2016年のデータですが、日本の派遣会社の事業所数は、81,530社となっています。

一部上場の大企業から、中小企業と様々な規模の会社があります。

派遣会社の契約先企業によっては、自分の実力が十分に発揮できないということがあります。

派遣先が合わないと感じた時の対処法や、しっかりと分析して次回に活かせるよう、元派遣会社SV(スーパバイザー)が教えます。

派遣先が合わない・・・、よくある原因とその対策とは?

派遣会社へ登録後、マッチングがおこなわれそのキャリアや経験を元に契約企業へ派遣し、そこで企業からの指揮命令で業務を遂行します。

数か月すると実際の業務の実績や仕事ぶり、遂行率等が少しずつ分かってきます。

自己分析をして、自分に合わないケースも少なくありません。

その原因や対策を幾つかご紹介します。

キャリアや経験が活かせない

派遣というと、即戦力を期待されることも少なくありません。

数か月で結果を出さなければ厳しい評価を頂く場合もあります。

十分なキャリアと経験を持っていても、その派遣先企業によって、実績を挙げれる場合と、挙げれない場合があるのは、勤務してみないと分からないのも現実的な問題です。

その対策とは?

まずは、自己分析を客観視できるかどうかです。

なかなか実力を発揮できないと焦ってしまい、もっと頑張らなくてはと空回りもします。

軌道修正ができ、上手にパフォーマンスを発揮できれば問題ないのですが、そのまま実績が出さない状況の時に、自己分析を早めにできるかどうか、に懸かってきます。

クライアント、直属の上司(派遣元のSV等)、同僚に自己分析を含めた相談をマメにすることができると、良いアドバイスも必ずあります。

「自分の力で何とかしなければ・・・」など、プライド等が邪魔をして一人で頑張ってしまうとマイナスの結果になってしまうこともあります。

マッチングミス

派遣会社のマッチング担当者のミスにより、派遣先で結果が出せない場合もあります。

本人も一生懸命に頑張ったが、元々のマッチングミスによるものなので、どうすることもできません。

その対策とは?

クライアントと本人には十分に説明をし、理解して頂いた上で、別の派遣社員と交代するのがベターだと思います。

またマッチング者との面談もあるのでその席でしっかりと状況を把握し、納得した上で派遣した方が良いかと思います。

人間関係が上手くいかない

マッチングも仕事上でも問題ないが、クライアントの上司や、従業員との人間関係が上手くできずに居づらくなてしまうことも良くあります。

仕事なので感情は出してはいけないと分かっていても、好き嫌いの感情が出てしまい、存在が浮いてしまうこともあります。

その対策とは?

コミュニケーション能力の問題となります。

どの職場でも有り得ることですので、一番気を遣わなければいけません。

派遣している身なのでアウェー感は否めません。

ある程度の開き直りも必要ですし、程よい距離感を持って接することをお勧めします。

派遣先(クライアント)の要望や要求レベルが高い

クライアントの要望や要求レベルが高い為、自分のキャリアや経験ではそのレベルに応えることができずに苦悩の日々を送ってしまいます。

コールセンターでは、サービスレベルを上げる為に毎日のテストや、クライアントリーダーからの叱咤激励は数時間置きにあったりします。

そのプレッシャーに耐えられない人も少なくありません。

その対策とは?

その高い要求レベルに応えようと必死になるも、難しいと自己判断した際に、派遣元の上司(SV、マネージャー等)に直ぐに相談をし、クライアントへ打診するタイミングを早めに決めると、事が大きくなる前に対処できる可能性があります。

要求レベルに追いつけずに業務に支障が出てしまうと損害や迷惑がかかってしまうので、派遣元との迅速な対応が必要となります。

本来の仕事とは別の仕事を要求されてしまう

これは派遣の仕事では良くあることで、実際に仕事をすると、決められた範囲内だけでというのは難しいことでもあります。

派遣社員のキャパと本人が快諾すれば別の仕事もおこなう場合もあります。

できるできないということもあり、慎重にいかなければいけないケースでもあり、どんどん要求が膨らんでしまって本来の仕事も疎かになってしまうと本末転倒です。

その対策とは?

要求をされた時点で、派遣元上司(SV、マネージャー等)に直ぐに相談するのがベターだと思います。

もちろん、就業時間内なのでその場で直ぐには無理ですので、休憩時間や、終業後など、その日中に連絡すれば問題ないと思います。

精神的なプレッシャー等に負けてしまう

仕事内容やキャリア的にも問題ないと判断しても、実際に業務をおこなっていくと、そのプレッシャーや追い込まれる感覚に負けてしまうケースもあります。

例えば 「この項目を午前中に終わらせないといけない」 「PCの操作が、ブラインドタッチのレベルでないと時間内に終わるところができない」 「常に見られている」 「コールセンターでは、会話が録音されているので話した内容を吟味される」 「サービス向上の為、毎日テストを実施」などあります。

捉え方によっては、人として思っていないのではと疑ってしまうケースもあります。

その対策とは?

メンタルの問題なので、強くなければいけない部分もあります。

慣れや場数で免疫はできてくるので、経験がモノを言ってしまうかもしれませんが、ストレスを溜め込まずに上手に発散して、自分の力で乗り越えなくてはいけません。

SV(スーパーバイザー)と合わない

派遣先というより、一緒に派遣しているSVと合わない場合も少なくありません。

人間性や仕事上の考え方、指示命令が的確ではない、フォローしてくれない等、細かいことを言えば限がありません。

SVは、派遣社員と一緒に派遣先企業へ出向し、人・物の管理をします。

派遣先企業と派遣社員との間に入り潤滑油のような中間管理職となります。

派遣社員とすれば、派遣元の直属の上司となるので、この関係が上手くいかないと長続きはしません。

その対策とは?

既に派遣されている他の社員が在籍していれば、その方に仕事が終わった後などにSVのことを伺う方法もあります。

いなければ、SVと直接に面談やお茶などをしながら人となりを探るのも良いかと思います。

どこの会社にいっても上司は選べないので仕方がない部分もあります。

ただ、どうしようもない場合は、SVの上司(マネージャー等)がいますので、その上司に直訴する方法もあります。

これは最終手段にしないと、その後もSVと仕事はしなくてはけませんので、気まずくなることは否めません。

自分に合う派遣先を見つけるために

派遣元のマッチングにより派遣先企業は決まってしまうので、自力で見つけるのは至難の業でもあります。

ですので、登録の時点でのスキル、経験、得意分野、得意な業種等をキチンとアピールできるかどうかも大きなカギとなります。

また、マッチングの際に派遣元と派遣先の両方の面談もありますので、その席で自己アピールと派遣先の情報を把握できるようにしたいです。

登録時での自分の情報

まず登録時での自分の情報をキチンと正確に伝えれるかで大きく変わってきます。

スキル、経験、得意分野、得意な業種等、決して背伸びをせずにありのままの自分の情報をキチンと伝えることが肝心です。

派遣元での面談

マッチング者との面談があり、選ばれた派遣先企業の情報や業種、具体的な業務など摺り合わせをおこないます。

その席で派遣先企業の業務内容を把握し、自分にできるかどうかをキチンと吟味しなければいけません。

ここを曖昧にしてしまうと、実際に勤務してからの失敗に繋がってしまいます。

もし、不安ならその場で決めずに1日時間を置くなどの方法もあります。

派遣先企業での面談

派遣元でのマッチング者との面談も終わり問題ない場合は、派遣先企業での面談となります。

先方はどんな容姿、雰囲気、誠実さ、明るさ等を見ます。

そこに問題がなければ採用となりますが、自分が合うか合わないかは、職場の環境や雰囲気を見なければいけません。

職場の見学は必ずさせてもらって下さい。

また、面談の際に次のことは必ず質問して下さい。

  • ①自分に求めるものを具体的に明示してもらう。
  • ②もし期待するレベルに到達しなかった場合はどうなるのか?
  • ③何かあった時に相談できる方はどなたが良いか?

派遣先で上手くやっていくには?

派遣先が合う合わないの判断の前に、まずはそこで上手にやっていかなければいけません。

特に人間関係が原因で辞めていく方も多いので参考にしてもらえればと思います。

クライアントに対して上手にやっていく方法

クライアント(派遣先)といってもいろいろな方がいます。

自分と携わる方は、最初に面談をする方(部長、課長クラス)、所属長、指示命令をされる方、一般社員等といます。

それぞれの人に対し、上手に接しやっていかなくてはいけません。

基本は、当たり前のことですが、常に笑顔で明るく、挨拶はキチンとすること。

会うたびに笑顔で明るかった場合、損をすることは一つもありません。

好印象のままです。

逆に暗い顔をしていると心配してくれるなどの配慮もあります。

いつも無表情の人と比べれば簡単なことです。

挨拶も朝夕だけではなく、すれ違った時にも『お疲れ様です』と気持ちよくしましょう。

慣れてくると当たり前のことができない人が多いと思います。

次に、何事もオープンにすることです。

自分の業務のことで「今日はここからここまで仕事をした」 「今この業務が滞っている」 「これからこんなことにチャレンジしてみたい」等、細かいことでも良いので、自分だけで抱え込んでいないで、同僚やクライアントへオープンにすることも必要となります。

同僚(派遣社員)と上手にやっていく方法

派遣社員でも既に在籍している先輩、一緒に派遣された同僚、後から派遣された後輩といます。

年齢も自分より上下と様々です。

派遣社員に関わらずに、どこで働いても避けて通れないことです。

特に女性同士は妬み嫉みの感情が絡んでくるのでかなり面倒でもあります。

個人差はありますが、程よい距離感を持って接することが肝要です。

また人数が多いと、グループ(派閥的な)も存在しますので、気をつけないと深みにハマる可能性もあります。

また飲みなどの席や、SNSでも人の悪口(誹謗中傷)等は絶対にNGです。

どこで誰が見ているか分かりません。

クライアントや同期もNGです。

信用できるのは自分だけです。

上司と上手くやっていく方法

一番難しいことかもしれません。

一般企業で退職理由のダントツ1位が、上司と上手くやっていけないからだそうです。

派遣社員の場合、直属の上司がクライアントの場合と、派遣元のSVの場合があります。

SVの場合は前述にもありますが、その上の上司であるマネージャーに直訴もあるので、SVの交代劇も少なくありません。

なかなか厄介なのが、クライアントの場合です。

その上の上司には直訴も難しく、まずは派遣元へ相談となります。

間接的にクライアントへ相談してもらっても、交代劇はその上司ではなく、自分となるケースがほとんどです。

では、どうしたら良いかと言うと、周りを巻き込んでいくことです。

その上司に直して欲しいことや、パワハラ的な発言等に対し、自分ひとりだけがそう思っているいるのではないことを証明する為に、周りを巻き込んで最終的に他の人に動いてもらうように仕向けることです。

人間性で乗り越える方法

派遣先でなかなか結果が出ずに、キャリア的に不向きではないかと感じた時に、前述のように交代という選択肢もありますが、雰囲気や人間関係も良好で辞めたくない場合もあります。

そんな時は、自分のキャラで乗り越える方法があります。

仕事はそこそこでも、あなたがいるといないと雰囲気が違うとか、ムードメーカー的な存在になると周りの見る目や、クライアントの態度も変わってきます。

要するに、無くてはならない存在になるのです。

かなりレベルの高い技でもありますが、現実にそういう方も沢山いらっしゃいます。

まとめ

派遣社員という選択をした際には、それなりに大変なことも多いことがおわかり頂けたのではないでしょうか。

特にプレッシャーとの闘いは否めません。

ただ、誰にでも合う合わないはあります。

派遣先はアウェーでありますが、結果を出せばホームになります。

ダメなら次があるのが正社員との違いです。

悲観せずに自己分析を客観視しながら、取り組んでみて下さい。


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているなら、まずは派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や正社員との違い、また実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い自社で製品を作りません。自社で製品を作らず既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れて自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったりサービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、ここでは6個の人気職種をご紹介します。貿易事務輸出入・

単発派遣の仕事を選ぶ時の3個の注意点を体験談から解説!失敗したことややって良かったと思うことまで

皆さんは短期の派遣の仕事の経験はありますか?単発派遣の仕事をするきっかけは、アルバイトの掛け持ちであったり、空いた時間に稼ぎたかったりと、単発で仕事ができる場所を求め始めて経験することがほとんどだと思います。そんな単発仕事ができるのが単発での派遣業務になります。派遣社員として登録をしてから短期の仕事(1日~数か月)を商会してもらうという形になります。では、単発派遣をするにあたり、どのようなところで注意しなければならないのでしょうか。ここではそんな単発派遣の注意点を経験談をもとにご紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてください。単発派遣の仕事の働き方そもそも単発派遣とはどのようなものなのでし

単発派遣とはどんな仕事?「短期派遣」やいわゆる「派遣」との違いやよくある募集職種

皆さんは「派遣業務」の働き方に違いがあるのはご存知ですか?派遣業務には様々な業種があるのは知っている方も多い中、派遣業務としての「働き方」にも様々な形があるのは実際に働いた人にしかわからない情報でもあります。ここでは、そんな派遣業務の働き方の違いがよくわかる「短期派遣」などの「派遣業務」としての働き方についてをご紹介できればと思います。そもそも「短期」で働く派遣業務とはどのようなものなのか。「単発派遣」とはどのようなものなのか。実際に働いてみないとわからない派遣のシステムについてもご紹介していきます。また、ご紹介に伴って派遣求人によく見られる募集職種についてもご紹介できればとも思います。ぜひ、


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり