やりたい仕事が見つからない時はどうしたらいいかについての写真

みなさん、今の仕事に満足していますか?

そう問いかけられると、ドキッとする方もいらっしゃるかもしれませんね。

給与面に不自由はない。

福利厚生も悪くない。

人間関係も問題なくやっている。

でも、イマイチやりがいや達成感は感じない……。

そんな風に感じている方は、今の仕事が“自分のやりたい仕事”や“自分に適した仕事”ではないのかもしれません。

とはいえ、心から「やりたい!」と思える仕事がない、自分に適した仕事がわからないという方もいらっしゃいますよね。

それでは転職しようがありません。

そこで今回は、自分がやりたいと思えるような仕事、自分に適した仕事の見つけ方について解説します。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりたい仕事が見つからない方の4個のパターン

なんとなく「転職したいな」と思っていても、次にやりたい仕事がないとなかなか動けませんよね。

この”やりたい仕事が見つからない”というのはどういう状況なのでしょうか?

代表的な例をいくつかご紹介いたします。

本気で転職したいと思っていない

意外と多いこのパターン。

口では「辞めたい」と言うものの、リスクを冒してまで転職しなくてもいいといった状況です。

転職するとなると覚え直さなくてはならない仕事が出てきたり、人間関係も新たに築いたりしなければなりません。

また、新しい職場の環境やそこでうまくやっていけるかというのは入社するまでわかりませんよね。

「そんなことするくらいなら仕事でいいかも」と考えるのがこちらのパターンです。

一周回って現状に感謝できるのですから、悪いことではありません。

現在の仕事がある程度安定していれば、ほかにやりたい仕事が見つからないのも頷けますよね。

実は今の仕事にそこそこ満足感がある

上記と似ていますが、こちらも多いです。

本当に辞めたいかどうかを改めて考えた時、「そこまで悪くはないな」と思えるパターン。

こちらも悪いことではありませんが、やや自己理解に欠ける面が伺えます。

自分は何がしたいのかわからない

自分が何をしたいのか分からなければ、やりたい仕事が見つからないのも当然のこと。

やりたいことを見つけるためには、何がしたくて何が好きなのかを明確にしておくことが必要です。

それが分かって初めて、仕事探しが始まります。

将来どう働きたいかが決まっていない

やりたい仕事を見つける上で、自分のキャリアプランやライフプランを明確にしておくのはとても重要なこと。

ずっと企業で働きたいのか、フリーランスとして働きたいのか。

平社員でいいのか、社長まで目指したいのか。

結婚したら家族との時間も取れるように働きたいのか、結婚せずに仕事に没頭したいのか。

上記のように先の人生について考えられていれば、自然とやりたい仕事・やるべき仕事が分かって来ることがあります。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりたい仕事がみつからない時はどんな状況なの?

やりたい仕事が見つからない

みなさんは、自分の性格について10個以上特徴を挙げられますか?

また、自分の好きなものを10個以上ご存知ですか?

改めて考えてみると、意外とパッと出てこなかったりしますよね。

しかしそんな状態では、「自分のやりたい仕事は何か」なんていうハイレベルな問いに答えられるわけがありません。

つまり、やりたい仕事が見つからない状況というのは、「自己理解が進んでいない状態」を指すのです。

「やりたい仕事が見つからない状況」でもいくつかのパターンを述べましたが、それは全て自己理解ができていない状態でもあります。

一方、各問に10個以上ずつ答えが出たという方は、十分に自分を理解している人。

そういった方は仕事探しも自己理解に基づいて行っている可能性が高く、自分のやりたい仕事や向いている仕事に就職できている可能性も高いです。

「やりたい仕事を見つけたい」「自分に合う仕事が知りたい」という方は、まず“自己理解”から始めてみましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりたい仕事を見つけるためにまずやってみたいこととは?

上記でも述べたとおり、やりたい仕事を見つけるためにはまず、自分を知ることが必要です。

では、どのように自己理解を進めていったらいいのでしょうか?

単純ながらも最も効果的なのは、ひたすら自分に問いかけること。

また、その答えは心の中だけで出すのではなく、一度紙に書いて客観的に見てみるというのが重要です。

紙とペンを用意したら、下記の項目について自分に問いかけてください。

そして、各項目につき10~30個ほど答えを絞り出してみましょう。

30個余裕で書けたという方は、50個、100個と回答が苦しくなるくらいまで数を増やしてみてください。

そこからきっと、自分の大切にしていることや意思、目標が見えてくるはずです。

自分の好きなことは何か?

ダイレクトな問いですが、まずはここから。

「好きなこと」はなんでも構いません。

雑貨、音楽、ファッションといった「事柄」でもいいですし、人と話すことや細かい作業といった「行動」でもOK。

とにかく、「これに関わることならストレスなくずっと続けられるな」と思えるようなことを10~30個ほど考えてみましょう。

そしてそこから共通する項目や、多く挙げられている項目を洗い出してみてください。

それが、あなたの本当に好きなことである可能性が高いです。

自分の嫌いなことは何か?

「好きなことがどうしても思い浮かばない…」という方でもそうでなくても、逆も考えてみましょう。

絶対に嫌という嫌いなことをたくさん書き出してみてください。

あとは好きなことと同様、共通する項目や多く挙げられている項目をピックアップ。

するとそれが、あなたの本当に嫌いなことである可能性が高いのです。

つまり、それに携わるものを仕事にしなければ、「嫌いなことを仕事にする」という最悪な状況を防ぐことができます。

将来的にやってみたいことは何か?

こちらもどんなことでも構いません。

スカイダイビングでもバーベキューでもちょっとしたことでもOKです。

そしてこれも上記のように、挙げられた答えから共通項を見つけてみてください。

1人で行うものが多い、人と関わることが多い、体を動かすことが多い、室内が多い、屋内が多いなど、一定の特徴が見られた場合は、それが希望とする方向性である可能性があります。

今後絶対にやりたくないことは何か?

これも「嫌いなことを挙げる」というのと似たような手法です。

絶対にやりたくないことを一通り挙げたら、あとはそれを避ければいいだけ。

体を動かしたくない、外で働きたくない、満員電車でで通勤したくないなど、思いつくことをたくさん並べてみましょう。

そうすれば、やりたくない仕事で毎日うんざり……といった未来は避けることができます。

理想の条件を考えてみる

ある程度方向性が見えたら、理想の条件について考えてみるのもおすすめです。

また、どうしても方向性が見えないという方は、それほど希望するものがないという可能性も。

そういった方は条件から仕事を探してみるのもありだと思いますので、是非挑戦してみてください。

1点だけ注意していただきたいのは、「理想に偏りすぎない」ということ。

年収や休暇に関する希望は青天井です。

もらえるならもらえるだけ欲しいですもんね。

「最低このくらいは欲しい」とボトムラインから考えるといいでしょう。

また、考えるべき理想の条件は、下記を参考にしてみてください。

雇用形態

基本的には正社員を希望される方が多いかと思いますが、一度雇用形態について考え直してみてください。

中にはWワークのために契約社員をいう道を選ぶ方や、フリーランスとして活動した方がいいという方もいるかもしれません。

給与

「最低いくら欲しいか」で考えてみてください。

また、月収だけでなく賞与やインセンティブの有無も考えてみましょう。

残業・休暇

これも大切ですよね。

  • 休みはいらないからたくさん稼ぎたい
  • お金は少しでいいから自分の時間が欲しい

上記どちらのタイプなのか明確にしておくのがおすすめです。

また、夏期休暇や正月休暇などが欲しいかどうかに関してもはっきりさせておくといいでしょう。

職場環境

毎日通うところですから、この点も考えておくのがおすすめ。

下記を参考に職場をイメージしてみてください。

  • 男女比
  • 少人数or大人数
  • 先輩が多いor後輩が多い
  • 明るい雰囲気or真面目な雰囲気
  • アットホームな職場orさっぱりした関係の職場

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分に適した仕事を見つけるための注意点

ここまでで、少しは自己理解を進めることができましたか?

もしくは自己理解の大切さをお分かりいただけていれば光栄です。

では、実際に「自分のやりたい仕事」「自分に適した仕事」を探すには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

注意点についてまとめます。

自問自答の答えは紙に書く

自問自答の答えを紙に書く

上記でも述べましたが、考えを紙に書き出すというのは非常に重要な作業。

頭の中だけ考えるよりも、可視化することできちんと整理されます。

客観的に考えることができるというのもメリットのひとつ。

また、アウトプットしておくことで何度も見直すことができるので、自分の考えの変化にも気づくことができます。

「一昨日まではこう思っていたけど、やっぱりちょっと違うかも」なんていう小さな気づきが重大な変化をもたらすことも。

さらにはその紙を他人に見せて相談することもできます。

共通項が見つけられない時などは他人に相談するのもいいと思いますので、ぜひ紙に書いて活用してみてください。

第三者にも意見を求める

自問自答を繰り返していると、どうしても答えが偏ってしまうことがあります。

作業は1人で行っているわけですから、偏りがでるのはある意味では当然のこと。

それを防ぐためにも、第三者に相談してみるといいでしょう。

上述した「好きなこと」「やりたくないこと」があまり出てこなかったという人は、それを第三者に聞いてみるというのもアリ。

自分では気づかなくても、他人から言われることでハッとすることがあるかもしれません。

また、答えを一通り出したあと、方向性が見いだせない場合も相談してみるといいでしょう。

客観的な視点を挟むことで新たな気づきを得たり、今一度冷静になることができます。

ぜひ1人で行わず、誰かに相談してみてください。

もし友人や知人への相談に抵抗があるという方はハローワークや転職エージェントのスタッフ、キャリアカウンセラーに相談してみるというのもおすすめです。

友人ほどあなたに関しては詳しくはありませんが、専門的な目からアドバイスをくれるので役に立つかもしれません。

希望に優先順位をつける

自己分析や周囲の人への相談の結果、ある程度の希望が見えてくると思います。

しかし希望がわかったからといって、その希望通りの仕事に出会えるとは限りません。

むしろ出会えることのほうが稀である可能性も。

そうなった時、自分の希望に頑なになっていると、せっかくの機会を逃してしまいます。

チャンスをつかむためには、妥協できる点を考えておくのがポイント。

絶対に曲げたくない条件、妥協してもいい条件など決めておくと、求人に出会った時にスムーズです。

ぜひ希望の条件に優先順位をつけてみてくださいね。

やりたいことに関われるか確認する

やりたいことがわかり就職したい企業を見つけたら、その企業で自分のやりたいことできるかをきちんと確認しましょう。

企業の状況は日々変化しますから、いざ就職してみたら希望の仕事を担当できなかったという事例も少なくありません。

まずは募集しているのが自分の希望する仕事内容であるかどうかを確認してみてください。

そして選考が進んだからといって安心せずに、面接などの段階でも担当者にきちんと確認しておくことが重要です。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

以上、やりたいことが見つからない時にどうしたらいいか、自分に適した仕事を見つけるにはどうしたらいいかについてまとめました。

「これぞ天職!」と言える仕事に出会うのは、なかなか難しいものです。

しかしながら、しっかりと自分と向き合い自己理解を深めて行くことによって、「天職」に近づくことができるのも確か。

天職とまでは行かなくても、今よりずっと働きやすい環境を切り開くことができるはずです。

自分と向き合うのは非常に過酷なことですが、明るい未来のためにもぜひチャレンジしてみてください。

そうすればきっと、素敵なワークライフが待っていますよ!

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご