求人募集でよく見かける製造業ですが、どのような仕事なのでしょうか。

製造業の求人にはどんな種類があるのかや仕事内容など、気になる疑問について解説します。

「製造業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

製造業のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

募集によって異なる場合はありますが、製造業の大まかな仕事はやはりものづくりです。

機械を使って作業することもあれば、自分の手を使って作業をすることもあり、どちらにしても何かの製品や製品の部品を作成していく形になります。

同じものを作り続けることもありますが、どちらかと言えば同じ職場内で複数の製品や部品に携わることが多い傾向にあります。

製造業は会社でどういう役割を求められる?

製造業では、期間内に計画に沿った生産をすることが求められます。

会社の中では商品として売り出す元を作り出す仕事になりますので、他の収入源がない限りは製造の部門が動かないことにはお金が生まれません。

会社の中心になる業種と言ってもいいでしょう。

製造業の求人にはどんな種類があるの?

製造業の求人は大まかにライン作業のものとそうでないものに分けられます。

ライン作業は大きなメーカーや工場に多い傾向にあり、その他の作業は大きな工場でもありますが小規模での工場での作業が多くなっています。

もちろん、ライン作業と別の作業の両方を受け持ったり、日によって変更がある場合も存在します。

製造業求人の募集でよくある内容

ライン作業

コンベアに乗って流れてくる製品を、流れに合わせて組み立てて行くという作業が一般的です。

食品であればおかずを乗せる作業や餃子を包む作業、カップ麺などの中身を入れる作業などが該当し、機械製造であればネジを回したり、組み立てをしたりして次へ回すなどの作業をします。

一日中同じ管轄を受け持つことが多く、黙々と同じ作業を続けられる人に向いています。

座って行うか立って行うかは募集内容に記載がある場合が多いので、自分に合った方を選びましょう。

その他の作業

ライン作業以外の作業になります。

ライン作業のように同じ作業をするのではなく、一日の中でも様々な作業を受け持つことが多く、手早く色々な作業ができたり、覚えの早い人が向いている傾向にあります。

食品製造よりも機械製造での募集が多く、また少人数の会社での作業が多いことも特徴です。

場合によっては製造後の検査も仕事内容に含まれることがあります。

製造業求人の募集でよくある職種

食品製造

冷凍食品工場や非常食・乾燥食品を作っている工場、あるいは和菓子などを製造している工場が比較的多くなっています。

金属製品製造

自動車部品や電化製品の部品、工場内で使われる部品など製品の一部だけを作っている会社・工場が多くなっています。

冷蔵庫など全体の最終組み立てをしているところもあります。

電子部品・デバイス製造

はんだ付けや製品へのはめ込み、取り付けなど電子部品・デバイス製造を行っているところも多くなっています。

電子部品工場の求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

このように製造業の職種は様々で、事業形態も異なります。

職種や事業形態で大まかに決めてもいいですが、下記のように給与や勤務時間帯も様々ですからそちらもぜひ確認しましょう。

製造業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

製造業の求人でよくある募集内容とは?

製造業での募集内容にはどういったものがあるでしょうか。

これは実は様々と言う他ありません。

以下を参考にしつつ求人の内容をよく見て自分にあったものを選びましょう。

給与相場

サービス業などに比べると少し低めのところが多い傾向にあります。

ただし、大きな工場での募集など大手企業の手が入っていることが多いので、賞与やボーナスの金額によっては比較的いい給与が貰えることもあります。

また、夜勤を導入しているところもあり、そちらの給与相場はやはりよくなります。

勤務時間や休日、残業

平日朝から夕方の8時間勤務が一般的で、残業も比較的少ない傾向にあります。

休日については工場カレンダーを導入しているところが多い為、土日は休みでも祝日には出勤という場合もあるので注意が必要です。

一部の、特に大きな企業では24時間体制を取っているところもあり、こちらでは夜勤もありますし休日もシフト制になります。

募集要項をよく確認する必要があるでしょう。

福利厚生

小規模の工場であっても、大きな機械や金属加工を扱う会社では福利厚生がしっかりしている場合が多くなっており、全体的に基準は高いと言えます。

勤務場所

工場や作業場が一般的です。

小規模の工場であれば十人以内のところもありますが、大きな工場になると百人単位で働いていることもあります。

敷地内にいくつか工場があり日によって行き来するという場合もでてきます。

求められる人物像

製造業で求められる人物像はどんなものがあるでしょうか。

ぜひ以下を参考にしてみてください。

集中力が持続する人

一定時間作業をし続けることが多くなりますので、集中力のある人、また集中力が持続する人が向いていると言えます。

特にライン作業では一日中同じ作業をし続ける、あるいは月単位でまったく同じ作業を続けることもあります。

作業に慣れて適当になったりせず、いつまでも集中できることが重要です。

几帳面な人

細かい作業をする可能性が高く、また製造したものは検査などを経てそのまま製品や部品になりますので、販売してもいいものをコンスタントに作り出す几帳面さが必要になります。

単純作業が苦にならない人

頭を使わず淡々と作業しなければならない場面が多い職業です。

長い間単純作業をしても苦にならないタイプの方が向いている傾向にあります。

手先の器用な人

細かい作業をすることが多く、手先が器用な方が有利に働く可能性が高いです。

特に細かいものを作っている金属加工の工場や、あるいは食品を包む作業などはこれに当てはまるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

一部金属の研磨などで経験者を求めている場合もありますが、資格経験不問の求人が多くなっています。

立ち仕事や重いものを運ぶ必要のある仕事もありますので、その場合は体力に自信のある方が向いているでしょう。

製造業求人の雇用形態による違い

正社員が月給制で多少給与が高い求人もありますが、アルバイトやパートでもボーナス・賞与が付くなど比較的給与面に差がない会社も多くなっています。

ただし、正社員以外では繁忙期を過ぎると一部が解雇されるなど安定性を欠く可能性はあります。

特に電化製品など季節商品を作っている会社にはこの傾向がありますので、長く続けたい場合には注意が必要です。

自分にあった製造業の求人の選び方や注意点

募集の多い製造業ですから、どの求人を選べばいいのか迷うこともでてくるかと思います。

選び方には以下のようなものがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員を希望するか、パートやアルバイトを希望するかでまず絞り込むことができます。

正社員の求人は少なめになりますが、焦らずに自分に合いそうなものを吟味しましょう。

【選び方②】職種から探す

まず食品、金属加工、組み立て作業といった職種を決めるのもおすすめです。

食品は単純作業が多かったり水仕事になり手が荒れるなどの可能性があり、金属加工は一部鉄片など細かいものが刺さったり、機械によっては怪我をする可能性があります。

組み立て作業は瞬時の記憶力や素早い作業が求められてストレスを感じることもあります。

職種のメリットデメリットを考えた上で検討してみると選びやすいでしょう。

【選び方③】会社の業態から考える

大きな工場ではマニュアルなどが整っていたり、単純作業が苦にならなければ淡々と仕事をこなせる傾向にあります。

小さな工場であれば家族のようなつきあいを求められたり、得られる場合が多いでしょう。

自分に向いている業態を選びましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

求める給与や雇用条件に合致しているかも大切です。

シフト制か平日決まった時間働くか、という選択肢もありますし、残業の多い会社も一部あります。

時給や月給と共にそちらも確認しておきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

工場の仕事は朝が早いことも多いので、自宅に近いかや交通の便がいいかが重要になる可能性があります。

日々のモチベーションの為にも通いやすいエリアを選ぶといいでしょう。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

好きなものを作っている工場が近くにあれば、そちらを考えてもいいでしょう。

日々好きなものに触れられるので楽しく仕事ができる場合が多くなります。

好きなものの製造過程なども知れるのでおすすめです。

注意点

職種の点で少し触れましたが、製造業では怪我をするリスクが他の職種に比べると少し高くなります。

大型の機械を使ったり、刃物を扱う場面が出てくることもあるため留意しておくといいでしょう。

また、油を使う金属加工や食品製造の一部では手荒れを起こすケースもあります。

肌が弱い方は特に、注意事項などに記載がある場合もあるので見てみましょう。

どんな仕事にもその仕事でのリスクはありますが、製造業では特にどういった作業を行うのかは募集要項をよく見て確認した方がよいでしょう。

「製造業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

製造業の求人についてよくある疑問

応募する際の注意事項など、製造業の求人についてよくある疑問に回答します。

応募方法は?

まずは電話で相談し、その後履歴書持参で面接という流れが一般的です。

面接が数回に分けられることもあります。

派遣社員での応募の場合は顔合わせのみを行い、面接がない場合も多くなります。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

製造業の面接ではその会社の仕事を続けていけそうかを見られています。

例えば

  • 細かい作業が続く仕事であればそういった作業が好きかどうか
  • 立ち仕事であればそれで大丈夫か
  • 小さな会社の場合は他の社員との関係が密なので、現場の雰囲気に合わせて会話ができるか

などをひねらずに聞かれることが多い傾向にあります。

共通して特によく聞かれるのは、前職やアルバイトがある場合の辞めた理由です。

製造業は慣れるまでに時間がかかる場合が多く長く続けられる人を求めている傾向にありますから、すぐに辞めそうと思われないよう、前職を辞めた理由はしっかりと用意しておきましょう。

未経験でも応募できる?

未経験可の募集がほとんどになっています。

他業種からの飛び込み歓迎、と謳っているところも多く未経験でも安心して応募ができます。

ただ、前職でどういった仕事をしていたかや、これまで学校などでしてきたことを面接で問われることはありますので、共通点などを考えておいてもいいでしょう。

会社の雰囲気は?

昼食時間など働く場所の中で時間が統一されていることが多い為か、大きい会社も小さな会社も比較的アットホームだったり社員同士の交流が密である場合が多くなっています。

ただ、社員の雰囲気は会社や作業内容によっても変わってきます。

黙々とした作業が続く会社で、かつ作業中会話ができないなどの規制があるところでは、寡黙な人が多くなる傾向になるので静かな雰囲気になりますし、それ以外もあり得ます。

面接や見学などで自分に合った雰囲気かを見極めることも大切です。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

どの募集も比較的多くなっています。

特に工場の集まった地域などでは派遣社員の募集が多い傾向にあるようです。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員は月給制、その他は時給制とわかれている場合が多いですが、正社員も時給制を取っていたりあまり変わらない場合もあります。

アルバイトやパートまでボーナスや賞与があるところも多いのが製造業の特徴でもあります。

残業って多いの?

会社によりますが、全体で見れば少ない傾向にあるようです。

繁忙期だけ残業が多いなど季節によってばらつきがある場合もよく見られます。

資格って必要なの?

必要ない場合がほとんどです。

配送などのために自動車免許を持っていると優遇されるという場合があります。

まとめ

今回は製造業についてご紹介しました。

黙々とした作業も多いですが、モノを作っているという達成感が得られ、商品を見た時の喜びなども生まれるお仕事です。

悩んでいる方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。