こちらをご覧の方はこれから転職エージェントでの面談を控えている方や、転職エージェントに登録しようか検討中の方だと思います。

転職エージェントに登録するとまず最初に行う担当者との面談。

何を聞かれるのかなと少し緊張されている方もいるのではないでしょうか。

実はこの面談、あなたの転職にとってとても大切なんです。

転職エージェント側からはおそらく履歴書や職務経歴書を準備しておいてくださいとしか言われていないと思います。

しかし、その指示通り書類を準備しただけでは少し危険です。

面談ではあなたの転職をサポートするのに必要な情報をヒアリングしますので、言ってしまえば「面談で話したこと」があなたの転職を左右するのです。

その場の思いつきだけで発言してしまうと、実際に転職活動を始めたときに紹介される求人がまったく希望に合わなかったり、思っているほど求人が紹介されなかったり、担当者も積極的にサポートしてくれる様子がなく…なんだか思っていたのと違ってがっかり…ということになりかねません。

エージェントはとても便利なものですが、メリットを十分に受けるためにはコツがあります。

自分のしたい理想の転職をするために、上手に転職エージェントを使ってくださいね。

では、まずは転職エージェントがどんなものかから解説していきます。

転職エージェントとはどんなもの?

そもそも転職エージェントがどんなものかはご存知ですか?

とりあえず転職を考えているから登録してみたという方も多いと思います。

転職エージェントとは、専任の担当者があなたに合った求人を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントに登録をすると、担当者との面談について連絡がきます。

面談は転職エージェントのオフィスや電話で行われ、面談後に求人の紹介があります。

求人への応募や面接の日程調整などはすべて転職エージェントがあなたに代わって行いますのであなたと応募先の企業がやりとりをすることはありません。

応募の意思確認ができると書類選考・面接を経て内定となります。

その他、書類の添削や面接対策、内定の際の諸条件の交渉など転職のためのサポートを多方面から行ってくれるとても心強いサービスです。

利用は無料。

求職者から料金をもらうことは一切ありません。

転職エージェントは完全成功報酬制となっており、入社が決まると求人を出している企業からのみ報酬を得る仕組みとなっています。

入社が決まらない限りは報酬が発生しませんので、転職エージェントは全力であなたの転職をサポートしてくれるのです。

転職活動というとどうしても書類選考や面接のことばかり考えてしまいますよね。

ただ、転職エージェントを使う場合はこの最初の「面談」についても考えていただきたいです。

担当者は面談であなたにどんな求人を紹介するかを決めます。

担当者にうまくあなたの意向が伝わらないと希望にあった求人が紹介されなかったり、就職してもミスマッチが起きてしまうかもしれません。

スムーズな転職のために、これからこの最初に行う「面談」に着目して解説していきます。

転職エージェントとの面談を行う際に準備しておくべきこと

転職エージェントとの面談は基本的には気軽な気持ちで来ていただいて問題ありません。

ただ、転職に関する質問をいくつかしていきますので事前にある程度考えがまとまっているととてもスムーズですし、担当者もあなたの意向をしっかり理解することができます。

では、具体的に準備しておいてほしいことについて説明します。

なぜ転職したいのか、転職先に何を期待するのかを明確にしておく

転職理由、つまり今の会社を辞めたい理由は面談で担当者が始めに聞く質問です。

これはおそらくすぐに答えられる人がほとんどではないでしょうか。

ノルマがつらい、勤務時間が長い、などネガティブな理由から、年収を上げたい、キャリアアップをしたい、というポジティブな理由の方まで様々だと思います。

では、転職をした次の会社でどうなりたいかは答えられますか?

ここがあなたにあった求人を紹介してもらうために大切なポイントです。

例えば「営業職でノルマがきつい、新規開拓がつらいから辞めたい」という理由で転職を考えている場合、次に勤める会社に求めることとすると「営業ではない職種がいい」「新規開拓がなければ営業でもいい」「ノルマがきつくなければいい」など同じ転職理由でも求めるものはまったく異なります。

ノルマがきついような会社ですと社内の雰囲気もピリピリしているでしょうから、「社内の雰囲気がいい会社」という方もいるかもしれませんね。

この「転職先に求めること」「転職先に期待すること」が担当者にしっかり伝われば希望に沿った求人が紹介されやすくなりますのでミスマッチを防ぐことができます。

面談に行く前に事前に「なぜ転職したいのか」「転職先に何を期待するのか」を考えておいてください。

そうは言っても、今の仕事を辞めたいという気持ちでいっぱいの方は次の会社に求めることまでは考える余裕がないかもしれませんね。

その場合は「なぜ転職したいのか」をより掘り下げて考えてみてください。

「つらいから」という理由なら、「なぜつらいのか」「具体的に何がつらいのか」「それがなくなればつらくなくなるのか」とどんどん掘り下げてください。

そこまで考えておけば、あとは担当者がその転職したい理由から、どういった会社への転職であればそれが解決できるかをアドバイスしてくれます。

同じ業界・職種に転職したいのか、別の業界・職種に転職したいのか考えておく

当然ですが、同じ業界・職種の方が転職しやすいです。

担当者は転職の成功率が高い求人を紹介しますので、特別希望がないようであれば同じ業界・職種の求人をメインに紹介することになります。

もちろん同じ業界・職種でも会社が違えば社風も仕事のやり方も考え方も異なりますので、今の仕事は好きだけど職場の人間関係や雰囲気が…といった転職理由であれば問題ありません。

ただ、同じ業界・職種でもいいし、別の業界・職種でもいいという言い方をするとこれもやはり同じ業界・職種の求人がメインになります。

その方が転職できる可能性が高いからです。

もしあなたのスキルで別の業界・業種に転職できる可能性があったとしても、あまりにもバラバラに紹介するとあなたが混乱したり、気持ちがぶれてしまう可能性があるのである程度絞って紹介するのです。

まずはどうして転職したいのか、どういう転職をしたいのかを考えてみてください。

その上で別の業界・職種に転職したいと思う気持ちがあれば必ず担当者に伝えてください。

別の業界について知らない、自分の経験で他の職種ができるかわからないと不安に思う気持ちはあると思いますが、求人の紹介はいくら受けても無料です。

何のリスクもありません。

気軽に相談してみてください。

自分にどんな経験・スキルがあるのか言えるようにしておく

箇条書きでもいいので職務経歴書を作っておくといいでしょう。

仕事で工夫していること、具体的な成果なども記入してください。

それをそのまま企業に提出するわけではありませんのでざっくりでかまいません。

担当者があなたにどんな経験があり、どんなスキルがあるのかが伝わるようできるだけわかりやすく、数字などを使って書くことをおすすめします。

担当者は面談を通してあなたの経験やスキルが活かせる求人を探しますので、情報が多ければ多いほどよりたくさんの求人を紹介してもらえることになります。

もしかしたらワンランク上の求人に応募できるチャンスもあるかもしれません。

うまく書けなくても問題ありません。

担当者が細かく質問をしていきますのでその中でゆっくりでも答えられれば大丈夫です。

大切なのは頑張ってきたあなたのスキルや成果が伝わり、それを活かせる求人に出会えるということです。

登録する際はできるだけ詳細に情報を入力する

エージェントの担当者は事前に登録された情報をもとに紹介できる求人の準備を行い面談をします。

事前に多くの情報があればあるほど面談の際に求人を紹介しやすくなります。

面談中にたくさん求人の紹介ができれば、あなたがどんな求人に魅力を感じ、どんな求人には応募したいと思わないかのすり合わせが対面でできますのであなたの考えが担当者にしっかり伝わります。

また、あなたとしてもどんな求人がそのエージェントで紹介できるのかがわかります。

質問があればまとめておく

質問は面談でなくてもメールや電話でいつでもできますが、面談後は紹介された求人に応募をしたり転職活動が本格的にスタートすることがほとんどです。

今後の流れやスケジュール、面接前に準備しておいた方がいいこと等できるだけこの面談のときに質問しておくことをおすすめします。

筆記用具を持っていくといいでしょう。

転職エージェントとの面談で考えておくべきゴールと注意点とは?

面談では「このように転職活動をしていく」という方向性を決めていきます。

この方向性があなたの意向とずれてしまっていたら大変です。

これから説明することに注意して面談をしてくださいね。

面談では自分が「希望する業界・業種」「条件」等を担当者とすり合わせて、結論まで出すようにする。

面談の結果、どんな転職活動をするかが曖昧なまま「考えておきます…」で終わってしまうと希望にあった求人の紹介が十分に得られません。

担当者もあまり転職の意欲がないのかな?と感じると積極的にサポートを行いませんのでもしかしたら転職活動をスタートさせることすらできないかもしれません。

転職は初めての方が多いと思いますので一回の面談で明確に結論は出せないかもしれません。

その場合は自分のスキルで応募できる求人を幅広く紹介してもらうようにしましょう。

紹介してもらったら、この求人はこういった理由で応募したい、この求人はこういった理由で希望に合わないと自分の意見を担当者に伝えてください。

自分でもだんだんと何に魅力を感じ、何が嫌だと思うかわかってくると思います。

担当者もあなたの意向が伝わりますので、面談後から紹介される求人は徐々にあなたの希望に合ったものになってきます。

面談の最後には「こういう感じで転職活動を進めていきましょう」と結論が出るような面談になるように心がけましょう。

面談では自分の印象も見られている!

面談は面接ではないから…と油断していませんか?

面談で愛想がなかったり、粗暴な話し方だったり受け答えがぼそぼそとして印象が悪いと担当者も企業に自信を持ってあなたを勧められません。

明るく笑顔の素敵な方を募集している求人も紹介できませんよね。

また、担当者は企業に応募する際に履歴書や職務経歴書の他に、あなたを企業にアピールするための「推薦状」を書いて提出します。

推薦状は履歴書や職務経歴書には書いていない、担当者から見たあなたの印象や活躍イメージを記載するものです。

面談でのイメージが悪かったとしても悪く書くことはありませんが、印象については無難に記載されます。

もったいないですよね。

もちろん面接ではありませんので緊張する必要はありませんが、人としての印象を見られているんだという意識は持っていてください。

面接に向けてどんな準備をしておけばいいか聞いておく

求人に応募すると早ければ数日のうちに面接が始まります。

面接のためにエージェント側で面接対策の時間を設けてくれることもありますが、面接対策は面接の練習をしながら話の内容や話し方を修正したり、企業ごとに好まれる話があればそれを入れるようにアドバイスする等ある程度土台ができていることを前提とした内容となっています。

具体的にどんな準備をしておけばいいか聞いておき、面接に備えましょう。

転職活動のスケジュールを確認する

中途採用の面接はとても早く進んでいきます。

面接が1回で終わる企業もあります。

在職中の方は現在の職場がいつ退職できるかのタイミングも大切ですので、どのようなスケジュールで進むか確認しておくようにしてください。

在職中でスムーズな退職に自信がない方は退職のコツを聞くようにする

通常は退職したい旨を1か月など定められた期間の前に伝えれば退職できますが、職場の環境や上司によってはあまりスムーズに退職させてくれないかもしれません。

転職エージェントでは在職中の転職も多くサポートしていますのでノウハウがあります。

自信がない方は面談の際にコツを聞いてみてください。

事前に伝えておくことで内定が出たときの入社日の交渉もしやすくなりますよ。

そもそも転職活動をするかどうかを迷っている場合

転職活動をするかどうかを迷っている場合、まずは自分の経験・スキルでどんな企業に転職できるか聞いてみましょう。

また、同じような経験・スキルの人がどんな企業に転職しているかの実績も聞いてみることをおすすめします。

このとき、そんなに転職する気はないことを素直に言ってしまうと担当者が積極的にサポートしてくれない可能性もありますので注意してください。

エージェントにもよりますが、サポートの評判の高いエージェントであれば求人の紹介と在職中の会社とを比較して転職した場合は今よりも条件が下がる可能性があることを教えてくれることもあります。

転職エージェントとの面談でよく聞かれる内容とは?

面談ではあなたのことをしっかりと把握するためにたくさんの質問をします。

これから説明する項目についてある程度答えられるようにしておくとスムーズに面談を行うことができますよ。

転職理由

まず知っておいてほしいのは、担当者は面接官ではありません。

面接では転職理由をポジティブに言い換えると思いますが担当者には当たり障りない言い方などはしなくてもいいです。

サービス残業が多かった、給料が低かった、仕事が自分に合っていなかった…ネガディブな言葉でかまいませんのでストレートに本音を言ってください。

これはとても大切なことです。

あなたがどうして転職したいのかを明確に知ることで担当者はミスマッチを防ぐことができます。

ノルマがきついから辞めたいと思っているのに、もっと成長したいと思ったから…なんて言ってしまうとまたノルマのきつい会社に就職してしまうことになるかもしれませんよ。

担当者がその本音を企業に伝えることは絶対にありませんので安心してください。

希望の業界・職種、その理由

同じ業界・職種なのか別の業界・職種がいいのかを聞きます。

営業はもう二度としたくないので事務職になりたい等でもかまいません。

理由については面談の中で掘り下げていきます。

実際には別の業界・職種についてはあまりよく知らない方がほとんどだと思います。

同じ希望を別の業界や職種でも叶えられる可能性があれば提案されます。

年収などの条件

年収や福利厚生、産休育休、有給休暇などの希望条件を聞かれます。

年収アップを希望している方は伝えてください。

求人に掲載されている年収は入社時の提示年収なので将来的に上がっていく可能性もあります。

自分の経験・スキル・実績

職務経歴書に書いてある内容を確認し、掘り下げていきます。

こちらで確認した内容をもとに担当者は紹介できる求人を探していきます。

転職への気持ちがどれくらいあるか

転職理由や希望の条件などはすべて本音で話してほしいのですが、ここだけはどんな気持ちであったとしても「転職したい気持ちが強い」と言ってください。

なぜなら、エージェントは転職が決まらないと報酬が発生しないため、担当者も転職への意欲が強い人や転職が決まりやすい人を優先的にサポートします。

実際にはちょっと話を聞きにきただけだったり、他のエージェントと比べるために登録する方もいると思います。

素直にそう言ってしまうと当たり障りない程度の求人しか紹介されません。

どんな求人があるか知りたくて登録したのに十分に求人を紹介されないのでは意味がありませんよね。

転職したい気持ちは強いことを伝えてください。

求人に応募するかどうかはあなたが決めることですので、実際に紹介を受けてみて本当に転職したいという気がわいたら応募してみるという方法で問題ありません。

具体的にいつ転職する予定か

こちらはスケジュールにかかわる質問です。

在職中の方であれば繁忙期などで時期によっては退職しづらい時期もあるかと思います。

転職活動が始まって内定が出ると入社日までは長くても1か月程度しか待ってもらえません。

退職できる時期をゴールとして転職活動のスケジュールを組んでいきます。

現在の転職活動の状況

こちらもスケジュール上聞かれる質問です。

すでに転職活動中で受けている企業がいくつかある場合、エージェントはすぐにでも求人の紹介と応募をしないと今の進行中の選考に間に合いません。

もしくはその企業の結果を待ってから必要であれば求人に応募してもらうということになるかもしれません。

また、他の転職エージェントを使っているかも聞かれます。

競合他社を利用していると言うのは気がひけると思うかもしれませんが、複数の転職エージェントに登録している方が多いので気にせず伝えてください。

他の転職エージェントを使っていることがわかればそのエージェント経由でも選考が進むことを前提として動くことができるので、スケジュールを組むためにとても大切なことです。

もともと他の転職エージェントを使っていてうまくいかず、他のエージェントに登録したという方もいると思います。

その場合はどういったところに不満や不信感があったのかなどを伝えるようにしましょう。

担当者もあなたとよい関係を築きながら転職のサポートをしたいと考えていますので、できるだけここは本音を話してください。

まとめ

面談の時間はだいたい30分~1時間程度です。

もちろんこの1回きりですべて完璧にまとめなければならないということはありませんが、心構えとしてこんな準備が必要なんだなとわかった上で面談をしていただくとスムーズです。

避けなければならないのはあなたの意向と担当者の理解がずれてしまうことです。

ずれているなと思ったら後からでも修正していけばいいのです。

担当者は面接官ではありませんから、取り繕う必要はありません。

できるだけあなたの意向を担当者に伝えるようにしてくださいね。

これだけしっかり覚えておいていただければ担当者は転職の良いサポート役となることができます。

ぜひ転職エージェントを上手に使ってより良い転職をしてくださいね。


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つ

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動

転職エージェントとはどんな仕事?その仕事内容や転職業界においての役割、なり方など詳しく解説します!

現役キャリアコンサルタントが語る「転職エージェントとは?どんな仕事?」ここでは具体的な仕事内容から、転職エージェントの業界における役割、転職エージェントへの就職方法、就職するうえでの注意点をエピソードをまじえながら、お伝えしていきます。私の体験もいろいろ書かせていただいているので、より具体的な仕事のイメージがつきやすい内容になっていますので、是非ご一読ください!「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →転職エージェントとはどんな仕事?転職エージェントとは「企業と転職者の仲介役」をするお仕事です。転職を希望している人と、中途で人材を採用したいと考えている企業のマッチングを行い

携帯電話販売の転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

近年、携帯電話の飛躍的な進歩により携帯電話会社への転職を考えられている方も多いと思います。未経験だけど大丈夫かな?携帯電話の料金プランは難しそうだけど覚えられるかな?クレームが多いって聞くけど本当?などなど、興味はあるけどなかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。携帯電話販売転職に失敗したくないと思われている方や、携帯電話会社への就職を失敗させたくないと思われている方に向けて転職に役立つ知識や成功させる為のコツなどを詳しくご紹介していきたいと思います。こちらの記事では携帯電話販売員としての成功のコツに加えて接客業界に使える事にも触れています。携帯電話販売のお仕事は接客業界以外からも注目さ

客室乗務員の転職を成功させるためにやるべき3つのことやリアルな転職事情、上手な転職方法を解説します

転職して客室乗務員になりたい!と思った時、いざ転職活動を始めるには何かから手をつければいいのでしょう。客室乗務員を志望する際の心構えや入社後の様子、転職事情についてお答えします。「客室乗務員」が自分に向いているか診断するにはこちら →客室乗務員の転職事情とは?転職して客室乗務員になる人は実は意外といます。新卒の就職活動の時に客室乗務員試験を受けたけれど不採用だった人が、既卒募集に再チャレンジして見事夢を叶えた人や、一般企業に勤めていたけれど昔の夢を忘れられず一念発起した人など、実際にいろいろな職歴を持っている客室乗務員がいます。国内大手航空会社をはじめ多くの航空会社が、新卒採用とは別に既卒採用

病棟看護師の転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法を解説します

看護師であれば、一度は転職を経験されたという方もいるのではないでしょうか?でも転職は一大イベント!「転職したいけど、何を基準に選んだら良いかわからない!」「転職先で上手くやれるか不安…。」そんな方も多いでしょう。そこで今回は『転職を成功させるためのポイント』を私の経験談を織り交ぜて、ご紹介します。ターゲットは『病棟看護師』!これを読み終わる頃には、あなたの転職への不安が軽減しているかもしれませんよ?病棟看護師のよくある転職理由転職理由は人それぞれです。私は今まで2回の転職を経験してきましたが、理由は『夫の転勤』。しかし他にもこんな理由で転職したいと考えている看護師は多いでしょう。人間関係が上手

栃木での転職で失敗しないために知っておくべき5個のことや人気な職種や業界を教えます!

私自身、今の会社に2年前に転職しました。前職からここへ就職するまでは半年ほど派遣をしながら転職活動をしていました。その際の経験から、栃木での転職について書かせていただきたいと思います。栃木の転職を失敗しないために知っておくべき5個のこと今の仕事を辞めるタイミング栃木に限ったことではないかもしれませんが、同じような業種の仕事で転職を考えている場合、今の仕事のやめ方が悪いと就職活動に影響が出る可能性があります。と、言うのも都会ではないので同市内などですと、結構同じような業種だとそれなりに情報網が繋がっており、情報が伝わりやすいからです。ですので、突発で辞めたり、揉めて辞めたりすると悪い情報が流れる


転職に関するコラム

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転

転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職活動を始める前にやっておきたいこと

終身雇用が一般的だった日本も今では転職をする人が多くなってます。広告やCMでも転職エージェントに関するものがたくさんあります。では実際に転職する人はどんな理由で転職を決意するのでしょうか?この記事では転職のきっかけと転職活動をする前にしておく準備についてご紹介します。転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職のきっかけは人それぞれです。ポジティブな理由で転職する人もいればネガティブな理由で転職する人もいます。特に若い人は転職に抵抗がない人が多く、第二新卒専用の転職エージェントもあります。給料が安い自分の給料に満足している人は多くありません。一昔前であれば終身雇用制度と年功序列制度で長

転職が難しいと感じる6個の原因とその解決策とは?

企業にて仕事をされている方は、転職をされたことがある、転職を検討されたことがあるという方はかなりの比率でいらっしゃるのではないでしょうか?十数年前と比較すると日本でも、転職に対するネガティブな感覚は薄れ、転職することについてはかなり敷居が低くなっていることを感じます。また、現在は空前の人手不足であり、転職し新たな仕事を見つける事自体はそれほど困難ではなくなりました。しかしながら、転職したいと思い転職活動を継続しているが、転職できず、転職が難しいと感じている方も少なくないようです。ここでは転職が難しいと感じる原因とその解決策となるヒントについてかいていきたいと思います。転職が難しいと感じる6個の