タイトルとしては「工場仕分け」としましたが、作業場は工場併設の他に運送会社やアパレル関係の倉庫などもあるので、仕分けバイトは工場に限った話ではありません。

仕事内容も、場所の違いでやることが大きく変わるわけではないので、併せて解説します。

工場仕分けバイトのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

仕分け作業にはピッキングと軽めの検品の作業があります。

ピッキングは、指示内容通りに倉庫内を移動して、決められた箱に決められた物を納めていく仕事です。

アナログな場合は納品書を見ながら行い、少しハイテクなところだとインカムで自動音声による指示がなされるため、それ通りに動きます。

検品は、検品専門のバイトが別にあって、倉庫内に置いてあるものは全て検品済です。

しかしたまに箱潰れや傷などがあるので、それらがあれば報告する程度です。

逆に倉庫へ納めていく仕事もありますが、募集の数はピッキングが多いです。

仕分けの仕事内容は、こちらの記事も参考に!

工場仕分けバイトは会社でどういう役割を求められる?

仕分けはとにかく素早く的確に箱に収めていくことだけが求められます。

一般的に出荷前のものを出荷できる状態にする流れ作業の一貫ですから、1人1人のノルマというより、その日に集められた全員で当日分を捌ききらなければいけません。

つまり、全員が早く仕事をしないと流れ全体が遅延していきます。

簡単な作業なので特別なスキルも思考力も必要ではありませんが、瞬発力と体力、しっかり再確認する丁寧さは必要です。

工場仕分けバイト、どんなものを仕分けるの?

仕分けをする物品の種類は多種多様です。

とはいえ、それほど取扱いが難しいものはありません。

食品

袋入りの食品の取り扱いが多いです。

たまに冷凍庫での出荷作業などの募集はありますが、全体として食品関係の募集は少なめでしょう。

ただ、デパートの食品仕分け作業は、時期によって急増します。

お歳暮、クリスマス、年末年始、バレンタインなどです。

荷物

募集が多いのは、運送会社やデパートなどの配送センターの荷物を仕分ける作業です。

配送センターにはあらゆる荷物があって、スマホや周辺機器、小型の電化製品やゲーム機、生活雑貨や文房具、CDなどさまざまあります。

アパレル関係

アパレル関係は中国からの荷物が多いので、運送会社に依頼するための荷物を仕分ける作業があります。

中に詰まった衣類を傷つけないように段ボールを開けて中身を取り出し、種類別に箱に収めていく作業であるとか、色別に細分化したりします。

書籍

新年度の前、2~3月頃は教科書仕分けの仕事が多くなります。

印刷会社や本屋さんでの仕分け作業で、各学校へ納品する全体数を仕分けします。

落丁乱丁のチェック作業を同時に行う場合もあります。

工場仕分けバイトでよくある募集内容とは?

仕分けバイトの募集要項に書いてある内容は、一般的なアルバイト募集と大して変わりませんが、長期間の募集が少ないことが特徴です。

より具体的に見ていきましょう。

給与相場

給与相場は最低賃金の端数切り上げをした程度で、900~1,000円くらいです。

深夜は割り増し賃金で1,000~1,200円になったりします。

勤務時間や残業

倉庫作業は運送の関係上24時間稼働しているため、1日中募集があります。

8:00~17:00もあれば、17:00~22:00、22:00~翌5:00までとさまざまです。

これらのシフトスタッフを組み合わせて一日中動いているため、時間が空いたときに働きやすいことがメリットです。

残業は任意で、次のスタッフに欠員が出ている場合や全体作業が遅れたときに、作業が速かったスタッフにだけ声がかかったりします。

シフトの入れ具合

仕分けバイトは、派遣会社に登録して空いたときだけ向かう単発バイトがほとんどです。

働きたいだけシフトを入れられますし、月に1度だけ行くことだってできます。

自由度はほかのアルバイトと比べてダントツです。

勤務場所

勤務場所は、その日向かう場所によりけりです。

派遣会社のアプリやサイトに、近日中で募集している勤務場所が掲載され、時間が空いている人が立候補する形式です。

掲載される場所は、登録した派遣会社の近隣と考えておけば良いでしょう。

求められる人物像

仕分けバイトは、接客やチームワークを求められることはないため、人格は特に問われません。

作業自体も難しくはなく、どんな人でも働きやすいことが魅力です。

ただ、いくつか心に留めておきたいことはあります。

一度で覚えられる人

仕分けのバイトは単純作業であり、全く難しくありません。

だからこそ、一度言われたことはその場で覚える必要があります。

工場や倉庫には常勤の正社員さんがいますが、彼らは別の業務を抱えており、単純作業を何度もレクチャーする前提で働いていません。

そのため、同じことを何度も聞く人は迷惑になってしまいます。

派遣会社への報告も行くので、次の仕事が入れづらくなるでしょう。

体力がある人

倉庫内を急ぎ足で歩き回るのが主な仕事で、休憩までの4時間程度続きます。

棚の上から下までスクワット運動を繰り返す場合もあるため、基礎体力が必要です。

また、倉庫内はとくにクーラーや暖房が効いていないこともあります。

寝不足や空腹だとバテてしまいますから、基礎体力のみならず体調管理はしっかりしていることが前提です。

おしゃべりではない人

まず作業中に他の人と談笑しているような暇はありません。

おしゃべりしている人はもれなく注意されますし、最悪の場合その場で帰ってもらうこともあります。

他の人の業務に支障が出てしまいますからね…。

また、工場や倉庫によっては発売前の新商品を誰よりも早く見ることにもなるため、口の軽い人はNGです。

必要なスキルや資格、経験

必須のスキルや資格はありませんが、工場や倉庫系のアルバイトでは、フォークリフトの免許を持っている人が重宝されます。

時給も高くなる傾向にあるため、がっつり稼ぎたい人はフォークリフト免許の取得を検討してみましょう。

工場仕分けバイトのおすすめ求人のポイント

工場や倉庫の仕分けバイトの多くは、その会社専属ではなく派遣会社への登録となります。

そのため、派遣会社選びの際のポイントに絞って記載します。

男女ともに募集がかかっているかどうか

若い男性を中心とした募集の場合、仕分け作業といってもかなりの重労働であることが多いです。

重機や建材などの仕分け作業は、一般的な女性の筋肉量だと手に負えません。

男女ともに募集がかかっており、年齢層も幅広い場合は、登録後に申し込める仕事の選択肢が多いと考えられます。

記載されている業務の幅

派遣会社への登録なので、仕分け以外の仕事も取り扱っていることが多いです。

仕事の種類問わず稼ぎたい人は業務の幅が広い派遣会社、仕分け以外の仕事をしたくない人は工場や倉庫メインの派遣会社を選びましょう。

また、派遣会社とはいえ募集をかけているのが一社の仕事だけということもあります。

その場合、派遣会社から給料をもらうにしても、長期間同じ場所で働くことになるため、人間関係の構築が必要となるでしょう。

勤務可能な時間帯

求人を見てみると、同じような職種や作業内容が記載されていても、会社によって勤務時間が違うことがわかります。

これは、その会社がメインで取り扱っている仕事の時間帯であることが多いです。

別のアルバイトをしていて、空いた時間だけ仕分けバイトにでかけたい人は、勤務時間の種類が多いものを選びましょう。

勤務時間の種類が多い会社は、それだけ複数社の仕事を持っている可能性が高く、登録後の仕事が選びやすいです。

自分にあった工場仕分けバイトの求人の選び方や注意点

工場や倉庫の仕分けバイトは年中複数の募集がかかっているので、求人を見ていると迷ってしまうことも多いと思います。

特定の職場の専属か派遣会社か、仕事内容や給与など、何を基準に選ぶべきかを考えてみましょう。

【選び方①】仕分ける物から考える

特定の工場や倉庫の専属スタッフでなければ、仕分ける物は毎回の職場ごとに異なります。

それでも派遣会社によって取り扱いが多い仕事というのがあるため、求人情報に記載されている内容の中で、興味が持てる仕事が多いものを選びましょう。

また、食品工場などはいわゆる「ド短期募集」が多いです。

1カ月だけなどの期間限定での募集で、特定の食品だけをひたすら仕分ける仕事になっています。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

仕分けバイトも、専属契約の場合は正社員登用が用意されているケースもあります。

派遣会社の場合は正社員登用はない分、1つの職場に留まらなくて良いため、さまざまな仕事を経験できるところがメリットです。

自分にとってどちらが良いのかをよく考えましょう。

給与は時給、日給、週給、月給、そして期間給があります。

期間給は2週間みっちり仕事をした後で給与が支払われるといったものです。

また、日給と書いてあっても「日払い」という記載がない限りは、一定の給与日にまとめて支払われます。

【選び方③】シフトから考える

シフトを考えるのは、専属や一定期間同じ場所で働く派遣の場合だけです。

日雇い派遣は曜日も時間帯も好きなときに働くことができます。

ただし、日雇い派遣は人気の仕事だと応募が集中するので、必ずしもシフトに入れるとは限りません。

安定的に働きたいなら専属、他のアルバイトのシフトに入れないときだけなら日雇い、のように使い分けましょう。

【選び方④】エリアから考える

専属の場合は他のアルバイトと同様に、勤務地が変更になることはありません。

エリアが気になるのは派遣の場合です。

派遣会社自体は利便性の高い駅近にあっても、仕事は工場や倉庫になるため、勤務地が異なります。

求人内容には、実際に働く勤務地の傾向が書いていないこともあるため、応募のメールや電話、面接時に聞いてみましょう。

注意点

派遣バイトの場合、給与のところに「時給1,000円~2,000円」など幅を持たせた記載があることが多いです。

初めて仕分け作業をする人は「頑張れば2,000円も目指せるかも」と思うかもしれませんが、派遣バイトはそういうものではありません。

毎回違うところに派遣されるので、スキルアップを評価されることはなく、時給が上がることもないわけです。

この時給の幅は、職場の違いと考えましょう。

重労働や覚えることが多い職場、フォークリフトの免許がある人しか応募できない職場では、時給が高くなる傾向にあります。

工場仕分けバイトについてよくある疑問

では最後に、工場や倉庫の仕分けバイトでよくある疑問について解説します。

とはいえ、誰でも働きやすいのが仕分けバイトの魅力ですから、特に心配すべき点はありません。

面接で落ちることはある?

工場や倉庫が直接募集しているアルバイトの場合は落ちることがあります。

短期間にしても数週間から数か月は働くことになるため、コミュニケーション能力やマナーをチェックされるからです。

一方、日雇い派遣の場合は、面接があるといっても採用可否の判断ではなく、登録手続きの顔合わせ程度。

面接どころか履歴書も不要で、登録会に参加すればOKというケースもあります。

つまり、よほどのことがない限り落とされる心配は無用です。

工場バイトはキツいって聞いたけど本当?

工場のアルバイト全般で考えると、たしかにキツい仕事もあります。

重機や自動車などの製造ラインで重い機材を運搬したり、部品を冷やせない関係上クーラーが効いていない、定時制で朝がとても早いなどなど。

ただ、そのツラさは長期間働くことによって感じてくるものがほとんどです。

日雇いの単発派遣であれば、多少キツくても勤務は1日だけで終わるため、耐えられないことはありません。

そして、男女ともに募集がかかっている仕事であれば、重いものを運ぶなど体力や筋力の高さが求められるものでもないため、それほど気負う必要はないでしょう。

本当にいつでも働けるの?

やる気があれば、いつでも働けるというのが最も適した回答となります。

専属の場合は、その他のアルバイトとシフトの考え方は変わりませんが、朝が早いか夜が遅い傾向があるため、生活リズムや体調管理はしっかりしましょう。

問題は日雇い派遣です。

日雇い派遣の場合は、近日中に勤務可能な仕事をアプリやサイトに掲載して人を募る形式になるため、黙っていても仕事を提供してくれるわけではありません。

自分でこまめに掲載内容をチェックして仕事を獲得することが必要です。

まとめ

工場や倉庫の仕分けバイトは、慣れてくれば複数の現場で働きやすくなります。

難しいことは無いので、とりあえず挑戦してみようという気持ちが大切です。

しかしやる以上はお仕事なので、しっかり体調を管理し、教えてもらったことはすぐに覚えることを心がけましょう。


関連キーワード

工場バイト求人