今回は、工場での勤務経験がある筆者が、工場の仕事に向いている人、向いていない人についてご紹介します。

また、これから工場で働きたいという人のために、どのようなキャリアを有していると、工場の求人応募で評価されやすいのか、そのような情報を基本的な情報だけでなく、経験に基づく情報も含めてご紹介しますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

工場はどんな仕事?

工場内作業員は、作業現場に応じた仕事をこなすことが最も重要となります。

そのため、ライン工と呼ばれる仕事に就き、ラインの状態に応じた作業を行わないといけません。

例えば、マシンオペレーターと呼ばれるマシンを操作するライン工、もしくは検査、修理などを行うライン工に分かれて仕事を行う形式が一般的です。

工場の大まかな仕事内容

定められた時間内で、適切に作業を行わないといけません。

といっても、作業のほとんどはマシンによる半自動化と思って問題ありません。

そのため、仕事に及ぶ際はマシンの電源を入れる、マシンの点検を行う、マシンで処理する部品が配置、設置されているかを確認するといった、このような仕事内容を任されることが多いです。

仕事上の役割とは?

工場内作業員の仕事は、マシン管理にあると言っても過言ではありません。

そのため、マシンの動きが怪しくなった際は、どのラインがとまっているのかを確認する、修理できそうであれば自分の手で修理する、難しい場合はメンテナンス作業員に任せるという形で、ラインそのものを機能させないといけません。

ただ、難しい知識を習得している必要は無いので、仕事のほとんどは1ヶ月以内に習得できることが多いです。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

工場の仕事はどんな人に向いている?

工場内作業員というと、今まで経験を積まれたことがない人ほど、自分は本当に工場内作業員に向いているのかと悩むこともあります。

ですが、仕事自体は難しくありませんので、むしろ、コミュニケーション能力が高い人ほど向いている仕事と言えます。

工場内作業員という職種のため、人によっては、孤独に仕事を行うのではないかと勘違いされる人もいますが、実際は、上司、同僚と何度も打ち合わせを行ってから、ようやくラインが稼働するようになるので、チームで仕事を進めていくことのほうが多いのです。

黙々と集中できる人

工場内作業員のシフトには、日勤、夜勤、深夜勤の3つのシフトがあります。

夜勤、深夜勤を任されるようになると、ライン工の仕事のほとんどはマイペースに行えるようになります。

周りに自分の仕事を手伝ってくれる人がいないので、深夜勤の場合は、マシンの音しか聴こえてこないこともありますし、ハッキリと言って暇だと感じる時間が多く出てくるのです。

そのため、時間をあまり気にせずマイペースで働ける人、黙々と仕事に集中できる人ほど、工場内作業員向きの性格と言えるでしょう。

飽きっぽくない人

仕事内容についてですが、仕事内容が短期間で何度も変わるということはありません。

また、工場内作業員の仕事そのものは人気が高いため、仕事を辞めてしまう人も少ないという特徴があります。

つまり、仕事内容が変わりづらい、職場そのものの雰囲気も変化することがほとんど無いので、飽きっぽくない性格の人ほど、工場内作業員の仕事を楽に感じるでしょう。

学習を嫌がらない人

工場内作業員の仕事は、仕事内容がほとんど変わらないという特徴もありますが、だからといって同じ仕事を繰り返すだけではありません。

というのも、チームリーダー、上司としての役職(班長、係長など)へと昇格していくことが多いからです。

工場内作業員の場合、A1、A2のように番号などで役職が管理されており、そのため、昇格しているという実感を得ることが難しいです。

ですが、任された仕事をキッチリとこなせる人、さらに、必要に応じて学習を進める意欲がある人ほど、工場内作業員として昇格していきやすくなるため、学習を嫌がらない人の場合、将来性も含めて、工場内作業員向きの人物と言えるのです。

また、学習と言っても工場内マニュアルの勉強を進めるという意味になります。

工場内では地位が高くなるほど、任される部署、もしくは部署同士のコミュニケーションに参加しないといけませんし、取り扱うマシン、部品、薬品の種類も増えていくのです。

なので、これらの学習を嫌がらない人であれば、工場内作業員向きの人ですし、なにより給与にも能力が反映されやすくなります。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

工場の仕事で活かせる経験

倉庫内作業員、マシンオペレーターの経験が少しあるだけで、経験ありという判断をもらえることがあります。

また、3ヶ月程度の勤務実績でも問題ありません。

なので、短期間のアルバイト、派遣社員としての勤務があった場合、そのことを卑下する必要は無いのです。

人にもよりますが、求人応募を難しく考えてしまい、実績は資格ありきで判断する人もいます。

ですが、前述の倉庫内作業員、マシンオペレーターは無資格でも仕事を覚えられますし、実績を積むことができるのです。

なので、少しでも経験があるのであれば、そのことをしっかりとアピールするようにしましょう。

倉庫内作業員が評価される理由

倉庫内作業員は、工場内作業員とかなり仕事内容が酷似しています。

というのも、限られたスペースで仕事を進めないといけませんし、なによりほとんどの仕事を1人でこなさないといけないからです。

このような仕事内容は、人によっては耐えられないと感じることもあるため、長期間の作業に対応できている人ほど、工場内作業員として適格な人物と評価されるのです。

また、仕事そのものが地味というところも似ています。

倉庫内作業員の場合、商品を箱詰めする、箱詰めを終えた後はラベルを貼る、発送するためにトラックに積み込む、カートに積み込むといった仕事をこなします。

工場内作業員の場合も、マシンオペレーターとしてマシンを管理する、定められたロット分の生産を終えるといった地味な仕事が多いです。

共通点として、地味な仕事を実直にこなすことができない人の場合、良く仕事でミスしてばかりという状況に陥ります。

そのため、倉庫内作業員の経験を高く評価してくれる求人も存在するのです。

販売業務の経験

工場内作業員は、適度なコミュニケーションも要求されますので、人とのコミュニケーションが上手な人ほど評価されます。

例えば、販売業務などで苦労することが少なかった、販売業務に従事していた期間が長いという人であれば、面接で高評価を得られるかもしれません。

というのも、現代人のコミュニケーション能力は、年々下がってきている状況だからです。

そのため、自分の意見をハッキリと言える、仕事に身が入っている人であれば、その時点で他の人より評価されやすくなるのです。

また、工場内作業員として行う仕事は、完全に安全が保証されているものばかりではありません。

例えば、勝手に動かしてはいけないマシンもありますし、勝手に点検を行ってはいけないパーツも存在するのです。

ただ、このような問題については、適切なコミュニケーションを取れる人であれば、自然と気付けるものばかりとなっています。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

工場で働くメリットとは?

学歴不要で入社しやすい

工場内作業員の求人をインターネット、もしくはハローワークなどの求人媒体で確認してみるとわかりますが、基本的に学歴不要、資格不要、経験不要の状況で求人応募を認めています。

このようなメリットがあるため、若い人ほど工場内作業員の求人に応募することが多いのです。

また、中には学歴に対して細かい条件が記載されているものもあります。

ですが、こちらはマシンメンテナンスなど、工業高校以上の学校を卒業していないと、就職することが難しい求人となっていますので、一般的な工場内作業員と勘違いしないように注意してください。

給与が高い

意外と知られていませんが、工場内作業員のほとんどは給与が高いです。

というのも、年間休日日数は120日前後と休みが多く、しかも月給は15~20万円のものが多いからです。

パッと見ただけでは、他の職種と大きな違いが見つからないかもしれません。

ですが、工場内作業員は職能給、時間外勤務手当も充実していますし、なにより仕事時間が大きく乱れることもありません。

しかも、作業そのものが大きく変化することも無いので、屋内で勤務したい人の場合、工場内作業員を視野に入れて就職活動を行うことが多いというのは、それほど的外れな行動ではないと言えます。

勤務態度、格好に対して口うるさくない

近年では、好きな格好で勤務できるのであれば、コンビニのような仕事場で勤務しても良いという人が増えてきました。

ですが、人によっては将来のことも考えて、給与が高い仕事場、将来性のある仕事場で働きたいと考えている人もいます。

このような願望がある場合、工場内作業員のほうがメリットが多いでしょう。

というのも、工場内作業員の求人欄を見るとわかりますが、それほど格好などに対して口うるさいことを言わないからです。

勤務態度についても、厳しいことを言われることは少ないでしょう。

工場内作業員のルールは、勤務時は制服を着用しないといけない、定められた時間まで仕事場にいないといけない程度のルールしか無いため、ルールを覚えることも難しくありません。

ただし、髪を染める、好きな履き物で現場に入る、しゃべり方などの問題を矯正されることはあります。

作業時間が短い

ほとんどの工場内作業員のシフトは3交代制となっています。

また作業時間は、日勤の場合は7.5時間、夜勤の場合は7.0時間、深夜勤の場合は6.5時間で定められていることが多いため、作業時間が長くて辛いと感じることは少ないでしょう。

勤務先によっては、夜勤、深夜勤の作業時間が平均では6.0時間未満ということもあります。

このようなメリットもあるため、3交代制を我慢できる人であれば、かなり働きやすい現場で勤務できることが多いです。

ボーナスが多い

大手の工場でも、工場内作業員を雇っていることが多いです。

そのため、ボーナスが多い工場内作業員の求人を探すのは簡単ですし、なによりボーナス額そのものが多いというメリットまで存在するのです。

大手の工場では、電子部品、タイヤなどで使用するゴムを生産している工場で、年間ボーナス額が2~5ヶ月分ということもあります。

工場によっては、年間で1ヶ月分のボーナスしかもらえないこともあるため、このようなチャンスをものにできるところも、工場内作業員だけのメリットかもしれません。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆に工場の仕事に向いていない人の特徴は?

狭いスペースにいると苛立つ人、もしくはコミュニケーション能力に自信が無い人は、工場内作業員に向いていない可能性があります。

昔と比べると、個人のみで仕事を行うケースが減ってきました。

なので、工場で仕事を行う場合は、最低限の付き合いを求められることも多く、また、限られた現場でどれほどの成果をあげられるか、そのことをつぶさに評価されることが多いので、そのことを理解した上で求人応募したほうが良いです。

同じ作業を繰り返すことが苦手な人

実際にライン工としての経験がある人ほど、転職を考えることが良くあります。

というのも、仕事がまったく代わり映えしないからです。

また、勤務中に仕事を労ってもらえることが少なく、黙々と作業に打ち込まないといけません。

そのため、ある程度の精神力が試される現場が多いと思ったほうが良いでしょう。

それと、工場内作業員のほとんどは、無菌室に近いスペースで勤務することが多いです。

このような室内に入る際は、体の汚れを自分の手で落とす、次に汚れを落とすマシンも使用して汚れを落とすといった、手順も踏まえて、作業現場に入らないといけません。

なので、自分勝手に行動できる範囲が狭いので、このことを理解できない人ほど、工場の仕事に向いていない人に分類できます。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

工場内作業員の求人応募は、ほぼ全ての人が行えるものです。

特に厳しい求人条件があるわけでもなく、シフト制の理解、最低限のコミュニケーション能力を問われる程度なので、学歴などが前提になって採用されるケースも少ないです。

ただし、メリットばかりが存在するわけではありません。

工場内作業員は、限られた時間内でキッチリとマシンを稼働させ、決められたロット分の生産を終えないといけません。

なので、仕事に対して忍耐力が高く、的確な判断で仕事を進められる人でなければ、工場内作業員として長く勤めるのは難しいかもしれないのです。

工場勤務に興味がある方の参考になれば幸いです。

「工場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

工場のバイト求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

工場求人

工場求人についてもっと深堀りした情報を見る

工場作業員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「工場作業員」というと大変そうなイメージがありますよね。会社によっては危険物を取り扱っていたり、重量物を扱っている場合もあります。そんな工場での仕事、実は私達の生活に深く携わっているとっても身近な仕事なんです。私達の着ている服や乗っている車、食べ物やたくさんの物。そんな、ありとあらゆる物が工場で作られています。工場作業員の仕事に興味を持った方、これから工場で作業員として働いてみたい方へ、工場作業員の求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。工場作業員のおおまかな仕事内容皆さんは工場の仕事というと、どういうイメージをお持ちでしょうか?工場作業員といっても、会

工場軽作業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場と言っても色々な種類の工場があります。ここでは、そうした工場の中でも特に軽作業を必要とする工場の求人についてご紹介したいと思います。工場の軽作業のおおまかな仕事内容工場内軽作業の仕事内容と募集方法工場における軽作業とは、どのようなものがあるのかをご紹介します。多くは、人手を必要とする簡単な仕事になります。例えば、「成形品のバリ取り」「ライン上での簡単な加工」「ライン上での選別作業」等が主な内容になります。このような作業を募集される場合には、「工場内軽作業募集」というような表題で募集が掲載されている場合が殆どです。多くの募集広告では「派遣会社」が募集しているケースが目立ちます。いわゆる「製造

工場の正社員求人の人気職種10選。やりがいがあるものから稼げる仕事まで!

ここでは、日本経済のエンジンである「工場」で正社員として働く場合、その工場の求人に対する人気職を10職種をご紹介します。とある研究所の発表では、一般家庭内のほぼ95%以上が何らかの「工場」で生産された物品にあふれているという結果も出ています。さらに今やインターネット通販なども活発化され、サーボス分野における工場も「配送工場」としてその存在意義が見直しされてきています。しかし、単に人気がある、つまり、応募数が多いだけで判断できないのがこの職種になります。応募者はそれぞれ自分にとって「ピン~!」と来る何かを必ず持っています。それが「やりがいを感じられそう」なのか、「給与が高くなりそう」なのか、また

工場への転職を成功させるためにやるべき3つのことや狙い目の工場、上手な転職方法を解説します

既に何らかの工場に勤務しているが別の工場へ転職をしたいと言う人のために、工場への転職についていろいろな側面から参考になる情報やアドバイスを行いたいと思います。転職について心の中で既に決めている人はもちろん、決めかねている人たちの為にも参考になればと思います。工場への転職を成功させるためにやるべき3つのこと転職するに際して、転職先での成功を期することは誰しも転職希望者であれば考えることです。そこでここでは転職して成功するためのキーワードやそれに基づいて行うべき事を3つに分けて紹介したいと思います。前職を引きずらないどのような職でもそうですが、前職を引きずっている人を良く見かけます。つまり、「前職

工場仕分け求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

タイトルとしては「工場仕分け」としましたが、作業場は工場併設の他に運送会社やアパレル関係の倉庫などもあるので、仕分けバイトは工場に限った話ではありません。仕事内容も、場所の違いでやることが大きく変わるわけではないので、併せて解説します。工場仕分けバイトのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕分け作業にはピッキングと軽めの検品の作業があります。ピッキングは、指示内容通りに倉庫内を移動して、決められた箱に決められた物を納めていく仕事です。アナログな場合は納品書を見ながら行い、少しハイテクなところだとインカムで自動音声による指示がなされるため、それ通りに動きます。検品は、検品専門のバイトが別にあって

惣菜工場求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

惣菜と言うと家庭でお母さんが作るおかずのイメージではありませんか?和惣菜、洋惣菜、中華惣菜・・・それらを作る工場が惣菜工場です。スーパーやコンビニ、デパ地下でパックに詰められて販売されていたり、対面で量り売りされていますね。最近は「食」に対する世の中の関心が高く、アレルギー問題や原材料の産地偽造問題、賞味・消費期限改ざんのことなどさまざまなニュースが飛び交います。利益を追求するあまり、ルール違反をする業者が存在することは怒りを感じます。けれど、本当に「おいしいものを食卓に届けたい」「安全で安心な食品を作りたい」と真摯に商品を作り続けている人たちがいることも忘れてはならない事実。そういう人たちの

工場検査の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

工場の検品作業というと、単調な作業で退屈しそうなもの。ですが検品作業は商品点検の最後の要です。今回はそんな責任のある検品作業の仕事は、どんな人であれば向いているのか、その向き不向きについてご紹介いたします。工場検査ってどんな仕事?工場の検品作業とは、基本的には流れて来た商品に傷や不具合がないか点検する作業となります。作業こそは単調なものの、出荷する前の最後の点検となる為、非常に重要な作業となります。というのも、ここで不良品を流してしまうと、そのまま消費者に渡ってしまい、会社の信用を著しく落としてしまうことになるからです。出荷する商品によっては、些細な不具合が重大な事故を招く恐れもある為、製造す

工場日払い求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

工場や倉庫でのバイトは常時務められるものもありますが、日払いの場合は繁忙期や欠員補充などで日雇いのケースもあります。この場合、ド短期1日だけでも働けるので金欠のときはとてもありがたく、作業内容に比べて時給も高いことが多いです。本気でやれば1カ月の手取り20万円も夢ではない工場日払いバイトについて見てみましょう。工場日払いのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容工場といっても色々あります。体力をかなり使うような、重たい機材をベルトコンベアに乗せ続ける仕事などをイメージするかもしれませんが、パッケージが破れていないか、洋服にほつれがないかなどを検品する作業や、必要なもののピックアップ業務などもあるた

お菓子工場求人でよくある募集内容や仕事内容・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

学生からフリーターまで、幅広く働ける、お菓子工場のアルバイト。耳にしたことはあっても、実際のところは知らないし、大変だという噂もちらほら……今回は、そんなお菓子工場求人の派遣スタッフの実際について、詳しくお伝えします。お菓子工場での仕事内容お菓子工場といっても、扱う商品や担当する場所によって、仕事内容はさまざまです。例えば、チョコレート菓子の製造工場の場合、チョコレートを型に流す作業、固まったチョコレートの検品作業、個包装や箱詰めの作業、使用した器具の洗浄作業などがあります。そして、定番チョコ、ジャム入りチョコ、季節商品ごとに流れが変わってくるのです。だいたいの場合、その日のスタッフの数やノル

自動車工場の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

自動車工場というのは、基本的に給与の面において好待遇を約束されているという印象が世の中にはあります。ですが、実際の感覚では、これだけ働いたからちゃんとした対価を得るという、自信に満ち溢れた世界があるのも事実になります。自分の実績を上げていくというその成果が、美しい自動車として、世の中を走り回っているのをみるのは、感無量です。今回は、そんな自動車工場の仕事はどんな人に向いているのか、得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します。自動車工場の仕事はどんな仕事?自動車工場というのは、自動車の製品自体を作るところでもありますし、自動車自体の部品を作っているところでもあります。この就業形態は、直雇用


工場仕事に関するコラム

工場の仕事探しをスムーズに進める3個の方法とは?経験者が解説します

工場での勤務というと、勤務時間が工場カレンダーで決まるため、勤務先によっては土日祝日がお休みで勤務時間が安定している、福利厚生がしっかりしている、収入がある程度高額で変動することも少ないなど、様々なメリットがあります。その為、生活スタイルを安定させつつ一定水準の収入を得て生活を営みたい、という方にとっては狙い目の職種と言えます。そんな工場勤務で勤める為には一体どんなところに気をつければいいのか、そしてどんなタイプの職場があるのかなど、工場の仕事探しで気になる情報をご紹介します。工場の仕事のおおまかな仕事内容工場勤務となると、皆さんが想像する通り仕事内容はもの作りがメインとなります。違いがあると

工場の仕事がきついと言われる3個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

私達が普段、街中から少し離れた場所に行ってみると工場はよく目にし、工場団地なども非常にたくさんありますよね。私たちの生活に欠かせない物達は、そのほとんどが工場で作られていて毎日数万個単位で生産している物もたくさんあり、本当にこんな大量に必要なのか?と思うほどの量を24時間常に生産している状態の工場も数多く存在します。そんな工場の仕事がきついと言われる理由や乗り越えるための方法、工場の良いところを工場勤務の体験を元に書いていきたいと思います。工場の仕事のおおまかな仕事内容とは?工場の仕事は非常にたくさんありますが、大まかに分けてみると鉄鋼業、自動車産業、物流、薬品類、印紙類、飲料や食品、化学や石

工場の仕事内容12個の業務。経験者が教えます!

みなさんは工場の仕事という何を想像しますか?大きな機械があり、力仕事が多い職場というのを想像する人が多いかもしれません。実際の工場での仕事は一体どのようなものなのでしょうか。今回はプラスチック部品工場にフォーカスして仕事内容を紹介していきます。プラスチック部品工場の仕事は大きく6個の役割に分けられる現場監督現場監督は作業の進捗管理や作業員の安全確認などが主な仕事です。小さな工場であれば工場長が全体を監督することが多いですが、中規模もしくは大規模の工場では、各セクションごとにチームリーダーという形で現場監督がいます。現場監督は全体を把握して、何かあった場合の責任者となるので、ベテランの社員である