かつての日本では、就職と言えば「終身雇用」と「年功序列」が当たり前で、新卒で就職した企業に生涯勤めるのが常識でした。

そのため「転職」というと、どこかネガティブなイメージがあり、仕事に失敗をした人といった偏見をもって見られることも多かったものです。

ですが、バブル崩壊とともに終身雇用の神話が崩れ、「働く」ということに対する価値観が次第に変わってくると、欧米社会のように、「キャリアチェンジ」をすることで「キャリアアップ」を実現するのが「転職」という風にキャリアプランの中での1つの選択肢として市民権を得るようになってきました。

最近では「働き方改革」という言葉が、社会のあちこちで聞かれるようになり、働くことに対する価値観は、より一層自由度を増しています。

このような風潮のなかで、「転職」を積極的に行っていこうという人も多くなってきているかと思いますが、いくら転職に対するイメージが、かつてほどネガティブなものではないとは言え、間違った選択をして、転職に失敗すること自体は決してポジティブなキャリアパスとは言えません。

そこで、しっかりとした「キャリアアップ」につなげられるための「転職のコツ」について、ここでは解説をしたいと思います。

ひと言で「転職」と言っても「良い転職」と「悪い転職」というものがありますので、自分にとって間違いのないベストな転職方法を選択できるように、しっかりと情報をインプットしてください!

知っておきたい3個の転職方法

「転職」つまり「ジョブチェンジ」には、いくつかの方法があります。

単純に「所属企業を変える」だけではなく、あくまでも「仕事(ジョブ)を変える(チェンジ)」であることを先ずは認識をして、自分が実現したい「理想の仕事」が何であるのか、考えてみてください。

いわゆる「転職」

1つ目の転職は、「企業を変える」方法で、一般的に「転職」とはこのことを指します。

「職」というものが、「所属企業」を指すのが日本では一般的で、転職というと所属企業を変えるのが普通となります。

この転職をする方法についてですが、以下のような方法があります。

  • 「転職サイト」にて自分で企業を探して、応募し、転職をする。
  • 「転職エージェント」を利用して、キャリアコンサルタントを介して、転職を実現する。
  • 自らの「縁故(リファーラル)」によって、転職をする。

現在、多い転職方法は上記の3つとなります。

そのなかでも、転職エージェントを利用して、転職先企業の求人紹介を受け、採用活動を行っている企業に対するエントリーから採用選考に関する企業担当者とのやり取りを、キャリアコンサルタントに仲介してもらう方法が増えてきています。

転職サイトのように、気軽にいつでも求人情報を閲覧できるわけではありませんが、通常転職活動を行う際には、同時に現在の就業先での仕事をこなしていかなければいけないため、コンサルタントによって転職に関わる様々な庶務を代行してもらえるのは、非常に効率的で有効な手段と言えます。

また、自分のコネクションを通じた紹介(リファーラル)による転職というのも、根強く存在をしていて、主に管理職層以上の転職については、リファーラルによるものが多い傾向があります。

起業

2つ目は、所属企業を変えるのではなく、自ら企業を興し、事業を立ち上げる「起業」です。

これも、職を変えるという点で「転職」の一種となります。

起業については、一般的な転職に比べるの、そのハードルは非常に高く厳しいものとなりますが、「クラウドファウンディング」など事業展開に必要な資本金の調達方法は、以前に比べると選択肢が増えているため自ら事業を興して、自ら会社のオーナーとなる道を選択する人も増えてきているのも事実です。

事業を展開し、起業をするためには、事業資金のほかに、オフィスなどの「場」が必要となりますがこちらも「シェアオフィス」など、低コストでオフィスを手に入れることができるようになりつつあるためこういった社会インフラの拡充も、起業をする人が増えている背景としてあげられます。

独立・フリーランス

そして3つ目の転職方法として、最近増えつつあるのが「独立」いわゆる「フリーランス」としての働き方です。

どこかの企業に所属するわけでもなく、自ら会社を経営するわけでもない、あくまでも独立した個人として活動をしていくのが「フリーランサー」と呼ばれるフリーランスでの活動となります。

個人の技術やスキル、知識などを活かして、企業や個人経営者などから仕事を委託されて生計を立てていく働きかたとなるので、エンジニアやアーティストなど、高度な専門スキルを有するタイプの職業が適している働き方となります。

ITインフラが高度に発達し、発展している現代社会では、大規模な企業インフラを利用しなくても、個人が自宅で行うことができる創作業務というのは数多く存在しているために、より自分のライフスタイルを追求したいと感じるタイプの人は、このようなどこにも所属をせず、自らのペースで、好きな時に、好きなだけ仕事をすることができる「フリーランス」を選択する傾向にあります。

フリーランスとして働いていくためには、仕事を発注してくれるクライアントが必要となるわけですが、もともとこのようなクライアントを独自のコネクションから一定数以上保有している人は問題がありませんが、そうでない人がフリーランスとして働いていく方法として最近浸透しつつある手段としてあげられるのが「クラウドソーシングサービス」と呼ばれるフリーランサーとクライアントを繋ぐサービスです。

代表的なものに「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあげられますが、これらのサービスは、フリーランスで働きたいと思う人と、フリーランサーに仕事を発注したいと考えている人、両方が登録をしており、それぞれが契約を結んで自由な業務委託の受発注ができるサービスとして徐々に浸透しつつあります。

このようなクラウドソーシングサービスを活用することによって、特殊なスキルや高度な専門知識などを持った人だけでなく、簡単な事務作業や単発での簡易業務を空いた時間に行うことが可能となり、副業として行う人も増えてきています。

転職することの目的が、単純に所属企業を変えることで達成することができるのか?

それとも、自ら新しいビジネスを興すことでより大きな目的を達成するのか?

もしくは、企業という枠にとらわれず、自らのライフスタイルを中心に生活するために独立を選ぶのか?

何を実現したいかによって、転職の方法も大きく変わります。

後悔しない転職方法とは?

折角苦労をして新しい仕事を始めたけれど、やっぱり向いていなかったと後悔する転職も少なくありません。

このような転職後のミスマッチを防ぎ、後悔をしないためには何が大切なのでしょうか?

転職の「目的」を具体的にする

転職の動機として多くみられるのが「職場の人間関係」や「就業条件」などに対する「不満」です。

もちろん、所属している職場や慣れ親しんだ職業を変える訳ですから、不満がないわけがなく、それ自体は問題ではありません。

ですが、このような不満に感じることというのは、転職によって職場や職業を変えたとしても、必ず何らか発生してくるものです。

そのようなときに、不満を乗り越えてでも継続することができる「目的」というものが重要となります。

単純に「嫌なこと」があるから現状を変えるだけではなく、「やりたいこと」を実現するために転職をするということが、どの様な状況にあっても、常に前向きに、後悔をすることなく物事を継続するために必要なポイントとなります。

自分自身が実現したいことは何か?

それはどうしたら実現することができるのか?

自分自身の仕事に対する目的を具体化することが重要です。

長期的な視点での「キャリアパス」を考える

転職活動を行うと目の前の転職活動における成功、つまり次の職を決めるということがゴールとなりがちですが、実際の転職におけるゴール、成功とは「理想とするキャリアパスの実現」にほかなりません。

短期的な目線で、給料が上がる、就労条件が緩和される、休みが多く取れるといった、「現状との比較」によって転職先を決定するケースが多いですが、長期的なキャリアパスを考えたときに、きちんとした方向性や理想に対する実現性のある選択であるかを考えてみることも重要です。

提示される条件面だけを念頭に置いた結果、入社して1年経ったときに、その先のキャリアパスは自分が思い描いていたような道をステップアップしていくことができないと分かった、といった後悔はよくある話です。

短期的な就業条件というものも、生活が懸かっている以上はもちろん軽視できないのが現実ではありますが、やはり「自分が何をしたいのか?」というライフプランにおける目的を念頭においた長期的な視点での検討というのも重要となります。

転職するに当たっての必要な心構えと成功の秘訣

転職は計画的に

転職をする。

つまりは仕事を辞めるということですが、その多くの切っ掛けが感情的で発作的な衝動によるものだったりします。

職場や同僚、上司もしくは業務内容やクライアントに対する不満などが限度を超えたタイミングで思い切って転職活動を始めるというのは、転職のきっかけとして最も多いものと考えます。

ですが、前述の通りに現状に対する不平や不満だけで転職をしてしまうと、結局次の職においても同様の状況が発生した場合に後悔となり、次々と転職を繰り返す、いわゆる「ジョブホッパー」となってしまうのです。

そういった軽率な転職を繰り返さないためには、しっかりと「計画」を立てたうえで、自らのキャリアパス実現のための1つの手段としてキャリアチェンジを実行することが重要となります。

自らのライフプランにおける実現したい最大の目的=ゴールを設定して、そのためには何をすべきで、今現在の職業でそれが実現できないのかを考えてみましょう。

そのうえで、現状のままでは実現が難しいとなった段階で、次のキャリアを検討することが大切です。

このような検討と、そこからの次のキャリアに対する調査等に対して概ね半年以上の時間をかけることが重要です。

半年以上を経過しても、実現したい目的や、転職に対する気持ちが変わらなければ本格的な活動を実施することをオススメします。

そして、目の前の好条件な職場を目指すのではなくて、あくまでも最終ゴールからの逆算によって、目的達成に必要となるキャリアを選択することが最も重要となります。

転職は2回まで

転職に対する世間的な視線がいくら和らいできているとはいえ、数多くの転職を繰り返している人に対してはだんだんと転職可能な企業が減っていってしまうのも現実です。

多くの企業採用担当者が、転職回数として一つの基準を設けるラインが「2回」となります。

これ以上の転職を繰り返していると、1つの職業に対する従事期間が3年未満となることが大半となるため、継続して培われるべきビジネススキルが身についていないと判断されてしまうからです。

少なくとも、ひとつの職業に対して5年以上のキャリアを形成してから転職を検討するようにしましょう。

キャリア形成に対する「軸」を持つ

転職に当たってもう1つ重要なことが「軸」を持った転職となっているかどうか?ということです。

簡単に言うと、所属企業や働き方は変化しているが、「やっていること=職種」については一貫性が必要だということです。

極端にいうと、営業職のサラリーマンとしてスタートしたキャリアが、途中で料理人に変わり、その次が会計士、そしてITエンジニアという形で職種が変わっていってしまうと、キャリアに対する「軸」がなく、一貫性をもった仕事ができないという判断をされてしまうからです。

自分が何をしたいのか、という「目的」を明確にすることによって、「軸」をもったキャリアパスを形成することが可能となるので、やはり目的を決めてから、転職をするということが重要となります。

まとめ

後悔をしないための転職方法について解説をしました。

転職をすること自体のハードルが下がってはいますが、人生における転職の重大性は変わっていません。

職業を変えるということは、人生そのものを大きく変えることになりますので、決して安易な気持ちだけで転職することはやめましょう。

あくまでも、自ら実現したい目標、目的があって、それを達成するための手段のひとつが「転職」ということを忘れずに。

先ずは、自らのライフプランにおけるゴールを考えてみることが、転職活動の第一歩となります。

転職活動をするときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

転職