工場という社内の関係者しかいない空間での仕事となると、そういった空間独自の人間関係のトラブルというものがあります。

今回はそんな工場の人間関係のストレスについてお話ししましょう。

工場の人間関係の特色や、他の仕事の人間関係との違いにはどんなものがあるの?

工場という世間の目の届かない空間での仕事となると、基本的に私語を気軽にできてしまう環境となります。

また、派手なヘアスタイルやピアスといった、世間一般ではNGとされるようなオシャレも許される環境となり、ある程度の自由が許されることから、それぞれの人間性が比較的現されやすい環境と言えるでしょう。

そういった環境ではどんな人間関係での問題が生じ、どんなストレスを受けるのか。

工場勤務での経験を基にお話ししましょう。

工場の人間関係の特色

上記でも述べた通り、工場は世間の目の行き届かない空間での仕事となる為、色んな点で自由が利く職場となります。

その為、コミュニケーションに問題がある人でも就業できてしまうことから、接客業が務まらないような人が集まる傾向にあります。

そうなると発生する問題が、本来就業することができないほど性格に問題のある人が入社してきてしまうという点です。

例えば、ちょっとしたことですぐに怒り出し言葉が荒くなる人や、頭が回らず全く仕事のできない人、無精髭やぼさぼさの頭といった清潔感がない人、常識がない発言などで周りを不愉快にさせる人など、その性格上の問題点は様々です。

そういった人が多い職場環境であれば当然、人間関係の問題も多発しますし、通常の職場ではありえないようなことも起こります。

参考までに、実際に発生した問題をいくつかお話ししましょう。

  • その人のミスで機械が煙を上げて燃え出し、その修理を上司がしている横で、ミスをした本人がゴルフのスイングをして寛いでいる
  • 仕事のミスを少し注意しただけでキレだし、仕事を放棄して帰ってしまう
  • お昼休みのタイミングで逃げ出し、そのまま音信不通
  • 新人さんに仕事の指示を出すと、「それはやる必要ない」と仕事を拒否

上記はほんの一部ですが、どれもこれも通常の常識を持った社会人であれば起こり得ないものばかりではないでしょうか。

しかし、こういったことが工場の現場では実際によく起こります。

そうなれば、通常では受けないようなストレスが発生することを想像するのは、容易かと思います。

他の仕事の人間関係との違い

工場で発生する人間関係の問題で、他の仕事では起こり得ないだろうことの例をもう一つ挙げると、一番多いのは距離感の問題ではない科と思います。

世間の目のない空間となると私語が自由に出来てしまう為、人によってはどうしても距離感が近くなることがあります。

そして、それが昼休みともなればもう迷惑なほど距離感が近くなることもあり、それが非常識な人ともなると、面倒この上ない事態になります。

例えば、空気を読まずにプライベートに踏み込んできて色んな誘いをしてきたり、聞きたくもない悩み相談を受けたり、自分が尊敬する上司への理不尽な愚痴を聞かされたりなど、友達であればフェードアウトしながら関係を断ちたくなるようなものばかりです。

しかし、工場という職種の性質上、そういったことは日常茶飯事のように起こります。

「ここはそういう場所なんだ」と割り切れる器用さがないと、工場での人間関係は上手く渡っていけません。

また、基本的に工場の作業はラインに沿った連携作業となる為、どこかで遅延が発生すると全体の作業がストップしてしまうことになります。

それが何度も続くとどんどん作業が遅れてしまい、残業時間が間延びしてしまったり、最悪休日出勤といったことにもつながります。

そうなれば同僚に迷惑をかけてしまうことになり、結果肩身の狭い思いをすることになります。

工場にはどこも雇ってくれなかったような問題を抱えた人がよく入社してきますが、そういった人は結果的に肩身の狭い思いをし、工場にすらいられなくなるといったことにもなりかねません。

社会人である以上、仕事ができない人が肩身の狭い思いをするのは仕方ないことでもありますが、工場はそれが顕著に出て目立ってしまう職場でもあります。

工場の人間関係でストレスに感じることとは?

工場ではどのようなストレス問題が発生しやすいのか。

工場での人間関係でよく起こり得る問題についていくつかご紹介しましょう。

とにかく学校のような環境

一番起こり得るのは、学校で経験したような人間関係の問題ではないでしょうか。

工場という空間は基本的に周りが田舎、もしくは郊外の人里離れた地域の為、お昼休みも基本的には休憩所か食堂で過ごすことが多いです。

そして仕事の最中も基本的には同じエリアで、同じ仲間たちと共通の作業をすることになります。

その環境はまさに学校の人間関係に似たものがあり、ついでに言えばお昼休みのチャイムは学校で聞いたチャイムと全く同じものの為、雰囲気まで学校と似ているところもあります。

となれば、発生する人間関係の問題も学校で起こり得るものに似た問題が多く、学生時代に苦い思いをしている人にとっては非常に居心地の悪いものでしょう。

距離感が近い

上記でも一部話しましたが、工場での人間関係はとにかく距離感が近くなってしまいます。

それは世間の目が届かないといった環境がそうさせてしまうところもありますが、常識のある大人であれば問題ないものの、コミュニケーションに問題のある人にそれをやられてしまうと、なかなかかわせないトラブルの元となってしまいます。

特に昼休みともなると周りに飲食店がないことから逃げ場所がなく、そんな環境で空気の読めない人が近づいてこようものならもう、めんどくさい以外の何物でもありません。

その先はご想像にお任せします。

ビジネスの上での常識がない

工場には、その仕事の単純性と人手不足から、他では働けないような非常識な人がよく入社してきます。

その為、挨拶をしない、仕事でメモをとらないなどは当たり前で、同じミスを何度もしても謝らなかったり、上司や先輩を敬わない言動や行動が目立ったりなど、ビジネスマナーのない人による問題が多発します。

通常の社会の場では起こり得ないような問題ばかりの為対処も難しく、理不尽この上ないことが原因のため、解消しにくいストレスが多く発生してしまう傾向にあります。

ロボットのような感覚になる

単調な作業が続く仕事となる為、それが何か月も続くと、まるで自分がロボットになったような感覚に陥ることがあります。

そんな状況でプライベートでも何も楽しいことがないと、ほとんど人間としての感覚がなくなってしまします。

そこからうつになってしまう人もいる為、この問題は深刻な問題でもあります。

やはり、仕事にはやりがいがないとそこに存在意義を感じられないもの。

ましてや感情が死んだ状態でロボットのように働いていると、その症状も進行してしまう為、そこには人との交わりや温かみは必要なようです。

工場の人間関係でストレスに感じることへの対処方法とは?

上記で説明したような問題に対して、どのような対処方法をとれば極力ストレスを受けずに過ごせるでしょうか。

私自身が実際に対処に成功した例をいくつかご紹介します。

絶対に連絡先は交換しない

特に非常識な人と連絡先を交換してしまうと、もう収集がつきません。

その為空気を読めずに距離を縮めてくる人とは、連絡先を交換するようなシチュエーションは絶対に作らないようにすることを心掛ける必要があります。

例えば、その人と共通の趣味が発覚しても絶対にその話をしない、そもそもプライベートな話をその人の近くではしないなど、お近づきになるような流れはわずかでもないように工夫することが、無駄なトラブルを生まないコツとなります。

絶対に感情的になって注意しない

ただでさえ常識の通用しない人です。

そんな人にこちらも感情的になって注意しても絶対に通じるわけがなく、火に油を注いでしまう結果にしかなりません。

その為、何か問題が発生して注意する時は、なるべく穏やかに、そして小学生をあやす様に優しく対応する必要があります。

非常識な人は小学生のようにわがままで、ちょっとしたことで短気に怒り出します。

その為、「相手は子供なんだ」という認識の元対応しなければ、いらぬもめ事を起こしてしまうでしょう。

少しやりすぎのようにも感じますが、それほど工場に入社してくる人の中には非常識な人が紛れ込んでいます。

仲の良い人を厳選して飲みに行く

味方がいればいるほど、職場で何か理不尽な問題が発生したとしても、フォローをしてくれたり、裏で愚痴を聞いてくれたりなど支えになってくれます。

これが経験上最も支えになったことでもあります。

それほど同じ価値観を持った仲間は心強いものです。

稼いだお金でプライベートを充実させる

工場の仕事はある程度高給となるケースが多い為、一人暮らしであれば、ある程度は遊んで過ごせる余裕があります。

しかし稼いだお金を全く消費せず、ただただ貯金に費やす生活をし、その生活が何年も続いてしまうと、まるで生きている感覚がなくなってしまいます。

というのも、工場の仕事は非常に単調な作業が多く、また人と接する機会もあまりない為、プライベートを充実させなければ人として生きている実感をあまり感じられなくなりがちです。

そんな生活を続けていると、自分も気付かぬうちにうつ病になっているケースも珍しくない為、適度に遊んでストレスを発散することをおすすめします。

工場の人間関係のストレスをかわすために知っておきたいこと

距離の近い人を把握しておく

工場という環境はどうしても、仲間同士の距離感が近くなってしまう傾向にあります。

そんな中で仕事の枠を超えてプライベートに入り込んでくる人も珍しくない為、自分のプライベートを侵されたくないのであれば、事前にその傾向にある人を把握しておくのも一つの手です。

例えば、少しでも趣味が合うとすぐに家に誘う人、そんなに仲良くないのに恋愛の相談をしてくる人などは要注意です。

世間一般の常識を持ち合わせていなく、なんの躊躇もなく踏み込んでくることが多い傾向にあります。

事前にそういった人を発見していた場合は昼休みなどはほどよい距離感を持って過ごしましょう。

自分のプライベートを話しすぎない

自分の私生活や環境について話しすぎてしまうと、何かあった際に都合のいい断り文句を使うことができなくなります。

社交辞令を使えないということはそれだけ何かの誘いを断れないということ。

特にプライベートを大事にしたい人は、「今日は外せない用事がある」といった言い訳を使えるよう、あまり私生活を話さないような対策をとっておきましょう。

短気な人はなるべく放っておく

工場にはコミュニケーションがうまくとれない人が集まりやすい傾向にあります。

また、体育会系で直情的な人が比較的多い傾向もある為、中には極端に短気な人が入社してくることも珍しくありません。

そんな人が入ってきた際は、基本的に注意は必要最低限にしましょう。

細かいところまで注意してしまうと感情的になり仕事を放棄してしまったり、不機嫌になって全く指示を聞かなくなったりすることも珍しくない為、結局は自分が損するだけとなる場合もあります。

そんな相手には、普段よりも大きな心を持って、ちょっとしたことくらいでは注意せずさらっとフォローをしておく。

それくらいの距離感や対応方法の方が結果的に現場が円滑に回りますし、何よりいらないトラブルは避けられ、余計なストレスを感じることもありません。

どうしてもいら立つ時は、同じ気持ちの同僚と飲みにでもいって愚痴を聞いてもらうのが一番です。

そうやっていらない争いは極力避けていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仕事をしていれば理不尽な問題に直面するのはどの職場でも起こり得ることですが、工場は人間関係の問題が突出して起こりやすい現場であることは、おわかりいただけたのではないでしょうか。

どこも雇ってくれないような人も入社しやすい職場の為、そういったことが起こりやすいのですが、慣れてくれば自然とストレスをかわす技も身につきますし、そういった技はどこかへ転職する機会があったとしても役立ちます。

また、現在工場で勤めている人で同じく非常識な人への対応に困っている人がいれば、ここでの情報が何かの役に立てればと思います。


関連キーワード

工場求人