皆さんは仕事を探す時、どうやって仕事を探しますか?

仕事探しといっても色々な方法がありますし、色々な雇用形態があります。

例えば、アルバイトやパートだと商店街やショッピングモールなど求人広告を目にする機会が多いため、チャンスは広がっています。

正社員の場合だと企業のHPに採用情報を設けており、そこで求人情報を手に入れることも可能です。

他にも求人サイトや求人広告などを使って求人を見つけることは可能です。

今回は、仕事探しに焦点をあてて、仕事をどうやって効率的に探すのか、また、雇用形態別で仕事の探し方について紹介していきます。

仕事探しってどうやるの?

仕事探しってまず皆さんはどうしてますか?

仕事をしたいと思っていきなり事業を立ち上げて自分で開業して仕事を見つけているケースは稀です。

一般的には仕事をしたいと思ったら、まずは職探しから始めます。

職探しは、求人広告や求人サイト、企業のHPやエージェント、人材登録会社や友人・知人の紹介など様々な方法で可能です。

ただ、仕事をしたいと思ったら「1年後でいいや」とか「そのうち見つかればいいや」と思って仕事探しをする人はあまりいません。

仕事をしたいと思ったらできればすぐにでも仕事を始めたい人がほとんどです。

今から仕事探しはどうやってやるのかについて色々と紹介していきます。

仕事探しを成功させるためにやるべき5つのこと

まず、皆さんは仕事をしたいと思ったら求人サイトや広告媒体、企業のHPなどを活用して仕事を探します。

ほとんどの人が同じ流れで仕事を探しています。

しかし、漠然と仕事を探していては思うような仕事に就くことはできませんし、当然ですが仕事に就くことがゴールではありません。

仕事に就いてそこからどうなって行きたいのかどうしたいのかを描いていないといけません。

では、仕事探しを成功させるためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、仕事探しを成功させるためにやるべきこと5つを紹介します。

自己分析をする

まず、自己分析することが大切です。

自己分析をすると聞くと正社員や転職活動する人だけでいいように思われがちですが、意外と自己分析をするとアルバイトやパート探しにも役立ちます。

それは自己分析して自分は何が得意で何が不得意なのか、どこに長所があってどこに短所があるかを把握することが可能だからです。

面接では正社員や転職だけでなく、アルバイトやパートの場合でも「自分の長所は何ですか?」や「短所を教えて下さい」と聞かれることがあります。

学生がアルバイトを受けるならこれは正社員の面接前に答えを作る絶好のチャンスです。

自己分析をして自分がどういう人物かをあらかじめ把握しておきましょう。

アピールポイントをまとめておく

次にアピールポイントをまとめておきましょう。

面接時だけでなく、履歴書を記入する時にも自己アピール欄があります。

正社員の面接だけでなく、アルバイトやパートの面接でもアピールポイントを聞かれたり、履歴書に自己アピールを書かなければなりません。

店舗や会社を受けるために自分のアピールポイントがどこなのかを把握しておくことで履歴書や面接がスムーズにこなせます。

キャリアパスや将来設計を描く

人が働く時は何かしらの動機や理由が存在します。

ただ何となく働く人はあまりいません。

せっかく働くチャンスをもらえたらしっかりと将来に活かしていきたいところです。

アルバイトだからや派遣だから適当に働くのではなく、将来どうなっていきたいのか、この仕事をすることでどう自分の人生に活かしていきたいのかを描いておくと将来に向かって自分が何をするべきか何を学ぶべきかどうしていくべきかを考えて行動することができます。

スキルや経験、知識がどう貢献するか考えておく

正社員や転職活動する場合もしくは派遣や契約社員として働く場合、特に有効ですが、今まで培った経験やスキル、知識がどう店舗や会社に貢献できるのかストーリーをあらかじめ描いておくと面接時に役立ちます。

例えば、「営業活動で前年より10%売り上げをあげました。」と面接時に話すより「営業活動で前年より10%売り上げをあげることができました。それは、様々な部署と協力してお客様のニーズに応えたこととライバル企業がまだ注目していない業界を狙ったため、お客様にも新鮮な提案として受け入れて頂くことができました。」と言えれば、マーケット調査力があって、チーム統率力があり、ライバル動向をしっかりと見据えてきちんと戦略を練って活動していることがアピールできます。

今までのスキルや経験、知識をまとめておき、どう貢献できるかストーリーをあらかじめ描いておくと便利です。

身だしなみに注意をする

意外と忘れがちなのが身だしなみです。

就職活動や転職活動だけでなく、アルバイトやパート、契約社員や派遣社員の仕事探しでも身だしなみは大切なポイントです。

身だしなみに注意することはオシャレにしていくことではありません。

身だしなみに注意をすることは、清潔感を保つことです。

髪の毛がボサボサしていないか、髭はきちんと沿ってあるのかどうか、服はシワシワだったり、汚れていたりしないかどうか、髪の色は適正化どうかなどデートに行く際と同じくらい気をつければ問題はありません。

ただ、中には書類に準備する時間を費やしすぎたり、面接対策をしっかりしすぎたりして身だしなみに注意を払わず、アルバイトの面接だからと金髪で登場する人も少なくありませんが、仕事によっては髪の色は印象がよくないこともあります。

身だしなみで第一印象は決まってしまいますので身だしなみにも注意を払いましょう。

仕事探しのために準備すべき5つのこと

仕事探しを成功させるためにはやはり事前の準備が大切です。

仕事を探すために事前に準備しておくことを5つまとめてみました。

履歴書を準備しておく

面接に挑む前にまず書類選考があります。

希望の1社に応募して採用されたらベストですが、全ての人が1社で決まるとは限りません。

また、転職活動で仕事を探す場合は、今の仕事をしながら仕事を探すため、履歴書に割く時間は限られてしまいます。

あらかじめ履歴書をまとめて準備しておくことで履歴書に割く時間を省くことができます。

例えば、手書きの履歴書ではなく、ワードなどのパソコンでデータ保存した履歴書があれば、ある程度の情報を使いまわすことが可能なのでいちいち始めから履歴書を準備する必要はありません。

履歴書をあらかじめ準備しておくと仕事探しの活動はしやすくなります。

身だしなみを決めておく

身だしなみは仕事を探しをする上で大切な要素です。

面接の時に身だしなみがきちんとしていないと第一印象で不採用が決まりかねません。

ただ、毎回毎回面接の度に身だしなみを決めるのは時間が必要です。

つまり、面接に挑む際の身だしなみをあらかじめ決めておくといざ面接の時に一から決める手間が省けます。

身だしなみの雛形を自分の中であらかじめ決めておきましょう。

面接の回答を予想しておく、もしくは自己PRを決めておく

面接の回答をあらかじめ予想しておくことで面接時に慌てたり、面接前の緊張を抑えたりできます。

面接や履歴書に挑む際に時間がかかる項目は自己PRです。

日本人は自己PR苦手と言われるくらい自己PRが上手く出来ません。

就職活動をする際に自己PRで頭を悩ました経験があると思います。

ただ、面接に挑む際に誰もが陥りますが、結局自己PRのところでまた頭を悩ますことになります。

仕事を探すためのキーポイントの一つとしてあらかじめ自己PRを用意しておくことです。

面接する企業の情報はしっかりと収集する

就職活動や転職活動、アルバイトやパートの活動においてあまり企業のことを知らずに面接に挑む人が少なくありません。

これから自分が働くかもしれない企業の情報を知らずに面接に挑み、採用されたから企業のことを知るでは仕事と理想に対してのギャップが大きかった時、失敗したと思ってもすでに時は遅しの状態なので面接をする前、できれば履歴書を送る前に面接を考えているもしくは就職を希望している企業の情報をしっかりと収集しましょう。

スケジュールを確認しておく

就職活動や転職活動の場合は、面接の時の他の予定とかぶっていないかどうかチェックする必要がありますし、もしかぶっていたら調整することが必要です。

アルバイトやパートの場合は、週どれくらいシフトに入ることが可能かあらかじめチェックしておくことが必要です。

面接の打診を頂いてからスケジュール調整するのはご法度ですし、アルバイトやパートの面接にいってからいつ入れるか考えるのは印象を悪くしてしまうため、あらかじめスケジュールチェックをしておきましょう。

正社員の効率的な仕事の探し方とは?

正社員の仕事を探したい場合、仕事の探し方は色々あります。

ここでは正社員の効率的な仕事探しの方法についてまとめてみました。

求人サイトを利用する

まず王道と言えるのは求人サイトを利用することです。

リクルートやDODAなどの大手求人広告サイトは幅広い職種と業界を掲載しています。

希望の職種や業界があればそこにターゲットを絞って仕事を探すことが可能です。

求人サイトのメリットはコストをかけずに仕事を探すことができることと24時間サイトを見ることができるので自分のタイミングで職探しができることです。

求人広告をチェックする

求人広告は、求人サイトについで仕事探しに活用できる方法です。

新聞広告や雑誌広告など様々なところに求人記事が掲載されていて仕事を探すことができます。

また、正社員だけでなく、アルバイト・パートや契約社員・派遣社員などの仕事探しにも活用することができます。

大学や専門学校の進路課を頼る

新卒であれば、大学や専門学校の進路課に相談することはおすすめです。

それぞれの学校が持つパイプラインで卒業生を紹介してもらい、仕事について話を聞くことが出来ます。

企業に就職する前にOB・OGから実際の仕事現場について生の声を聞くことができるのは貴重な体験ですし、大学や専門学校のパイプラインを使うからできるアドバンテージです。

企業のHPをチェックする

希望の仕事先があるのであれば、求人サイトなどを活用せず、直接企業のHPへアクセスし採用情報から応募するのが一番効率的です。

希望する企業が決まっていて他は興味がないとかその企業でしか働いてみたくない場合は、企業のHPへ直接アクセスして応募するのと可能であれば大学や専門学校の卒業生というパイプラインを使って現状の現場の声を聞いてみるとさらに効率的にかつ効果的に就職活動をすることができます。

契約社員、派遣社員の効率的な仕事の探し方とは?

先ほどは正社員の効率的な仕事の探し方について紹介しました。

次は、契約社員や派遣社員の効果的な仕事の探し方について紹介していきます。

派遣会社に登録する

王道と言える方法は、派遣会社に登録することです。

派遣会社に登録してしまえば仕事先は派遣会社から紹介してもらえるため、自分であれこれ仕事を探す手間は省けます。

また、エージェントを使って就職活動するよりコストを抑えることもできます。

派遣登録の手順は、こちらの記事を参考に!

ハローワークを活用する

働きたいエリアが限定されている場合は、ハローワークを活用することは効率的です。

地元の企業に特化した求人情報を得ることができるのと何よりコストを抑えて仕事を探すことができます。

条件によっては就職時に奨励金がもらえることもあるため、地元で仕事を探したい人には効率的に仕事を探す方法といえます。

人材紹介会社に登録する

人材派遣会社と人材紹介会社と混同されがちですが、人材派遣会社は人材会社に登録し、人材会社がそこから人材を企業に貸し出すのに対して人材紹介会社は、企業が希望する人材をピンポイントで連れてきて企業に紹介する会社です。

そのため業界を絞れていたり、働きたい職種が決まっているのなら人材紹介会社を通じて希望の職種や業界へアプローチする方法は効率的です。

無料の求人媒体を活用する

コストをなるべくかけずに仕事を探したい場合は、無料の求人媒体を活用することが効果的です。

情報が広告掲載エリアに限定されるため、ハローワークと同じく働きたいエリアが決まっている場合にはコストをかけずに仕事が探せる効果的な方法です。

アルバイト、パートの効率的な仕事の探し方とは?

ここまで正社員や派遣社員・契約社員の仕事の探し方について紹介しました。

次はアルバイトやパートの効率的な仕事の探し方について紹介していきます。

求人媒体をチェックする

王道な探し方の一つは、求人媒体をチェックすることです。

ananやタウンワークなどの求人媒体はアルバイトやパートの情報が豊富に掲載されているため、どんなアルバイトがあるかまずは見てみたい人にも有効です。

コストもあまりかからずに仕事を見つけることができるため、求人媒体は効率的に仕事を探すことができます。

気になる店舗のHPを検索する

働いてみたい仕事先があらかじめ決まっているのなら求人媒体をチェックするより、直接店舗のHPの採用情報をチェックすることが効率的です。

例えば、大手チェーン店であるスターバックスやマクドナルドは正社員だけでなくアルバイトやパート、契約社員の採用情報まで掲載しているため、働いてみたい会社や店舗が決まっているのなら直接HPにアクセスした方が最新の情報を手に入れることができます。

ラインバイトなどのSNSを活用する

ラインバイトなどのSNSを活用してアルバイトを探すのはここ数年増えてきています。

ラインでそのまま企業や店舗とやりとりし、面接の前にある程度の情報を共有することで面接以前で企業側も面接受ける側も感触を確かめることができます。

また、ラインでタイムリーにやりとりできるため、アルバイトを早く決めたい人にはかなり有効的といえます。

友達にアルバイト先へ紹介してもらう

アルバイトやパートの仕事を探す上でまだまだ根強い方法は、友達や知人に職場を紹介してもらうことです。

友達や知人の紹介でアルバイトをすることは面接前にお店や企業の情報だけでなく、面接側も面接者の情報を事前に仕入れることができるため、お互いに面接前に印象を決めることができます。

何より友人や知人が働いている職場のため、一から人間関係を築く必要もなく仕事環境に馴染みやすいため、効率的な方法の一つといえます。

転職の効率的な仕事の探し方

正社員やアルバイト・パート、派遣社員・契約社員と効率的な仕事の探し方を紹介してきたので最後は転職の効率的な仕事の探し方についてもふれたいと思います。

転職エージェントを利用する

転職は正社員の就職活動に比べて時間に制限があることが多いです。

それは仕事をしながら次の仕事を探す人が多いためです。

昨今の不景気を経験したためか、仕事を思い切って辞めてから次を探す人より仕事をしながら次の仕事を探す人が増えています。

転職エージェントは仕事をしながら転職先を探すにはかなり有効的といえます。

それは、転職のプロだから的確なアドバイスや転職先情報が豊富であったり、過去の実績を元に面接の対策や履歴書対策だったりの情報ももらえます。

また、転職エージェントが代わって転職先を探してくれるので一から全て自分で探す必要もなく、時間を効率的に使えるのもメリットです。

転職サイトを活用する

ある程度の業界や業種を絞っているのであればコストを抑えて自分のペースで仕事を探すことができる転職サイトの活用が有効的です。

大手サイトであるマイナビやリクナビネクストであれば24時間自分の好きなタイミングで求人を探すことができますし、毎週情報更新されるため、最新の求人情報の中から転職先を探すことが可能です。

自己分析をしていて自分がどういうキャリアアップをしたいのか具体的に決まっている場合は、転職サイトを活用すると効率的に自分のペースで仕事を探すことが可能です。

SNSを活用する

最近はFacebookなどのSNSを活用して転職活動する人も少なくありません。

ソーシャルリクルーティングと言われ、SNSから企業の情報を入手し、どういう企業かを知ることができますし、企業側もFacebookなどを通じて面接希望者がどういう人物かをお互いが面接前に知ることができるため、効率的に採用活動や転職活動ができます。

仕事探しをする上で注意点

前述では仕事の探し方を雇用形態別に分けて紹介しました。

仕事を探すためのツールは今や様々です。

雇用形態に応じて色々なツールが用意されており、希望や必要性の応じて探すことも可能です。

今までは仕事の探し方について紹介しましたが、ここでは、最後に仕事を探す上での注意点を紹介します。

妥協点を決めない

仕事を探す上でやってはいけないのはこれでいいやとかここが決まったからここにしようと妥協点を定めてしまうところです。

希望条件を高くしすぎて仕事が決まらないやいい条件だけど希望に沿わないというので断るのはもう少し考えたほうがいいかもしれませんが、全く納得する部分はないけど、内定をくれたからとか次の仕事を早く決めたいがためにやりたくはないけど、すぐ内定をくれそうだからと妥協して仕事を選ぶのは失敗する元になるため、妥協をして転職や就職は避けるべきです。

嘘をつかない

職歴に嘘をつくことは当然ご法度ですが、ここでの嘘をつかないは自分に対しても嘘をつかないということです。

就職や転職活動をするために嘘の経歴だけでなく、自分に嘘をついてよく見せようとする行為は、失敗の元になるため、嘘をつかないことは大切です。

自分のポイントを高く見せたいために誰でも少しでもよく見せようと工夫しますし、面接でもよく見せようと見栄を張ります。

ただ、実際に就職してからその嘘が重くのしかかり仕事に支障をきたします。

よく見せよう、採用されるように少し話を盛ろうというのは理解しますが、嘘をつくのは避けるべきです。

謙虚な姿勢で挑む

自分のキャリアパスを描いて、今までの経験や知識、スキルを活かした仕事を探していく中で思い通りの仕事からオファーを受けるとは限りません。

ただ、だからといってオファーをくれたところに対して無下に扱うのも違いますし、オファーをくれたところに面接に行ったからといって何もかも無礼講というわけではありませんので謙虚な姿勢で挑むことが大切です。

まとめ

今回は仕事探しについてまとめてみました。

正社員だけなく、派遣社員や契約社員、アルバイトやパート、転職などについて紹介しています。

今回の記事が仕事探しの人にとって有益であれば嬉しく思います。


関連キーワード

仕事