短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。

時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。

そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。

日払い派遣ってどんなもの?

時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。

特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。

月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。

最短だと、その日の内に現場や派遣元の事務所に行けば給与をもらえるケースがあります。

日払いの場合はまとまったお金を受け取らないため、税金や社会保険料は天引きされず、それらは自分で支払えばよいことから、とりあえず急ぎでお金がほしいときにもってこいです。

単発・短期アルバイトとの違いは?

短期アルバイトの場合は、特定の会社に所属して一定期間働き、まとまったお金をもらいます。

即日払いではなく、期間満了後の締日を経て、振込日に支払われるケースがほとんどです。

通常のアルバイトよりは時給が高い傾向にあり、短期的にかっつり稼ぐことができますが、支払いまでの迅速さでは日払い派遣には敵いません。

日払い派遣求人でよくある仕事8個

日払い派遣では、派遣会社に登録した後、サイトやアプリを使って次の日に行く仕事を自分で選びます。

ジャンルも数も複数あって、人気のある仕事からどんどん定員が埋まっていくので、待っていても仕事は来ません。

ここからはよく募集のかかる仕事を見てみましょう。

ピッキング作業

どこかの鍵を開けることではなく、商品をピックアップしていく仕事です。

場所は工場や倉庫で、広い場所を歩き回るので良い運動になります。

会社ごとに使うアイテムは異なるとは思いますが、バーコードを読み取る機械とインカム、商品を入れていくコンテナを渡されます。

コンテナにはバーコードがあるので、それを機械で読み取るとインカムから「B-6、WG18、H7」などの音声が流れてきます。

「B-6、WG18、H7」は適当な例として出しただけですが、この場合「B-6」が棚の番号、「WG18」が棚に並んでいるボックスの番号、「H7」が商品コードです。

そこから商品を取り出し、商品のバーコードを機械で読み取ると、インカムが次の商品を指示してくれます。

この指示通りに倉庫の中を歩き回り、コンテナがいっぱいになって指示が終わると、次のコンテナをもらい、そのバーコードを読み取ってまた始めます。

工場のピッキング作業はこれ以外にも、ベルトコンベアで続々と運ばれてくる商品を手元のリスト通りにダンボール箱に入れていく作業があります。

これは小売店などに発送するための梱包の仮作業で、綺麗に梱包するのは次の工程の人がやるので、とにかく数と商品を正確に収めていけばOKです。

引っ越し作業員

イメージ通りの引っ越し作業だと思ってください。

2月~3月などの繁忙期に欠員が出たときなどに募集がかかります。

運転は社員が行うので、同乗して現場に向かい、比較的軽い荷物を素早く運んでトラックに載せていく仕事です。

冷蔵庫や電化製品など、壊れやすくて重く、運ぶコツがいるものはベテランスタッフが行うので、難易度はそれほど高くありません。

ただし体力勝負の仕事です。

仕分け・検品作業

小物や洋服、食品などに関する募集が多い仕事です。

アクセサリーなどの小物

「ブレスレット類」といった大きなカテゴリでダンボ―ルに詰められて運ばれてくるので、それらの中身を検品し、破損があるものは避けて、破損のないものを色別や店舗別の箱に仕分けていきます。

洋服の検品

糸がちょろっと出ていたらハサミで切る、ロゴなどの洋服のプリントのカケラがついていたら取るなど目を光らせて、ちょっとだけ直す仕事です。

ほつれがひどかったり、プリントのカケラがこびりついていて取れないときには、ベテランスタッフや社員さんに申告します。

食品

食品の場合は主にパッケージの検品です。

汚れ、穴あき、破損がないかを確認して、それらがあるものは回収、無事なものは出荷用の箱に収めていきます。

資材運搬

工場や建築現場などで、必要な資材を言われた通りの場所へ運んだりする仕事です。

あるいは、イベントやライブなどの機材を搬入、搬出する仕事などもあります。

難しい仕事ではありませんが、体力と筋力がないと大変です。

また、引っ越し業者や家具販売店がオフィス移転や搬入を請け負うと、既存スタッフだけでは手が足りないので、募集がかかることもあります。

事務作業

最短1日の日払いの場合は、商品のデータ入力や匿名の手書きアンケートの集計など、重要な情報や顧客の情報にアクセスできない範囲での事務作業です。

また入力作業にしても、もともと長期のアルバイトの人の方が手馴れていて早いため、そんなに募集の数はありません。

1日だけでOKの場合は、イベント時のアンケート集計やお中元など商品取り扱い数が急増するときに見かけます。

警備員

ライブなどのイベントスタッフの1つとして警備員の仕事があります。

これは事前に講義や訓練を受けてから現場に配属されることが多く、日払いでもイベント終了までの連日分続けることが条件になっていることもあるため、募集要項はよく確認しましょう。

基本的には立ち仕事で、制服を着るため夏の炎天下や極寒の冬の警備は大変です。

ビシッと立ち、周囲に目を光らせていられる持久力があれば、会社に迷惑をかけずに働けるでしょう。

マネキン・デモンストレーター

マネキンの仕事ってなんだろう、と思うかもしれませんが、スーパーなどでソーセージの試食を出すような仕事のことです。

デモンストレーターとも呼びます。

とくに新商品の発売日には1日限定、またはプロモーション期間限定での募集がかかることが多いです。

売上ノルマは背負わなくても、商品の魅力を伝えて購買意欲を促進することが役割ですから、事前に共有される商品紹介資料をよく読んで、お客さんからのある程度の質問には答えられると楽しくできます。

食品メーカーが仕掛けるプロモーションの場合は、試食で配る分はメーカーがお店から買い取るケースが多いため、お店としてはたくさん試食を配ってくれると売上になります。

メーカーとしてもそれだけ興味を持ってくれたお客さんが多い店舗だということがわかるため、たくさん配ることに意味があるということです。

イベントスタッフ

資材運搬とは別に、イベントの運営スタッフの仕事があります。

会場設営、チケットもぎり、案内人、グッズ販売スタッフなどたくさんの仕事があり、大型ライブだと数十人規模で集められます。

この仕事は1日のみから数日間まで含めて、求人の数がとても多いです。

季節を問わず一年中どこかで何かのイベントやライブは行われており、体力があって急に予定が空きやすい大学生を中心に人気があります。

配置される場所によっては芸能人を間近で見れるかも、という期待もあって、求人数は多いのですが、定員に達するのも早いです。

日払い派遣の仕事がおすすめな理由5個

日払い派遣の仕事はガッツリ短期間で稼ぐことが主な目的であるため、立ち仕事や力仕事が多くて大変ではありますが、メリットがたくさんあります。

代表的なものを見てみましょう。

すぐに給与が支払われる

最短だと即日、仕事が終わったら現場で支給されるか、その足で派遣事務所に寄れば受け取れます。

多いものでは翌々日ですが、基本的に締日や振込日の指定はなく、現金ですぐに支払ってくれる傾向があります。

また、先述の通りまとまった金額の支給ではないため、税金や社会保険が天引きされないことから、とにかく今すぐできるだけ多くのお金が欲しいときに最適です。

自分のスケジュールに合わせて働ける

最短1日ですから、たまたま次の日の予定がキャンセルになって暇になったというときでも、サイトやアプリから申し込めば次の日すぐに働けます。

自分のスケジュールに合わせて働けるのは大きな魅力の1つ。

ただ暇しているより1万円くらい稼げると思えば、とりあえず登録しておくのもアリです。

また、毎日だと辛くても1日だけだったらこなせそうな、22時~5時という深夜勤務などもあり、これはさらに金額がアップするので、日中は通常のアルバイトをして、仮眠をとって22時からまた日払い派遣で働くというハードスケジュールも組めます。

たとえば、いつもは朝8時から17時まで飲食店でアルバイトを5日間やっていて、2日間は休むことにしていた場合、次の日が休みの前日だけ17時までアルバイトした後、18時から21時まで仮眠をとって22時から翌朝まで働き、帰宅後は死んだように寝るというものです。

毎日これだとさすがに過労で倒れますが、週に1度くらいならなんとかなりますし、金欠のときはこれで乗り切るというのは手です。

日給が高い

イベントスタッフなどは特殊な仕事で、8時間労働の条件に縛られず15時間労働を設定している求人も多いです。

休憩は2回ほどありますが、それでも1日で13時間分をまとめて働けるため、平均的に1万円~2万円くらいを稼げます。

また緊急募集が多く、確実に人を集めたいことから、提示される時給や日給も普通のアルバイトよりは高い金額のことが多いです。

金額の割には難しい仕事ではないため、割の良い仕事といえます。

たくさんの仕事を経験できる

毎回違うところに行って良いため、自分が好きな企業や商品、サービスに関わるたくさんの仕事ができます。

少しでも自分が関わった商品がお店に並んでいると「おっ」と思えて結構楽しいです。

また、丁寧な過程を経て世に出てくるものばかりだということがわかるので、物やサービスを大事に思うようにもなるでしょう。

たまに「この企業の商品は二度と買うもんか」と思うくらい、精神的に圧迫される場もあったりしますが、それもある意味経験です。

そして、自分の思わぬセンスに気付くこともあります。

今まで自分に忍耐力はないと思っていたのに、意外と単純作業が苦ではないとか、細かなことをチェックできる能力に長けているなど、やってみたらできたというものです。

言い方は悪いかもしれませんが、最短1日しか働かないので、その仕事が自分に向いていなかったら続ける必要はなく、とりあえず規定の時間を精一杯働けば良いため、よほど適性がないもの(力がないのに資材運搬など)以外は挑戦してみるチャンスと捉えることができます。

対人関係を気にしなくて良い

もうこれっきり会わない人たちと働くので、そこで性格が合わない人ばかりでも何も気にしなくて良い、というのも魅力と言えます。

前職を対人関係のせいで辞めたものの、働かないことには暮らしていけない、でもまだ対人関係を気にすることは精神的に耐えられそうもない、という場合には最適です。

イベントスタッフや資材運搬・引っ越しは、安全面から考慮してもコミュニケーションが必要ですが、ピッキングや仕分けなどの作業は最低限の会話で済みます。

日払い派遣についてよくある疑問

日払い派遣に興味はあっても、なかなか踏み出せない人が抱きがちな疑問を集めてみました。

応募方法は?

駅前などに配置されている求人情報誌やインターネットの情報サイトから派遣元を見つけ、そこに記載されている応募方法に従いましょう。

求人情報誌なら電話かメールによる連絡、情報サイトなら応募ページに記入して送信するものがほとんどです。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

倉庫や工場での作業がメインの派遣元なら面接で落ちることはまずありません。

引っ越し作業や資材運搬など肉体作業中心の派遣元だと、肉体的に無理がありそうだと選べる仕事が極めて少ないので落ちる可能性はあります。

また、イベント系はあまり年配の登録者はいません。

立ち仕事が多いことと、俊敏な動きが求められるためです。

未経験でも応募できる?

未経験でも応募できるのが日払い派遣の良いところです。

気になる仕事はどんどん挑戦しましょう。

会社の雰囲気は?

日払いでも特定の工場などに連日勤務で、即日給与がもらえるケースもありますが、基本的には派遣会社に登録します。

派遣会社とのコミュニケーションは現金を受け取るときぐらいですし、それもかなり事務的でわずか数分ですから雰囲気を気にする必要なんてありません。

ただ、あまりに小規模で取り扱う仕事がどうも怪しい派遣会社には、登録しないようにしましょう。

派遣されて行く先の雰囲気はバラバラです。

とても丁寧に説明してくれて、無理のない範囲で気軽にやってくださいね、と言ってくれる優しい感じのときもあれば、結構な上から目線でくる人が担当のときもあります。

とはいえ、嫌なところは次の募集がかかっても行かなければ良いだけなので、やはり気にする必要はありません。

派遣登録からお仕事、お給料支払いまでの流れは?

面接時に簡単な履歴書と本人確認書類で情報の登録を済ませたら、携帯やスマホからも見れるサイトやアプリで募集がかかっている仕事を見つけて、前日までに勤務を登録すれば、次の日にはその仕事ができます。

当日は現地集合か送迎バスの待ち合わせ場所に時間通りに到着すれば、担当者がその日にやる仕事の流れを説明してくれます。

1回聞けば覚えられるようなものばかりですし、声の届く範囲に正社員の人が監督してくれているので、判断に迷ったりしたときにはすぐに聞けます。

そのようにして既定の時間働いたら、現地解散か最寄り駅等までの送迎バスで帰ります。

日払い以外の募集はあるの?

派遣会社がたくさんの仕事を取り扱っている場合は、日払い以外の仕事もあります。

概ね短期間の仕事ばかりですが、3カ月くらいは同じ職場で働けます。

しかし、この場合は日払い派遣とは違って覚えることが多く、内容も細かい傾向にあります。

残業って多いの?

ほとんどありません。

繁忙期や何らかのトラブルで遅延した場合は、本当にたまーに声掛けがありますが、任意なので強制残業ではなく安心です。

一度依頼を受けた後の変更ってできるの?

当日欠勤は基本的にはNGです。

突然の高熱やインフルエンザなど致し方ない場合はともかく、当日となると欠員補填が間に合わないので、派遣会社のイメージが悪くなってしまいます。

もしどうしても行けない場合は、極力早く派遣会社に電話連絡をして平謝りするしかありません。

通常のアルバイトなら常に一定のメンバーがいて、なんとなく空いていそうな人を予測できるため、最悪の場合なんとかメンバーに連絡すれば補充できますが、派遣は何百人といる登録者から候補を探すのはとても大変です。

体調が怪しい時には勤務を登録しないようにしましょう。

資格って必要なの?

何も必要ありません。

選択肢を広げたいなら、配達のためのバイクの運転免許や、倉庫などで作業ができるフォークリフトの運転免許などがあると重宝されます。

日払い派遣のお仕事で知っておくべきこと

登録する派遣会社によって、仕事内容に偏りがある

肉体労働系、イベントスタッフ系、工場や倉庫のピッキング中心など、派遣会社によって仕事に偏りがあります。

求人情報の例として記載されている仕事がほとんどだと考えましょう。

「軽作業」は言い換えると「頭を使わなくて良い仕事」を指しているので、シール貼りなどのまさに軽作業もあれば、肉体労働も含まれます。

あまり作業内容の見えない求人に登録すると、できない仕事ばかりの可能性もあるので、気になるときは面接で質問しておきましょう。

必要備品は自腹なものもある

軍手、カッター、マジックなどの備品は自腹で揃える必要があります。

また、基本的に派遣先の最寄駅までの交通費は自腹です。

とは言え、平均時給より500円くらいは高いのが相場ですから、普通のアルバイトよりは全然稼げますし、1度買えば別の職場でも使えるので大した出費ではありません。

めちゃくちゃ良い職場に当たるとまた行きたくなる

楽しい気分で挑戦してほしいので、私の経験した中でこれは最高な職場だと思った職場を、例としてご紹介します。

大手食品メーカーの工場に行って夕方から夜までパッケージ検品する仕事で、まず工場見学ツアーのようなことをちょろっとしてくれました。

見たことのない景色なのでとても楽しいです。

その後、休憩室で15分くらいの座学を受けます。

こういうパッケージを除外してください、みたいな話です。

ここまででも30分くらい消費しているのに給料を出してくれます。

防護服のような衛生服とマスクに身を包んだら、エアドライヤーを浴びてベルトコンベアーの横に数人で座ります。

いよいよお仕事スタートなわけですが、担当の正社員さんが「マスクしてますから軽いおしゃべりとか全然大丈夫なんで、気軽な感じで」と言ってくれました。

おかげで同席した派遣のみなさんと軽く会話を楽しみつつ検品していたら、2時間後くらいに「ずっと見てると目が疲れちゃうので休憩しましょう。この休憩時間は給料減らないので安心してください。休憩室に無料のお茶もあります」と案内までしてくれました。

なんて良い職場なんだと思っていたら、既定の時間の1時間くらい前に正社員さんがやってきて「皆さんお仕事速かったので今日の分終わってしまいました。もう1時間分は働いてもらったことにしますので、早く帰っちゃいましょう。もう終バス終わっちゃってるので、最寄の駅までのタクシー券を出しますね」です。

最高でした。

また行けたらと思いましたが、やっぱり人気で、いつもすぐに定員が埋まってしまい、行くことはできませんでした。

さすが大手メーカーというか、すっかりファンになってその会社の商品をまんまと買ってしまいます。

見事です。

待っていても仕事はこない

欠員が出たときには電話がかかってくることもありますが、待っていてもシフトを入れてくれることはないので、積極的にサイトやアプリをチェックして定員に達する前に勤務を登録しなければなりません。

あれこれと考えている間に定員に達してしまいますから、まずは挑戦の気持ちで登録しましょう。

体調管理がとっても大事

倉庫や工場は食品でない限りはあまり空調が効いていません。

夏は暑いし冬は寒いので体調が怪しいとバテます。

逆に食品は、食品の保存温度に合わせた空調設定になるので、空調が効いているといっても人間にとって適温とは限らず、やはりバテることがあります。

バテれば派遣先はもちろん派遣会社にも迷惑がかかるため、日頃から体調管理には気を付けて、ある程度の体力も維持しておきましょう。

まとめ

日払い派遣は色々な仕事を体験してみたい人にはぴったりの仕事です。

就活前に気になる会社の仕事を知るチャンスにもなりますし、日頃から目にする商品やサービスがどのようにして手元に届くのかを知ることもできます。

また、日給も1万円以上が相場ですから短期でガッツリ稼ぐには最適です。

とりあえず登録するだけして、仕事を探してみましょう。

日払い派遣を始める時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

派遣求人