仕事をしていると、そのときの環境で転勤や転職の機会に遭遇する場面も少なくありません。

仕事をするうえで、フランチャイズや地域に系列店が存在する場合は転勤の可能性があったり、勤務していて条件が合わなくなって転職したりする場合もあります。

ここでは、転勤と転職はどちらがよいのか、また、そのメリットなど、さまざまな視点から解説していきます。

転勤が嫌で転職する人は多い?

企業の業態のなかで、本店と支店、フランチャイズなどさまざまな形態で運営している企業の多くは転勤があります。

就職した際に、転勤の有無について確認がある企業もありますが、長く勤務していると、転勤の希望をしていない従業員でも転勤の危機に追い込まれる場合も少なくありません。

転勤のある企業に勤めている従業員のなかには、結婚をしていて転勤することで居住環境が変わることが嫌と感じる方もおり、それが嫌で転職を考える方も多くいます。

また、独身の方でも、住み慣れた地域を離れるのが嫌で、転勤を拒み、転職する場合もあるでしょう。

このように、転勤が嫌で転職する方は多く存在します。

転勤は転勤でも同じ地域に支店や姉妹店があって、そこに転勤する場合はそれほど苦痛を感じる方はいないと思いますが、住み慣れた地域を離れる転勤の場合は嫌がる方も多いです。

そのため、転勤をきっかけにその企業を退職し、結果として転職するケースが増えています。

転勤と転職どちらを選ぶ?

転勤と転職はどちらがよいのでしょうか。

転勤、転職にはそれぞれメリットがあります。

ここでは、それらのメリットを挙げ、具体的に解説していきます。

転勤のメリット

勤務する企業から転勤の辞令が下りた場合、あなたならどうしますか?

転勤の話で一瞬動揺するかもしれませんが、転勤にしかないメリットはたくさんあります。

ここでは、数ある転勤のメリットをご紹介していきます。

同じ運営母体で働くことができる

長く同じ企業に勤めるほど、自分が勤めている企業のことを信頼し、自信を持つことができます。

同じ運営母体で働き続けるということは、自分に自信がつくだけでなく、周囲からの信頼も得ることができます。

また、知名度のある有名企業に勤めている場合は、自分の勤めている企業を自慢できるため、自信を持って働くことができます。

同じ運営母体で働くなかで、異なるエリアに転勤になるケースがあります。

しかし、同じ運営母体であるため、転勤しても待遇が変わらないというメリットがあります。

企業に勤めていて、待遇に満足していても転勤しなければならないという場合も少なくありません。

そんなときに、現在の生活水準を変えたくない、落としたくないとほとんどの方は考えるのではないでしょうか。

そのため、転勤の辞令が下りても、現時点で満足している待遇が受けられるなら、転勤もやむを得ないと考える方も多いと思います。

同じ運営母体で働くことで、十分に満足した待遇を受け続けることができるメリットがあるため、転勤を承諾する方も少なくありません。

生活水準を落としたくない、変えたくないと思っている方は是非、このメリットを活かしてもらいたいです。

昇給、昇格の評価に繋がる

企業によっては、転勤が昇給や昇格の条件に含まれる場合があります。

転勤先で実績を残すことで、企業によい成果をもたらすためです。

企業の転勤は、研修の場として考えられる場合もあり、転勤することでスキルアップに繋がるケースも少なくありません。

企業としては、少しでも優秀な人材を求めているため、このような実績を積んだ従業員を評価する傾向があります。

場合によっては、海外への転勤もある企業も存在します。

例えば、海外に存在する支店の売上向上のために転勤してもらうという企業の考えから、実際にその従業員が転勤して、対象の海外支店の売上に貢献したとします。

この場合、企業の采配により企業の考え通りの成果を得られているため、その従業員は企業から多大なる評価を得ることができます。

そうすることで、昇給や昇格していくケースも多いです。

このように、転勤は企業によって、昇給や昇格の評価対象となるメリットもあるため、向上心のある方にはおすすめです。

モチベーションの向上に繋がる

転勤することで、モチベーションの向上や維持に繋がる場合があります。

企業に勤務するなかで、転勤の辞令が下りたとき、「チャンス」と捉える方も多いと思います。

これは、転勤が直接評価に繋がるという意識が働くためです。

転勤すると、自身の置かれる職場の環境が一気に変わる場合があります。

例えば、同じ運営母体のなかでも、部署や事業が違えば仕事内容も変わります。

また、職場環境が変わることで、それがモチベーションの向上に繋がることもあります。

人の心理として、職場環境に変化があると緊張し、良い意味でストレスを感じます。

この良い意味でのストレスがあるがゆえに、自分自身を高めなければならないという意識が高まり、モチベーションの向上や維持に繋がります。

つまり、転勤でモチベーションの向上に繋がるというメリットがあるため、自分を企業に評価してもらいたいと考えている方にはおすすめです。

転職のメリット

勤務する企業を転職したいと考えている方におすすめです。

さまざな要因が重なって転職を考えていると思いますが、転職にはたくさんのメリットがあります。

ここでは、数ある転職のメリットをご紹介していきます。

給料が上がる

企業に勤めている方のなかには、給料に不満を持っている方も少なくありません。

また、給料がもっと欲しいと思っている方は多いでしょう。

そこで、給料を上げるために転職する方が増えています。

転職に成功してキャリアアップすると、これまで貰っていた給料よりも多く貰える場合があります。

転職の方法として、同業種で転職する場合と、異業種で転職する場合がありますが、比較的簡単に給料を上げる転職方法として、同業種で転職し、これまでの経験を活かす方法のほうが、給料が上がりやすい傾向にあります。

このことから、転職することでキャリアアップに繋がるため、給料が上がりやすいというメリットがあります。

職場環境を変えることができる

転職すると、これまでの運営母体とは運営方針が異なるため、職場環境が一気に変わります。

企業に勤めているなかで、運営の仕方に違和感を感じ、辞めたいと思っている方や、結婚などで生活環境がガラリと変わった方もいることでしょう。

そんな方には、転職して自分に合った職場環境を選ぶことも大切です。

職場環境を変えるということは、自分を変えることができるチャンスでもあります。

転職することで新しいスキルや知識を得ることができるためおすすめです。

新たな気持ちで仕事に臨める

転職を新たがスタートと捉える方もいます。

実際に、転職はその人の人生において転機ともいえます。

転職することで環境が大きく変わり、新たな気持ちで仕事に臨むことができます。

勤める企業を変わることで、やり方や生活環境も大きく変わります。

慣れるまでに時間がかかる場合もありますが、転職したばかりの新たな気持ちは新鮮で、その人のモチベーションに繋がります。

良い意味で自分を伸ばすことができるためおすすめです。

転職をするならこちらの記事を参考に!

経験談!私が転勤を選んだ理由

転勤する場面に遭遇したとき、私はあることがきっかけで転勤を選びました。

ここでは、そんな私の転勤にまつわる体験談をご紹介していきます。

待遇に不満があった

私が飲食店に勤め始めた頃、主にホールの従業員として運営に携わっていました。

しかし、私が勤めていた飲食店の待遇はそれほど良くなく、いつも不満を感じていました。

フランチャイズで、各地域に点在していましたが、店舗によって給料が違ったのです。

私の勤めていた店舗の給料は、同系列の他店と比べると給料が安かったです。

ある日、転機が訪れました。

同系列の他店への転勤辞令が下りたのです。

給料が上がることですぐに承諾しました。

こうした理由から、私は転勤することにしました。

結婚をして生活環境がガラリと変わった

独身時代から同じ企業に長く勤めていると、在籍中に結婚して生活環境がガラリと変わる時期もありました。

私は、結婚を機に居住を安定させるために、転勤を選びました。

独身時代には転勤は無条件で受け入れていましたが、結婚をして子供もできたこともあり、転勤するのが困難な状態にありました。

しかし、子供のことも考え、転校させることで寂しい思いをさせたくなかったことから、最後の転勤先として、子供の頃から慣れ親しんだ地域への転勤を承諾しました。

仕事が嫌になった

同じ職場で勤務し続けていると、嫌なこともあります。

そのときの私は、職場環境を変えたいといつも思っていました。

ある日、転勤の話があったため、すぐに承諾しました。

新しい職場環境で、新しい気持ちで仕事に臨めるため転勤してよかったと思っています。

転勤が嫌で転職するという考え方のデメリット

転職を考えている方のなかには、転勤が嫌で転職するという方もいることでしょう。

ここでは、そんな考え方をしている方のデメリットについて解説していきます。

なかなか昇給、昇格しない

転職は転勤とは異なり、運営母体が異なるため転職したからといって必ずしも評価を得られるとは限りません。

例えば、同業種間で転職したとします。

いくら同業種でも運営母体が異なれば運営方針も違えば、やり方も全く違う場合があります。

このことから、前職の経験を活かすことができないというケースに陥る方も少なくありません。

そのため、転職するとなかなか昇給、昇格しないというデメリットがあります。

上司からの評価が低い

転職を頻繁に繰り返していると、企業側から見てもあまりよい印象は受けません。

そのため、上司からの評価を得にくいというデメリットがあります。

また、転職すると運営母体が異なるため、これまでのやり方が通用しないという場合があります。

転職先でのやり方で業務を遂行しなければならず、これまでの経験を活かすことができないというケースも少なくありません。

そのため、転職することで新人扱いされ、上司からの評価も低いというデメリットがあります。

仕事が長続きしない

転職して職場がコロコロ変わるため長続きしないという方もいます。

このような方は、給料も上がらず、上司からの評価も得にくいという特徴があります。

仕事が長続きしない要因はいくつかありますが、仕事が長続きしないことで転職を頻繁にしていると、自分自身の向上もみられないうえ、周囲からの評価もなかなか得られないため、デメリットの方が大きいといえます。

転勤が少ない職種とは?

社会には転職が少ない職種がいくつかあります。

ここでは、そのなかでも選りすぐりのおすすめ職種をご紹介していきます。

個人経営の飲食店

一般的に、飲食店は転勤が多いというイメージがありますが、その理由としてフランチャイズやチェーン展開している企業が運営する飲食店が増えていることが原因として挙げられます。

飲食店のなかでも、同法人内でチェーン展開している企業は転勤があります。

しかし、個人経営の飲食店は基本的に1店舗しかないため、転勤の心配はありません。

大手企業と比べると待遇は劣るところもありますが、転勤したくないけど飲食店で働きたいとお考えの方にはおすすめです。

福祉

福祉業界には、同じ地域で事業を展開している企業が多く存在します。

各エリアに展開すると、手続きが大変であるという企業側のデメリットもあるため、このように法人内で事業展開する場合は、同じ地域で展開する場合が多くあります。

そのため、転勤ではなく異動で同法人内での業務内容が変わるため、このような形態の法人であれば転勤の心配はありません。

しかし、この場合注意しなければならない点があります。

同じエリアといっても、同じ市町村内で事業所の場所が変わる場合があるため、住んでいる地域によっては他事業所へ転勤する場合に、同じ市町村の隅から隅に変わる場合があります。

まとめ

最後に、転勤と転職、どちらもメリット、デメリットはあります。

あなたの生活環境によって最善の方法を選ぶ方がよいでしょう。

転勤と転職、どちらを選ぶのか、現在のあなたの生活環境と見比べてみて、メリットが大きい方を選びましょう。

また、転勤も転職もしたくないという方も、なかにはいると思いますが、転勤や転職が少ない職種もあります。

是非とも参考にしてみてください。


関連キーワード

転職