皆さんは仕事を探す時、どうやって仕事を探しますか?

仕事探しといっても色々な方法がありますし、色々な雇用形態があります。

例えば、アルバイトやパートだと商店街やショッピングモールなど求人広告を目にする機会が多いため、チャンスは広がっています。

正社員の場合だと企業のHPに採用情報を設けており、そこで求人情報を手に入れることも可能です。

他にも求人サイトや求人広告などを使って求人を見つけることは可能です。

今回は、仕事探しに焦点をあてて、仕事をどうやって効率的に探すのか、また、雇用形態別で仕事の探し方について紹介していきます。

仕事探しってどうやるの?

仕事探しってまず皆さんはどうしてますか?

仕事をしたいと思っていきなり事業を立ち上げて自分で開業して仕事を見つけているケースは稀です。

一般的には仕事をしたいと思ったら、まずは職探しから始めます。

職探しは、求人広告や求人サイト、企業のHPやエージェント、人材登録会社や友人・知人の紹介など様々な方法で可能です。

ただ、仕事をしたいと思ったら「1年後でいいや」とか「そのうち見つかればいいや」と思って仕事探しをする人はあまりいません。

仕事をしたいと思ったらできればすぐにでも仕事を始めたい人がほとんどです。

今から仕事探しはどうやってやるのかについて色々と紹介していきます。

仕事探しを成功させるためにやるべき5つのこと

まず、皆さんは仕事をしたいと思ったら求人サイトや広告媒体、企業のHPなどを活用して仕事を探します。

ほとんどの人が同じ流れで仕事を探しています。

しかし、漠然と仕事を探していては思うような仕事に就くことはできませんし、当然ですが仕事に就くことがゴールではありません。

仕事に就いてそこからどうなって行きたいのかどうしたいのかを描いていないといけません。

では、仕事探しを成功させるためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、仕事探しを成功させるためにやるべきこと5つを紹介します。

自己分析をする

まず、自己分析することが大切です。

自己分析をすると聞くと正社員や転職活動する人だけでいいように思われがちですが、意外と自己分析をするとアルバイトやパート探しにも役立ちます。

それは自己分析して自分は何が得意で何が不得意なのか、どこに長所があってどこに短所があるかを把握することが可能だからです。

面接では正社員や転職だけでなく、アルバイトやパートの場合でも「自分の長所は何ですか?」や「短所を教えて下さい」と聞かれることがあります。

学生がアルバイトを受けるならこれは正社員の面接前に答えを作る絶好のチャンスです。

自己分析をして自分がどういう人物かをあらかじめ把握しておきましょう。

アピールポイントをまとめておく

次にアピールポイントをまとめておきましょう。

面接時だけでなく、履歴書を記入する時にも自己アピール欄があります。

正社員の面接だけでなく、アルバイトやパートの面接でもアピールポイントを聞かれたり、履歴書に自己アピールを書かなければなりません。

店舗や会社を受けるために自分のアピールポイントがどこなのかを把握しておくことで履歴書や面接がスムーズにこなせます。

キャリアパスや将来設計を描く

人が働く時は何かしらの動機や理由が存在します。

ただ何となく働く人はあまりいません。

せっかく働くチャンスをもらえたらしっかりと将来に活かしていきたいところです。

アルバイトだからや派遣だから適当に働くのではなく、将来どうなっていきたいのか、この仕事をすることでどう自分の人生に活かしていきたいのかを描いておくと将来に向かって自分が何をするべきか何を学ぶべきかどうしていくべきかを考えて行動することができます。

スキルや経験、知識がどう貢献するか考えておく

正社員や転職活動する場合もしくは派遣や契約社員として働く場合、特に有効ですが、今まで培った経験やスキル、知識がどう店舗や会社に貢献できるのかストーリーをあらかじめ描いておくと面接時に役立ちます。

例えば、「営業活動で前年より10%売り上げをあげました。」と面接時に話すより「営業活動で前年より10%売り上げをあげることができました。それは、様々な部署と協力してお客様のニーズに応えたこととライバル企業がまだ注目していない業界を狙ったため、お客様にも新鮮な提案として受け入れて頂くことができました。」と言えれば、マーケット調査力があって、チーム統率力があり、ライバル動向をしっかりと見据えてきちんと戦略を練って活動していることがアピールできます。

今までのスキルや経験、知識をまとめておき、どう貢献できるかストーリーをあらかじめ描いておくと便利です。

身だしなみに注意をする

意外と忘れがちなのが身だしなみです。

就職活動や転職活動だけでなく、アルバイトやパート、契約社員や派遣社員の仕事探しでも身だしなみは大切なポイントです。

身だしなみに注意することはオシャレにしていくことではありません。

身だしなみに注意をすることは、清潔感を保つことです。

髪の毛がボサボサしていないか、髭はきちんと沿ってあるのかどうか、服はシワシワだったり、汚れていたりしないかどうか、髪の色は適正化どうかなどデートに行く際と同じくらい気をつければ問題はありません。

ただ、中には書類に準備する時間を費やしすぎたり、面接対策をしっかりしすぎたりして身だしなみに注意を払わず、アルバイトの面接だからと金髪で登場する人も少なくありませんが、仕事によっては髪の色は印象がよくないこともあります。

身だしなみで第一印象は決まってしまいますので身だしなみにも注意を払いましょう。

仕事探しのために準備すべき5つのこと

仕事探しを成功させるためにはやはり事前の準備が大切です。

仕事を探すために事前に準備しておくことを5つまとめてみました。

履歴書を準備しておく

面接に挑む前にまず書類選考があります。

希望の1社に応募して採用されたらベストですが、全ての人が1社で決まるとは限りません。

また、転職活動で仕事を探す場合は、今の仕事をしながら仕事を探すため、履歴書に割く時間は限られてしまいます。

あらかじめ履歴書をまとめて準備しておくことで履歴書に割く時間を省くことができます。

例えば、手書きの履歴書ではなく、ワードなどのパソコンでデータ保存した履歴書があれば、ある程度の情報を使いまわすことが可能なのでいちいち始めから履歴書を準備する必要はありません。

履歴書をあらかじめ準備しておくと仕事探しの活動はしやすくなります。

身だしなみを決めておく

身だしなみは仕事を探しをする上で大切な要素です。

面接の時に身だしなみがきちんとしていないと第一印象で不採用が決まりかねません。

ただ、毎回毎回面接の度に身だしなみを決めるのは時間が必要です。

つまり、面接に挑む際の身だしなみをあらかじめ決めておくといざ面接の時に一から決める手間が省けます。

身だしなみの雛形を自分の中であらかじめ決めておきましょう。

面接の回答を予想しておく、もしくは自己PRを決めておく

面接の回答をあらかじめ予想しておくことで面接時に慌てたり、面接前の緊張を抑えたりできます。

面接や履歴書に挑む際に時間がかかる項目は自己PRです。

日本人は自己PR苦手と言われるくらい自己PRが上手く出来ません。

就職活動をする際に自己PRで頭を悩ました経験があると思います。

ただ、面接に挑む際に誰もが陥りますが、結局自己PRのところでまた頭を悩ますことになります。

仕事を探すためのキーポイントの一つとしてあらかじめ自己PRを用意しておくことです。

面接する企業の情報はしっかりと収集する

就職活動や転職活動、アルバイトやパートの活動においてあまり企業のことを知らずに面接に挑む人が少なくありません。

これから自分が働くかもしれない企業の情報を知らずに面接に挑み、採用されたから企業のことを知るでは仕事と理想に対してのギャップが大きかった時、失敗したと思ってもすでに時は遅しの状態なので面接をする前、できれば履歴書を送る前に面接を考えているもしくは就職を希望している企業の情報をしっかりと収集しましょう。

スケジュールを確認しておく

就職活動や転職活動の場合は、面接の時の他の予定とかぶっていないかどうかチェックする必要がありますし、もしかぶっていたら調整することが必要です。

アルバイトやパートの場合は、週どれくらいシフトに入ることが可能かあらかじめチェックしておくことが必要です。

面接の打診を頂いてからスケジュール調整するのはご法度ですし、アルバイトやパートの面接にいってからいつ入れるか考えるのは印象を悪くしてしまうため、あらかじめスケジュールチェックをしておきましょう。

正社員の効率的な仕事の探し方とは?

正社員の仕事を探したい場合、仕事の探し方は色々あります。

ここでは正社員の効率的な仕事探しの方法についてまとめてみました。

求人サイトを利用する

まず王道と言えるのは求人サイトを利用することです。

リクルートやDODAなどの大手求人広告サイトは幅広い職種と業界を掲載しています。

希望の職種や業界があればそこにターゲットを絞って仕事を探すことが可能です。

求人サイトのメリットはコストをかけずに仕事を探すことができることと24時間サイトを見ることができるので自分のタイミングで職探しができることです。

求人広告をチェックする

求人広告は、求人サイトについで仕事探しに活用できる方法です。

新聞広告や雑誌広告など様々なところに求人記事が掲載されていて仕事を探すことができます。

また、正社員だけでなく、アルバイト・パートや契約社員・派遣社員などの仕事探しにも活用することができます。

大学や専門学校の進路課を頼る

新卒であれば、大学や専門学校の進路課に相談することはおすすめです。

それぞれの学校が持つパイプラインで卒業生を紹介してもらい、仕事について話を聞くことが出来ます。

企業に就職する前にOB・OGから実際の仕事現場について生の声を聞くことができるのは貴重な体験ですし、大学や専門学校のパイプラインを使うからできるアドバンテージです。

企業のHPをチェックする

希望の仕事先があるのであれば、求人サイトなどを活用せず、直接企業のHPへアクセスし採用情報から応募するのが一番効率的です。

希望する企業が決まっていて他は興味がないとかその企業でしか働いてみたくない場合は、企業のHPへ直接アクセスして応募するのと可能であれば大学や専門学校の卒業生というパイプラインを使って現状の現場の声を聞いてみるとさらに効率的にかつ効果的に就職活動をすることができます。

契約社員、派遣社員の効率的な仕事の探し方とは?

先ほどは正社員の効率的な仕事の探し方について紹介しました。

次は、契約社員や派遣社員の効果的な仕事の探し方について紹介していきます。

派遣会社に登録する

王道と言える方法は、派遣会社に登録することです。

派遣会社に登録してしまえば仕事先は派遣会社から紹介してもらえるため、自分であれこれ仕事を探す手間は省けます。

また、エージェントを使って就職活動するよりコストを抑えることもできます。

派遣登録の手順は、こちらの記事を参考に!

ハローワークを活用する

働きたいエリアが限定されている場合は、ハローワークを活用することは効率的です。

地元の企業に特化した求人情報を得ることができるのと何よりコストを抑えて仕事を探すことができます。

条件によっては就職時に奨励金がもらえることもあるため、地元で仕事を探したい人には効率的に仕事を探す方法といえます。

人材紹介会社に登録する

人材派遣会社と人材紹介会社と混同されがちですが、人材派遣会社は人材会社に登録し、人材会社がそこから人材を企業に貸し出すのに対して人材紹介会社は、企業が希望する人材をピンポイントで連れてきて企業に紹介する会社です。

そのため業界を絞れていたり、働きたい職種が決まっているのなら人材紹介会社を通じて希望の職種や業界へアプローチする方法は効率的です。

無料の求人媒体を活用する

コストをなるべくかけずに仕事を探したい場合は、無料の求人媒体を活用することが効果的です。

情報が広告掲載エリアに限定されるため、ハローワークと同じく働きたいエリアが決まっている場合にはコストをかけずに仕事が探せる効果的な方法です。

アルバイト、パートの効率的な仕事の探し方とは?

ここまで正社員や派遣社員・契約社員の仕事の探し方について紹介しました。

次はアルバイトやパートの効率的な仕事の探し方について紹介していきます。

求人媒体をチェックする

王道な探し方の一つは、求人媒体をチェックすることです。

ananやタウンワークなどの求人媒体はアルバイトやパートの情報が豊富に掲載されているため、どんなアルバイトがあるかまずは見てみたい人にも有効です。

コストもあまりかからずに仕事を見つけることができるため、求人媒体は効率的に仕事を探すことができます。

気になる店舗のHPを検索する

働いてみたい仕事先があらかじめ決まっているのなら求人媒体をチェックするより、直接店舗のHPの採用情報をチェックすることが効率的です。

例えば、大手チェーン店であるスターバックスやマクドナルドは正社員だけでなくアルバイトやパート、契約社員の採用情報まで掲載しているため、働いてみたい会社や店舗が決まっているのなら直接HPにアクセスした方が最新の情報を手に入れることができます。

ラインバイトなどのSNSを活用する

ラインバイトなどのSNSを活用してアルバイトを探すのはここ数年増えてきています。

ラインでそのまま企業や店舗とやりとりし、面接の前にある程度の情報を共有することで面接以前で企業側も面接受ける側も感触を確かめることができます。

また、ラインでタイムリーにやりとりできるため、アルバイトを早く決めたい人にはかなり有効的といえます。

友達にアルバイト先へ紹介してもらう

アルバイトやパートの仕事を探す上でまだまだ根強い方法は、友達や知人に職場を紹介してもらうことです。

友達や知人の紹介でアルバイトをすることは面接前にお店や企業の情報だけでなく、面接側も面接者の情報を事前に仕入れることができるため、お互いに面接前に印象を決めることができます。

何より友人や知人が働いている職場のため、一から人間関係を築く必要もなく仕事環境に馴染みやすいため、効率的な方法の一つといえます。

転職の効率的な仕事の探し方

正社員やアルバイト・パート、派遣社員・契約社員と効率的な仕事の探し方を紹介してきたので最後は転職の効率的な仕事の探し方についてもふれたいと思います。

転職エージェントを利用する

転職は正社員の就職活動に比べて時間に制限があることが多いです。

それは仕事をしながら次の仕事を探す人が多いためです。

昨今の不景気を経験したためか、仕事を思い切って辞めてから次を探す人より仕事をしながら次の仕事を探す人が増えています。

転職エージェントは仕事をしながら転職先を探すにはかなり有効的といえます。

それは、転職のプロだから的確なアドバイスや転職先情報が豊富であったり、過去の実績を元に面接の対策や履歴書対策だったりの情報ももらえます。

また、転職エージェントが代わって転職先を探してくれるので一から全て自分で探す必要もなく、時間を効率的に使えるのもメリットです。

転職サイトを活用する

ある程度の業界や業種を絞っているのであればコストを抑えて自分のペースで仕事を探すことができる転職サイトの活用が有効的です。

大手サイトであるマイナビやリクナビネクストであれば24時間自分の好きなタイミングで求人を探すことができますし、毎週情報更新されるため、最新の求人情報の中から転職先を探すことが可能です。

自己分析をしていて自分がどういうキャリアアップをしたいのか具体的に決まっている場合は、転職サイトを活用すると効率的に自分のペースで仕事を探すことが可能です。

SNSを活用する

最近はFacebookなどのSNSを活用して転職活動する人も少なくありません。

ソーシャルリクルーティングと言われ、SNSから企業の情報を入手し、どういう企業かを知ることができますし、企業側もFacebookなどを通じて面接希望者がどういう人物かをお互いが面接前に知ることができるため、効率的に採用活動や転職活動ができます。

仕事探しをする上で注意点

前述では仕事の探し方を雇用形態別に分けて紹介しました。

仕事を探すためのツールは今や様々です。

雇用形態に応じて色々なツールが用意されており、希望や必要性の応じて探すことも可能です。

今までは仕事の探し方について紹介しましたが、ここでは、最後に仕事を探す上での注意点を紹介します。

妥協点を決めない

仕事を探す上でやってはいけないのはこれでいいやとかここが決まったからここにしようと妥協点を定めてしまうところです。

希望条件を高くしすぎて仕事が決まらないやいい条件だけど希望に沿わないというので断るのはもう少し考えたほうがいいかもしれませんが、全く納得する部分はないけど、内定をくれたからとか次の仕事を早く決めたいがためにやりたくはないけど、すぐ内定をくれそうだからと妥協して仕事を選ぶのは失敗する元になるため、妥協をして転職や就職は避けるべきです。

嘘をつかない

職歴に嘘をつくことは当然ご法度ですが、ここでの嘘をつかないは自分に対しても嘘をつかないということです。

就職や転職活動をするために嘘の経歴だけでなく、自分に嘘をついてよく見せようとする行為は、失敗の元になるため、嘘をつかないことは大切です。

自分のポイントを高く見せたいために誰でも少しでもよく見せようと工夫しますし、面接でもよく見せようと見栄を張ります。

ただ、実際に就職してからその嘘が重くのしかかり仕事に支障をきたします。

よく見せよう、採用されるように少し話を盛ろうというのは理解しますが、嘘をつくのは避けるべきです。

謙虚な姿勢で挑む

自分のキャリアパスを描いて、今までの経験や知識、スキルを活かした仕事を探していく中で思い通りの仕事からオファーを受けるとは限りません。

ただ、だからといってオファーをくれたところに対して無下に扱うのも違いますし、オファーをくれたところに面接に行ったからといって何もかも無礼講というわけではありませんので謙虚な姿勢で挑むことが大切です。

まとめ

今回は仕事探しについてまとめてみました。

正社員だけなく、派遣社員や契約社員、アルバイトやパート、転職などについて紹介しています。

今回の記事が仕事探しの人にとって有益であれば嬉しく思います。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご