いきなり工場長の収入の話をする前にそもそもこの業界相場はどんなものなのか?を知る必要があるのではないでしょうか。

前置きっぽくなりますが、前段としてモノ作り界隈での全般的な収入のことに触れてみたいと思います。

「工場長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

一口に工場といってもいろいろある

一口に工場と言っても、製造と言っても、モノ作りと言っても、そこでは様々なモノが作られています。

需要が多く大量生産するモノもあれば小ロットで手作業に近い生産をするモノ、食品もあれば金属もあり、生物も含まれます。

そんな品目の範囲が広い世界ですので単価も違えば、仕入れ値、売価、材料費も違います。

当然作る人の収入にも差が出てきます。

以下は昨年2017年に行われた日本全国の業種を112種類に分けて各業種のモデル年収を調査した「業種別モデル年収平均ランキング」からのデータで、モノ作りに関する部分を抜粋したものです。

その中、上位に位置するモノ作りは以下の通りでした。

  • 11位 繊維(622万円)
  • 13位 非鉄金属(594万円)
  • 24位 輸送用機器(自動車含む)(549万円)
  • 25位 半導体・電子・電気機器(546万円)
  • 26位 通信機器(545万円)

余談ですが、この調査を実施した際、モノ作りの中でのランキングも調査しました。

結果、医薬・食品・化学・素材に関する臨床開発モニターで646万円、臨床開発が630万円、電気・電子・機械・半導体の制御設計等が617万円、高周波IC設計が613万円…

同じモノ作りでも研究開発系は少々違っていて、比較的高いレベルにあることがわかります。

反対に残念にも下位になってしまったモノ作りは以下の通りでした。

  • 87位 鉱業・金属製品・鉄鋼(459万円)
  • 88位 食品(457万円)
  • 100位 セメント(437万円)
  • 106位 ゴム(423万円)
  • 107位 紙・パルプ(420万円)

*ちなみにこの調査における1位は外資系金融で1,342万円、112位は事業者/消費者金融の374万円という結果でした。

一般的に低いとみられがちなモノ作り界隈ですが、決してそうではないようです。

上記とは別に国税庁が2015年に調査した民間給与の実態統計調査によるモノ作り業界の平均収入は約490万円で、全業種(この調査では全業種を14種類に分類)中5位。

全業種平均収入(420万円)から見るとかなり上回っていることがわかります。

大企業/中小企業の差はありますが、平均をとるとモノ作りも低いレベルではないということになりますね。

参考までにモノ作り同様に俗世間的に収入が低いとされているサービス業に関しては345万円、小売業で358万円、宿泊/飲食サービス業で236万円という結果となり、モノ作りの平均と比べて低いことがわかります。

「工場長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

工場長の収入相場

さて、本題の工場長収入相場の話に移ります。

工場長に限ったことではありませんが、転職を想定するのであれば収入金額だけでなく、目指す企業の内容や企業規模、場所等を鑑みて、自身のスキルが活かせそうかどうかを相対的にみる必要があります。

規模の小さいとされる中小企業のメリットと言えば、やはりその努力や経験の積み重ね次第で早期に役職(工場長など)に就ける可能性が高いということではないでしょうか。

少人数でこなしているため、工場長だった役員が定年退職すると、この役員の下で働いていた社員がいきなり格上げで役付きになるケースは多く見受けられます。

大企業ではありえないパターンです。

報酬面では大手と比較すると安くはなります。

が、目標が見えやすい分、キャリアパスも書きやすいのも確かです。

さらに所在地によっても格差が大きくなるのも事実です。

その企業が地方なのか首都圏エリアなのかによって同一業種でも差が開きます。

地方企業の年俸350万円が今まで見てきた中で一番低い工場長の年俸でした。

上を見るときりがありませんが700万円超の地方工場長もいれば、ある程度名の通った企業の工場長だと1,000万円クラスはざらにいます。

以下にモノ作り界隈の収入例を記載します。

参考にしてください。

 

① 大手飲料メーカー生産管理者(部門課長以上の階級)

20歳代 年俸510万円

製品開発現場では30代までの雇用が中心で、オペレーション等の一般社員と比べると~300万程度の差が出るようです。

昇給制度はしっかりしてる半面、実績を出そうが出すまいがある意味安定した評価が下り、モジベーションが感じづらいといった不満がありました。

② 中堅精密機械製造 設備管理責任者(いわゆる工場長)

40歳代 年俸1,050万円

前職は大手輸送機械メーカーの副工場長で年俸は約1,200万円。

Uターンにより転職したのがこの企業で、実質の金額としては下がったことになります。

ただし、社宅や諸手当等福利厚生面では非常に手厚いのがこの企業の特徴です。

収入アップの可能性

単純な収入アップの可能性を追求すると以下の3点が想定されます。

共通して言えることは、伸びしろを買ってくれる(将来性を期待する)ことはないということです。

求人企業はガチで「当社に対して即有益化する」人財をこのクラスに求めてきます。

 

「工場長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験

いち製造オペレーターの経験ではなく、その上流の工場の管理責任者や生産管理者及びその責任者等の経験が必要になります。

工場や生産管理の責任者=数十年のキャリアがあると捉えられますので、それまでの過程(オペレーター等一般社員での経歴や実績等)は重要視されません。

加えて、仮に管理者としての経験があったとしても自身の部署の責任者(リーダーや主任)のみの経験だと全体を俯瞰することが少ないため、即戦管理者とは判断されません。

よって収入の大幅アップにつながる要件にはなりづらい可能性があります。

数値実績

営業職ではないので数値は出しづらいのでは…と求職者の方に質問されます。

全くの誤解で、モノ作りは管理者となれば数値を追うのが日々の業務となります。

評価のみならず実績も数値化されやすくなります。

例えば欠損率。

改善策立案施行により工程のムダを○○%削減し、人件費が〇人日、在庫率を○○%減少させ、設備稼働費を昨年対比で○○%減らし、欠損にかかる単価を○○円削減した…等々、むしろ営業職より具体的な実績が明記できます。

管理経験を評価する上では重要なポイントです。

外国勤務

海外に生産拠点を有する企業が新工場立ち上げや再編成によりのっけからの海外工場管理者を募集することがあります。

実際の海外生産拠点経験があればかなりの強みですし、語学は必須です。

中国/ヒンドゥー/ベトナム等々の言語ができれば大手でなくても好待遇の可能性はあります(この場合、ビジネス英語はできることが大前提です)。

大抵の企業において海外工場管理者求人は日本国内のそれとはまったくの別物と捉えます。

日本国内での経験や知識はそのまま活かせない場合が多いからです。

当然収入も待遇も高くなります。

海外進出に際しては企業もそれなりのリスクを背負っているということを理解して臨んでください。

若干話が逸れますが、自分は今まで何をやってきたかをお土産にするのではなく、その経験や知識を求人企業でどう活用できるのか、自分を採用したら求人企業にどんなメリットがあるのかをお土産にすることをエージェントとして求職者の方々に良くお伝えしています。

求職者の方々にしてみれば至極当然のことと思われがちですが、いざ自分のことになると意外とできないものです。

条件の良い工場長の仕事を探すには?

まずは、転職エージェントへの転職の相談を進めるのが、年収アップをする上ではおすすめです。それと平行して、リクナビNEXT等の転職サイトにも登録して自分でも条件が良い仕事を探してみましょう。

おすすめ転職エージェント

転職支援実績No.1!

『リクルートエージェント』は、転職エージェントの中でも支援実績No.1の会社です。

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントでは、プロのキャリアアドバイザーに「無料で相談」するだけで、自分にあった求人を紹介してくれたり、履歴書の添削、面接対策、年収の交渉までしてくれます。

まさに、あなたの「エージェント」として、あなたを転職先に売り込むお手伝いをしてくれる会社なんです。

リクルートエージェントは、なぜ転職者に人気なの?

いくつもある転職エージェントの中で、なぜリクルートエージェントが人気なのかを解説します。

非公開求人が10万件以上

リクルートエージェントでは、応募が殺到しすぎるから一般公開できない求人を多く抱えています。支援実績No.1の会社だからこそ、これだけ多くの非公開求人があるのですね。

実績豊富なアドバイザーに相談しながら転職活動できる

リクルートエージェントには、各業界・業種に精通したキャリアアドバイザーがたくさんいます。だからこそ、自分が行きたい業界・就きたい仕事に適切なアドバイスをくれるのです。

高年収求人が多数

リクルートエージェントでは、年収1,000万円以上の高年収求人が多数揃っています。利用者も多いからこそ、企業側も条件の良い求人をリクルートエージェントに出しているのです。

リクルートエージェントのおすすめ理由まとめ

  • 非公開求人が10万件以上
  • 実績豊富なアドバイザーに相談しながら転職活動できる
  • 高年収求人が多数

おすすめ転職サイト

転職した人の約80%が利用!

『リクナビNEXT』は業界最大級の転職サイト。転職者の約80%が利用する、転職する人は絶対に使っておくべきサイトの1つです。

リクナビNEXTは、なぜ転職者に人気なの?

豊富な募集職種

募集されている職種は業界随一と言えるほどの幅広さ。どんな仕事を探している人にとっても最適な仕事が見つかりやすいでしょう。

求人数が圧倒的に多い

大手からベンチャーまで業界最大級の求人数を誇ります。毎週水曜・金曜に新しい求人が更新されるので、チェックを忘れずに!

リクナビNEXTだけに掲載されてる「限定求人」が大量にある

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%もあるので、登録(無料)して求人を覗くだけでも損はありません!(さらに、会員登録後に「スカウト機能」に登録をしておくだけで、自分にあった条件の良いオファーを送ってくれるようになります。転職者には便利でとても助かりますね!)

リクナビNEXTのおすすめ理由

  • 仕事を見るだけでも利用できる
  • 豊富な募集職種
  • 求人数が圧倒的に多い
  • リクナビNEXTだけに掲載されてる「限定求人」が大量にある
  • 登録するだけで、スカウト待ちできる

「工場長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

収入アップへのこだわり

ここは本題である「収入をアップさせる転職」からちょっと視点を変えて、収入アップだけにこだわって良いかどうかについて記載します。

あえてこれをお伝えするのは転職希望者の方々が安易に転職マーケットに飛び込んで、希望にそぐわずに失敗する例を近年よく見かけるからです。

エージェントとしての肌感覚ですが失敗する転職希望者の方々の共通する原因は金額へのこだわりであることが多いと感じています。

収入アップを目指すのは決して悪いことではありません。

金額が高いに越したことはないし、自分がそれなりに高い評価をされたという証ともなります。

しかし、そこにこだわってしまうと求人金額が高い企業に絞られてしまい、金額の高いのが普通である感覚に慣れてしまい、金額が平均レベルの企業を選ぶのがバカ臭くなってしまうことになりがちです。

更に高金額=知識経験とは限りません。

全ての高額求人がそうではありませんが、日本国内企業の採用は未だに「人材」の搾取であり、決して「人財」を登用するレベルではありません。

働き方改革の関係でだいぶ良くなったように見受けられますが、実際はさほど変わっていません。

未だにブラック企業は存在します。

  • 入社時の金額は前職より上がったとしてもその後の昇給や実績評価があいまいで金額がそのまま変わらない
  • 管理者クラスでありがちなのは時間外労働が含まれた年俸制だったが、実際には時間外が多く時間拘束が異常に長い
  • 初年度は提示通りの金額だったが、その後業績が悪化し、逆に前職より収入が下がった

転職した結果陥ってしまったありがちな例です。

参考までに実際にあった例を以下に記載します。

実際採用された方の相談に乗らせていただきました。

その方は30代半ばで現場リーダー経験者でした。

工場長ではありませんでしたがとある製造メーカーの工程管理者の「30代で年俸800万から」といった求人に応募して採用されたました。

勤務時間は8:30~17:30でしたが、現場の管理をする関係上シフトにも入ることが必要であることがわかり、結局8:30~17:30、17:00~25:00の2交替制で就業することとなりました。

それだけならまだしも日勤の8:00開始シフトの日でも23:00頃まで仕事が終わらず、1日14時間以上の労働時間を強いられる結果となりました。

その内、オペレーターの人数が減って工程が維持できなくなるのを補填するために管理者が実際の現場シフトに入らなければならないことが度々発生し、現場作業が比較的重労働でもあったため、若い年代ならまだしも30代半ばのこの方には結構しんどい環境でした。

事実オペレーター社員はほぼ全員が20代前半で、2年以内に半分以上が入れ替わる状況でした。

キャリアを買われたのではなく、単なる労働力として雇われた(搾取された)残念な例です。

金額だけで決めてしまったこの方にも非はあります。

自身のスキルに見合わない収入アップはそれなりに裏があるリスクも想定してください。

何でもかんでも外国に倣う必要はありませんが、日本は、こと採用活動に関しての考え方をグローバルスタンダードに変えなくてはいけない時期だと考えています。

求人者側はだけではなく求職者側も意識を大きく変えることで、より良いマッチングが生まれ、収入も上向きが期待されます。

アップしなければならないのは金額だけ?

様々お伝えしましたがここでお伝えしたいのは、仕事上での収入は給与としての金額だけではなく、そこに置かれる状況や目指す将来像も影響してくるということ。

特にUターン転職時、同業種転職だったとして、地域格差により金額はダウンしてしまうケースが往々にしてあります。

物価や環境が違う分、生活する経費も低くて済むし、何より自分が意図的に示したキャリアパスです。

金額にこだわると前述のケースにハマってしまうリスクは多分にあります。

表には出てこない値段や金には代えられないこだわりを今一度探ってみることをエージェントとして強くお勧めします。

労働人口が減ってきている状況で企業もえり好みをしている場合ではないのも現状です。

が、その状況でも企業が欲しい条件は変わりません。

人が減る関係上、むしろ条件は厳しくなります。

人が減るということは少人数でいろいろなことをこなさなければなりません。

大量に採用して大量に切り捨てる今までの採用体質ではこなすことができません。

この部分を企業は今改め始めています。

それと並行して、転職希望者はそれに応えるべく自身の経験や実績を自らの責任で向上していかなければなりません。

もしかするとアップするのは金額(だけ)ではなく、自分自身のクオリティーなのではないでしょうか。

アップに見合う自分に成るべく、努力は惜しまずやることが収入アップにつながる一番の近道で、そのやり方は皆様の目指す方向によって様々です。

「工場長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  工場長の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  工場長の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
2位
テレビCM『条件は、今よりいい会社』でお馴染みのdoda。転職の条件を有利になるようサポートしてくれます。 公式サイト 公式サイト
業界第3位の転職エージェント。ハイクラス向けの転職支援を専門に行っています。 公式サイト 公式サイト
工場長などハイクラスな求人は、ここで紹介している転職エージェント経由で探すのが一番。非公開求人を多数抱えています。

関連キーワード

年収 工場求人

工場求人についてもっと深堀りした情報を見る

工場作業員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「工場作業員」というと大変そうなイメージがありますよね。会社によっては危険物を取り扱っていたり、重量物を扱っている場合もあります。そんな工場での仕事、実は私達の生活に深く携わっているとっても身近な仕事なんです。私達の着ている服や乗っている車、食べ物やたくさんの物。そんな、ありとあらゆる物が工場で作られています。工場作業員の仕事に興味を持った方、これから工場で作業員として働いてみたい方へ、工場作業員の求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。工場作業員のおおまかな仕事内容皆さんは工場の仕事というと、どういうイメージをお持ちでしょうか?工場作業員といっても、会

工場軽作業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場と言っても色々な種類の工場があります。ここでは、そうした工場の中でも特に軽作業を必要とする工場の求人についてご紹介したいと思います。工場の軽作業のおおまかな仕事内容工場内軽作業の仕事内容と募集方法工場における軽作業とは、どのようなものがあるのかをご紹介します。多くは、人手を必要とする簡単な仕事になります。例えば、「成形品のバリ取り」「ライン上での簡単な加工」「ライン上での選別作業」等が主な内容になります。このような作業を募集される場合には、「工場内軽作業募集」というような表題で募集が掲載されている場合が殆どです。多くの募集広告では「派遣会社」が募集しているケースが目立ちます。いわゆる「製造

工場の正社員求人の人気職種10選。やりがいがあるものから稼げる仕事まで!

ここでは、日本経済のエンジンである「工場」で正社員として働く場合、その工場の求人に対する人気職を10職種をご紹介します。とある研究所の発表では、一般家庭内のほぼ95%以上が何らかの「工場」で生産された物品にあふれているという結果も出ています。さらに今やインターネット通販なども活発化され、サーボス分野における工場も「配送工場」としてその存在意義が見直しされてきています。しかし、単に人気がある、つまり、応募数が多いだけで判断できないのがこの職種になります。応募者はそれぞれ自分にとって「ピン~!」と来る何かを必ず持っています。それが「やりがいを感じられそう」なのか、「給与が高くなりそう」なのか、また

工場への転職を成功させるためにやるべき3つのことや狙い目の工場、上手な転職方法を解説します

既に何らかの工場に勤務しているが別の工場へ転職をしたいと言う人のために、工場への転職についていろいろな側面から参考になる情報やアドバイスを行いたいと思います。転職について心の中で既に決めている人はもちろん、決めかねている人たちの為にも参考になればと思います。工場への転職を成功させるためにやるべき3つのこと転職するに際して、転職先での成功を期することは誰しも転職希望者であれば考えることです。そこでここでは転職して成功するためのキーワードやそれに基づいて行うべき事を3つに分けて紹介したいと思います。前職を引きずらないどのような職でもそうですが、前職を引きずっている人を良く見かけます。つまり、「前職

工場仕分け求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

タイトルとしては「工場仕分け」としましたが、作業場は工場併設の他に運送会社やアパレル関係の倉庫などもあるので、仕分けバイトは工場に限った話ではありません。仕事内容も、場所の違いでやることが大きく変わるわけではないので、併せて解説します。工場仕分けバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕分け作業にはピッキングと軽めの検品の作業があります。ピッキングは、指示内容通りに倉庫内を移動して、決められた箱に決められた物を納めていく仕事です。アナログな場合は納品書を見ながら行い、少しハイテクなところだとインカムで自動音声による指示がなされるため、それ通りに動きます。検品は、検品専門のバイトが別にあって

惣菜工場求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

惣菜と言うと家庭でお母さんが作るおかずのイメージではありませんか?和惣菜、洋惣菜、中華惣菜・・・それらを作る工場が惣菜工場です。スーパーやコンビニ、デパ地下でパックに詰められて販売されていたり、対面で量り売りされていますね。最近は「食」に対する世の中の関心が高く、アレルギー問題や原材料の産地偽造問題、賞味・消費期限改ざんのことなどさまざまなニュースが飛び交います。利益を追求するあまり、ルール違反をする業者が存在することは怒りを感じます。けれど、本当に「おいしいものを食卓に届けたい」「安全で安心な食品を作りたい」と真摯に商品を作り続けている人たちがいることも忘れてはならない事実。そういう人たちの

工場検査の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

工場の検品作業というと、単調な作業で退屈しそうなもの。ですが検品作業は商品点検の最後の要です。今回はそんな責任のある検品作業の仕事は、どんな人であれば向いているのか、その向き不向きについてご紹介いたします。工場検査ってどんな仕事?工場の検品作業とは、基本的には流れて来た商品に傷や不具合がないか点検する作業となります。作業こそは単調なものの、出荷する前の最後の点検となる為、非常に重要な作業となります。というのも、ここで不良品を流してしまうと、そのまま消費者に渡ってしまい、会社の信用を著しく落としてしまうことになるからです。出荷する商品によっては、些細な不具合が重大な事故を招く恐れもある為、製造す

工場日払い求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場や倉庫でのバイトは常時務められるものもありますが、日払いの場合は繁忙期や欠員補充などで日雇いのケースもあります。この場合、ド短期1日だけでも働けるので金欠のときはとてもありがたく、作業内容に比べて時給も高いことが多いです。本気でやれば1カ月の手取り20万円も夢ではない工場日払いバイトについて見てみましょう。工場日払いのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容工場といっても色々あります。体力をかなり使うような、重たい機材をベルトコンベアに乗せ続ける仕事などをイメージするかもしれませんが、パッケージが破れていないか、洋服にほつれがないかなどを検品する作業や、必要なもののピックアップ業務などもあるた

お菓子工場求人でよくある募集内容や仕事内容・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

学生からフリーターまで、幅広く働ける、お菓子工場のアルバイト。耳にしたことはあっても、実際のところは知らないし、大変だという噂もちらほら……今回は、そんなお菓子工場求人の派遣スタッフの実際について、詳しくお伝えします。お菓子工場での仕事内容お菓子工場といっても、扱う商品や担当する場所によって、仕事内容はさまざまです。例えば、チョコレート菓子の製造工場の場合、チョコレートを型に流す作業、固まったチョコレートの検品作業、個包装や箱詰めの作業、使用した器具の洗浄作業などがあります。そして、定番チョコ、ジャム入りチョコ、季節商品ごとに流れが変わってくるのです。だいたいの場合、その日のスタッフの数やノル

自動車工場の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

自動車工場というのは、基本的に給与の面において好待遇を約束されているという印象が世の中にはあります。ですが、実際の感覚では、これだけ働いたからちゃんとした対価を得るという、自信に満ち溢れた世界があるのも事実になります。自分の実績を上げていくというその成果が、美しい自動車として、世の中を走り回っているのをみるのは、感無量です。今回は、そんな自動車工場の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します。自動車工場の仕事はどんな仕事?自動車工場というのは、自動車の製品自体を作るところでもありますし、自動車自体の部品を作っているところでもあります。この就業形態は、直雇用