この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。

私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。

コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。

約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。

今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣仕事の職種をご紹介しましょう。

派遣の仕組みはどうなっているの?

既に派遣のことをご存知の方は、この見出しはスキップして頂けたらと思いますが、まずは派遣の仕組みを簡単にご紹介します。

派遣とは?

「派遣」とは、派遣会社との間で雇用契約を結び、派遣会社の社員として「派遣先の企業でお仕事をする」という雇用形態のことを言います。

正社員やパート・アルバイトとは違い、就業先の派遣先企業とは直接雇用契約を結びません。

就業する場所は派遣先企業で、実際の仕事の指示も派遣先企業から受けますが、給与は派遣会社から支払われます。

また、派遣会社に登録するだけでは派遣会社との雇用契約は成立しません。

就業先でのお仕事がスタートする時に雇用契約が成立し、契約期間が終了すると同時に雇用契約も終了することになるのです。

派遣は上手く利用すると仕事の幅が広がる!

このように通常の直接雇用とはシステムが違うことから、「派遣」に対してとっつきにくいイメージを持つ方もいらっしゃると思います。

しかし、システムを理解し「派遣」という選択肢が増えると、断然お仕事探しの幅が広がります。

派遣仕事はどういう基準で選べば良いの?

1.まずは希望の「就業形態」を基準に。

派遣の仕事を選ぶ基準として、まずは自分の希望に合った就業形態のものを選びます。

派遣会社で紹介されるお仕事の形態は、「通常の派遣」「紹介予定派遣」「正社員・契約社員(転職支援)」の3つの形態に分かれます(ただし、実際は「通常の派遣」「紹介予定派遣」のいずれかになるケースが多く、「正社員・契約社員(転職支援)」となるケースは少ないです)。

「紹介予定派遣」とは、派遣スタッフとして一定期間働いた後、就業先企業の正社員・契約社員として直接雇用されるかどうか判断できる就業形態です。

「正社員・契約社員(転職支援)」とは、派遣会社からはお仕事の紹介をされるだけで、最初から正社員・契約社員として企業に入社するという就業形態です。

紹介予定派遣と正社員・契約社員(転職支援)は、「派遣」は安定しないから仕事探しの選択肢には入れていない、というような正社員のお仕事のみを探している方にもおすすめです。

2.次に「職種」を基準に。

次に、選ぶ基準として重要なのは「職種」です。

派遣社員は即戦力としてのスキルが求められることが多い為、これまで経験のある職種で仕事を探す方が多くいらっしゃいます。

しかし、「これまで事務の経験しかないけど、販売のお仕事に挑戦したい!」という方もいらっしゃるでしょう。

そういう場合は「未経験でも対応可能!」とお仕事情報に記載されているものを選ぶようにしましょう。

登録前に自分が希望する職種について考え、経験有、経験無を含め3種類くらい用意しておいたほうが、お仕事探しの幅が広がるでしょう。

3.「働く場所」を基準にすることも忘れずに

さらに重要な基準として挙げられるのが「働く場所」です。

派遣のお仕事は「時給×働いた時間」がお給料のすべてです。各種手当や交通費などは一切支給されません。

そのため、なるべく自宅に近い就業先のお仕事を選びたいものですが、ネットのお仕事検索サイトのお仕事情報には詳しい情報が記載されていません

「仕事内容は希望に合っていて応募したいけど、就業場所が気になる」という場合は、直接派遣会社に問い合わせてみましょう

既に登録済であれば登録した時に発行されたスタッフIDを伝えると、ネットのお仕事情報には記載されていないような詳しい情報も教えてくれますよ。

派遣仕事のおすすめ職種8選

それでは、ここから派遣仕事のオススメ職種を紹介していきます。

ここで紹介する8職種が、実際にも募集案件も非常に多く、仕事自体も人気なので、自信を持っておすすめできる派遣の仕事になります。

1.受付事務

オフィスワークの中で一番女性に人気なのが「受付事務」です。

「受付」というワードが女性の胸に突き刺さるようで、幅広い年代の方から人気があります。

仕事内容は、来客応対、電話応対、資料作成、データ入力等社員の方のサポート業務が中心です。

事務的な要素より、接客的な要素に重きをおいたお仕事です。

黙々とパソコンに向かって仕事をするのが好きな方より、人と接することが好きな方・明るい応対ができる方におすすめのお仕事です。

主な派遣先企業としては、住宅メーカーの展示場、カーディーラー、各種学校、大手企業などです。

休日が土日ではなく、平日の場合も多いのでよく確認しておきましょう。

受付事務のお仕事はとにかく人気で、既に登録済みのスタッフさんから、まだ登録していないけどネットでお仕事情報を見て応募したい、という方までたくさんの方から問い合わせがあります。

人気のお仕事なので、すぐに決まってしまい、募集終了となるケースもあります。

チェックしていて気になった場合は、なるべく早く応募するよう気をつけてください。

おすすめ理由

仕事内容も比較的簡単で社員の方の補助的な要素のお仕事が多く、残業もほとんど無いという派遣先が多いです。

「事務経験も社会人経験も少ないけど、人と接する事が好きで明るい応対には自信がある!」という方や、「販売経験しかないけど、事務の仕事がしたい!」という方にはぴったりのお仕事かもしれませんね。

経験やスキルが無くてもトライしやすいというのがおすすめの理由です。

また、派遣で働くのが初めてという方にもおすすめです。

パソコン操作に自信の無い方や事務の仕事をしたことが無い方は、お仕事開始前に派遣会社で「Word,Excelの基本操作の研修」「オフィスマナー研修」を受けることもできます。

2.一般事務

「受付事務」の次に人気のあるお仕事が「一般事務」です。

「一般」というワードから、「簡単そう」というイメージを持つ方が多く、ハードなお仕事を避ける方に人気の職種です。

仕事内容は、来客・電話応対、データ入力、ファイリング、資料作成等で「受付事務」と似通った内容となっていますが、「受付事務」より接客的な要素が重視されない点が特徴です。

主な派遣先企業としては、大手企業から中小企業までさまざまな派遣先企業が幅広くあります。

業種も製造・建築・不動産・設計事務所等さまざまです。

おすすめ理由

比較的簡単なお仕事が多いため、派遣が初めての方や経験・スキルの無い方にもトライしやすい職種だと思います。

残業もほとんど無い派遣先が多いので、仕事よりプライベートを充実させたい方におすすめです。

また、長期で続けられるお仕事が多いのもおすすめポイントです。

募集件数としては事務の中では一番多いので、たくさんの案件から自分の希望条件に合ったお仕事を選べるという点も魅力的です。

3.営業事務

「営業事務」は募集件数としては「一般事務」の次に多い職種です。

仕事内容としては、受発注、請求書作成、見積書作成、データ入力等で「受付事務」や「一般事務」より少し難しい内容になります。

補助的な役割ではなく、責任の重い業務が多くなっています。

色々な仕事を効率良くこなす必要があるので、臨機応変な対応が求められます。

比較的、これまでの経験を生かしてお仕事に就いていらっしゃるスタッフさんが多いですが、一般事務の経験しかない方でも前向きに取り組む意欲があれば対応できる場合もあります。

おすすめ理由

「受付事務」や「一般事務」に比べて、時給が高いのが最大のおすすめポイントです。

経験者にとっては、これまでの経験を生かして高時給で働けることと、正社員として働いていた時よりも残業が少なくなるというところがおすすめ理由です。

また、これまでは「一般事務」の経験しか無いけど、もっとステップアップしたいという方にはぴったりのお仕事です。

きちんとしたマニュアル完備の企業が多い為、未経験でもトライできるチャンスがあります。

また、長期で続けられるお仕事が多いのもおすすめポイントです。

4.総務・人事事務

仕事内容としては、社会保険・雇用保険の手続き、給与計算、勤怠管理等、責任の重い仕事になります。

また、機密情報を取り扱う為、機密保持できる方でないと対応できません。

なかなか経験者がいない職種なので、経験者は重宝されますが、募集案件が「一般事務」や「営業事務」のように多くありません。

おすすめ理由

経験者にとっては慣れた業務で時給も他の事務のお仕事より高いので、タイミング良く仕事があれば、すごくラッキーだと思います。

マニュアルが完備されていて未経験でも対応可能な「総務・人事事務」のお仕事を見つけた時は、興味のある方はぜひ応募してみてください。

一度経験しておくと、経験者が少ないので重宝されて、他の事務のお仕事より好条件で働くチャンスが広がります。

私の経験談で恐縮ですが、新卒で入社した会社で配属された部署がたまたま人事部で、総務・人事事務のお仕事を経験させていただきました。

その後、人材派遣会社に転職しコーディネーターの仕事に就いたのですが、転職の際にも総務・人事事務の経験が重宝されました。

地味な仕事ですが、「経験」としては重宝してくれる企業が多いので、派遣だけに限らず、正社員のお仕事を探す時にもきっと役立つと思います。

一度覚えてしまえばルーティンワークなので、長く続けられる方が多いのもおすすめポイントです。

5.経理事務

事務の仕事の中では最も「ハイスキル」なお仕事です。

仕事内容は、仕訳伝票処理、経費処理、振込処理、支払処理など企業のお金に関する業務で、責任感が重く仕事も専門的な知識が必要で難しいです。

慣れるまでは、事務の仕事の中では一番頭を使う仕事だと思います。

また、月末・月初には残業がある派遣先企業もあります。

大手企業の経理部門での業務、中小企業で1人で経理事務と人事事務を担当する業務など、仕事のレベルや業務量もさまざまです。

おすすめ理由

「経理事務」は先ほどの総務・人事事務以上に経験が重宝されます。

一度どこかで経験しておくと、重宝され、一生の仕事になるかもしれません。

結婚・出産などで退職せず、長く続けていらっしゃる方が多いのもおすすめ理由です。

また、経理経験があると、仕事を探すとすぐに見つかる方が多い印象があります。

コツコツお仕事に取り組むのが苦にならず、お金の計算に強く、長く仕事を続けたい方にはおすすめです。

また、学生の時に日商簿記3級を取得したけど、実際に仕事で知識を使っていないという方もいらっしゃると思います。

経理の実務経験がなくても日商簿記3級の資格保持者なら対応可能というお仕事もたくさんあります。

6.テレマーケティング(受信)

仕事内容はコールセンターでお客様からかかってくるお問い合わせに対応する業務です。

企業や店舗に代わって、お客様からの注文やお問い合わせの電話を受け応対するお仕事になります。

さまざまなお客様から、電話がかかってきてその質問の内容も多岐にわたります。

マニュアルが完備されていますが、相手の話を聴くスキルが求められるお仕事です。

おすすめ理由

未経験でも対応可能なところが一番のおすすめポイントです。

研修期間が設けられており、マニュアルも完備されています。

また、他の事務のお仕事だと就業先の部署で正社員の中に派遣社員が一人だけ、という状況も多いですが、テレマーケティング(受信)の就業先には派遣スタッフさん達がたくさんいらっしゃいます。

同じ派遣会社のスタッフさんがいらっしゃる場合もありますし、お仕事スタートも同時に複数名一緒にという場合も多いので心強いです。

また、さまざまな方とコミュニケーションを取るので、営業スキルがアップします。

次の転職の際、役に立つかもしれません。

7.研究開発業務

仕事内容は、分析・評価、実験、分析結果のデータ解析、集計・まとめなど専門的な業務になります。

主な派遣先企業は、化学メーカー、食品メーカーなどが多いです。

おすすめ理由

特殊な業務ですが、募集件数も比較的多く、未経験でも対応可能なところがおすすめポイントです。

実務経験が無くても、学生時代に実験経験があれば対応できる業務が多いです。

また就業先の施設・設備が綺麗なところが多く、恵まれた環境でお仕事ができるのも魅力的です。

8.金融事務(紹介予定派遣が多い)

金融事務とは、証券事務・損保事務・銀行事務のことを言います。

それぞれ証券会社でのお仕事、損害保険会社でのお仕事、銀行でのお仕事になります。

金融事務のお仕事は通常の派遣のお仕事より、紹介予定派遣のほうが多いです。

おすすめ理由

憧れの大手金融企業で正社員になれるチャンスです。

新卒以外は、派遣会社の紹介予定派遣で人員を確保している大手金融企業もあります。

正社員希望の方は、派遣期間で正社員として働いていけるかどうか判断できますので、おすすめです。

派遣仕事のおすすめの探し方

派遣仕事を探すには、まずは複数の派遣会社に登録して、探すお仕事の幅を広げるのがおすすめです。

最近はパソコンでWEB登録できるところがほとんどですが、WEB登録は仮登録の為、時間があるなら来社登録をおすすめします。

まず事前に派遣会社に連絡し登録予約を入れます。

登録時間は1時間半から2時間程度です。

専門のコーディネーターと面談し、これまでの経歴、今後の希望を伝えます。

簡単なスキルチェックテストを行う場合もあります。

運が良ければ、希望の仕事を登録の際に紹介してもらえる場合もあります。

本登録が完了すると、希望に合ったお仕事があれば、コーディネーターからメールや電話で紹介されるシステムになっていますが、派遣会社からの連絡を待つのではなく、自分からどんどん探しましょう。

お仕事検索サイトでスマホでいつでも好きな時に、お仕事探しができます。

自分に合った仕事を見つけやすい、派遣のお仕事検索のポイント

ではお仕事検索のポイントを紹介しましょう。

検索のチェックポイントすべてに自分の希望を入れてしまうと、ヒットするお仕事の件数が限られてしまいます。

まずは幅広く探したほうが良いので、勤務地だけにチェックを入れ、フリーワードのところに希望職種を直接入力して、検索してみましょう。

希望に合った仕事が無いときは、第2希望、第3希望の職種も入力してさらに検索します。

それでもまだ無い場合は、勤務地を広げて検索してみてください。

それでも希望に合った仕事が見つからない場合は、別の派遣会社のサイトで同じように検索してみましょう。

さらに、「未経験」というワードを入力して検索するのもおすすめです。

未経験でも対応可能なお仕事はチャレンジしやすいので、経験はないけどやってみたい!

と思うお仕事が見つかるかもしれません。

また、お仕事情報の中の「PRポイント」に「当社スタッフも複数名就業中!」や「アットホームで穏やかな雰囲気の中でお仕事ができます」などと記載されているお仕事は、トラブルも無く、働きやすい環境で長期就業できるようなコーディネーターおすすめの案件です。

安心してトライできるお仕事ですので、ぜひ「PRポイント」もチェックしてみてください。

このように、諦めず、選択肢を広げて探すことで、希望の仕事を見つける確率がぐっと上がります。

希望のお仕事が見つかった場合は、気軽に派遣会社に問い合わせてみてください。

実はこんなにレア条件な派遣仕事も時々あるんです

私がコーディネーターとして勤務している際に、「えっ、こんな仕事が派遣であるんだ!」と驚いたレアなお仕事をこれからご紹介しましょう。

通訳

派遣先企業に来社されるお客様(英語圏の方)に一日同行して、通訳するという仕事がありました。

数日間の単発のお仕事でしたが、スタッフさんが派遣先企業様に大変気に入られ、その後何度も名指しでのお仕事依頼がありました。

その通訳のお仕事の時給は通常の事務のお仕事の約2倍でした。

専門学校講師

専門学校での「医療事務」授業の講師のお仕事がありました。

医療事務の経験はありますが、講師・教師の経験は全くないスタッフさんに担当していただきましたが、見事に勤めあげてくださいました。

もともと話好きで、人前に出ても全く物怖じしないタイプの方で、天職なんじゃないか?

と思うくらいのはまりっぷりでした。

エステティシャン

化粧品メーカーの美容部員の経験のあるスタッフさんに担当していただきました。

マッサージ等基本的な知識と技術が身についているので、問題なく勤めあげてくださいました。

美容部員のお仕事を辞めてからは、さまざまな職種のお仕事を経験されておりましたが、この経験がきっかけでエステの世界に目覚め、今では個人でサロンを経営していらっしゃいます。

派遣の仕事を探す人がよく迷う3個のポイントとそれに対するアドバイス

Q:お給料はどこからどのように支払われるの?

お給料は、派遣会社からご指定の口座に振り込まれます。

月2回に分けて振り込まれる派遣会社もあります。

Q:派遣のお仕事をコーディネーターから紹介されて引き受けたら、雇用契約は成立するの?

お仕事を紹介されただけでは雇用契約を結んだことにはなりません。

まずはそのお仕事に「応募」することになります。

コーディネーターからの紹介ではなく、直接そのお仕事に応募してくるスタッフさんもいらっしゃいます。

また派遣先企業でも、別の方法で人材を探してその方に決定する場合もあります。

Q:社会保険・厚生年金には加入できる?

条件を満たしている場合は、社会保険・雇用保険・厚生年金に加入することができます。


関連キーワード

派遣求人