社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。

例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。

ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。

なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。

そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。

今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?

社会人をしながらの転職活動はかなりハードルが高く、学生時代の就職活動のようにスムーズにいかないように思えます。

面接にいったものの不合格ばかりでモチベーションが下がってしまうなんてこともよくあります。

しかし、なぜ転職活動がうまくいかないのかを考える人は多くありません。

就職活動に比べると転職活動はハードルが高かったり、スムーズにいかないのはなぜなのかについて紹介していきます。

自分を過大評価している

就職活動時は、学生時代に何をしたかなので正直そこまで大きな差はありません。

もし、何かのスポーツなどに長けていて賞を受賞していたなら話は別ですが、通常の学生がボランティアをしたとか勉強でこんなことしたなどとではあまり差がありません。

しかし、転職活動になると自分の今までの実績をアピールするのはいいことですが、自分の功績を過大評価してしまい、自らこの仕事は嫌だとかこの仕事は向いていないと見切りをつけてしまう傾向にあります。

そんなときはどうすればいいの?

まず、自分をアピールすることはいいことですが、過大評価はマイナスの印象になります。

そのため、アピールすべき項目を今一度分析し、自分には何が適しているのか現在地をしっかり把握しましょう。

マネージャーなどの管理職の経験がないのに管理職ばかり探していてはなかなか転職はできません。

今までの経験や自分がもっているスキルを元に転職先を探すことが大切です。

企業のニーズとマッチしていない

就職活動でも学生が陥りがちですが、ネームバリューやブランドにこだわり、企業の募集ニーズとマッチしていないのに大手企業ばかり応募していては転職活動はうまくいきません。

例えば、企業側は開発部員を募集しているのに対して、今まで営業の経験しかないけど、この会社のどこかに入りたいと応募したところで、企業側からしたらどれだけ営業で優秀な成績を収めていたとしても、他の候補者が開発に携わっていたなら開発に携わった経験のある候補者を選びます。

そんなときはどうすればいいの?

企業の募集ニーズをしっかりと理解し、自分のスキルや経験がきちんとマッチしているかどうかを確認しましょう。

ネームバリューやブランドにこだわらず柔軟に探すことが転職活動をスムーズにするコツです。

転職活動の目的がはっきりしていない

転職をしたいと考えている人の中でよく見かけるのが転職したいけど、転職の目的がはっきりしていない、ただ、漠然と転職したいと考えている人は、転職を成功させることはできません。

転職をするのは基本的にスキルアップやキャリアアップ、いまより条件のいいところで自分のこれまで培った知識やスキルを活かすためのものです。

ただ単に今の仕事が嫌だから、人間関係がうまくいかないからなんとなく転職したいでは、転職を成功させるのはかなり至難の業になります。

そんなときはどうすればいいの?

一度、冷静になり、なぜ今転職したいのか、転職したら何をしたいのか、将来どうなっていきたいのかなど目的や目標を明確にしましょう。

頭で考えているだけなら思いつかないというのであれば、ノートやメモ帳などに現時点からどういう風にキャリアを進めていきたいのかなどの目的や目標を書き込み、しっかりと自分のニーズを確認しましょう。

スキルがない

転職をする際、企業側は即戦力を募集しています。

採用するからには戦力として今まで他で培った知識やスキルを自社に広めて新たなものを生み出してほしい、活躍してほしいと考えています。

未経験者を歓迎しているところもありますが、未経験者を雇うことは人材育成に新たな投資が必要になります。

また、開発系やメーカー系の技術部は、未経験者より即戦力を好む傾向にあります。

スキルがない、経験がないけどやってみたいからここに応募しようと安易に応募していては転職には成功しません。

そんなときはどうすればいいの?

スキルがない、初めての分野に応募する際は、企業が未経験者を募集しているかどうかをしっかり確認しましょう。

未経験者を求めていない、即戦力がほしいと考えている企業に憧れだけでスキルがないのに応募しても成功はしません。

また、稀に未経験者歓迎とは書いていないものの電話で問い合わせたら未経験者でも熱意をかう企業があるため、どうしても諦めきれない場合は応募前に企業の採用担当へ問い合わせてみるのも方法です。

熱意のあるアピールができない

履歴書がしっかりかけている、自己分析もきっちりして、自分のスキルや経験、知識が活かせる分野に応募しているのに採用してもらえない場合、面接の際になぜこの企業でないとダメなのか、どうしてこの企業を選んだのかをしっかりとアピールできていない場合があります。

面接担当者も人間なので熱意にあふれた候補者の方が熱意の伝わらない候補者より採用したいと考えます。

そんなときはどうすればいいの?

履歴書を書いて自己分析をし、スキルや経験、知識を活かせる分野なら面接の機会を得ることができたら、しっかりと面接対策をしていきましょう。

面接時に聞かれる質問を予め想定し、いくつかの答えを用意しておくことやもし、万が一これは絶対に伝えたいと思っていたことが面接時に伝えられなければ、面接の最後に「他に何かありますか?」や「質問はありますか?」などの際に、正直に自分のアピールポイントはここですやこれはぜひお伝えしたかったですと伝えましょう。

履歴書が手抜き

転職活動を始めたけど、なかなか面接までたどり着かない人に多いのは、履歴書が手抜きであることです。

転職活動は、社会人をしながら行う就職活動のため、現行の仕事と並行していることが多いため、履歴書まで時間をさけないという人が少なくありません。

そのため、履歴書にアピールすべきポイントをしっかりと書かずに、最低限のポイントだけ書いて提出する人がいます。

採用担当者としては何百何千とある応募の中から面接する人を選ぶため、手抜きの履歴書では、採用担当者の目に留まることはありません。

そんなときはどうすればいいの?

履歴書で今まで自分が何をしてきたか、どういうスキルがあるのか、どういう経験や知識があるのか、自己アピールポイントは何かをしっかりと記入しましょう。

現行の仕事と並行して時間をさけないというのであれば休日にまとめて作成しておき、ストックしておくと便利です。

もちろん応募の際は各企業毎に送る履歴書の内容を多少変えなければなりませんのでまったく同じものを提出することのないようにしましょう。

高望みをしすぎている

転職先を探している際、自身の能力を分析せず、知っている企業や有名企業ばかりに応募している人がいます。

今の自身の能力をしっかりと分析せず、時間がないから、今のところより良いところへ行きたいから、今の職場の人を見返してやりたいからなどの理由で能力とは無関係な有名企業や今のスキルでは、かなり背伸びした企業へ応募するのは賢明ではありません。

そんなときはどうすればいいの?

転職先として有名企業や優良企業へは誰もが憧れて、誰もが応募したいと考えています。

そのため、当然ですが競争倍率は高くなっています。

自身の能力をしっかりと把握していない状態で応募しても書類選考の段階でダメになってしまう可能性が高いです。

つまり、自己分析をしっかりし、今までの経験や知識がどうあてはまるのかを考えて、見合う企業に応募することで転職後の仕事環境が有意義なものになる可能性が高いといえます。

未経験の業界しかアプローチしない

転職活動をする場合、確実に雇ってもらえそうだからや新しいことを始めたいからと未経験者歓迎の業界へアプローチしている人が少なくありません。

未経験者歓迎なので応募して採用される可能性は少なくありません。

ただ、せっかく今まで培った経験や知識、スキルを活かさずまた一から始めると給料や待遇は当然低くなります。

今まで培った経験や知識、スキルを活かすことで次の仕事を有意義なものにするためには、未経験の業界ばかりアプローチしていてはもったいないことです。

そんなときはどうすればいいの?

先述したように自己分析をまずしっかりしましょう。

未経験の業界をもともとアプローチしてみたかった、働いてみたかったけど機会がなかったと強い気持ちがあれば未経験の業界へ応募するのは悪いことではありません。

ただ、早く次を決めたいから、楽に採用してもらえるからという理由で未経験の業界を選ぶことは賢明ではありません。

資格があれば転職活動に有利と思い込んでいる

転職活動をしている人の中に企業が応募条件に指定している必須資格を持っているから応募したら間違いないだろうとかこの資格があれば次はすぐ決まると考えている人がいます。

資格がもちろんあれば優位に働く可能性は高いですが、常に優位に働くとは限りません。

例えば、総務部のポジションが募集してあり、総務部の経験はないけど社会保険労務士の資格があるから応募すれば採用してもらえるだろうと思い、応募するとしても採用される保証はありません。

それは、他の候補者にも社会保険労務士の資格を持っている可能性が高かったり、総務部の経験が長い人が応募している可能性があるため、資格がすべて採用の条件というわけではないことを理解しましょう。

そんなときはどうすればいいの?

資格を持っていることはプラスに働きますので履歴書などでアピールすることは問題ありません。

ただ、資格があれば合格すると過信することは避けた方が無難です。

資格があるから1社専願では、転職活動はスムーズにいかない可能性が高いです。

転職を成功させるためのポイント

転職を成功させている人の共通点を探すと以下の項目が多くに共通していることがわかりました。

転職を成功させるためのポイントをここではまとめましたので参考して下さい。

自己分析をしっかりする

まず何よりも第一に自分が今どの位置にいるのか、どうなっているのか、どんな知識や経験があり、どんなスキルがあるかなど自分自身と向き合ってしっかりと自分のSWOTを把握しましょう。

転職活動は時間との戦いでもあるため、自己分析せず、今すぐ採用してもらえそうなところやなんとかやっていけるだろうと考えがちですが、転職活動がゴールではなく、あくまでも転職した先で働きやすいかどうかキャリアプランが決めれるかどうか、快適に働けるかどうかなどが成功のポイントです。

そのため、まず自己分析をしっかりすることが大切です。

転職の目的を明確化する

漠然と転職活動を始めることはおすすめできません。

目標もないままただ何となく今の仕事が嫌だから、仕事を変えたいからとか職場の人間関係に疲れたから他に行きたいと考えての転職活動はうまくいきません。

将来設計のためにまず、なぜ転職したいのかや転職したらどうなっていきたいのかなどの目標を書き出しましょう。

上手くかけないのなら転職してから1年目はこうなっていたいとか、採用されてから実際に働くまでこんな準備をするなど、足元の小さな目標から始め将来の3年後5年後10年後どうしたいのかを書いてみましょう。

目的がはっきりすることで転職活動がスムーズになります。

退職理由を用意しておく

転職活動を経験した人なら誰もが受ける質問の一つが退職理由です。

採用担当者としても前職をなぜ辞めたのか原因を知りたいと考えています。

万が一上司が嫌だからとか前の職場の悪いところしか目に見えてなく辞めたのなら採用しても同じことが起こる可能性があるため、避けたい人材と考えています。

また、面接時に退職理由をいきなり聞かれてうまく答えることができる人はそういません。

予め、ポジティブな内容の退職理由を用意しておくことが成功の秘訣です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職活動が上手くいかず悩んでいる人がいたり、これから転職活動を考えている人がいるならぜひこの記事を参考にして下さい。




転職ノウハウについてもっと深堀りした情報を見る

大手に転職するために注意したほうが良い2個のこと

転職活動を行うなかでの企業選びについて、どの様なポイントを重視して企業選びを行っているでしょうか?多くの転職希望者は、主な企業選びにおけるポイントとして「年収」「勤務地」「業務内容」を上げています。働くということの目的を考えた場合、給料や働く場所、仕事に対するやりがいなどを重視した企業選びを行うというのは、至極当然のことではないでしょうか?それでは、このような諸条件をより高い水準且つ、より幅広い選択肢をもって実現できる企業をどのように選択するべきか考えてみると意外と重要となるのが「企業規模」ということになります。企業規模の図るうえでの1つの指標として重要となるのが「従業員数」ということになるの

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。

タイプ別の求人の探し方13選。転職の目的や転職先のイメージがあるかどうか次第で探し方は変えましょう!

就職活動で一番悩むのが、会社選びではないでしょうか?やりたい仕事、職種は決まっているのにどの会社がいいの?そもそもやりたい事が決まってない。自分に合う仕事が何かも分からないという人もいるのではないでしょうか?仕事探しの方法はいくつもあります。やりたいことが見つかっている人も見つかっていない人も、ピッタリの仕事探しの方法が見つかるかもしれません。求人を探す手段にはどんなものがある? 求人の探す手段は、たくさんあります。それぞれ特徴があるので、それらを組み合わせて利用すれば、希望に合った求人が見つけやすくなり、効率が良い仕事探しが出来ると思います。自分が利用しやすい手段を見つけてみてくださいね。ネ


転職ノウハウに関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職する際に悩む4個のこととは?あなたのお悩みを解決します

労働市場が硬直的といわれる日本では、今日に至るまであまり「転職」に関心を抱かない人も多かったようです。しかし、最近は働き方改革の勢いもあり「自分らしい働き方をしたい」「自分に合った仕事をしたい」といった願望を胸に、行動を起こす人も増えてきているようです。今回は、私たちの人生を大きく左右する一大イベントともいえる、転職活動に関連する情報を提供していきます。具体的には、私自身がこれまでに転職を何回か経験したことを踏まえ、転職活動全般にまつわる悩みのもとを大きく4つに分類して紹介し、あわせてそれぞれの悩みに対応する解決法を提案していきます。もしも皆さんが、今まさに転職をすべきかどうかで悩んでいる、も

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

楽な仕事に転職したい!こだわりたい楽な5個のポイントと、おすすめの仕事を紹介します

突然ですが、皆さんは楽な仕事をしたいですか?それとも激務をしたいですか?極端な質問ではありましたが、要は、皆さんが仕事に対して何を求めているかを確認してみました。人によっては仕事が生きがいで楽しいと思う仕事や生きがいと感じる仕事なら激務でも厭わない人もいれば、趣味や家族・友達との時間を楽しみたいから仕事にはあまり時間を費やしたくないという人もいます。最近は、今の仕事があまりにも激務すぎて周りを見る余裕も将来について考える余裕もないから楽な仕事をしてみたいと考える人も少なくありません。今回は、楽な仕事についてスポットを当てて楽な仕事へ転職するためのポイントやおすすめの仕事について紹介していきます

留学後に就職を成功させるにはどうすればいい?やっておくべきことや面接対策など、経験者が解説します!

語学のスキルを身につけるためや専門的な勉強をするための海外留学の道。国や言葉は違えど、留学経験者で日本に帰国後語学を活かした仕事に就きたいと希望する方はとても多いのではないでしょうか。せっかく身につけた語学スキル、できればそれを大いに発揮できる就職先を選びたいものですよね。しかし、ただ留学をして海外で語学を学んだというだけではなかなか希望する語学を活かした職種で活躍することは実は難しく、たくさんの方が語学とはあまり関係のない職種への就職を選ばざるを得ません。そこで今回は、留学後の就職で希望の職種へ就くためにやっておくべきことをご紹介して行きましょう。将来はグローバルに活躍したいと願っている方、