働き方の多様性が認められ始めた近年、派遣社員の需要はとても高まっています。

いざ、派遣社員で働こうと思ったら、最初にやらなければならないことが派遣会社選びです。

どこの会社で働いても同じだと思っていませんか?

実は派遣会社選びはとても重要です。

会社によって紹介の得意な分野、不得意な分野がありますし、同じ仕事をしていても会社の違いで給与に差があったりします。

安心して働くためにもきちんとした派遣会社を選びたいですよね。

今回は、初めての派遣登録の手順から業種別おすすめの派遣会社、さらに派遣として働く際の職場選び、面接の対応までをご説明していきます!

派遣社員として働こうと思っている方や、派遣会社を変えたいなと思っている方必見です!

派遣会社の登録方法

まずは派遣会社の登録方法から見ていきましょう。

これは会社によって少し差があり、直接営業所で登録する会社とインターネットでの登録が可能な会社があります。

インターネットでの登録

インターネットで登録をする方は、インターネットカフェなどでの登録は避けましょう。

スマホでの登録も可能です。

最近では派遣会社のアプリからの登録もできるようになっています。

新規登録の際必要な情報は氏名、住所、メールアドレスなどの基本的な情報から希望の労働形態や働ける時間帯、仕事開始可能日など簡単なものです。

登録を行うと会社側から仮の登録番号や自分のページにアクセスできるログイン番号などの連絡が来るので、ログインし登録を完了しましょう。

マイページにログイン後、学歴や職歴、取得している資格など派遣会社に登録される履歴書を完成させます。

派遣会社に登録をする履歴書、特に職歴はあなたの希望する会社に提出されるものですので、間違いのないように丁寧に記載しましょう。

派遣会社によっては職歴に会社の名前だけではなく、どのような仕事をしていたのか、どのような役職についていたのか詳しく記入する必要があります。

派遣は基本的に即戦力を求められますので、経験したことのある仕事を詳しく記載しておくべきです。

営業所での登録

インターネット普及前は営業所での登録が一般的でした。

会社の主催する「登録会」も行われていますので、ホームページ上や電話で予約をしましょう。

登録会当日は企業の面接ではありませんが、スーツで行くことをおすすめします。

派遣会社の担当と初めて顔を合わせることになるので印象の良いように気をつけましょう。

持ち物などは会社によって異なりますが、身分証明書や紙媒体での履歴書が必要な場合もあるでしょう。

派遣の登録会では希望の職種や持っている資格についての面談、または簡単なスキルチェックが行われることもあります。

当日に良い案件があればすぐに紹介してくれることも多いでしょう。

派遣会社の営業担当はあなたと一緒に仕事を探してくれる心強い味方です。

希望の職種や勤務時間、時給や自分のスキルなどをアピールできるように考えをまとめておく必要があります。

派遣登録後の流れは?

派遣登録後、当日に仕事が決まらなかった場合はどうすれば良いのでしょうか。

詳しくお話していきましょう。

すぐに仕事を始めたい場合

営業所やインターネットで派遣登録後、実際に仕事を紹介してもらうことになります。

職種や勤務地域にこだわりのある方やすぐに仕事を始めたい方は、派遣会社のホームページからご自分にあった仕事を探しましょう。

登録後に見ることのできる非公開求人も多数ありますよ。

ホームページ上では地域や交通機関、職種など様々な条件からあなたにあった仕事を絞り込んで表示してくれます。

希望する仕事があれば、その旨を担当に伝えます。

希望する案件がなかった時は?

希望する業種がない場合やすぐに始められない場合は、派遣会社に自分の希望を伝えておいてこのような案件があれば紹介して欲しいとお願いすることもできます。

また、登録を済ませたからと言ってすぐに働き始める必要がないのも派遣の良いところです。

登録だけしておいて転職時のつなぎに派遣として働く、という利用の仕方をしている方も多数存在します。

派遣は基本的に3ヶ月更新となるので、短期間での就労も可能です。

その場合は予め担当者に「短期間の案件が良い」と伝えておきましょう。

特に希望がない場合は紹介もしてくれるの?

業種や労働時間に特にこだわりがない方は派遣会社の担当に任せたほうが良い場合もあります。

担当者は一人でも多くの人に派遣として長期間働いて欲しいと言う気持ちがあるので、業種にこだわらない、派遣会社にとってある意味「紹介しやすい」登録者には優先して時給の良いところ、職場の雰囲気の良い働きやすい会社を紹介してくれます。

勤務地だけを指定しておいて、業種は選ばないと言う選び方もできます。

雰囲気の良いところがいい場合や他にも同じ派遣スタッフが居る会社がいいなど希望がある場合も伝えておくと探して紹介してくれるでしょう。

派遣会社の担当は自分が受け持っている企業の雰囲気をとても良く理解しています。

その意味でも担当者とはできるだけ壁を作らず、正直に話をした方が良いと言えるでしょう。

きっとあなたにあった案件を紹介してくれますよ。

希望の職種があった!その後はどうするの?

ご自分の希望にあった求人が見つかった場合や、紹介してもらった仕事をしてみようと決め派遣会社に伝えた後、最初に行われることが派遣会社から企業への連絡です。

案件に応募があったこと、希望の就労時間や勤務開始可能日を伝えあなたを企業側に売り込んでくれます。

ここが派遣の営業マンたちの腕の見せどころです。

応募した企業で必ず仕事ができるの?

派遣で希望の会社を見つけて応募さえすれば、必ず働けるわけではありません。

希望した企業に同じ派遣会社の他のスタッフたちからの応募が殺到した場合、恐らく早く応募した順番になります。

恐らく、と言うのはどのスタッフを企業に派遣するか決めるのは派遣会社だからです。

本当に順番通りなのか、スキルや相性の良さそうな派遣者を選んでいるのかは私達従業員には明かされません。

派遣は人と人との繋がりが大きく作用する一面を持っています。

中には営業担当者の押しで決まる場合もあるでしょう。

惜しくもその案件がすでに他の人に決まってしまった場合、派遣会社から他の似た案件を紹介してもらえることが多いでしょう。

その次は企業との顔合わせです!

次はあなたと派遣担当者、企業を交えての顔合わせとなります。

派遣に顔合わせがあるの!?面接なの!?とお思いでしょう。

実は派遣の仕事での「面接」は法律で禁止されています。

企業は派遣会社からの人材を選ぶことはできません。

しかし、禁止されているものの派遣会社の営業を完全に信頼するのは企業にもリスクがあります。

その為「顔合わせ」と称して実際の労働者と直接会い、雰囲気や社会人としてのマナーを判断する機会を設けるのです。

その顔合わせの段階ではよほどの事がない限り断られると言うことは起こりません。

しかし時間に遅れたり、だらしない格好で現れたりした場合、まだこの段階では断られる事もあるようです。

一般企業の面接のつもりで望みましょう。

派遣の担当者からも、「こんな質問をされるかも」と予め情報がもらえるでしょう。

不安なことはなんでも担当者に聞くことをおすすめします。

派遣担当者は責任を持ってあなたを企業に紹介してくれます。

また同じ企業に何人も派遣社員を出している場合、どんな雰囲気の面接なのか、企業側の人事はどのような人なのかなど教えてくれる事もよくあります。

派遣担当者はあなたの強い味方となってくれますので、安心して任せましょう。

顔合わせの内容は求人を出している企業によって差があります。

面接をしてはいけないと言う法律のもと、職場見学をさせてくれたり、入社前提でいつからお願いしますと言われる事もあります。

一方で法律違反にも関わらず明らかに選ぶつもりで「顔合わせ」を行っている会社も存在します。

対応はまちまちですので一概には言えませんが、派遣会社の担当者の顔を立て、一社会人として失礼のないように振る舞いましょう。

ちなみに、この企業との顔合わせをキャンセルされることがとても多いと私の担当者がボヤいていました。

彼の話によると5割ほどの確率で応募者が来ない事態が起こるようです。

そうなると派遣会社の営業は企業側に平謝りするしかないそうですよ。

決して迷惑はかけないように責任を持って応募しましょうね。

入社日はどうやって決まるの?

顔合わせが終わり入社が決まると派遣会社から連絡が入ります。

入社の最終確認と就業開始予定日を提示してくれますので、希望と合えばその日が初日になります。

すぐに就業開始できる場合もありますし、少し待って切りの良い日程で入社と言うこともあります。

入社までの間に派遣会社から契約書が送られてきます。

契約書は会社によって違いますが、契約内容から契約期間や月の出勤日数、労働時間や社会保険加入の有無、時給や交通費の支給の有無など大事な情報が全て記されていますので必ず隅々まで確認しましょう。

確認が済んだら書類にサイン捺印をし派遣会社に提出します。

これで契約が完了です。

顔合わせをしたけれど、断りたい場合は?

顔合わせに行ってから、他にもっと良い案件が出てきたなどの理由で入社を断りたいと言う事もあるでしょう。

その場合はいち早く派遣の担当者に連絡しましょう。

契約書を提出してからのキャンセルは派遣会社にも企業にも多大な迷惑がかかります。

社会人たるもの契約してからの破棄はできれば避けたいものです。

どうしても!と言う場合は担当に相談し対応をお願いしましょう。

初出社!どのようにして仕事が始まるの?

契約を終えたらいよいよ初出社です。

ここからはあなたと企業とのやり取りになります。

出勤初日は派遣の担当者が帯同してくれる会社もありますし、他に同じ派遣会社からのスタッフがいることもあります。

朝早くから自分の出勤時間に合わせて来てくれる派遣の担当者が企業の人事に「◯◯をどうぞよろしくお願い致します」と言ってくれる姿を見ると、「色々ありがとう。この会社で頑張ります」と言う気持ちにもなります。

さあ、あなたは派遣社員としてですが希望した会社で働くことができます!

責任感を持って頑張りましょう!

派遣会社は紹介してくれるまでが仕事なの?

あなたを企業へと送り込んだ派遣会社。

派遣会社の仕事はここで終わりではありません。

次にどのような場合に派遣会社に連絡するべきなのか、直接企業に伝えるべきなのかを見ていきましょう。

仕事が契約した内容と違うけれど、どうすればいい?

企業で実際に仕事を始めた後、契約内容と違う仕事が発生することがあります。

事務だと思って入社したのに実際は営業の仕事が回ってきたり、パソコンの仕事はないと聞いていたのにエクセルやワードでの情報処理を任される、などです。

このようなミスマッチはとてもよく起こると言われています。

インターネットで検索してみても、派遣の仕事内容が契約書とかけ離れていると言う体験談は大量に出て来ます。

数日働いてみたけれど、業務内容が全く違うと感じて納得がいかない場合は派遣会社に連絡するべきです。

そもそもこの様に業務内容に相違が出てくるのは企業側か派遣会社側どちらかに責任があり、間に挟まれた労働者は被害者です。

毅然とした態度で改善を求めましょう。

きちんとした派遣会社であれば、企業に契約内容の見直しと業務の改善をお願いしてくれますが、実は派遣会社が事前に分かっていてそれでもその契約内容で社員を送り込むと言った事態も発生しているようです。

小さな派遣会社に多い様ですが、改善を派遣会社に訴えても「せっかく入ったのだからもう少し頑張れない?」などと言われたと言う報告もあります。

真面目で気の優しい人ほどこの様な派遣会社の言葉を真に受けてしまい、ストレスを抱えてしまいます。

確かにやりたい仕事のみを100%できるという事は難しいでしょう。

しかしあまりにもかけ離れておりストレスを抱えてしまう場合ははっきりとお断りしましょう。

派遣のメリットは時給が高いことでも仕事が限られていることでもありません。

正社員のような無期限の雇用ではない代わりにストレスフルな状況から一歩抜け出して、フットワーク軽く社会を渡っていけることにあります。

悩むのはやめましょう。

派遣の仕事は溢れていますよ。

風邪や急な病気で当日欠勤したい場合は?

派遣で働きだして、仕事は順調でも体調を崩してしまって出勤予定日だけれど休みたい、そんな場合もあるでしょう。

正社員であれば会社に連絡し上司に話をするだけで済みますが、派遣の場合はどこに連絡するべきなのか迷ってしまいます。

この場合、まず最初に連絡するべきは働いている企業です。

企業の担当者に連絡をして事情を話した後、派遣会社の担当にも一報を入れておきましょう。

きちんとした派遣会社であれば担当者が毎月あなたの勤務時間や勤務日数を確認します。

報告なしに休んでしまうと連絡が来る場合があります。

仕事でとても大きなミスをしてしまった・・・派遣会社には連絡するべき?

働いている中で、ミスをしてしまうことは誰にでもあるでしょう。

企業の上司から指導を頂いたり、中には叱られてしまうケースももちろん出てきます。

それは業務上起こったことなので派遣会社への連絡は必要ありません。

業務上ミスをしたからと言って契約を打ち切られる、なんてこともほとんどの場合起こりません。

契約を企業から打ち切られる主な理由は、スキルがあると思っていたのに全く無かったなど能力の詐称や無断欠勤などの社会的な問題が起こった場合のみです。

私が派遣されていた企業で、一人だけ一ヶ月で派遣を打ち切られた人を目撃したことがあります。

もちろん契約内容は一ヶ月更新と言う事でしたし、契約途中で打ち切られたわけではありません。

しかしその方は企業から更新をしてもらえませんでした。

その仕事は小売業で契約内容に接客も含む、明るい雰囲気の大手企業でしたが、打ち切られた派遣さんは接客には向いていないとても声の小さい大人しい方でした。

派遣さん自身も社内の雰囲気には馴染めないように見えました。

これは同じ派遣の私から見ても明らかなミスマッチで、結果一ヶ月での打ち切りとなっていました。

今その方は接客のない静かな職場で同じ会社からの派遣として勤務しています。

この様にミスマッチでの契約終了はあり得ますが、業務上のミスが原因で契約途中での打ち切りはありませんので安心してください。

しかし、打ち切りが絶対にない、と断言もできません。

余りにも仕事が覚えられない、何度教えてもできないと言った状況であれば企業と派遣会社の間で話し合いが持たれます。

やむを得ない理由があれば、企業から契約の解除も十分にあり得ます。

そのような目に合わないよう、できる限りの努力は派遣にも必要です。

社内の雰囲気が合わない。違うところで働きたい時は?

先程お話した派遣さんは企業側からの契約終了でしたが、派遣側から契約を終わらせることもできます。

職場の雰囲気が良くない、思っていたのと違うなどの理由でも大丈夫です。

基本的には契約満了時に次の更新をお断りすると言う形がスマートで望ましいです。

更新一ヶ月前には派遣会社にその旨を伝えて、次も同じ会社から派遣として働くのか、派遣は終わりにするのか決めましょう。

契約期間がまだ残っているけれど、どうしても辞めたいと言った場合も考えられますよね。

そのような場合は派遣会社と相談しましょう。

当然ですが無断欠勤や出社拒否などはご法度です。

給与の計算が合わない!どちらに伝えるべき?

きちんとシフトの提出をし、こちらにミスはないはずなのにお給料の計算が合わない。

そんな場合は派遣会社に必ず確認をしましょう。

派遣社員として仕事をする上で、派遣会社との信頼関係は一番重要なものです。

派遣会社を信用できないとモチベーションに大きく影響が出てしまいます。

きちんとした派遣会社であれば必ず確認してすぐに連絡をくれるはずです。

会社の対応によっては派遣会社を変える理由にもなり得ます。

企業側にも勤務表を提出しますが給与については派遣会社から支払われるものですので派遣会社に確認をしましょう。

社会保険への加入について聞きたい場合は?

派遣での労働中には条件を満たせば派遣会社の負担で社会保険に入ることができます。

2ヶ月以上の契約、さらに一ヶ月の労働日数の4分の3以上の出勤、および一週間の所定労働時間の4分の3以上で加入できることになります。

労働日数や労働時間は派遣会社に確認をしましょう。

大手の派遣会社の場合、フルタイムで働けば大体の場合条件を満たしますので社会保険への加入は派遣会社が間違いなく手続きをしてくれます。

しかし、中には社会保険に入れなくてはいけないのに手続きを進めてくれないと言う小さな派遣会社もあるようです。

トラブルを避けるために派遣会社は吟味して決めるようにしましょう。

インターネットの口コミなどがとても参考になります。

派遣が終わるのはどんな時?

派遣は基本的に3ヶ月更新となります。

企業側がまだあなたにいて欲しいと思ってくれれば更新の約一ヶ月前に派遣会社から連絡が来ます。

しかし、どんなに仕事を頑張って現場の社員の方々と上手く行っていても、会社自体で派遣の更新を行わない事も十分にありえます。

そこが派遣の寂しいところなのですが、どれだけ慣れた環境で希望の仕事が出来ていたとしても更新がなければその会社での業務は終了となってしまいます。

派遣会社は更新がないと分かった時点であなたに紹介する次の仕事を探してくれますので、期間が開いてしまう心配はありません。

また、以前派遣されていた会社がとても良く、また働きたいと思える場合は担当者に伝えておくとその会社の仕事が得られた場合に優先して紹介してもらえます。

特徴別おすすめの派遣会社をご紹介します!

続いておすすめの派遣会社をご紹介しましょう!

日本には現在7万社以上の派遣会社があると言われています。

大手から中小企業まで様々ですが、初めて派遣として働く時に必ず登録しておきたい会社をご紹介しましょう。

それぞれ得意な分野や特徴がありますので、働きたい業種によって派遣会社を選びましょう。

複数の派遣会社に登録して良い仕事を探すと言う手もあります。

大いに活用しましょう。

アデコ人材派遣

スイスに本社を持つ外資系の派遣会社が「アデコ」です。

テレビCMなどは打ち出していませんしあまり大々的に宣伝をしていませんがので初めて名前を聞く方も多いでしょう。

実は日本全国どころか世界16ヶ国に営業所を持ち、世界的にはとても有名な人材派遣会社です。

アデコ自体が外資系という事もあってか大手外資系の企業の派遣にとても強く、誰もが名前を知っているような企業への派遣もアデコ独自で持っていることがあります。

外資系企業は日本の企業とは少し違い、働きやすい自由な社風が特徴です。

英語を使う仕事やグローバルな環境での仕事を探したい方はアデコをおすすめします。

実は私自身もアデコに登録しており、アデコからの派遣として働いた経験があります。

「この会社で派遣があるの!?」と言うような大手外資系企業の派遣社員として働くことができました。

応募から契約終了まで何一つ不満、不安もなくとても気持ちよく仕事をすることができましたよ。

個人的な経験から言ってもアデコは良い派遣会社だと思います。

また、アデコは派遣社員をとても大切にしてくれると言う意見もあります。

事実、登録後のサポートや派遣会社のスタッフもとても感じの良い人が多く、この会社であれば大丈夫だなと思わせてくれる雰囲気です。

派遣社員としてのスキルアップのためのセミナーなども充実しています。

紹介予定派遣にも強く、正社員での登用を目指す方もアデコに登録するのをおすすめします!

テンプスタッフ

日本で最多の登録者を抱えているのが「テンプスタッフ」です。

派遣が初めての方でも名前を聞いたことはあるのではないでしょうか。

日本全国に400以上の営業所を持ち、6万以上の案件を持っている派遣業界の大手です。

自身の知名度も高く、ブランドイメージも良いテンプスタッフは仕事紹介のスピードがとても早く、きちんと希望の職種を紹介してくれることでとても評判の良い会社です。

登録後すぐに仕事を始めたいと言う場合でも、豊富な案件の中からあなたに合った仕事を素早く紹介してもらえるのは嬉しいですよね。

特に目立つ口コミが「テンプスタッフは受付から営業担当者まで全てのスタッフの対応が素晴らしい」と言うことです。

派遣社員は担当者との信頼関係を築いて行かなければなりませんので、担当者の対応が良いのはとても重要な要素です。

「また働きたい派遣会社ナンバーワン」にも選ばれており、派遣社員の満足度の高さが伺えます。

「女性が働きやすい社会を実現していく」ことをスローガンとして掲げており、出産後の社会復帰や子育て中の女性の就労にもとても親身に対応してくれます。

フルタイムでは働けない、時間に制限がある方はぜひテンプスタッフに登録してお仕事を始めることをおすすめします。

スタッフサービス

こちらも有名な派遣会社ですね。

やはり派遣で働くなら大手に登録することをおすすめします。

スタッフサービスは全国166ヶ所に営業所があり、約107万人もの登録者がいます。

取引実績は4万件以上ととても多く、ほぼ全ての業種を網羅していると言われています。

未経験でも応募できる案件が多く、新しい仕事に挑戦してみたい方に特におすすめの派遣会社です。

スタッフサービスをおすすめした理由が、何と言ってもその時給の良さです。

実は、同じ企業で同じように働いていても、他の派遣会社を通じての就労よりもスタッフサービス経由の方が時給が良い場合があるのです。

どうしてその様な事が起きるのかと言えば、スタッフサービス営業の努力としか言えません。

派遣社員に少しでも良い条件で働いてもらえるように営業担当が企業と交渉しているのでしょう。

素晴らしい企業努力だと思いませんか。

派遣担当者の対応は可もなく不可もなく程よい距離感だと感じる方が多いようです。

もちろん、合わないなと感じる仕事を勧めてくるようなことはありませんし、トラブル時の対応はしっかりと行ってくれるので安心して働くことができるでしょう。

リクルートスタッフィング

日本の派遣業界最大手のリクルートスタッフィングも登録しておくべき派遣会社です。

登録した人だけが見ることのできる「非公開求人」数が多く、その中に大手優良企業がたくさんあるのが特徴です。

全国で10000以上の仕事の案件があり、希望に合った職種を紹介してくれると評判の派遣会社です。

リクルートグループと言う大手が経営している派遣会社ということもあり、福利厚生などがとても充実しています。

条件を満たせば派遣社員でも育児休暇や介護休業が取得できるというのもとても嬉しいポイントですよね。

長期間派遣で働こうと決めた場合には必ず登録したい派遣会社です。

就労サポートはもちろんのこと、キャリアアップのためのセミナーも開催されています。

また、オンラインでエクセルやワードを学べるプログラムも無料であるため、働きながら仕事の幅を広げることができるでしょう。

主な派遣会社を5社ご紹介しました。

どの会社も優良企業ですので、社会保険などの心配なく働くことができます。

派遣会社の口コミや情報はインターネット上に溢れています。

もちろん先に情報を知っておくことも大切ですが、結局は自分と担当者との相性や企業との相性などに左右される面がとても大きいと言えます。

悪い口コミが多いなと感じても、実際に登録してみると良い会社だったと言うことやその逆も往々にして起こります。

まずはいくつかの会社に登録してみることをおすすめします。

その中からご自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は派遣会社の登録方法、派遣の仕事の始め方や派遣会社の選び方など派遣にまつわるあれこれをご紹介しました。

派遣スタッフと言う働き方について少しご理解いただけたでしょうか。

少し前までは「正社員が一番良い」と言う考え方が強く根付いていた日本社会も、労働力不足や働き方改革によって徐々に変わってきています。

その中で正社員よりは不安定だとされた派遣社員と言う働き方も見直されて来ているのが現状です。

派遣社員には派遣社員のメリットがあり、立派な選択肢の一つとなりました。

あなたらしい働き方ができるよう、派遣社員として頑張ってみませんか。

きっと満足のいく仕事と出会えることでしょう!

派遣会社との面接をする時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

面接 派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

派遣会社おすすめランキング7選。元派遣会社社員が教える、おすすめポイントと良い会社の見極め方

現在、日本の派遣会社の事業所数は8万ヶ所を越えています。(一般社団法人日本人材派遣協会が2016年に81,530事業所と発表しています。)都道府県が47ありますので、単純に計算するとひとつの都道府県に1,700を超える事業所があるということになります。この8万という数は事業所なので派遣会社の数は8万社ではありませんが、それでも日本にはかなりの数の派遣会社があります。そんな数ある派遣会社のなかで、おすすめの派遣会社を、元派遣会社社員が厳選しました。おすすめポイントや良い派遣会社の見極め方なども、ズバリ!お教えします。今、派遣で働いているスタッフの方はもちろん、派遣会社の中の人も納得の内容です。派

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

東京派遣求人の募集内容にはどんなものがある?バイトや契約社員との違いや正社員になるために必要なこと

新たに仕事を探したいと思う場合、ネットや求人情報誌から情報を得る方は多いことでしょう。気になる職種の選択はもちろん、雇用形態も確認したいところではないでしょうか。人気の雇用形態として派遣というものがあります。多くの方は派遣という言葉はご存知かと思いますが、具体的に派遣として働くとはどういうことでしょうか。今回は、東京に焦点を当てた、東京の派遣求人を紹介します。東京派遣求人の募集内容とは?日本全国での2016年度の派遣会社の事業所数は81,530か所となっています。(参照:日本人材派遣協会)かなり多くの派遣会社が存在し、仕事の募集を行っていることが分かります。では具体的に東京での派遣の募集内容は

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているなら、まずは派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や正社員との違い、また実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い自社で製品を作りません。自社で製品を作らず既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れて自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったりサービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、ここでは6個の人気職種をご紹介します。貿易事務輸出入・


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり