突然ですが、皆さんは楽な仕事をしたいですか?

それとも激務をしたいですか?

極端な質問ではありましたが、要は、皆さんが仕事に対して何を求めているかを確認してみました。

人によっては仕事が生きがいで楽しいと思う仕事や生きがいと感じる仕事なら激務でも厭わない人もいれば、趣味や家族・友達との時間を楽しみたいから仕事にはあまり時間を費やしたくないという人もいます。

最近は、今の仕事があまりにも激務すぎて周りを見る余裕も将来について考える余裕もないから楽な仕事をしてみたいと考える人も少なくありません。

今回は、楽な仕事についてスポットを当てて楽な仕事へ転職するためのポイントやおすすめの仕事について紹介していきます。

楽な仕事ってどんなものなんだろう?

楽な仕事は、人によって定義が異なりますが、精神的にも肉体的にも負担が少ない仕事です。

他には定時で帰れたり、残業が少なかったり、休みがしっかりとれてワークバランスがきちんとしている仕事は楽な仕事といえます。

では楽な仕事は具体的どういうものか詳しく紹介していきます。

こだわりたい楽な仕事5個のポイントとは?

ここで紹介するのは、まず、こだわりたい楽な仕事はどういうものかやこだわりたい楽な仕事であるポイントを紹介していきます。

定時で仕事が終わる

仕事が楽と感じるのは拘束時間が長くないことです。

朝が早くても定時で終われば仕事をきついと感じることはありません。

例えば、工場勤務でシフト制だと残業をすることなく定時に交代して仕事を終えることができます。

仕事が終わると家に持ち帰って仕事をすることもありませんし、終わったらあとは自分の時間になりますので定時で仕事が終わると楽な仕事といえます。

休みがしっかりと取れる

仕事が定時で終わっていたとしても休みがしっかりと取れていないと楽な仕事と思えないことがあります。

逆にいうと仕事が定時で終わるだけでなく休みもしっかり取れると仕事が楽と感じる要因になります。

そのため、休みがしっかりと取れることも楽な仕事のポイントです。

残業が少ない

まず仕事がきついと感じるポイントは拘束時間が長いこと、つまり、残業が長いことです。

言い換えると残業が少ない仕事であれば精神的にも肉体的にも負担は減りますので楽な仕事と感じるポイントになります。

業務作業が少ない

仕事中にこなす作業がかなり多いと仕事がきついと感じたり、激務と感じてしまい、楽な仕事とは思わなくなります。

そのため、業務作業が多いか少ないかは楽な仕事かどうかのポイントになります。

言い換えると業務作業が少ないと仕事が楽といえます。

作業がルーティーン化されている

楽な仕事の要因として上がるのは仕事がルーティーン化されていることです。

仕事で何をするかどうするかを考えて次はこれして次はどうしてと考えながら作業すると仕事が忙しくなります。

逆にルーティーン化されている仕事をこなすことは何も考えずに作業をこなすだけなので仕事が楽に感じるポイントです。

おすすめの楽な仕事を紹介します

先ほどは楽な仕事のポイントや楽な仕事はどういうものかを紹介してきました。

ここでは具体的にどういう仕事が楽な仕事なのかおすすめをいくつかピックアップして紹介していきます。

ぜひ参考にして下さい。

事務職

事務職は、事務作業がメインの仕事になります。

例えば、営業事務や経理事務などありますが、書類作成やコピーをしたり、ファイルを整理したり、データを処理したり、データをまとめたりすることが事務作業になります。

しかも事務作業は、勤務形態が様々で正社員だけでなく、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートがあります。

また、事務職は民間企業や行政機関など色々な場所で求人があり、学歴もあまり関係ないため初心者でも始めやすい仕事です。

バス運転手

バス運転手は、民間企業の場合、決められたルートを走る路線バスや高速バス、観光バス、行政のバス運転手の場合は、コミュニティバスなどバスの乗客を目的地まで安全に運ぶことが仕事です。

バス運転手は基本的に勤務中はバスを運転しているため、事務所にこもって仕事をすることがありません。

つまり、ほとんどの時間を一人で仕事をするため、上司や職場の人間関係に悩まされることはほとんどありません。

これは民間のバスだけでなく行政のバスでも同じことが言えます。

バス運転手になるためには学歴ではなく、大型第二種自動車運転免許を持っているかどうかで決まります。

ただ、最近民間のバス会社は、人材不足のため人材確保の一環で入社後に大型第二種自動車運転免許をサポートしてくれるところもあるため、バス運転手をしたいというやる気を買ってくれるところも増えてきています。

コールオペレーター

コールオペレーターは、企業のコールセンターに配属され企業の商品への問い合わせや注文、相談、クレームやサポート依頼など様々な電話に企業の窓口として対応することが仕事です。

企業のフロントラインで仕事をするため生のお客様の声を聞くポジションであるため、電話の応対は丁寧にかつ的確に電話を処理していかなければなりません。

必要に応じて関連部署へ取り次ぐこともあります。

コールオペレーターは、企業によって設置されている部署の呼び方が様々でカスタマーサポートやカスタマーサービス、テクニカルサポートなどがあります。

コールオペレーターも勤務形態は色々あり、正社員だけでなく、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートなどがあります。

未経験者であっても仕事が比較的始めやすい仕事であることとシフト制であることが多く、決まった時間内に働くだけで残業することもほとんどないため、楽な仕事いえます。

花屋

花屋は、生花店や園芸店、量販店などに勤務し、花を中心とした植物を取り扱う仕事です。

市場などから仕入れた花や植物を店頭で販売するためにデコレーションしたり、手入れしたり、花の鮮度を保つために水やりなどをすることも仕事です。

最近はネット販売に対応したお店が増えているため、ネット注文を頂いた商品の梱包・発送対応をしたり、電話予約で受注した商品の準備などもあります。

特殊な資格を必要としない花屋は、アルバイトなどで生花店や園芸店、量販店などで勤務し、知識と経験を積み、正社員へとステップアップしていくことが可能ですし、人によっては専門学校や養成スクールに通って基礎知識を学びながらアルバイトをして正社員を目指すケースもあります。

近年は、海外でフラワーアレンジメントを勉強してから花屋として働く人もいます。

清掃員

清掃員は、企業や商業施設、公共施設、遊園地などの清掃をすることが仕事です。

清掃員の仕事は基本的にシフト制で担当する建物によっては二人一組や担当エリアを決めて仕事をするため、比較的自分のペースで仕事をすることが可能な仕事です。

清掃員の具体的な仕事は、よく目にするショッピングモールや企業などの施設内を掃除したり、駅や市役所・区役所などの公共施設のトイレ掃除や遊園地の敷地内を掃除したり、高層ビルの窓掃除などがあります。

最近は個人宅でも清掃の需要があるため、個人宅向けの清掃サービスを展開している会社もあります。

清掃員の勤務形態は、アルバイトやパートだけでなく、派遣社員や契約社員、正社員などがあります。

勤務先の多くは派遣会社に登録し、派遣会社から清掃担当の会社などに派遣されるケースがほとんどです。

清掃員は、シフト制で仕事をするため、残業がほとんどありませんし、職場にこもって事務作業をしたり、職場で何かをしたりすることがないため、上司や職場での人間関係で悩むことが他の仕事に比べて少なく、仕事も基本的には自分のペースでこなすことができるため、精神的に楽な仕事と言えます。

警備員

警備員の仕事は、企業や工場、公共施設の受付代行や見回り、著名人や有名人のボディーカードを担当します。

担当する企業やシフトによっては夜勤シフトがあり、夜通し見回り警備を担当することもあります。

以前は警備員というと定年退職した人の再雇用先として企業が再雇用した人材を配置していましたが、現在は警備会社に業務委託するところが増えてきました。

警備員の仕事は、シフト制のため、基本的に残業はありません。

受付代行や見回りもルーティーンワークのため、緊急事態などのイレギュラーなイベントが発生しない限り特別な対応をする必要はなく、時間に縛られることも少なく、精神的には楽な仕事と言えます。

トラックドライバー

トラックドライバーは、昨今のドライバー不足で運送会社はどこも人材確保に奔走しています。

そのため、通常、トラックドライバーになるためには中型自動車運転免許を取得し、運転技術を磨かなければなりませんが、最近は入社後に中型自動車運転免許などの特殊免許のサポートをしてくれる企業が増えてきています。

また、ここ数年は、男性だけでなく女性の活躍も目立ってきている業界のため、様々な人にチャンスが増えている業界ともいえます。

トラックドライバーは、基本的に発地で荷物をトラックに積み込み、目的地まで安全に時間通りに運ぶことが仕事であったり、配送ドライバーの場合は、荷物を依頼された届け先に向けて安全に時間通りに配達することが仕事です。

長距離トラックドライバーになると到着のデットライン時間は決められているものの途中の休憩や仮眠などは全て自分で調整することができるため、比較的自分のペースで仕事をすることができます。

また、仕事中であってもトラックの中は自分のスペースになるため好きな音楽を聴きながら仕事をすることもでき、かつ一度ロードに出ると職場で仕事をすることはないため、職場の人間関係に悩まされることもほとんどありません。

楽な仕事を探している方は、こちらの記事も参考に!

楽な仕事に転職するとしてもその代わりに大変になること、デメリットも。

楽な仕事がどういうものかやおすすめの仕事について紹介してきました。

楽な仕事をして精神的にも肉体的にも楽になりたい人にはぜひトライしてもらいたいですが、楽な仕事に転職することで現れるデメリットがあることも忘れてはいけませんので、ここではどういうデメリットがあるのかについて紹介していきます。

給料が安い

楽な仕事はシフト制の仕事であったり、シフトでなくても9時から18時と決まった時間内での勤務が多いため、残業がほとんどありません。

残業がほとんどないということは残業手当がないため、ほとんど基本給だけになります。

そのため、楽な仕事のほとんどは給料が比較的安い傾向にあります。

収入をもっと増やしたい人にはネックになるデメリットです。

時間を持て余すことがある

シフト制や時間調整しやすい仕事を選ぶ人の多くは趣味や家族との時間など仕事以外に時間を費やしたい人が多いのですが、没頭してる趣味に飽きたり、仕事以外に時間を割くものがなくなってしまうと時間を持て余してしまうことがあります。

時間を持て余してしまうと人によっては余分にお金を使ってしまったり、他の仕事がしたくなったりします。

余分にお金を使ってしまうと貯蓄が減りますし、他の仕事がしたくなると仕事を増やす結果になるので結局は仕事漬けになり、楽な仕事をしている意味をなさなくなってしまいます。

待遇面が他に比べてよくない

ブラック企業と呼ばれる会社以外は激務であればあるほど収入は高い傾向にあります。

例えば、証券会社の営業や不動産会社や保険会社の営業は激務と言われますが、成功報酬があり、実績を残せば成功報酬で収入は増加します。

言い換えると仕事が楽ということは定時上がりや残業が少なく、給料はほとんど基本給だけになるため、収入などの待遇面は他に比べて低い水準になります。

そのため、高所得を望む場合は、楽な仕事では要件を満たさないことがほとんどです。

まとめ

今回は、楽な仕事についておすすめの仕事や楽な仕事はどういうものかなどを紹介しました。

楽な仕事は肉体的にも精神的にも楽ではありますが、その反面、収入面や待遇などがあまりよくないケースがあります。

楽して儲けることはできないとよく言われますが、まさに楽をとるか儲けをとるかで今後、楽な仕事につくかどうか検討してみてはいかがでしょうか?

今回紹介した仕事以外にも楽な仕事はありますので楽な仕事をしたい人は他にも調べてみて下さい。



転職ノウハウについてもっと深堀りした情報を見る

大手に転職するために注意したほうが良い2個のこと

転職活動を行うなかでの企業選びについて、どの様なポイントを重視して企業選びを行っているでしょうか?多くの転職希望者は、主な企業選びにおけるポイントとして「年収」「勤務地」「業務内容」を上げています。働くということの目的を考えた場合、給料や働く場所、仕事に対するやりがいなどを重視した企業選びを行うというのは、至極当然のことではないでしょうか?それでは、このような諸条件をより高い水準且つ、より幅広い選択肢をもって実現できる企業をどのように選択するべきか考えてみると意外と重要となるのが「企業規模」ということになります。企業規模の図るうえでの1つの指標として重要となるのが「従業員数」ということになるの

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。

タイプ別の求人の探し方13選。転職の目的や転職先のイメージがあるかどうか次第で探し方は変えましょう!

就職活動で一番悩むのが、会社選びではないでしょうか?やりたい仕事、職種は決まっているのにどの会社がいいの?そもそもやりたい事が決まってない。自分に合う仕事が何かも分からないという人もいるのではないでしょうか?仕事探しの方法はいくつもあります。やりたいことが見つかっている人も見つかっていない人も、ピッタリの仕事探しの方法が見つかるかもしれません。求人を探す手段にはどんなものがある? 求人の探す手段は、たくさんあります。それぞれ特徴があるので、それらを組み合わせて利用すれば、希望に合った求人が見つけやすくなり、効率が良い仕事探しが出来ると思います。自分が利用しやすい手段を見つけてみてくださいね。ネ


転職ノウハウに関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職する際に悩む4個のこととは?あなたのお悩みを解決します

労働市場が硬直的といわれる日本では、今日に至るまであまり「転職」に関心を抱かない人も多かったようです。しかし、最近は働き方改革の勢いもあり「自分らしい働き方をしたい」「自分に合った仕事をしたい」といった願望を胸に、行動を起こす人も増えてきているようです。今回は、私たちの人生を大きく左右する一大イベントともいえる、転職活動に関連する情報を提供していきます。具体的には、私自身がこれまでに転職を何回か経験したことを踏まえ、転職活動全般にまつわる悩みのもとを大きく4つに分類して紹介し、あわせてそれぞれの悩みに対応する解決法を提案していきます。もしも皆さんが、今まさに転職をすべきかどうかで悩んでいる、も

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

留学後に就職を成功させるにはどうすればいい?やっておくべきことや面接対策など、経験者が解説します!

語学のスキルを身につけるためや専門的な勉強をするための海外留学の道。国や言葉は違えど、留学経験者で日本に帰国後語学を活かした仕事に就きたいと希望する方はとても多いのではないでしょうか。せっかく身につけた語学スキル、できればそれを大いに発揮できる就職先を選びたいものですよね。しかし、ただ留学をして海外で語学を学んだというだけではなかなか希望する語学を活かした職種で活躍することは実は難しく、たくさんの方が語学とはあまり関係のない職種への就職を選ばざるを得ません。そこで今回は、留学後の就職で希望の職種へ就くためにやっておくべきことをご紹介して行きましょう。将来はグローバルに活躍したいと願っている方、

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動