれば正社員雇用といった流れの方が無難で、

工場バイトがおすすめな7個の理由。フォークリフトやピッキングなど色々とやった経験をもとに解説!

皆さんこんにちは。今回は工場バイトがおすすめな理由について色々と書いていきたいと思います。とりあえず手っ取り早く仕事について稼ぎたいと思った時には、工場のバイトはかなりおすすめだと思います。私も昔、工場バイトは何回かやった経験がありますが、仕事の需要は幾らでもありますし、作業の内容も簡単なものが多く誰でも直ぐに採用されるとあって、お金に困った時にはよくお世話になったものです。仕事自体は同じことをただひたすらに繰り返すような単純作業が中心なので、つまらない、飽きやすい、眠くなるといった欠点もあるのは事実です。逆に言えば、あまり頭を使わずにただ黙々と作業していれば良いだけなので、人に気を遣うことも