求人募集で見かけることも多く、時給が高いところや条件のいいところもよくあり気になりやすいのが部品検査のお仕事です。

でも、あまり身近でなくどういった内容の仕事なのか分からない方も多いですよね。

部品検査求人の仕事内容から選び方まで、部品検査のお仕事についてご紹介します。

部品検査の求人のおおまかな仕事内容

まずはよくある仕事内容や会社での役割を見てみましょう。

おおまかな仕事内容

おおまかにいえばやっぱり検査をするお仕事です。

電子機器メーカーや金属加工工場などでの募集がよく見られ、部品を製造する過程で問題がないかをチェックする工程になります。

最終検査もありますし、入ってきた部品を最初に検査する場合や途中でのチェックもあります。

肉眼やルーペを使う目視検査から機械チェックまで検査の仕方も様々です。

部品検査の求人は会社でどういう役割を求められる?

最終チェックであれば商品を発送する前の最後の砦ですから、特に精密な検査が求められます。

返品やクレームにも直結する大事な検査です。

最初の検査であれば終わらなければ次の仕事が回らない製造のスタート地点として、途中であれば製造工程の一部と考えられる傾向にあります。

部品検査の求人にはどんな種類があるの?

部品検査の求人にはどんな種類があるのかも見てみましょう。

部品検査の求人募集でよくある施設や事業形態のパターン

メーカーの工場

個人の工場での募集も見られますが、各種製造メーカーの工場がやはり多いです。

電子機器から工具などの部品、その他どんな部品であっても検査という過程は必要になります。

検査と一緒に梱包やその他業務も担うことが多いです。

自動車工場

自動車工場の集まる地域では特にこちらの求人がよく見られます。

部品も様々で検査と一口に言っても色々な部署が別個で募集をかけているところもあります。

部品検査の求人募集でよくある職種

目視検査

肉眼もしくはルーペを使った検査です。

部品が足りているかであったり、加工後であればきちんと加工が終わっているか、おかしなものが混じっていないかを判別していきます。

最終検査であれば傷がないか、商品として悪いものでないかをよく見ます。

寸法検査

機材を使って寸法通りに作られているかを確認する検査です。

厚さであったり長さであったり、たとえ機械で作ったとしても少しのずれで図面通りに作れていないことはありますので、悪いものをはぶいていきます。

機械検査

電気がきちんと流れるかや、磁力が残っていないかなどの検査項目に対応します。

パソコンに数値を取り込んでデータ化するものもあります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

部品検査というくくりだけでは随分幅があります。

興味のある職種で選んでもいいですし、検査と一緒に他の仕事もするかどうかも確認してもいいでしょう。

工場の規模や待遇もしっかり見ておきたいですね。

部品検査の求人でよくある募集内容とは?

部品検査の求人ではこんな募集がよくあります。

給与相場

検査といっても様々なので給与にも幅があります。

検査のみよりも、検査をデータ化して分析する作業があったり、あるいは機械を使うなど多少難しい検査だと給与が上がりやすい傾向にあります。

勤務時間や休日、残業

工場の稼働時間内に検査も一緒に行われるのが基本です。

そのため土日休みで実働8時間の募集が多いですね。

自動車工場などではシフト制で24時間体制を取っているところもあるようです。

残業は企業により様々ですが繁忙期がある工場も少なくはないようです。

福利厚生

大きな工場だと福利厚生がしっかりしているところも多いです。

ただ部品製造工場には小さな個人経営の工場も多数あるので、そちらは例えば住宅手当などの各種手当がつかないこともよく見られます。

工場内という作業環境上怪我の恐れがあるので、保険関係はきちんとしている傾向にあります。

勤務場所

工場勤務が基本です。

同じ検査担当が複数人居る場合もあれば一人だけのこともあるでしょう。

ただ、工場自体にはある程度以上の人数がいて明るい職場であることも多いです。

求められる人物像

求められる人物像は以下のような人になります。

細かい作業が好きな人

小さな部品を取り扱うことが多いので、細かい作業が好きな人が向いています。

検査と一緒に梱包などが行われることもあり、手先の器用さもある程度求められます。

同じ作業を集中して続けることが出来る人

単純作業が続く職場が大半です。

しかし検査という性質上間違いがあっては困りますので、同じ作業であっても手を抜かず集中し続けられる人が求められます。

身体が強張ったり疲れ目になる方も多いお仕事です。

柔軟性のある人

工場では手が空いたら他の作業をしてほしい、ということもよくあるので検査しかできない、という人よりも柔軟に色々な業務に対応できる人が求められます。

ただ、特に大きな工場では本当に検査しかしないというところもあります。

必要なスキルや資格、経験

特別な資格や経験・スキル不問での求人が大半です。

中には年齢まですべて不問の求人もあります。

今までまったく別の業界にいた方が転職することも多いようです。

部品検査のおすすめ求人のポイント

部品検査の求人を選ぶのなら以下のようなポイントを特に気にしてみてください。

募集欄にも書いてあることが多いです。

福利厚生がしっかりしている

どちらかと言えば大きな工場のほうがこの条件に当てはまることが多いです。

工場勤務の中には給与も低く福利厚生もあまりよくないという募集も存在します。

そういったところは会社にお金がないことも多く、従業員が大切にされていない可能性があります。

福利厚生がしっかりしているところは従業員を大切にしている会社の傾向にありますから、しっかり確認しておきましょう。

賞与・ボーナスの実績がある

もちろん給与面で嬉しいということもありますが、特に毎年賞与やボーナスの実績が記載されているところは、工場として常に一定の売り上げを上げている可能性が高く将来性にも期待が持てます。

工場は潰れたり従業員を減らすことも多いですから、なるべく安定したところを選べるように見極めていきましょう。

まとめ

部品検査の求人についてお伝えしました。

部品検査は他の業務とセットになっていることも多いですが、様々な募集がある求人です。

自分に合った働き方や待遇のいい職場をぜひ見つけてみてくださいね。