製造業求人のアクセスランキング

今までの技術を生かそうと考えていたり、特別な資格が不要なところが多かったりと、製造業に転職を考えている人は多いと思います。

しかし特に募集も幅広い製造業ですから転職の際には注意したいこともいくつかあります。

転職先に迷っている方や、後悔しない転職がしたい方はぜひ確認してみてください。

「製造業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

製造業の転職で注意したほうが良い3個のこと

まずは製造業の転職で特に注意したい点をご紹介します。

募集要項を見る時にはこの3つの点については最低でもよく吟味しておくと失敗しにくくなるでしょう。

収入だけで判断しない

せっかくの転職ですから、年収が高い所を選びたいと思うのは当然です。

また、もちろん収入が重要な要素であるのは確かです。

しかし、製造業の中でも妙に月収などが高いところは、一度何故高いのかを考えてみた方がいいでしょう。

考えられることとしては命に関るような危険な作業がある、ですとか、管理職など製造業以外のことをすぐにさせる予定がある、などがあります。

また、月収は低いけれどボーナスや賞与が毎年支払われていて、年収だと平均的というところもあるので、月収だけ見るのも危険です。

収入に関してはよく見た方がいいでしょう。

教育制度がきちんとしていない会社は危険

特に人数の少ない会社など教育制度がきちんとしていない会社も危険です。

製造業は大きな機械を使うことも多く、怪我の危険が大きいお仕事です。

薬品を使うなど、人によって合う合わないものがあるものを教えてくれずに、肌が荒れてしまう人もいます。

そういったことがなくともきちんと教えてくれずに働かされる会社は、ミスをした時もかばってくれない傾向にあります。

製造段階のミスはたくさんの商品に影響することもあります。

教育制度がきちんとしている会社かどうかは確認しましょう。

条件の緩い会社には裏があるかも

経験・年齢その他一切不問という会社も多いのが製造業です。

ただ、普通は年齢くらいは制限するものです。

こういった会社は本当に人が集まらない会社かもしれません。

とにかく手を広げないと人が来ない、来てもすぐ辞めていく、というスパイラルに陥っている会社は入っても、何かしらの問題に直面することが多いです。

また、新人のうちから高度過ぎることを、どんどん教えられて即戦力になることを求められがちです。

しかも人がよく辞めるので、スケジュールも狂いやすく残業漬けになることも。

そして何より、人がいない会社は残業代が不透明など、給与の支払いが悪いところが多い傾向にあります。

条件が緩すぎる会社は疑ってかかりましょう。

製造業の転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職を成功させるためにすべきことはあるでしょうか。

転職は人生でも大きな決断のひとつですから、以下のようなことはきちんと考えておいた方がいいでしょう。

本当に転職する必要があるのか考える

転職をする人の中で危険なのが、転職をすればすべて解決する、と思っているケースです。

100%自分の希望に沿う企業というのは残念ながらないと言っていいでしょう。

転職するにはそれなりに理由があるはずですが、転職によってその理由が叶えられるとは限りません。

それでも本当に転職するのか、今の会社のままでは本当にいけないのかは今一度振り返ってみてください。

転職は体力も使いますし、例えば部署異動などで済むのであればその方が楽かもしれません。

転職の目的を明確にする

上にも書いた通り自分の100%希望に沿うとは限らない転職ですから、最低限ここだけは叶えたいというところを押さえておきましょう。

ここだけは許せないから転職する、というポイントを絞ると、転職先の選択肢もおのずと狭くなっていきます。

転職の目的が不明瞭だと同じような会社を選んでしまって後悔する可能性も高くなってしまいます。

「製造業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するに当たっての必要な心構え

転職するに当たって必要なのは以下のような心構えです。

再度確認して、厳しい目線で転職先を選びましょう。

転職先選びに疲れてくるとどうしてもこの心構えが弱くなってしまいがちです。

転職で解決しない問題もある

転職で解決しない問題があることは覚悟しておきましょう。

転職すれば人生すべてが好転する、なんていうことはなかなかありません。

でも、転職によって自分の本当に欲しかったものだけは手に入れたいものです。

解決したい問題が複数ある場合は順位付けをしておくとよりよい転職先を選ぶために有利になるでしょう。

妥協はしない

たくさんの企業をチェックしていると、このあたりで妥協しよう、となりがちです。

特に転職先探しに時間がかかると思ってしまうのも仕方がありません。

でも、一度入社してしまうとまた退職に大きな労力がかかることはよく覚えておきましょう。

一度転職をすると合わなかったら辞めればいいという考えもでてしまいやすいですが、それでも転職は大変なものだということも経験しているので覚えておいてください。

転職先には妥協せず、少なくとも自分が一番大切にしたいことだけは叶えられる職場を選びましょう。

製造業の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

年収を上げるために転職をする人も多いですよね。

また、せっかく転職をするなら年収が上がる方が嬉しい人がほとんどでしょう。

製造業での転職にあたって年収を上げるためにするべきことはあるでしょうか。

自分の経験やスキルを洗い出してみる

自分の経験やスキルの洗い出しは有利に転職活動をする上でも必要ですし、年収アップにも役立ちます。

自分の経験やスキルは一度紙に書きだしてみるといいでしょう。

スキルについてはかなり得意なことと、ある程度できること、に分けて書いておくと便利ですよ。

かなり得意なことの中からその特技を募集している会社を選ぶと年収アップに繋がりやすいです。

また、経験者優遇の会社は多いので経験についても細かく書きだして思い返してみましょう。

年収の高い会社に転職する

単純に今よりも年収の高い会社に転職するのも手段です。

現在の年収にもよりますが、会社によっては今よりも年収があがることもあるでしょう。

また、ボーナスや賞与が多いところもあるのでそちらもチェックします。

月収と休日のバランスを見てみるのも大切です。

今と年収自体は変わらないけれど年間休日数が多い、という会社であれば副業を持てるかもしれません。

スキルアップを狙う

製造業経験者であれば特に、管理職候補募集、などの記載があるスキルアップの狙えるところを探してみるのもいいでしょう。

せっかく新しい職場に行くのですから、目標も持ててやりがいも出やすいです。

ただ、自分の思う生活プランの中で残業に制限があるなどの場合は注意が必要です。

「製造業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

製造業で人気な職種や業界とその理由

製造業といっても幅があるので、どんな職種や業界に行こうか悩んでいる方もいると思います。

現在人気の職種と理由をまとめてみたので参考にしてみてください。

非鉄金属、輸送用機器

鉄以外の金属を扱う非鉄金属製造業、中でも輸送用機器の製造工場などは特に人気があります。

自動車や自転車部品などアルミニウムを扱うところも多く人気がありますね。

アルミニウム製造業は世界的に見ても日本が大きな割合を占めているので募集をよく見かけ、工場規模が大きい所が多いのも特徴です。

人気な理由

年収の高い募集が多く、また大きい工場で福利厚生などがいい傾向にあるのが人気の理由になっています。

また、鉄製造はどうしても手に刺さったり傷を負うことが多かったり、重かったりして避ける人も多いので非鉄金属に流れるのも理由の一つです。

夜勤や3交代制をとっている工場も多く、自分の時間帯に合わせて働けたり、夜間割り増しの恩恵を受けられるところでも人気が出ています。

半導体、電子、電気機器

比較的ライン業務でも募集が多い業種です。

細かい手作業が多数発生するため募集も多く、また今後の発展が見込めることもあって事業拡大なども積極的に行われています。

機械を使う作業もありますが工具レベルが多く、工具さえ使わない作業も多いのが特徴です。

人気な理由

手作業が多く、経験やスキルが不要な募集が多いのが人気の理由になっているようです。

また、残業が少ない傾向にあり、ライン作業などであれば人付き合いも少なくて済むということで、コミュニケーションの少ない職場を探している人に人気があります。

今後も栄える可能性が高く、将来性もあるということで選ぶ人も少なくないようです。

繊維

繊維関連については昔からありますが、化学繊維工場と炭素繊維工場が今のところ多くなっています。

外国製のものが多数流入していることもあり、現在残っているところは大手が抱えている工場が多いため、教育制度やシステムが安定している傾向にあります。

人気な理由

大きな工場が多く、よく知るメーカーに関わっていることから安定感を求めて就職する人が多いのが繊維工場です。

残念ながら安い外国製品の流入で一時期先細りが心配されていたこともあり、逆に残っている工場が安定しているという状況から人気が高くなっています。

製造業のイメージによくあるいわゆる肉体的な重労働が少ないのも人気の秘訣です。

自分にあった製造業の求人の選び方や注意点

人気の製造業も紹介しましたが、転職をするのであればやはり自分にあった製造業を選ぶことが重要です。

自分にあった製造業を選ぶには以下のようなところを参考にしてみてください。

注意点も記載しています。

【選び方①】雇用形態から探す

転職にあたっては雇用形態の見直しもした方がいいでしょう。

今回は正社員で働くのか、パートやアルバイトで働くのか、あるいは製造業ならば派遣の選択肢も多いです。

正社員は給与がよかったり毎月安定した給与が見込め、突発的なクビになりにくいという特徴がありますが、その分責任が多かったり残業を断りにくいという側面があります。

その他は責任は少ないですが給与が低かったり時給制で安定しない場合も考えられます。

【選び方②】職種から探す

職種によって選択肢を狭めるのもいいでしょう。

肌の弱い人などは鉄関連の製造業などで、一部薬品を扱うので避けた方がいいなど、選び方はいろいろあります。

ライン作業がいいとか、まったく人と話せないのは困るとか、今までの経験から選ぶのも手段です。

【選び方③】会社の規模から考える

大きな工場か小さな工場かによっても条件は随分変わってきます。

傾向として、大きな工場はマニュアルや教育制度がしっかりしていることが多いです。

小さな工場は自分で考えることをしやすく、またアットホームな雰囲気が多いです。

自分に向いていると思う方を選択するといいでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件はやはり重要視したいものです。

また、給与と残業や休日数の兼ね合いも自分にあったものを選びましょう。

シフト制や、夜勤がある工場もありますのでそちらについても考えてみてください。

福利厚生にもばらつきがあるので、希望がある場合は重視します。

また、雇用条件について研修期間の待遇も見ておきましょう。

研修期間は長い所から短いところまでばらつきがありますし、時給の高低も意外と大きいです。

【選び方⑤】エリアから考える

通勤しやすいエリアかどうかは特に考えた方がいいでしょう。

通勤手当が出ないところもありますし、通勤時間が長いとそれだけで仕事へのモチベーションを保つのが難しくなります。

また、車通勤の人は駐車場があるかどうかも確認しておきます。

電車やバスの場合は、駅やバス停からの距離や通勤手段も考えて、通勤時間を割り出してみましょう。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

好きなブランドがある場合はそこから考えるという選択肢もあります。

製造業はモノを作る仕事です。

作るモノが自分の好きなものに関わるのであれば、それだけでモチベーションが高まるでしょう。

また、少しでも知識がある方が仕事の覚えもよくなりますし、入社前の面接でも話しやすくなります。

まとめ

製造業での転職について記載しましたがいかがでしたでしょうか。

転職は体力も必要ですし、疲れてしまったり焦ることも多いですよね。

まずは落ち着いて、自分の長所やスキルを考えたり、今回の転職において重要視するところをもう一度振り返ってみましょう。


関連キーワード

製造業求人