仕事を探したい時に利用するものといえばハローワーク。

パートや正社員の仕事だけじゃなくて、在宅ワークの求人は出ているのでしょうか?

在宅ワークを探したい時にハローワークが利用できるのか、できないとしたらなぜなのかということと、ハローワーク以外での在宅ワークの探し方も解説します。

効率よく在宅ワークを探したい時の、便利なハローワークの利用のしかたを教えます。

じっくりチェックすることで、ピッタリの在宅ワークを見つけましょう。

ハローワークってどんなところ?

仕事探しといえばハローワーク、という方も多いのではないでしょうか?

実際、地域に根差した求人の取り扱いが多いことから、ハローワークは最も気軽に、それでいてじっくりと利用できる機関になっています。

そして仕事を探すという目的以外でも利用できるのがハローワークです。

離職した際には雇用保険受給のための手続きを、またスキルアップのための職業訓練の申し込みができ、就職活動をスムーズにするセミナーの受講などもできます。

求職者に向けてのサービスだけではありません。

求人を出す側、事業者向けのサービスも行います。

雇用保険加入の手続きや、従業員が退職すれば離職票の交付をしますし、もちろん求人の受付もしています。

ハローワークは厚生労働省の設置する国の機関になります。

誰でも、また無料で利用することが可能です。

在宅ワークにはどんな仕事がある?

具体的に見ていきましょう。

広い意味で見てみると、在宅でする仕事ということになりますが、在宅ワークは以下の分類ができます。

いわゆる内職、テレワークとも呼ばれる在宅型の勤務、PC作業などの委託を受けてする「在宅ワーク」という区分があるということになります。

これらの在宅での仕事は、すべてハローワークで取り扱いがあるのでしょうか?

実は、ハローワークで扱うのは雇用関係を結ぶ仕事のみです。

つまり在宅での仕事の一部については扱いがあるけれど、すべてについて扱いがあるわけではないということになります。

内職

家内労働法にその定義がされている働き方になります。

家内労働ともいいます。

内職に従事している人のことは、家内労働者ということになりますね。

ただし、以下の5点の要件についてすべて満たしていなければ、家内労働者とは呼ばれません。

  • 加工業者や販売業者等から委託を受けてする
  • 部品や原材料を提供されて、製造・加工などに従事する
  • 委託業者が扱っている物品について、製造・加工などをする
  • 働く目的は労働の対価として金銭を得ること
  • 基本的には他人を雇ったりせず1人か同居している家族とともに仕事をする(機械や設備類の設置をして企業的に仕事をする場合は、家内労働者にはならない)

家内労働者は業務請負契約を結んで、委託者から業務を委託します。

つまり雇用契約を結ぶわけではないということになりますので、ハローワークでは内職の仕事の紹介は行っていません。

在宅ワーク

ここでいう在宅ワークとは、在宅でする仕事全般ではなく、情報通信技術(パソコン・インターネット等)に関連した仕事を、業務請負契約を結んでする場合のことを指します。

契約の形態としては内職と大変よく似ていますが、職種の差が呼び方の違いになっています。

在宅ワークも、雇用契約を結んでする仕事ではありませんので、ハローワークでは取り扱っていません。

内職も在宅ワークも、基本的には成果物に対して報酬が支払われるようになっています。

働いた時間に対して支払われる時給のような形ではないので、仕事の内容・その仕事にかかる時間によってはかなりの低賃金になってしまうというおそれもあります。

しっかりと仕事の内容や報酬を把握して、能力に見合った報酬を受け取れるようにしたいですね。

在宅勤務

テレワークとも呼ばれますが、在宅型の勤務があります。

メールやチャット、電話、スカイプなどで会社と連絡を取ったりしながら、自宅などで仕事をします。

賃金の形態などは会社によって異なります。

この在宅勤務では、あくまでも結んでいるのは雇用契約。

事業所に雇われて仕事をするのですが、必ずしも出社の必要がないという場合に、自宅等の任意の場所で仕事ができるという働き方になっています。

労働者の時間の使い方に融通をきかせた雇用の形で、現在少しずつ増えてきています。

IT技術の普及や、政府(総務省や経済産業省などが関わっています)が在宅勤務・テレワークを推進していることもあり、今後ますますこうした働き方の幅が広がっていくと思われます。

ハローワークで在宅ワークの求人にはどんなものがある?

ハローワークでは、在宅勤務の仕事については扱いがあることがわかりました。

在宅勤務の仕事をどうやって探せばよいのか、またどんな職種があるのか、詳しく見ていきましょう。

事務職

経理事務や会計事務等の事務職で在宅勤務の可能な仕事があります。

会計ソフトを使用しての仕事や、給与計算などを行います。

また、PCを使って入力やその他計算等をするのが主な仕事です。

プログラマー・Webデザイナー

情報通信の分野では、やはりテレワーク化は着々と進んでいるようです。

プログラマーやWebデザイナーのような、技術と、PC環境・通信環境があればできる、という仕事があります。

一定以上のスキルが求められていることが多く、ある程度の実績が示せなくては、採用になるのは難しいかもしれません。

営業職

また、直行直帰の営業職があります。

その場合、出社を要しないというだけで、常時在宅でするというわけではありません。

それでも通勤にかかる時間は短縮できますし、融通が利きやすいというメリットがあります。

時短勤務やフレックス制、また裁量制などと組み合わせたような働き方になっていることも。

基本的に経験者向け

在宅での勤務が可能な仕事に共通して言えるのが、基本的にその仕事の職務内容に関してしっかりとした経験があり、技術や能力も備えていることが求められています。

出社して行う仕事のように、管理者の目が届くわけではありませんし、教育係がそばにつくわけでもありません。

ただし、求人票をよく見てみると、「慣れてくれば在宅勤務の相談にも応じる」とか、「将来的には在宅勤務も可能」とかいった記載の求人もあります。

求人票をよく見て、自身の経験・技術・能力が、求められているレベルにあるかどうか見極めるようにしましょう。

ハローワークインターネットサービスを活用して在宅の仕事を探そう

在宅勤務の仕事は、ハローワークインターネットサービスの求人検索機能を利用して探すことができます。

フリーワードで探していきますが、「在宅」もしくは「在宅勤務」というワードと、「事務」などの職種を入力して絞り込んでいきます。

この時に気をつけたいのが、「類義語を使用して検索」欄のチェックを外しておくことです。

また、「NOT検索」の入力欄に「介護」「医療」「診療」などのワードを入れておくようにします。

こうすることで、在宅介護や在宅診療といった、在宅の患者・要介護者が医療サービスや介護サービスを提供する仕事が検索結果から除かれます。

ハローワーク以外で在宅ワークを効率的に探す方法とは?

ハローワークでは、事業所と雇用契約を結んでする仕事である在宅勤務(テレワーク)について探すことができます。

ですが、雇用契約ではなく業務請負契約を結んでする内職や在宅ワークはどのように探せばよいのでしょうか?

ハローワーク以外で在宅の仕事を探す方法を紹介します。

地方行政の窓口、商工会等

市区町村や、都道府県に、内職を扱う相談窓口が設置されている場合があります。

就労支援として、内職の斡旋を行っていることがありますので、お住まいの地域の市区町村の役所、都道府県庁を訪ねるか、各自治体が運営するホームページなどを調べてみましょう。

地域の商工会でも、内職の仲介を行うところがあります。

地域型の内職の仕事を探せる可能性もありますので、ホームページの情報を気にかけてみましょう。

アルバイト情報サイト・転職情報サイト

転職や、アルバイト探しをする時に重宝するアルバイト情報サイトや転職情報サイト。

ネット上の情報サイトだけではなく、紙媒体の情報冊子なども街中で見かけますね。

その中に、在宅ワークや内職の情報があります。

情報サイトを使って探すという場合、ハローワークインターネットサービスで検索するときと同じように、「在宅勤務」などのワードを入力して探せるものが多くなっています。

合わせて職種を選択して、より希望に近い求人を探せるようになっています。

紙媒体の情報冊子にも、内職や在宅ワークに関する情報が掲載されていることがありますので、チェックしてみましょう。

アルバイト情報サイト・転職情報サイトをいくつか挙げてみましょう。

indeed(運営/indeed)

在宅、在宅勤務、内職などのワードを入力して添削可能。

CAD作図や電話オペレーターのお仕事などが探せます。

LINEバイト(運営/LINEバイト株式会社)

スマホの無料通話アプリでおなじみLINEのアルバイト情報サイト。

LINEとも連動。

検索条件の働くスタイルから「在宅ワーク・内職」を選択できます。

小学生向けの添削指導や、英語ライターなどの募集も。

求人BOX(運営/株式会社カカクコム)

「在宅勤務」「内職」等のフリーワードで探せます。

Webシステムエンジニアやモニターなど幅広く掲載されています。

マイナビバイト(運営/マイナビ株式会社)

検索する際のこだわり条件として「在宅ワーク・内職」が選択できます。

webライターやwebデザイナーなど、得意なことが活かせる在宅のアルバイトが探せます。

クラウドソーシングサイト

PCを使ってする仕事の扱いが多い、クラウドソーシングサイト。

個人や企業が業務委託しているサイトがクラウドソーシングサイトということになります。

すべてのやりとりがインターネット上で行われることが多く、報酬の受け渡しも含め、インターネット上で完結するような仕組みになっています。

こういったサイトは主にPCを使ってする在宅ワークの仲介に特化しているため、データ入力やテープ起こし、ライティングなどに関して、数多くの仕事が見つかります。

スキルの程度に合わせて案件を選ぶこともできます。

サイトによって、ジャンルに傾向があることも。

自分に合ったサイトに登録できれば、在宅ワーク探しがスムーズになるでしょう。

また、取引相手が信頼のおける相手かどうかを見極めることも大事です。

各サイトで、報酬から控除される手数料や、契約時のシステムなどが異なっています。

その点についても、しっかり確認をするようにしましょう。

クラウドソーシングサイトについても、具体的にいくつかピックアップしてみます。

クラウドワークス(運営/株式会社クラウドワークス)

アンケートやネーミング提案などの気軽な作業から、webサイト作成や翻訳などの要スキルの本格的なものまで幅広く扱っています。

ランサーズ(運営/ランサーズ株式会社)

TOPページから行える、業務内容のジャンルごとのカテゴリー選択が簡単なのがいいですね。

大手企業・有名企業も利用しているとのこと。

サグーワークス(運営/株式会社ウィルゲート)

ライティング業務に特化したサイト。

ママワークス(運営/株式会社アイドマ・ホールディングス)

「ママ」という言葉が入っていますが、もちろんママさんや主婦の方を応援するサイトになっています。

子育て中でも働きやすいというのがウリです。

キャリアカウンセリングや、在宅ワーク動画講座などのコンテンツが充実しているのもうれしいですね。

まとめ

ハローワークで在宅の仕事を探すコツと、ハローワークでは探せない在宅求人についてまとめました。

ハローワークインターネットサービスを利用すれば、在宅勤務の仕事を探すことができます。

雇用関係を結ぶ働き方の仕事であれば、ハローワークで紹介を受けることが可能ですが、雇用契約ではなく業務請負契約を結んでする働き方である内職や在宅ワークは、ハローワークでの取り扱いがありません。

市区町村・都道府県に内職を仲介する窓口があったり、地域の商工会で内職の紹介をしていたりすることがありますので、実際に訪ねるか、ホームページなどをチェックしてみるとよいでしょう。

お住まいの地域に密着した在宅の仕事が見つかるかもしれません。

アルバイト情報サイトや転職情報サイトのおすすめおよび、PCを使う仕事に特化して業務を取り扱うクラウドソーシングサイトのおすすめもピックアップしました。

こういったツールを上手に使って、ピッタリ合った在宅での仕事、在宅ワークを見つけられるようにしたいものですね。

思いがけないトラブルに陥ることがないように、十分注意して、たのしく在宅ワークができるといいですね。