「工場作業員」というと大変そうなイメージがありますよね。

会社によっては危険物を取り扱っていたり、重量物を扱っている場合もあります。

そんな工場での仕事、実は私達の生活に深く携わっているとっても身近な仕事なんです。

私達の着ている服や乗っている車、食べ物やたくさんの物。

そんな、ありとあらゆる物が工場で作られています。

工場作業員の仕事に興味を持った方、これから工場で作業員として働いてみたい方へ、工場作業員の求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。

工場作業員のおおまかな仕事内容

皆さんは工場の仕事というと、どういうイメージをお持ちでしょうか?

工場作業員といっても、会社の業態や自分が携わるポジションによって作業が様々にあり、一口には括れない仕事です。

大変な仕事もあれば、とても簡単な仕事もたくさんあります。

選ぶ会社や職種によって難易度も変わる仕事なので、自分にあった仕事をシッカリと見極めたいものです。

ここでは、工場作業員の仕事を大まかに説明したいと思います。

おおまかな仕事内容とよく募集がある職種

工場の仕事の代表格として、製造業務のライン作業や機械オペレーター、検査業務やピッキング等が挙げられます。

これらの職のことを「生産工程職」と言い、募集もよく見かけます。

では、それら生産工程職のことをもう少し具体的に説明していきましょう。

製造業務

製造業務は大きく2つのパターンが代表的です。

ライン製造

一般的にイメージされる工場作業のイメージで強いのが、製造業務おけるライン作業だと思います。

ベルトコンベア上に流れてきた製品を加工する業務等がありますが、必ずしもそうではありません。

手作業によって行われるものや、工具などを利用しての作業、職場によっては力仕事の場合もあり、体力を要する場所もあれば、そうじゃない場所もあります。

機械オペレーター

また機械オペレーターといって、機械を使用しての製造業務があります。

一見難しそうな仕事ですが、作業の殆どがシステム化されており、材料の設置をしてボタンを押すと、あとは機械が自動的に動いてくれるといった作業がほとんどの為、機械の扱いを覚えればそこまで難しい作業ではないでしょう。

検査業務

生産工程を通過したものが、そのまますぐお客様の手元に届くわけではありません。

製品の傷の有無を確認する作業や、不具合を「探し出す」作業が検査の仕事です。

検査の種類として、目視検査・モニターチェック・分析補助などが挙げられます。

この検査の作業もライン化されているのが一般的で、目視だけの検査や機械を利用しての検査など、様々にあります。

軽作業に分類される検査の仕事ですが、ラインの稼働に合わせた検査が必要で、スピーディーかつ正確な作業が求められます。

製品によってはとても細かい所をチェックすることもあり、集中力がとても必要な仕事になります。

ピッキング(仕分け)

リストや伝票をもとに、該当する商品を取り出したり、保管するのが主な作業です。

一見簡単そうな作業ですが、扱う物によっては力仕事を用いられる場合もあります。

正確性や作業スピードを求められることが多く、製品に傷をつけないなど、物の扱いにも気を使わなければなりません。

工場作業員の雇用形態による違い

工場には様々な人が活躍しており、雇用形態も様々です。

勤務歴何十年というベテランの人達から未経験者まで幅広く、雇用形態によって担当するポジションが変わってくる場合もあります。

工場の仕事の求人は多種多様にあり、職場によっては年齢層も幅広いです。

また、作業場が男性が中心の職場や女性が多数活躍する職場、近年では外国籍の人達が活躍している職場も多数あります。

ここからは作業員の雇用形態による違いを見ていきましょう。

正社員

直接雇用されている正社員は、長い時間をかけての研修が行われている場合があるため、急な人員不足などに備えて、色々なポジションで仕事ができるようになるのが理想的と言えます。

他の雇用形態とは異なり責任も重い分、プライドを持って仕事ができるでしょう。

また、経験を積むことにより、現場のリーダーといった管理職として活躍できることもあり得ます。

一般的に終身雇用や賞与といった福利厚生が充実しており、生涯長く同じ会社で働きたいと思うのならば、正社員での作業者が一番良いと言えます。

契約期間に定めのある従業員

企業に直接雇用される、いわゆる「契約社員」の場合と、派遣会社に登録して派遣会社から企業に派遣される「派遣社員」の2つのパターンが主です。

共に契約期間に定めがあり、無期雇用ではありません。

契約の更新をする事で同じ職場で働き続けることができます。

工場では比較的多いタイプの働き方で、とても一般的です。

パート・アルバイト

企業から直雇用された働き方ですが、働く時間は上記の2つよりも少なく、また給料も低めですが、その分自由度は高めです。

主に主婦の方にお勧めの働き方です。

工場作業員の求人にはどんな種類があるの?

工場の仕事は求人案内等で簡単に探すことができます。

工場作業員の募集でよくある施設や事業形態のパターン

事業形態の特徴として代表的なものに、自動車関連や家電製品があります。

また食品関連や化粧品・薬品関連もよくある求人の一つです。

施設も工場の規模で大きく変わってきます。

例えば、小さな町工場では従業員数が数名程度の職場もあれば、大きい企業になると従業員数が何千と抱えている職場もあります。

食品工場等の場合、冷凍物を扱うために冷凍庫内で作業をする場合もあります。

工場作業員の求人でよくある募集内容とは?

なんとなく工場での仕事のイメージができてきたところで、今度は給与や福利厚生、あると便利な資格等を説明していきましょう。

給与相場

給与相場は職種や企業、雇用形態で変わってくるため一概には言えません。

ただ、資格手当等は直接雇用・派遣社員問わず付いてくる場合が多数と言えます。

正社員は賞与があるのが一般的ですが、契約社員や派遣社員には賞与はない場合がほとんどでしょう。

でも条件を満たせば、皆勤手当のような特別手当が付いてくる場合もあります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間も企業によってバラツキがあり、一概には言えません。

生産数の多い会社は日勤はもちろん、夜勤専属のワーカーがいる会社もあれば、交代勤務のある会社もあります。

土日休みの会社が多いですが、平日休みの会社もあったりと、様々です。

多忙期になると残業が増えてくる会社もありますが、企業によっては多忙期でもノー残業DAYといった、残業をしない日を設ける会社もあります。

福利厚生

各企業によって様々ですが、一般的に正社員の場合は、有給休暇や賞与といったものは充実しています。

また健康診断は基本的に、直接雇用の人だけでなく、派遣社員の人でも社内で受けられます。

その他、企業によっては作業服や安全靴、作業する際に必要な軍手や手袋などといった備品も支給されます。

勤務場所

日本全国いたるところに工場は点在しています。

工業の街として栄えているところには工業団地があり、様々な企業が構えているエリアもあります。

また企業によっては、職場近くに寮を構えている場合もあります。

遠方から住み込みで働きたい場合に寮などを活用することで、通勤時間や通勤にかかる費用を抑えることができます。

求められる人物像

全体的に、個性的な人よりは協調性のある真面目な人が求められる傾向にあります。

工場を稼働させる際、作業員皆が足並みを揃えて作業をすることで生産の効率を上げやすくなるためです。

また、前述したようにたくさんの人が働いているため、最低限のコミュニケーション能力も必要となってきます。

必要なスキルや資格、経験

工場には工場作業未経験の人でも活躍できる職場が多数あります。

ですが、資格を持っている事で任されるポジションも変わり、行動幅も広げられることが可能です。

工場でよく使われる代表的な資格は以下のモノです。

  • フォークリフト
  • 玉掛
  • クレーン
  • 危険物取扱

他にもたくさんの資格がありますが、上記の4つはとても需要があり、人気の資格です。

資格を取るにあたり難易度もそこまで難しくなく、比較的取りやすいのも魅力です。

現時点では持っていなくても、会社が積極的に資格取得の支援を行っているケースもあります。

それらを上手に利用することで、資格取得の出費を抑えることも可能です。

工場作業員のおすすめ求人のポイント

ある程度工場作業員についてを解してもらったところで、どのような求人がおすすめなのか解説します。

自分に向いている仕事の求人

工場作業員は多種多様な仕事があるため、自分に向いていそうな仕事をある程度把握しておく事で、仕事の取り組みやすさが変わってきます。

夜勤や残業の有無

たくさんお金を稼ぎたい人は、夜勤勤務のある会社や残業がたくさんある会社を選ぶのがお勧めです。

正社員登用制度がある求人

企業によっては、契約社員でも派遣社員でも真面目に働ける人は、正社員としての直接雇用を取っている会社もあります。

未経験からでも腰をおろして将来的に長く働きたい人には、契約社員や派遣社員を入り口として働く事で、働きながら職場の雰囲気を掴むことも可能です。

自分にあった工場作業員の求人の選び方や注意点

【選び方①】雇用形態から探す

企業からの直接雇用か、派遣会社に登録しての派遣社員なのか、大きく分けてこの2つになります。

直接雇用は正社員・契約社員・パート/アルバイト、それ以外は派遣社員が一般的です。

雇用形態により、待遇は大きく変わってきますし、お給料も違ってきます。

同じ工場の求人で、派遣社員・契約社員などでそれぞれ求人が出されている場合は特に、求人内容をよく読んで、自分に合った雇用形態に応募するようにしましょう。

【選び方②】職種から探す

工場の仕事には前述したように様々な会社があり、それぞれの会社で全く作業内容が異なるため、職種は気になるところです。

機械オペレーターや資格を活用しての職種は、主に経験者向きで、経験者には比較的仕事に取り組みやすいです。

一方、工場作業が未経験の人はライン作業等がお勧めです。

【選び方③】会社の業態から考える

例えば同じ製造業でも、車を作る企業や家電製品を作る企業、小型の製品(例えば化粧品等)や食品…ありとあらゆるものがあり、会社によっては作業環境が大きく変わってきます。

重量物を扱う職場などは、近年では作業効率を良くするために機械の導入を用いての作業が増えましたが、力仕事を強いられる場合もあるため、体力に自信のある人に向いていると言えるでしょう。

小型の物を扱う製品工場などはあまり力仕事を強いられることはないです。

食品や化学製品等を扱う会社は衛生面等を考慮して、身だしなみの厳しいところが多いです。

また食品関連に至っては、寒い冷凍庫内での作業がある場合もあります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与は雇用形態や職種・会社の業態によってバラツキがあります。

正社員で管理職となれば年収も高額になってきます。

契約社員は雇用期間に定めがあるものの、一般的な正社員とほぼ同様の給与を貰える傾向にあります。

一方で派遣社員・パート・アルバイトは時給制の為、「働いた時間×時給」が所得になります。

また、期間工として働く場合には、期間従業員専用の寮などを利用できる場合があり、企業もしくは派遣会社が家賃を負担してくれる場合もあります。

ただし、全額負担なのか一部負担なのかはケースバイケースで、バラツキがあるため、契約の際に契約書をよく確認しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

自分が暮らしている場所の近くで求人を探している場合、通勤にあまり時間がかからないのがメリットです。

特に自分で車や自転車・バイク等を所有している方は通勤に便利です。

その他、地域によっては駅から工業団地方面のバスが出ていたり、企業によっては従業員専用のバスが出ている場合もあります。

一方で、地元から出て遠方で働きたい場合などは、期間工として遠方で探すのもお勧めです。

期間工の場合、寮の貸出の際にかかる出費を会社側が負担してくれる場合もあります。

工場作業員に求められる役割とは?

工場には色々な事業形態があり、沢山の人達が働いています。

作業員に求められる役割も、職場の環境や作業者のレベルによって様々です。

基本的に工場の仕事は、円滑に進める為に業務内容が細分化されており、同じ作業の繰り返しが多いです。

その為、地味な作業でも集中しながら根気強くこなしていけるかどうかは、重要なポイントになってきます。

その他、工業系の学校などを卒業された人、資格や経験のある人は特定のポジションを任される事もあります。

工場の作業場は徹底したマニュアルが設けられ、マニュアルに沿った作業を行うことで、効率よく製品を生産することができます。

注意点

契約内容は、よく確認しましょう。

また、ずっと立ったままの状態で行う作業や、重量物を持ち上げる作業などは体への負担も大きいので、注意が必要です。

交代勤務のある場合は生活リズムの乱れが生じることもありますので、十分な体調管理をする必要があります。

工場作業員についてよくある疑問

工場作業員について、よくある疑問にお答えします。

派遣社員と契約社員で仕事内容に違いはある?

派遣社員は即戦力として企業側から求められる事が多いため、簡単かつ重要な仕事は派遣社員に回す傾向があります。

ずっと同じ作業を続けるの?

ライン作業は同じ作業の繰り返しが基本ですが、一箇所のポジションをずっと任せられる場合もあれば、日によってポジションの変更がある会社もたくさんあります。

まとめ

簡単にですが、工場作業員の説明をさせていただきました。

いかがでしたか?

前述したように工場には様々な仕事があり、沢山の人達が活躍しています。

そうした作業者のおかげで日本は成り立っていると言えますね。

皆さんも工場での物づくりに携わってみてはいかかでしょうか?


関連キーワード

工場求人

工場求人についてもっと深堀りした情報を見る

工場軽作業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場と言っても色々な種類の工場があります。ここでは、そうした工場の中でも特に軽作業を必要とする工場の求人についてご紹介したいと思います。工場の軽作業のおおまかな仕事内容工場内軽作業の仕事内容と募集方法工場における軽作業とは、どのようなものがあるのかをご紹介します。多くは、人手を必要とする簡単な仕事になります。例えば、「成形品のバリ取り」「ライン上での簡単な加工」「ライン上での選別作業」等が主な内容になります。このような作業を募集される場合には、「工場内軽作業募集」というような表題で募集が掲載されている場合が殆どです。多くの募集広告では「派遣会社」が募集しているケースが目立ちます。いわゆる「製造

工場の正社員求人の人気職種10選。やりがいがあるものから稼げる仕事まで!

ここでは、日本経済のエンジンである「工場」で正社員として働く場合、その工場の求人に対する人気職を10職種をご紹介します。とある研究所の発表では、一般家庭内のほぼ95%以上が何らかの「工場」で生産された物品にあふれているという結果も出ています。さらに今やインターネット通販なども活発化され、サーボス分野における工場も「配送工場」としてその存在意義が見直しされてきています。しかし、単に人気がある、つまり、応募数が多いだけで判断できないのがこの職種になります。応募者はそれぞれ自分にとって「ピン~!」と来る何かを必ず持っています。それが「やりがいを感じられそう」なのか、「給与が高くなりそう」なのか、また

工場への転職を成功させるためにやるべき3つのことや狙い目の工場、上手な転職方法を解説します

既に何らかの工場に勤務しているが別の工場へ転職をしたいと言う人のために、工場への転職についていろいろな側面から参考になる情報やアドバイスを行いたいと思います。転職について心の中で既に決めている人はもちろん、決めかねている人たちの為にも参考になればと思います。工場への転職を成功させるためにやるべき3つのこと転職するに際して、転職先での成功を期することは誰しも転職希望者であれば考えることです。そこでここでは転職して成功するためのキーワードやそれに基づいて行うべき事を3つに分けて紹介したいと思います。前職を引きずらないどのような職でもそうですが、前職を引きずっている人を良く見かけます。つまり、「前職

工場仕分け求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

タイトルとしては「工場仕分け」としましたが、作業場は工場併設の他に運送会社やアパレル関係の倉庫などもあるので、仕分けバイトは工場に限った話ではありません。仕事内容も、場所の違いでやることが大きく変わるわけではないので、併せて解説します。工場仕分けバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕分け作業にはピッキングと軽めの検品の作業があります。ピッキングは、指示内容通りに倉庫内を移動して、決められた箱に決められた物を納めていく仕事です。アナログな場合は納品書を見ながら行い、少しハイテクなところだとインカムで自動音声による指示がなされるため、それ通りに動きます。検品は、検品専門のバイトが別にあって

惣菜工場求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

惣菜と言うと家庭でお母さんが作るおかずのイメージではありませんか?和惣菜、洋惣菜、中華惣菜・・・それらを作る工場が惣菜工場です。スーパーやコンビニ、デパ地下でパックに詰められて販売されていたり、対面で量り売りされていますね。最近は「食」に対する世の中の関心が高く、アレルギー問題や原材料の産地偽造問題、賞味・消費期限改ざんのことなどさまざまなニュースが飛び交います。利益を追求するあまり、ルール違反をする業者が存在することは怒りを感じます。けれど、本当に「おいしいものを食卓に届けたい」「安全で安心な食品を作りたい」と真摯に商品を作り続けている人たちがいることも忘れてはならない事実。そういう人たちの

工場検査の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

工場の検品作業というと、単調な作業で退屈しそうなもの。ですが検品作業は商品点検の最後の要です。今回はそんな責任のある検品作業の仕事は、どんな人であれば向いているのか、その向き不向きについてご紹介いたします。工場検査ってどんな仕事?工場の検品作業とは、基本的には流れて来た商品に傷や不具合がないか点検する作業となります。作業こそは単調なものの、出荷する前の最後の点検となる為、非常に重要な作業となります。というのも、ここで不良品を流してしまうと、そのまま消費者に渡ってしまい、会社の信用を著しく落としてしまうことになるからです。出荷する商品によっては、些細な不具合が重大な事故を招く恐れもある為、製造す

工場日払い求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場や倉庫でのバイトは常時務められるものもありますが、日払いの場合は繁忙期や欠員補充などで日雇いのケースもあります。この場合、ド短期1日だけでも働けるので金欠のときはとてもありがたく、作業内容に比べて時給も高いことが多いです。本気でやれば1カ月の手取り20万円も夢ではない工場日払いバイトについて見てみましょう。工場日払いのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容工場といっても色々あります。体力をかなり使うような、重たい機材をベルトコンベアに乗せ続ける仕事などをイメージするかもしれませんが、パッケージが破れていないか、洋服にほつれがないかなどを検品する作業や、必要なもののピックアップ業務などもあるた

お菓子工場求人でよくある募集内容や仕事内容・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

学生からフリーターまで、幅広く働ける、お菓子工場のアルバイト。耳にしたことはあっても、実際のところは知らないし、大変だという噂もちらほら……今回は、そんなお菓子工場求人の派遣スタッフの実際について、詳しくお伝えします。お菓子工場での仕事内容お菓子工場といっても、扱う商品や担当する場所によって、仕事内容はさまざまです。例えば、チョコレート菓子の製造工場の場合、チョコレートを型に流す作業、固まったチョコレートの検品作業、個包装や箱詰めの作業、使用した器具の洗浄作業などがあります。そして、定番チョコ、ジャム入りチョコ、季節商品ごとに流れが変わってくるのです。だいたいの場合、その日のスタッフの数やノル

自動車工場の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

自動車工場というのは、基本的に給与の面において好待遇を約束されているという印象が世の中にはあります。ですが、実際の感覚では、これだけ働いたからちゃんとした対価を得るという、自信に満ち溢れた世界があるのも事実になります。自分の実績を上げていくというその成果が、美しい自動車として、世の中を走り回っているのをみるのは、感無量です。今回は、そんな自動車工場の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します。自動車工場の仕事はどんな仕事?自動車工場というのは、自動車の製品自体を作るところでもありますし、自動車自体の部品を作っているところでもあります。この就業形態は、直雇用

石川の工場求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な工場・エリア・年収相場を解説します

今では、インターネットで多くの求人を閲覧することができます。今回は、石川県の工場求人に絞って、具体的にどのような工場、エリア、年収相場を理解して選択すると、より良い工場求人を見つけられるのか、そのポイントをご紹介しますね。石川の工場求人のおすすめ募集内容の特徴工場求人ならどこでも良いという気持ちで探すのだけはやめておきましょう。石川県の場合は、色々な工場求人が出ていますので、長続きしそうなものを選ぶだけでなく、自分の性格、経験を活かせるものを探すようにしたほうが、何かと得をすることも多くなりますよ。シフトが2交代制のものはオススメ工場求人のシフトは3交代制が多いです。しかし、3交代制の場合は仕