転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。

しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。

転職が多い人の特徴とは?

ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。

それは能動的か、受動的かどうか。

能動的な人は、自ら選択して動きます。

現状からより良い環境に身を置きたい。

新しいことを学びたい。

自ら目的を持って転職を行う人です。

明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。

企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動きますがそうでない場合には、定着してくれるかどうかに疑問点がつきやすい欠点があります。

受動的な人は周囲の影響を受けて転職へと至る傾向があるようです。

転職の理由としては、目的がないことから仕事に意義を見いだせなくなってしまった場合や、現状から逃避してしまう、心身の負担からやむなくといった場合があるようです。

仕事を退職する際にも、なかなか決断できずに尾を引いてしまうことも。

人事や上司から引きとめられてしまうと迷ってしまいます。

辞めた後でも、次への展望がないために新しい仕事につくまでにタイムラグがあるようです。

キャリアアップを希望している

今の自分の能力をもっと発揮できる仕事に就きたい。

もっとチャレンジをしてみたい。

自分の将来像をはっきりとイメージできている人は、今の自分に何ができるのか、何が必要なのか。

自己分析ができています。

自身の成長とともに自然とキャリアアップできていたということもあるようです。

キャリアップの先に最終的に独立開業したい、フリーランスで働きたいなどの希望を持っている方も中にはいるでしょう。

転職をするごとに、スキルを習得したり、経験を積んでいくことで着実に自らの目標に向けて進んでいきます。

自らの意思に基づいて動くので、得るものがこれ以上ないと思ったり、次のステップへ進もうと決断したときには移り身も早いかもしれません。

やりたいことがある

久しぶりにふとしたタイミングで数年ぶりに友人と再会。

「今何をしているの?」と問いかけをするとついこの前会った時には、普通の会社員だったのに、会社を経営していたり、野菜を作っていたり、芸術家になっていたり。

話を聞いてみると仕事に対する愛を感じたり、楽しい毎日を送っているように見えます。

同じ年月が経過しているのにもかかわらず、彼ら、彼女らは楽しく毎日を送っているようです。

一つの会社で勤めるの方が安定いるからいいのだと思いつつ、好きなことをやっている友人をみて羨ましく思う部分があります。

実際に仕事が楽しい、やりがいがあるという人は「やりたいことをやっている!」と感じているのではないでしょうか。

また「やりたいこと」に関われる仕事を自分で選択できることを知っています。

若いうちは、やりたいことだと思って仕事についたと思っても本当にやりたいことではなかった、やりたい仕事に関わることができなかったことがあるかもしれません。

しかし、その環境の中でも目標に向けて確実に歩き出す強さを持っています。

収入増を希望している

現在の収入に満足していますか?と聞かれると、皆さんはどうお答えになりますか?

今の収入に満足しています!と自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか。

収入面に重点を置いて、転職を希望する方もいるでしょう。

会社内で自身が評価されていると企業や周囲に勤めている企業の上司や上役との飲み会の際の話を聞いていたら、先が見えてしまったなどの理由。

自身の生活環境の変化によって収入増を望むこともあります。

興味が移りやすい

その時々の興味や、各メディア、周囲の友人の話を聞くなどして、そのときの気持ちに基づいて仕事を選択する方がいらっしゃいます。

「給料がいいよ」「安定しているよ」「楽しい仕事だよ」「ストレスがないよ」など、自分が現在抱えている問題や関心ごとに対してヒットする情報に対して飛びついてしまう方です。

比較的将来設計が浅い方にその傾向が多いようです。

しかし、その時には直感で動いているので、その直感に従って転職をしてみたら自信の性分や、自らの希望に沿った条件で転職ができてしまう方がいらっしゃいます。

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?

転職が多い人こそ、自らを振り返る機会が必要なのではないでしょうか。

自分自身を把握できているのか

転職をする際にももちろんですが、普段からやっておきたいことがあります。

それは自分自身を知ることです。

これは仕事の得意、不得意など表面的なことではなく、自信に問いかけるものです。

自らが心地よく感じる時はどんな時か。

どんな時に自分の能力が最大限発揮できるのか。

幸せだと感じる時はいつかなど、いつでも一番の味方にも、敵にもなり得るのがにもなるのは自分自身です。

転職を決断する時、自分のことを応援することができますか。

助けることができますか。

転職の理由をしっかりと把握できているか

自身が過去に転職したとき、どんなきっかけからそうなりましたか?

前回、前々回に転職を決断したのはなぜでしょうか。

初めに転職を決めた時。

二回目の転職を決めた時。

その時々のシーンを思い浮かべてみると、一見すると共通項はなさそうに見えて、実は同じ理由から決断に至っていることがあります。

転職を選択する前にもう一度振り返ってみましょう。

それがより良い結果をもたらします。

職歴に一貫性があるか

自分が辿ってきた経歴に対しては、面接官は必ずと言っていいほど質問されるでしょう。

当然のことながら、転職が多い人にはたくさんの職歴が残ります。

面接官の方は必ずと言っていいほど聞かれると思った方が良いでしょう。

一般的には、同じ職種、同じ業界でステップアップしていく方もいれば、一貫性のない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一貫性性がなくても、未経験であっても、異業種からの挑戦であっても、今までに経験してきたことは無駄になることはありません。

経験と経験が掛け算されるとその人独自の強みになります。

「これまで目的なく転職を繰り返してしまった」という方でも、もう一度分析してみることで、アピールポイントにつながったり、採用する側としても魅力に映る部分もあるかもしれません。

これまでの職歴を棚卸ししてみてじっくり向き合ってみましょう。

あなた独自の強みができているかもしれませんよ。

SNSなどはチェックされる

転職活動中には注意が必要です。

今はほとんどの人が何かしらのSNSのサービスを利用しています。

事前に採用側としては、求職者に対しての情報を集めたいということもありますし、会社の情報を周囲にも漏らしていないかなどをチェックする企業もあるようです。

近年ではSNSを通じて勤務中に悪ふざけをしたり、機密情報の流出などが起こり、会社だけでなく、取引先やその先のお客様にも迷惑をかけることにつながりかねません。

気になる方については公開の範囲を狭める、難があると思われる方は利用方法を見直したり、利用をそのものを一時的にも止める選択肢もあるでしょう。

会社の風土は受け入れられるか

転職回数について、一定の基準を設けている企業があるかもしれません。

しかし現在、これからは人材不足の時代に転換しようとしています。

求人情報に転職回数不問、職歴不問などの記載がある企業を選択するも良いでしょう。

未経験の業種でも、過去の採用実績にて自分と似たような経歴から転身してその企業で働いている社員を紹介してる場合もあります。

しっかりと転職先の情報を調べておきましょう。

もう少し忍耐をしてみよう

入社してから、やっぱりこの会社は違った。

この会社に転職すべきではなかった。

と早合点してやめてしまう方がいらっしゃいます。

しかし、なんども転職をしてきた場合には、よほどの理由はない限り、自ら一定間働いてみることが大切です。

実は過去にやめてきた会社にも、実はもう少し在籍してみれば状況が改善していた、やりたい業務に関わることができたこともあったかもしれません。

もう少しだけ「忍耐」してみませんんか。

転職を成功させるための面接のポイントとは?

転職が多いことには、プラス面とマイナス面があります。

しっかりとそのことを把握して面接に臨みましょう。

転職が多い=また転職してしまうのではないか

やはり、採用したのにすぐに辞めてしまうと企業は困ってしまいます。

まずは長く働く意思を持っていることを採用担当者に伝えることが大切です。

その後は本当に長く働いてくれるのかどうか質問を受けるかもしれませんが、まず何よりも貴社で働きたいという気持ちが伝わることが大事です。

自分が採用された際には、どのように働いていくかのか、事前にイメージをしっかりと持っていること。

そのイメージを自分の言葉を通じて伝えることができれば悪い印象を持つことは少ないのではないでしょうか。

採用担当者にも、この人と仕事をしたらこうなるだろうなぁ、この部署に配属したら周囲の社員にも良い影響を与えてくれるだろう。

そう思わせることができたらこちらのものです。

会社にどう貢献できるかを答えられる

口では貢献します。

成果を出します!と言ったとしても、熱意は伝わるかもしれませんが、本当に貢献してくれるかどうか疑問に感じるかもしれません。

過去に自信が経験してきたこと、従事していた業務、関わった仕事、成果などを織り交ぜることで信憑性も高まり、信頼を得ることができると思います。

何よりも自信の根拠を示せるかどうかが大切です。

今更だけどマナーは大丈夫?

転職が多いからどのような印象を持たれるか心配だという人がいます。

転職が多いということをネガディブに捉える方がいるかもしれません。

実は「転職が多い」という項目に対しては、実際に採用に関しては関係ない場合も多いものです。

そもそも面接の内容によって評価を受ける前に、面接時のマナーができていない方が近年では増えているようです。

受け答えがしっかりとできているか、手持ちのカバン・バックなどの置き方、言葉遣い。

そんな基本的なことはできているから大丈夫!とおっしゃる方の中にも、一般的には当たり前とされているマナーが守られていないことがあるようです。

何を今更と思う前に、面接時のマナーなどは再度見返すのはいかがでしょうか。

伝えるべきことはしっかりと伝えておく

面接の際には、しっかりと伝えるべきことは伝えることが大切です。

面接官相手に迎合することで印象が良くなると思う方もいらっしゃいますが、転職を重ねている人には必ずなにかあるだろうと思って見られています。

自分の望む条件、待遇、勤務地などをきちんとすり合わせを行っていくこと。

また面接に望む前に会社のことを調べていて、わからなかった部分、疑問点、不明点などを聞くことで、事前に会社を知る努力をしていると相手に伝えることができますし、何よりも自分が納得して転職を選択できるはずです。

どうしても転職をしても仕事が長く続けられない人へ

いつのまにか転職を繰り返してしまっている。

すぐに会社を辞めてしまう。

そんな方へのアドバイスです。

やりたい仕事が見つからず転職を繰り返している

やりたい仕事とはなんでしょうか。

もう一度自分仕事はやりたいことばかりができるわけでありません。

中には自分の望まない仕事や、生産性のない仕事なども中にはあるかもしれません。

しかし、やりたい仕事をするための仕事というものがあります。

例えば、絵を描くことが好きだけれど、使用した筆やパレットを洗うのが面倒だから絵を描くのをやめると言って仕事を辞めるでしょうか。

ほとんどの人が次に絵を描くために、やりたくないことをこなしているのです。

入社した会社が想像と違うことが多い

転職活動といっても書類選考と一度の面接によってスムーズに入社が決まることもあります。

しかし、その場合では事前に公開されている情報と面接の際の印象でしか判断することができず、希望する会社がどのような雰囲気なのか、またどんな人たちが働いているのかはわかりません。

会社の雰囲気や、会社の人間関係に重きを置いている人は注意が必要です。

事前に会社を見学することができたり、話を聞くことできるかどうかを問い合わせてみることも大切です。

やはり、採用する側も多大な時間と労力をかけて採用活動を行っています。

双方ともに良い形で繋がることができるようにしたいものです。

できることを見つけよう

自分の夢に向かって進んでいる人、やりたい仕事を毎日楽しくこなしている人をみると、とたんに自分は何をしているのだろうと思ってしまいます。

実はやりたいことをないと思っていても、今で自分ができることを継続して行っていくことで、その中から自然とやりたいことが見つかったり、現在やっていることがやりたいことへと変わっていくかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職をすることが良い、悪いということもなく。

回数が多い、少ないというのにも良し悪しはありません。

自分は転職を通じてどうしたいのか、とことん自分と向き合いましょう。

皆さんにより良い未来がきっと待っています。

皆さんの活躍を期待しております。




転職ノウハウについてもっと深堀りした情報を見る

大手に転職するために注意したほうが良い2個のこと

転職活動を行うなかでの企業選びについて、どの様なポイントを重視して企業選びを行っているでしょうか?多くの転職希望者は、主な企業選びにおけるポイントとして「年収」「勤務地」「業務内容」を上げています。働くということの目的を考えた場合、給料や働く場所、仕事に対するやりがいなどを重視した企業選びを行うというのは、至極当然のことではないでしょうか?それでは、このような諸条件をより高い水準且つ、より幅広い選択肢をもって実現できる企業をどのように選択するべきか考えてみると意外と重要となるのが「企業規模」ということになります。企業規模の図るうえでの1つの指標として重要となるのが「従業員数」ということになるの

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。

タイプ別の求人の探し方13選。転職の目的や転職先のイメージがあるかどうか次第で探し方は変えましょう!

就職活動で一番悩むのが、会社選びではないでしょうか?やりたい仕事、職種は決まっているのにどの会社がいいの?そもそもやりたい事が決まってない。自分に合う仕事が何かも分からないという人もいるのではないでしょうか?仕事探しの方法はいくつもあります。やりたいことが見つかっている人も見つかっていない人も、ピッタリの仕事探しの方法が見つかるかもしれません。求人を探す手段にはどんなものがある? 求人の探す手段は、たくさんあります。それぞれ特徴があるので、それらを組み合わせて利用すれば、希望に合った求人が見つけやすくなり、効率が良い仕事探しが出来ると思います。自分が利用しやすい手段を見つけてみてくださいね。ネ


転職ノウハウに関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職する際に悩む4個のこととは?あなたのお悩みを解決します

労働市場が硬直的といわれる日本では、今日に至るまであまり「転職」に関心を抱かない人も多かったようです。しかし、最近は働き方改革の勢いもあり「自分らしい働き方をしたい」「自分に合った仕事をしたい」といった願望を胸に、行動を起こす人も増えてきているようです。今回は、私たちの人生を大きく左右する一大イベントともいえる、転職活動に関連する情報を提供していきます。具体的には、私自身がこれまでに転職を何回か経験したことを踏まえ、転職活動全般にまつわる悩みのもとを大きく4つに分類して紹介し、あわせてそれぞれの悩みに対応する解決法を提案していきます。もしも皆さんが、今まさに転職をすべきかどうかで悩んでいる、も

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

楽な仕事に転職したい!こだわりたい楽な5個のポイントと、おすすめの仕事を紹介します

突然ですが、皆さんは楽な仕事をしたいですか?それとも激務をしたいですか?極端な質問ではありましたが、要は、皆さんが仕事に対して何を求めているかを確認してみました。人によっては仕事が生きがいで楽しいと思う仕事や生きがいと感じる仕事なら激務でも厭わない人もいれば、趣味や家族・友達との時間を楽しみたいから仕事にはあまり時間を費やしたくないという人もいます。最近は、今の仕事があまりにも激務すぎて周りを見る余裕も将来について考える余裕もないから楽な仕事をしてみたいと考える人も少なくありません。今回は、楽な仕事についてスポットを当てて楽な仕事へ転職するためのポイントやおすすめの仕事について紹介していきます

留学後に就職を成功させるにはどうすればいい?やっておくべきことや面接対策など、経験者が解説します!

語学のスキルを身につけるためや専門的な勉強をするための海外留学の道。国や言葉は違えど、留学経験者で日本に帰国後語学を活かした仕事に就きたいと希望する方はとても多いのではないでしょうか。せっかく身につけた語学スキル、できればそれを大いに発揮できる就職先を選びたいものですよね。しかし、ただ留学をして海外で語学を学んだというだけではなかなか希望する語学を活かした職種で活躍することは実は難しく、たくさんの方が語学とはあまり関係のない職種への就職を選ばざるを得ません。そこで今回は、留学後の就職で希望の職種へ就くためにやっておくべきことをご紹介して行きましょう。将来はグローバルに活躍したいと願っている方、