年間転職者数は300万人を超え、2人に1人が転職経験があるとされており、社会人の約半数が経験している「転職活動」。

転職活動にネガティブなイメージは無くなりましたが、それでも人生を大きく左右する行動であるが故に慎重な方も多いと思います。

「今度こそ最後の転職にしたい・・・」と転職活動について考えている方も多くいらっしゃることでしょう。

転職を繰り返すことで良い条件の会社を選べなくなることもありますからね。

今回はそんな方の為に、現役の人事採用コンサルタントが失敗しない求人の探し方・見極め方を伝授します。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは、自分にとって何が大事なのかをしっかりと自分を分析することが必要です

大手人材会社がキャッチコピーで「条件は今より良い会社」と謳っていますが、全てにおいて"今より良い"会社なんて存在しないケースがほとんどです。

そのため、自分にとって何が大事で尊重すべきことなのかを見極めることから始めることが大切です。

もちろん給料!今より給料が良い会社で働きたい

お金の為に働く。

当然のことです。

当然であるが故に「今より給料が良い会社」を選ぶことは必然と言えるでしょう。

また数字で表れる指標であるだけに、一目で分かることも大きなメリットです。

オフを充実させたい!今より休みが多い会社で働きたい

どれだけお金があろうとも使う"時間"がなければ元も子もありません。

あるいは平日休みの環境で働いていた方は、土日の休みへの憧れもあるでしょう。

友人達との約束を断ってばかりで、結婚式もまともに出席できない環境から脱したい方も多いかと思います。

仕事こそ人生!今よりやりがいがある会社で働きたい

今の仕事を続けても、同じ仕事を繰り返すだけ、ポストは仕事のできない管理職で埋まっている、一生プレーヤーのまま!?など、もっと自分が輝く場所があるはずだと考えて転職される方も多いかと思います。

仕事自体をもっとスケールアップさせたい、自分のできる範囲を広げていきたいといった「やりがいを求めたポジティブな転職」は、採用側にとっても魅力的に映ります。

もうあんな嫌な奴と働きたくない!今より人が良い会社で働きたい

「親と上司は選べない」と私は口をすっぱくして転職者に話しています。

仕事を進めることに支障が出るほど合わない人間がいる職場なら「選べないからこそ」転職することも一つの方法です。

ストレスが蓄積して心の病を発病してしまう前に"環境を変える"ことも必要なことだと思います。

転職先の選び方の4個のポイント

良い転職先は人それぞれだと思います。

自己分析ができたなら、あとは選ぶだけですね。

でもどうやって選べば良いか分からない、という方の為に、転職先の選び方を4個ご紹介します。

「マスト条件」と「ウォント条件」を精査する

絶対に必要な条件「マスト条件」と、あったら良いな程度の「ウォント」条件を精査することが大事です。

マストの条件を満たしていない会社なのに選考を受けてしまうといった無駄も省けます。

自分にとって何が大事で、どんな要素があれば魅力的に感じることができるのか、求人を見る前にメモに書き出しておきましょう。

なぜこれまでの会社に入ったのか、辞めたのか、考えましょう。

人は過ちを繰り返す・・・とよく言いますが転職活動でも繰り返してしまうものです。

なぜ辞めることになったのか、決定的な理由やきっかけとなった理由も含めて洗い出してみましょう。

同じ探し方では同じような会社しか見つかりません。

前回の就職活動や転職活動でどのような軸で動いていたのかも思い出してみてください。

違う生き方を選ぶためには、大胆に探す軸を変える勇気も必要です。

身の丈の少し上から・・・過小評価は厳禁!

就職氷河期に就職した方は大手企業なんて夢のまた夢・・・と思うかもしれません。

しかし昨今では人手不足から大手企業も人材獲得に必死で取り組んでいます。

特に管理職に関しては、就職氷河期に新卒採用を抑えていたこともあって人手不足が深刻化しています。

そのため、自分のスキルや経験が活きる身の丈の少し上の企業から受けてみることをおすすめします。

思ってもみなかった好条件で採用されるかもしれません。

「indeed」を駆使する

世の中にはありとあらゆる求人サービスが存在します。

エージェントサービス、求人広告媒体など様々です。

そういった世の中の求人情報を取りまとめた検索エンジンが「indeed」です。

大手求人広告サービスはもちろん、エージェントサービスの求人まで網羅されています。

しかしその分求人情報が膨大になってしまうのも事実ですので、勤務地や必須の条件は完全一致で絞り込んで検索すると便利です。

例) 介護スタッフと検索したい場合、「介護」や「スタッフ」でも検索にヒットしてしまうので"介護スタッフ"など、「"」で挟んで完全一致で検索すると無駄な求人を検索してしまうことが少なくなります。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

求人を選ぶ時に失敗する5個のポイント

転職先に選ぶ為に求人広告を見る方は多いと思います。

まずは、求人を見て失敗しないためのポイントを5個ご紹介します。

目に見えない給与に気を付けて。固定残業代に注目!

給与は、一番数字で現れやすいが故に今の給料と比べて高いか低いか一目瞭然です。

大手求人媒体でも年収で検索する項目がありますので、比較的簡単に年収が今より高いか低いかは検索できると思います。

しかし、実はこの給与欄には見えづらい罠が潜んでいることが多いです。

それが「固定残業代」です。

企業が固定残業代を含む理由として一番なのは、「能力による時間短縮」ができる方に対して正当な評価をしたいという理由です。

確かに基本給+固定残業代が40時間含まれている残業代を支給されているならば、残業が40時間に満たなかった場合お得ですからね。

しかし固定残業代を上乗せして基本給を高く見せている企業があることも事実です。

例えば

<A社>月給22万円(固定残業代40h、5万円を含む)

<B社>月給20万円(残業代は1時間あたり支給)

上記の企業だと一見A社の方が月給は高く感じますが、基本給に固定残業代が含まれている為、A社の実質基本給は17万円となります。

実は基本給はB社の方が"高い"という罠があるのです。

残業時間によって給与は変動しますので、基本給ベースで比較することなく残業の支払い方についても注意しながら、実質支払われる額を計算して求人を見比べてください。

年間休日よりも有給消化率に注目!

「年間休日125日の会社」と言えば、ホワイト企業の代名詞です。

仕事がいくらきつくても休みがしっかりあれば頑張れるという意見もあると思います。

しかし実際は、形式上の休みが多くとも休みの日に対応に追われたり、どうしても仕事を自分で進めなければ間に合わない会社もあると思います。

そこで大事になってくる項目が有給消化率です。

有給消化とは、個人の都合で休みをとれる制度です。

年間休日が多いのに有給消化率が低い会社は要注意ですね。

有給消化率に関しては、記入が必須の項目ではないので年間休日数が多いのに有給消化率の記載がない会社は怪しいかもしれません。

抽象的な言葉に注意。「アットホームとやりがい」には気を付けて!

求人担当者にとって「アットホーム」と「やりがい」は非常に使いやすい言葉です。

アットホームな雰囲気です!や、やりがいを実感できます!ってよく見かける文言だと思いませんか?

正直、書くことがない時に求人担当者が書くことが多いものが上記の二点です。

一つのテクニックですが、キャプションと呼ばれる画像の下にある1行~2行の文章に注目してみてください。

ここにアットホームややりがいなど抽象的な文言を書いてしまう企業は、魅力が少なく書くことがなくなった企業の場合が多いです。

※手抜きの求人担当者である可能性もあります。

全体的に見て「具体性」がない抽象的な企業は、その企業にアピールポイントが少ないこと等の具体的な事柄を書けない理由があります。

抽象的な言葉に騙されないようご注意ください。

美人や雰囲気に騙されるな。本当にいる人なの?

美人が電話をしている写真に「なんだか雰囲気が良さそう」と感じることが多いと思います。

こんな美人がいる会社で働きたい!という希望は、深層心理で働いてしまうものです。

女性であれば爽やかイケメンやスーツを着こなしたダンディな上司などもイメージアップに繋がりますよね。

しかし気を付けてください。

求人担当者は、良く見せる為にいくらでもイメージ画像を使用します。

基本は取材と称して原稿を書く際に撮影も同時にすることが多いのですが、この撮影の際に良い写真が取れなかった場合に"イメージ画像で補う"ことが多いです。

つまり良い写真が撮れない企業ほど、イメージ画像が使われる場合が高いです。

※他にも撮影の時間が取れない、撮影自体がNGという企業も中にはあります。

なんだかイメージ画像ばかりだな、と思ったらしっかりと文章を読むことをおすすめします。

逆におじさんばかりの求人だとしても、正直で良い会社だなと印象を改めることもできると思います。

あくまで求人広告は広告。誇張表現に気を付けて!

広告なので、誇張表現の大小は仕方のないことです。

どれが事実でどれが誇張表現なのか、自分の中で分別をつけて広告を読み解く力が必要です。

下記の言葉や特徴が出てきたらぜひ目をとめて考えてみてください。

「平均」

平均という言葉は至るところで出現します。

平均年齢、平均年収、男女平均、、などなど。

ただし、平均という言葉を全て鵜呑みにすることは大変危険です。

例えば平均年収で考えると、一人でも格段に年収が高い人がいると意味を成しません。

そのため、自分がその企業に勤めた時に必ずしも同等の年収になるとは限らないのです。

「出向」や「常駐」

IT企業などで目にする機会が多いと思います。

基本的には採用された会社での雇用ですが、勤務時間や業務内容は出向先や常駐先によるというものです。

こういった言葉がある企業は、どこに出向や常駐するのかを調べてから判断することが大切です。

求人情報を見る時は、こちらの記事を参考に!

迷ったらやるべきこと、考えるべきこと

どんなに細かく気を付けながら転職活動をしても、いざというところで迷ってしまうことがあります。

「果たして正しい情報なのだろうか」「実際と違ったらどうしよう」とくよくよして行動できなくなることが一番の悪です。

もし迷うことがあれば下記のことを試してみてください。

求人広告だけでなく、様々な情報源から情報を収集する

ネット社会の今、企業を見つけた求人広告だけで判断することは得策と言えません。

他の新卒求人サイトや企業ホームページ、口コミサイトなどあらゆる点から検索する必要があります。

中でも採用ホームページを特別に設けている場合は、細かく情報が掲載されているので目を通した方が良いでしょう。

採用活動の背景を推測する

採用活動の背景を推測する…少し難しいかもしれませんが、増員なのか欠員補充なのか。

ずっと募集しているのか最近募集し始めたのか。

上記が推測できれば選考の対策にもなります。

方法としては、良い求人を発見したら完全一致検索で"企業名"でindeedから検索してみてください。

その企業に関する求人が一覧で抽出されるはずです。

同じ職種で多くの求人サービスを使用しているならば、大量募集もしくは人材が定着せず採用活動を継続しているかもしれません。

転職することで捨てるキャリアが存在する

人は、良い人生を求め転職活動をします。

全くの未経験分野にチャレンジすることもできます。

しかし、転職することで今まで築いてきたキャリアを捨ててしまうことも考えてください。

続けていれば得られるスキルや経験があるはずで、どれだけ長く勤めていても転職先では新人扱いされてしまいます。

もし転職することに立ち止まってしまったなら、今いる自分の居場所を見つめてみてください。

「辞めたい!」と思い立ったせいで見えていなかった魅力が見えてくるかもしれません。

「転職しない」という選択を決断することも立派な転職活動だと思います。

新しい気持ちで変わらない環境に挑むことを選択できた自分を愛せるかどうか、「転職したい」と思った時ほど考えてみてください。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私も多くの企業の採用活動を支援していますが、全ての企業が求職者にとって良い会社であるかどうかは疑問が残ります。

「誰かにとって良い会社」であって、誰しもにとって良い会社ではない。

求人広告もその会社で働くことを良いと感じる「誰か」に届けば良いものです。

これから転職活動を始める皆さんも、「自分にとって良い会社」はどんな会社なのか。

知名度や広告に騙されない目を持って、見つけていただければ幸いです。

転職で注意すべきことは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

横浜の転職エージェントおすすめ6選。地元密着&大手の横浜支社を紹介

今回ご紹介するのは、横浜市の転職エージェントです。神奈川県の県庁所在地で、六大都市でもある横浜市。幕末に外国貿易のために国際港が開かれて以来、港湾都市として発展してきました。経済面では日本を代表する大手国内企業や、世界的に有名な外資系企業、地元の優良企業などが集結しています。海外を視野に入れたグローバルな企業も多く存在します。今回は横浜の地域に根づいた企業で働きたい方や、横浜からグローバルな企業を狙いたい方に向けて、地元のエージェントや横浜に支店のある大手エージェントをご紹介します。保育業界に特化したものや、海外にネットワークのあるエージェントも掲載しています。横浜を拠点に仕事探しをする際は、

福岡市の地元密着の転職エージェントおすすめ6選

今回は福岡市の「地域密着型エージェント」を6選ご紹介します。福岡市は九州最大の人口を擁する都市で、さらに国家戦略特区にもなっています。大企業や中小企業、老舗企業などさまざまな企業が新規事業やイノベーションに積極的な地域です。「福岡で仕事をしたい」という人にとって、転職エージェントは心強い存在ですよね。特に地元に密着したエージェントなら、地元企業を知り尽くしたプロの意見を聞くことができ、自分に合った優良企業に巡り会える可能性が高まります。福岡市の密着の転職エージェントACR 「ACR」は1967年に創業した福岡市の老舗エージェントです。1970年に九州で初めて人材紹介業をスタートし、福岡に根ざし

札幌市の地元密着型転職エージェント企業5選

今回は札幌を拠点に北海道全体の求人情報に強いエージェントや、医療分野に特化したエージェントなど、札幌市の「地域密着型エージェント」を5選ご紹介します。県庁所在地であり、北海道最大の経済都市でもある札幌市。「札幌で仕事をしたい」「札幌にUターン転職したい」という人は多いかもしれません。そんな時に必要になるのが、地元の求人に強い転職エージェントです。地場企業の情報だけでなく、北海道の気候や風土にも詳しい地元エージェントの存在は心強いですよね。札幌や北海道での転職をお考えの方は、参考にしてみてくださいね。札幌市の密着の転職エージェントジョブキタ紹介(株式会社北海道アルバイト情報社)「ジョブキタ紹介」

神戸市で地域密着型の転職エージェントをご紹介!おすすめのエージェント9選。

今回ご紹介するのは、神戸市での求職に有効な転職エージェントです。大小様々な企業の求人案件を取り扱い、企業と求職者との橋渡しをしてくれる転職エージェント。全国に張られたネットワークを駆使して転職支援してくれる大手のエージェントも良いですが、地元での信頼関係を活かしてそこにしかない隠れた案件を紹介してくれる地域密着型のエージェントも、非常に心強いサポーターです。この記事では、神戸市の「地域密着型転職エージェント」9社を選りすぐってご紹介したいと思います!神戸市の地域密着型転職エージェント、おすすめの9社それでは、早速見ていきましょう。株式会社ウィンウィン「株式会社ウィンウィン」は、神戸市に本社を構

名古屋のおすすめ転職エージェント8選。地元密着型を中心に紹介します。

今回は、名古屋市に焦点をあて、地域密着型の転職エージェントを8社ご紹介します。名古屋市在住で転職を考えている方、名古屋市へのUターン・Iターンを考えている方は是非参考にしてみてください。転職する際の心強い味方となる転職エージェント。「リクルートエージェンシー」「パソナキャリア」などの様に全国展開をしている大手総合転職エージェントももちろんですが、地元に密着した転職エージェントを利用することで、転職の幅はグッと広がります。名古屋市の地域密着型エージェント8選!それでは早速、各社の特徴を踏まえて見ていきましょう。株式会社パーソネル名古屋で20年の実績を持つ「株式会社パーソネル」は、本社のある名古屋

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つ

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。


転職に関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転