有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。

転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。

それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。

これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。

なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。

不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。

転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?

転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。

そもそも転職をしようという理由も、スキルアップのためといった前向きなものばかりでもないですよね。

転職の動機の核に不安が隠れていることも大いにあり得ます。

転職しようとする中で、どんなときに不安になってしまうのかを以下に挙げていきます。

どんなときに、なぜ、不安になっているのかがわかって来ると、その解消にも役立つはずです。

スムーズな転職活動の手助けにもなるのではないでしょうか。

会社を辞めるということ

転職をしたいと思った理由はなんでしょうか。

スキルアップしたい、人間関係がイヤだ、給料が低いから、別の職種に就きたい、違う業界で働きたい等々、その理由は様々です。

ただなんとなく合わない気がするから、なんていう理由もあるかもしれません。

いずれにしても、転職にあたっては、どこかのタイミングで今の仕事を辞めることになります。

仕事を辞めるというのは、大変なエネルギーを要することです。

これから、辞意を伝えなくてはならない、引き継ぎをしなくてはならない、引き留められたらどうしよう、辞意を表明してから実際に辞めるまでの間は居心地が悪くはないだろうか…といったことで不安になってしまいがちです。

自分に何ができるかわからないとき

転職の希望はあるものの、同業種・同職種での転職ならいざ知らず、別の仕事をしたいと思った場合に不安になるのが、自分にできることがどんなことなのかわからないときではないでしょうか。

得意なこと、できることがはっきりしていて、それが活かせる仕事がわかれば話は早いですね。

ところがなかなかそうも行きません。

向いているのかいないのか、何ができるのか、得意なのか、改めて考えてみる必要がありそうです。

新しい仕事が見つからないとき

自分に合った、新しい仕事。

仕事の内容だけではなく、給料や通勤距離などの要件も合っていなくては、その会社に勤めることはできません。

そんなに条件を厳しくしているつもりはなくても、これだ、と思える求人に出会うのはなかなか難しいというのが現実です。

かといって、譲れないはずの条件を緩和してしまっては本末転倒です。

よりよい仕事を求めて転職をしようとしているのに、希望からかけ離れた仕事に就くことになっては元も子もありません。

それでも、少し緩和すべきなのか、一切の妥協をせずに探していくのか迷ってしまいます。

本当に自分に合う新しい仕事が見つかるかが心配になってしまうこともしばしば。

転職先の仕事が見つからないのでは、転職はままなりません。

うまくスケジューリングができないとき

現職の会社には辞めようと思っていることなどを一切オープンにせず、黙ったまま転職活動を進めているという人も多いかもしれません。

すでに辞めるつもりがあると周りにも示している場合と違って、クローズな状況で転職活動を行っている場合で特に、そのスケジューリングが難しくなっていることが多いようです。

有給が残っていてかつ取得しやすい職場であれば、転職先の会社に指定された日に休みをとって面接に行くこともしやすいですね。

とはいえ大事な仕事があって休めない!という日に面接の指定がされると大変です。

当然現職の会社に配慮をお願いすることはできませんので、断るか別の日にしてもらうかといったアクションを転職先の会社に対してする必要があります。

また、面接だけでなく、提出書類の作成にも日数がかかるでしょうし、仕事をしながら、平行して何か(この場合は当然転職活動)を行うことの難しさに不安になってしまいます。

なかなか決まらないとき

またまた不採用になってしまった…

どんどん応募して、数もこなしているし…

面接では手応えがあったのに…

明らかな失敗などはしたつもりもないのに、なかなか採用にならないのはなぜなのでしょうか。

不採用は、それが一度であっても落ち込んでしまいます。

ましてや不採用が複数回続くとなると、相当の不安があることでしょう。

こんなに頑張っているのに…

次の仕事決まるのかな…

といった悩みになっていきます。

イライラもするし、不安も大きく、悪循環に陥りかねません。

辞め方の問題について

同じ業界のなかで同一の職種に転職を希望する場合、業界によっては、噂になってしまうようなこともあります。

辞めた理由などが面白おかしく脚色されて伝わらないとも限りません。

どんな話になるのか心配になってしまうというわけです。

そうでなくても、会社を辞めるということにはエネルギーを要します。

勤めている会社を辞めるというのは、生半可な気持ちではできないようなエネルギーのいることなのだといえます。

職場に馴染めるかが心配なとき

ちょうどいい求人が見つかりました。

だけどこの会社、ホントのところ大丈夫なのでしょうか?

人間関係は良好か、ちゃんと期待通りの仕事ができるだろうかと不安になってしまう人も多くいます。

応募して実際に採用された後も、この不安は続くかもしれません。

新しい環境に入っていくことに不安はつきもの。

転職先になじめるかどうかを考えたとき、不安になってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

そんなときの不安を取り除く7つの方法とは?

「転職で不安でいっぱいになるとき」として先に挙げた状況を、改めて検証してみましょう。

転職活動中の不安アレコレを、一つ一つ解消していきます!

動機をはっきりさせよう

現職を辞めることそのものに不安を感じてしまっているのであれば、「辞める理由(動機)」をはっきりさせる必要があります。

仕事を辞めない限り、その理由として挙げたことは解消できないということが認識できれば、不安が解消されるのではないでしょうか。

例えば、給料が低いから辞めてもっと給料の高い会社に転職しようとしている、ということならば、会社を辞めない限り、希望よりも低い給料で働き続けなくてはならないということになります。

転職をする=今の会社を辞めるということの理由に焦点を合わせてみます。

会社を辞めることの不安と、今の会社で働き続けるデメリットやリスクを、天秤に乗せてどちらがより重くのしかかるかを考えてみてはどうでしょうか。

私の職務経歴

自分に何ができるかわからないことが不安だという場合は、何ができるかをとことん掘り下げて考えてみる以外にその不安を解消する手立てはありません。

今までにしてきたことをすべて振り返り、何ができるのか、どんなことが得意なのか、したいことは一体どんなことなのか、やりがいを感じたのは何をしていたときなのか…といった、職務上の自分自身の経歴をリスト化しましょう。

転職して何がしたいのか、どんなことができそうなのか、なんとなく見えてきたのではないでしょうか。

やりたいこと・できることがわかれば、もう不安はありませんね。

求人の探し方

新しい仕事が見つからないことで不安になっているのならば、探し方の幅を広げてみることも大事です。

希望通りの新しい仕事は、どこにあるのか。

ハローワーク、求人サイト、転職エージェント、個人的な人脈。

あらゆるものを駆使して探しましょう。

そして、条件そのものを、本当に必要な条件なのかどうか見直してみましょう。

条件の緩和・妥協は、本当にできないものでしょうか?

仕事の内容さえ合っていれば通勤距離(時間)はここまでなら妥協できる、ということもあるかもしれません。

給料も、転職時点ではあまり高くなくても今後上がっていく予定だという求人があるかもしれません。

求人の内容をしっかり読み込んで、かつ、自分の条件についてもなぜその条件を設定しているのか改めて考えてみた方が良さそうです。

本当は必要でない条件を設定してしまったばかりに視野を狭めてしまうということもあります。

求人の探し方は、こちらの記事を参考に!

優先順位と、時間的余裕

うまくスケジューリングができないことに不安がある場合、とにかく優先順位をつけてしまうことをおすすめします。

いついつまでに転職することを最優先にする、とか、今の仕事を一区切りさせることをまずは考える、といった具合です。

優先順位をつけてしまえば、それを守るためには他のことを削るなり他の人に頼るなりしないと回っていきません。

それと時間的余裕を持っておくことも大事かもしれません。

たしかに会社を辞める際には2週間前に申し出れば法的には何ら問題はありません。

しかし引き継ぎや有休消化ということを考えると、やはりいくらかは早めに辞意を伝えておいた方がよさそうです。

それでもなんの見通しもないまま「辞めます!」などとは言えないですよね。

転職をするのに必要な自分の職務経歴の棚卸しをして、書類作成の道筋などをしっかりつけておきます。

できる準備をすべてした上で、周囲や上司に相談をしてみましょう。

応募する求人の選択、書類提出、面接、と停滞させずに進めていけますので余裕が生まれてきます。

精度を上げて狙い撃ち

なかなか決まらないことに不安を覚えるということは多いかと思います。

不採用があまりに続くようですと落ち込みますし、このまま転職活動を続けるべきかどうかさえ悩むようなこともあります。

どんどん応募して、どんどん面接を受ける、それも転職活動として間違ってはいません。

分母は大きいほどいいという考え方です。

しかし不採用が続くということは、何かがかみ合っていない、どこかが間違っている可能性がある、ということではないでしょうか。

ちょっと立ち止まって、不採用になったその求人は本当にやりたい仕事、行きたい会社だったのかということを考えてみてください。

よく考えたら、条件が合っていない求人だったというようなこともあるかもしれません。

条件をはっきりさせて、求人の選択と本当に無理なく働けそうかを判断するためにも、自分のスキルや知識もしっかり把握してみてくださいね。

会社の辞め方

法的にいえば、辞める日の2週間前までに辞意を伝えればなんの問題もありません。

ただし、2週間といえば引き継ぎもままならなかったり、有給休暇の消化がしきれなかったりと、急すぎる印象は否めません。

転職により会社を辞めるという、新たな門出でもあるこのときを揉めたり遺恨を残したりするような形で締めくくりたくはないものです。

やはり目指したいのは円満退社です。

「優先順位と、時間的余裕」の項にも述べたとおり、余裕のあるスケジューリングで、かつ誠意を持って退職の手続きを進めましょう。

問題の芽を摘む細やかな気配りをします。

辞めて去って行く会社ではありますが、お互いどこで出会うかわかりません。

どちらかがお客様になる、というようなこともあるかもしれませんね。

目指すは、円満退社ですよ。

恐れすぎない

新しい職場にスムーズになじめるかどうかは、一番気になるところかもしれません。

せっかく転職したのに、思っていたのと違う、とか、いじめがある、とかそんなこともあるかもしれません。

転職するとなると、どうしても環境ががらりと変わりますから、心構えをしておくのもたしかに大切です。

それでも恐れすぎていては、よけいになじみにくくなってしまいます。

思い切って、飛び込んでみましょう。

ダメなら次にいってしまえばいいんです。

肩の力を抜いていきましょう。

まとめ

転職活動には不安になってしまうタイミングが、たくさんあります。

そもそも、何かを変える、終わらせるといったことをするには大変なエネルギーや勇気が必要です。

前の会社を辞めて新しいところで働き始めるという転職に不安がないわけがない、と考えてみると、かえって不安が取り除かれるような気がしてきませんか?

不安になるのは当たり前で、要はそれをどう解消するのか、どうすれば不安をうまくコントロールしてより納得のいく転職活動ができるのかということ。

ブレずに行くためには、まずは自分自身をしっかりを知ることが大事です。

そして余裕のあるスケジューリングをして、転職活動に臨みたいものです。

とかく不安に陥りがちな転職活動の中で、いくらかでもその不安を取り除くことができるのではないでしょうか。



関連キーワード

転職ノウハウ

転職ノウハウについてもっと深堀りした情報を見る

大手に転職するために注意したほうが良い2個のこと

転職活動を行うなかでの企業選びについて、どの様なポイントを重視して企業選びを行っているでしょうか?多くの転職希望者は、主な企業選びにおけるポイントとして「年収」「勤務地」「業務内容」を上げています。働くということの目的を考えた場合、給料や働く場所、仕事に対するやりがいなどを重視した企業選びを行うというのは、至極当然のことではないでしょうか?それでは、このような諸条件をより高い水準且つ、より幅広い選択肢をもって実現できる企業をどのように選択するべきか考えてみると意外と重要となるのが「企業規模」ということになります。企業規模の図るうえでの1つの指標として重要となるのが「従業員数」ということになるの

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。

タイプ別の求人の探し方13選。転職の目的や転職先のイメージがあるかどうか次第で探し方は変えましょう!

就職活動で一番悩むのが、会社選びではないでしょうか?やりたい仕事、職種は決まっているのにどの会社がいいの?そもそもやりたい事が決まってない。自分に合う仕事が何かも分からないという人もいるのではないでしょうか?仕事探しの方法はいくつもあります。やりたいことが見つかっている人も見つかっていない人も、ピッタリの仕事探しの方法が見つかるかもしれません。求人を探す手段にはどんなものがある? 求人の探す手段は、たくさんあります。それぞれ特徴があるので、それらを組み合わせて利用すれば、希望に合った求人が見つけやすくなり、効率が良い仕事探しが出来ると思います。自分が利用しやすい手段を見つけてみてくださいね。ネ


転職ノウハウに関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職する際に悩む4個のこととは?あなたのお悩みを解決します

労働市場が硬直的といわれる日本では、今日に至るまであまり「転職」に関心を抱かない人も多かったようです。しかし、最近は働き方改革の勢いもあり「自分らしい働き方をしたい」「自分に合った仕事をしたい」といった願望を胸に、行動を起こす人も増えてきているようです。今回は、私たちの人生を大きく左右する一大イベントともいえる、転職活動に関連する情報を提供していきます。具体的には、私自身がこれまでに転職を何回か経験したことを踏まえ、転職活動全般にまつわる悩みのもとを大きく4つに分類して紹介し、あわせてそれぞれの悩みに対応する解決法を提案していきます。もしも皆さんが、今まさに転職をすべきかどうかで悩んでいる、も

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

楽な仕事に転職したい!こだわりたい楽な5個のポイントと、おすすめの仕事を紹介します

突然ですが、皆さんは楽な仕事をしたいですか?それとも激務をしたいですか?極端な質問ではありましたが、要は、皆さんが仕事に対して何を求めているかを確認してみました。人によっては仕事が生きがいで楽しいと思う仕事や生きがいと感じる仕事なら激務でも厭わない人もいれば、趣味や家族・友達との時間を楽しみたいから仕事にはあまり時間を費やしたくないという人もいます。最近は、今の仕事があまりにも激務すぎて周りを見る余裕も将来について考える余裕もないから楽な仕事をしてみたいと考える人も少なくありません。今回は、楽な仕事についてスポットを当てて楽な仕事へ転職するためのポイントやおすすめの仕事について紹介していきます

留学後に就職を成功させるにはどうすればいい?やっておくべきことや面接対策など、経験者が解説します!

語学のスキルを身につけるためや専門的な勉強をするための海外留学の道。国や言葉は違えど、留学経験者で日本に帰国後語学を活かした仕事に就きたいと希望する方はとても多いのではないでしょうか。せっかく身につけた語学スキル、できればそれを大いに発揮できる就職先を選びたいものですよね。しかし、ただ留学をして海外で語学を学んだというだけではなかなか希望する語学を活かした職種で活躍することは実は難しく、たくさんの方が語学とはあまり関係のない職種への就職を選ばざるを得ません。そこで今回は、留学後の就職で希望の職種へ就くためにやっておくべきことをご紹介して行きましょう。将来はグローバルに活躍したいと願っている方、