希望の仕事に転職できたり、他のことをやりたくて転職したら当然ですが転職先で成功したい、うまくやっていきたいと思うことです。

転職するにあたり、大変なことは仕事を覚えることも当然ですが、社内の人間関係もリセットされているので新たに人間関係を構築する必要があります。

ただ、人間関係を構築するといってもゴマをする必要もなければ、無理にプライベートまで仲良くしないといけないわけではありません。

あくまでも仕事上、円滑に仕事する上で社内の信頼関係を作り上げないといけません。

今回は、筆者の実体験も踏まえて転職先で人間関係を良好にするために注意することを紹介します。

転職先で人間関係を良好にするために気を付けたい6個のこと

転職して大変なことは仕事を覚えるだけでなく、社内の人間関係も構築していく必要があります。

一人でずっと仕事ができれば社内の人間関係を構築する必要はないかもしれませんが、会社に入って仕事をしていく上でそういうわけにはいきません。

また、誰かの助けやアドバイスが必要な時に社内の人間関係を構築しておくことで誰に聞けばいいのか、誰を頼ればいいのかすぐに見つけることができます。

ここでは、転職先で人間関係を良好にするのに必要なことを紹介します。

挨拶をきちんとする

基本中の基本ですが、職場の人と挨拶を交わすことは大切なことでコミュニケーションの第一歩です。

「おはようございます」や「お疲れ様です」など長々と一人一人の人と話す必要はありませんが、一言挨拶を交わすだけでも相手が抱く印象は変わります。

実際に転職してきた人で挨拶しない人は職場に馴染めない人が多いですし、早々に退職していく人も多いです。

積極的にコミュニケーションをとる

新しい職場では先輩が年下であっても自分が後輩であることをしっかり認識し、色々な人と壁を作らず積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

無駄話をしにいくわけではなく、この仕事をどう思っているのか、何がやりがいなのかなどちょっとした会話や仕事にまつわる質問などをしてみることです。

積極的にコミュニケーションをとればそれだけ早く新しい職場の人と顔馴染みにもなれますし、自分のことを覚えてもらえます。

転職してきた人で積極的にコミュニケーションを取らないと周りの評価としては「こいつは大丈夫なのか?」とか「この子に仕事を任せるのは不安だな」など職場の信頼を得られず、働き辛い環境を自ら作り出してしまいます。

わからないことをわからないままにしない

転職してきた人でよくありがちですが、周りにわからないことが聞けない、聞くのが恥ずかしいと思う人がいます。

わからないことを周りに質問せず勝手な判断で仕事を進めて大失敗したなんてことがありました。

転職した先はあくまでも自分は初心者、初級と認識し、恥ずかしいかもしれませんがあとあと大問題になるより、今、勇気を出してわからないことをしっかりと解決していくようにしましょう。

相手の名前をきちんと覚える

挨拶をすることと同じくらい基本中の基本ですが、相手の名前をきちんと覚えることも社内の人間関係を構築する上で大切なプロセスです。

名前も知らない、顔も覚えていない、仕事もわからいままほったらかすなんて人が職場にいたら誰も一緒に仕事をしようと思う人はいないです。

また、自分の名前をきちんと覚えてもらって悪い気を起こす人はいませんし、名前をしっかり覚えてもらっていた方がコミュニケーションしやすいので相手の名前はきちんと覚えましょう。

職場のルールや社内規則をきちんと理解する

職場にはそれぞれのルールが存在します。

前の会社がこうだったからこれでいい屋は通用しません。

「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように新たな職場の職場ルールがあるならきちんと理解して職場のルールに則って仕事をする必要があります。

ただ、職場ルールは明確に文面で記録されている場合とそうでない場合があります。

文面に記録されていない場合は上司や周りの人に確認するようにしましょう。

能力以上の仕事をしない

転職先で仕事を覚えると「早く仕事を覚えたい」とか「早く独り立ちしたい」や「即戦力として新しい職場に適合しているところをアピールしたい」など色んな思惑があります。

ただ、自分の能力は新しい職場にいったとしても限られているので自分の能力以上の仕事をしようとするのは禁物です。

自分の能力以上の仕事をしようとして無理することでミスしたり、周りに迷惑をかけたり、自分のリズムや体調を崩したりするきっかけになりかねません。

あくまでも自分ができる範囲の仕事を最大限にすることが大切です。

転職での人間関係の成功談

転職先での人間関係を良好にするためのポイントを紹介したところで実際に筆者が体験した転職先での人間関係の成功体験と失敗体験を紹介します。

まず、転職先での人間関係において成功した成功体験談から紹介して行きます。

参考になれば幸いです。

積極的にコミュニケーションを取った

転職先で仕事を円滑にするために積極的にこちらから話しかけて職場の人に顔と名前を覚えてもらうように努めました。

簡単な挨拶や自分がビギナーであるため、仕事に対してのモチベーションややりがいなどを伺い、色々な話をしてもらえたので結果、積極的にコミュニケーションをとることで思わぬヒントやアイデアをもらえたり、経験談を教えてくれたりと勉強になることが多かったです。

また、色々と話を聞かせてもらう中でどの人にどういうことを聞いたらいいかなどもわかるようになりました。

飲み会やランチなどが人間関係構築のきっかけになった

転職先では歓迎会を開いてくれることがあると思います。

最近の20代世代は積極的に参加したがらないのが現状のようですし、もちろん、この成功談はありますが、積極的に参加しろというわけではありませんが、歓迎会やランチの誘いなどがあれば積極的に参加して損はないかと思います。

筆者の体験談を紹介すると筆者も飲み会等にはあまり積極的に参加したいわけではありませんが、せっかく好意で歓迎会をしてもらえるようなので参加することにしました。

歓迎会では、緊張からあまり話さないようにしようかなと思ったのですが、せっかくの場なので思い切って色々とバカ話をしてみることにしました。

そしたら、最初は真面目なイメージからそんな話をするわけないと思っていた人はあっけにとられていたのですが、時間が経つに連れて周りが気さくに打ち解けてくれ、結果翌日から仕事がしやすくなりました。

周りの人も積極的にサポートしてくれるようにもなったので毎回行く必要はないと思いますが思い切って飲み会やランチの誘いに乗ってみるのも新しい職場で人間関係を構築する近道なんだなと実感しました。

恥を捨てた

転職して誰もが直面するのは年下の先輩に質問するとか周りの人に質問する、助言を求めるということです。

こんなことも知らないのかと思われないかやなんだか聞き辛い、どう聞いていいかわからないなど理由は色々あります。

ただ、恥ずかしがって何も聞かなければ仕事は進みませんし、いつまで経っても仕事は覚えられません。

筆者は、まず恥ずかしいと思うことを止めました。

転職先では職場のルールや仕事の内容についてビギナーなのでどの立場のどんな人であっても教えてもらう、ちゃんと聞くことに徹しました。

最初はもちろん抵抗はあります。

ただ、仕事を覚えることに重点をおけば、聞くのが恥ずかしいというのは気にならなくなります。

聞くのが恥ずかしいと思うことを止めたおかげで仕事を覚えることができますし、周りとのコミュニケーションにもなります。

結果、しっかりと仕事を覚え、周りとの信頼関係も築けたので恥を捨ててよかったと思いました。

自ら行動すること

積極的にコミュニケーションを周りの人ととることと近いですが、転職して新たな職場で新たな人間関係を構築したり、仕事を覚える上で、受け身ではいけないことを体験しました。

受け身で仕事を覚えていてはいつまでたっても何かしらの指示がないと動けません。

もちろん、最初なので何をしていいのかわかりませんし、勝手にやっていのかどうか不安になります。

ただ、勝手にやっていのかどうか思うならそれを周りに聞くことも自ら行動することになります。

学生ではないので受け身で指示を待っていたり、仕事をもらえるのを待っていては何も覚えられませんし、周りも全部面倒を見れるわけではありませんので待っているだけでは周りから仕事が出来ないのではないかと疑われてしまいます。

自ら行動をしていることで周りとのコミュニケーションも生まれますし、自ら行動することで仕事や職場のルールで覚えていけます。

転職での人間関係の失敗談

転職先の人間関係で筆者は失敗談がいくつかあります。

今後転職する人、転職を考えている人の参考になればといくつか紹介していきます。

怒られた失敗談メインになりますが、転職先の人間関係構築する上では共通する悩みでもあるかと思います。

質問しすぎて怒られた

転職した当初は何もかもがわからず、ミスしたり失敗することを恐れていたため、色々な人に些細なことでも質問をしていました。

例えば、書類の書き方があっているかどうかや書類の提出場所、共同文具の返却場所まで色々と聞いていたのですが、あまりにも質問しすぎたため、最終的に先輩や上司から「それくらい自分で判断できるやろう」と怒られてしまいました。

積極的にコミュニケーションを取ることはいいですが、些細なことまでいちいち質問してしまうとみんなの邪魔になる可能性もありますので注意して下さい。

誰が誰だかわからなくなった

転職した初日、上司が色々な部署の色々な人を紹介してくれたのですが、転職した先が大所帯の会社であったため、一度に40人以上紹介され、メモを取って覚えようとしましたが誰が誰だかわからず最初はなかなか相手を名前で呼ぶことができませんでした。

今思えば、名刺を頂いておいて特長をこっそりメモしておくとかで覚えたらよかったと思いました。

職場のルールをなかなか理解できない

色々な職場には色々な職場独自のルールがあります。

筆者が転職した会社にも当然ながら職場の独自ルールはありました。

コーヒーはなくなっていると気づいた人が補充するとか朝の掃除は誰がやるとかなどありましたが、最初この職場ルールを理解しておらず、よく先輩から怒られることがありました。

細かなことですが、職場ルールも最初は覚えづらいのでメモをとるなりして忘れないように注意しましょう。

勝手に判断して仕事をして失敗した

最初の頃に些細なことを聞きすぎて怒られたことから誰が見てもわかることは自分で判断していたのですが、仕事も同様にうる覚えであったことをできると勝手に理解してお客様に対応できますと答えてしまい、実際はできないことであったため、お客様に迷惑をかけてしまい、上司を連れて謝罪することになりました。

当然ですが、謝罪の後、会社に帰ってから上司にも怒られる結果となっています。

仕事の場合は、慎重に慎重を重ねた方が無難です。

わからないことだけでなくうる覚えだったり、怪しいことはきちんと周りに確認しましょう。

上司の助言にうっかり反論してしまった

今考えると転職当初は上司が色々と世話を焼いて助言をしてくれたのですが、筆者は、当時助言というよりいびりに聞こえたところもあり、なぜそうしないといけないのかや、どうしてそれをいまする必要があるのかをついつい聞いてしまい、火に油を注いでしまいました。

職場のルールなどもそうですが、仕事をこなす順番であったり、上司の指示や助言があるならそれを優先した方が無難ですし、無駄に怒られなくて済みます。

まとめ

晴れて転職したとしても次の課題は人間関係をどう築いていくかが今後転職先で円滑に仕事をする上でのキーワードになります。

人間関係を築く方法に答えはありませんが、周りの人の成功談や筆者の実体験などを見直してみると積極的に行動することが転職先で円滑に仕事ができる人間関係や職場環境を作っていると思います。

今回筆者の実体験を含めて転職先での気をつけるポイントや押さえておくべきポイント、筆者の成功談や失敗談を紹介しました。

これから転職先で新たなキャリアを歩み出す人、これから転職を考えている人などの参考になれば嬉しいです。




転職ノウハウについてもっと深堀りした情報を見る

大手に転職するために注意したほうが良い2個のこと

転職活動を行うなかでの企業選びについて、どの様なポイントを重視して企業選びを行っているでしょうか?多くの転職希望者は、主な企業選びにおけるポイントとして「年収」「勤務地」「業務内容」を上げています。働くということの目的を考えた場合、給料や働く場所、仕事に対するやりがいなどを重視した企業選びを行うというのは、至極当然のことではないでしょうか?それでは、このような諸条件をより高い水準且つ、より幅広い選択肢をもって実現できる企業をどのように選択するべきか考えてみると意外と重要となるのが「企業規模」ということになります。企業規模の図るうえでの1つの指標として重要となるのが「従業員数」ということになるの

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。

タイプ別の求人の探し方13選。転職の目的や転職先のイメージがあるかどうか次第で探し方は変えましょう!

就職活動で一番悩むのが、会社選びではないでしょうか?やりたい仕事、職種は決まっているのにどの会社がいいの?そもそもやりたい事が決まってない。自分に合う仕事が何かも分からないという人もいるのではないでしょうか?仕事探しの方法はいくつもあります。やりたいことが見つかっている人も見つかっていない人も、ピッタリの仕事探しの方法が見つかるかもしれません。求人を探す手段にはどんなものがある? 求人の探す手段は、たくさんあります。それぞれ特徴があるので、それらを組み合わせて利用すれば、希望に合った求人が見つけやすくなり、効率が良い仕事探しが出来ると思います。自分が利用しやすい手段を見つけてみてくださいね。ネ


転職ノウハウに関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職する際に悩む4個のこととは?あなたのお悩みを解決します

労働市場が硬直的といわれる日本では、今日に至るまであまり「転職」に関心を抱かない人も多かったようです。しかし、最近は働き方改革の勢いもあり「自分らしい働き方をしたい」「自分に合った仕事をしたい」といった願望を胸に、行動を起こす人も増えてきているようです。今回は、私たちの人生を大きく左右する一大イベントともいえる、転職活動に関連する情報を提供していきます。具体的には、私自身がこれまでに転職を何回か経験したことを踏まえ、転職活動全般にまつわる悩みのもとを大きく4つに分類して紹介し、あわせてそれぞれの悩みに対応する解決法を提案していきます。もしも皆さんが、今まさに転職をすべきかどうかで悩んでいる、も

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

楽な仕事に転職したい!こだわりたい楽な5個のポイントと、おすすめの仕事を紹介します

突然ですが、皆さんは楽な仕事をしたいですか?それとも激務をしたいですか?極端な質問ではありましたが、要は、皆さんが仕事に対して何を求めているかを確認してみました。人によっては仕事が生きがいで楽しいと思う仕事や生きがいと感じる仕事なら激務でも厭わない人もいれば、趣味や家族・友達との時間を楽しみたいから仕事にはあまり時間を費やしたくないという人もいます。最近は、今の仕事があまりにも激務すぎて周りを見る余裕も将来について考える余裕もないから楽な仕事をしてみたいと考える人も少なくありません。今回は、楽な仕事についてスポットを当てて楽な仕事へ転職するためのポイントやおすすめの仕事について紹介していきます

留学後に就職を成功させるにはどうすればいい?やっておくべきことや面接対策など、経験者が解説します!

語学のスキルを身につけるためや専門的な勉強をするための海外留学の道。国や言葉は違えど、留学経験者で日本に帰国後語学を活かした仕事に就きたいと希望する方はとても多いのではないでしょうか。せっかく身につけた語学スキル、できればそれを大いに発揮できる就職先を選びたいものですよね。しかし、ただ留学をして海外で語学を学んだというだけではなかなか希望する語学を活かした職種で活躍することは実は難しく、たくさんの方が語学とはあまり関係のない職種への就職を選ばざるを得ません。そこで今回は、留学後の就職で希望の職種へ就くためにやっておくべきことをご紹介して行きましょう。将来はグローバルに活躍したいと願っている方、