今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。

最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。

そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。

派遣社員と正社員の違いを知ろう

まずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。

例えば以下のようなところで差がでてきます。

雇い主の違い

派遣社員は派遣会社が雇い主になります。

働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。

そのため派遣先の会社が派遣社員との契約を切っても、自社の直接雇用の人をクビにする時と違って、株主や労働監督署からは見えにくくあまり痛手になりません。

正社員は派遣社員にとっての派遣先に直接雇用になりますから、クビにすると表に見えます。

そのためクビという手段はできるだけ取りたくない相手です。

正社員のリストラよりも派遣切りが先行するのはこの理由が大きいです。

収入・手当の違い

派遣社員の多くは時給制で、正社員の多くは月給制です。

同一の部署で同一の仕事をする場合、月給に直すと正社員の基本給とほぼ同じという派遣社員もいます。

ただしその場合でも、家族手当や住居手当などの手当が薄かったり、ボーナスの金額が違うなど差がつくことが多くなります。

また、派遣社員には基本的に昇進がないため、年数を重ねるごとに給与に差がつく傾向が見られます。

雇用期間の違い

正社員は、定年まで特に雇用期間を定めずに雇われることがほとんどです。

一方派遣社員になると、数か月単位など雇用期間が定められ、定期的に更新をするという雇い方をすることが多くなります。

そのため更新なしで終了という手段も取りやすく、将来に渡って雇ってもらえるという安心感は少なくなります。

福利厚生面での違い

派遣社員は派遣元の福利厚生に従いますが、正社員は彼らが雇用されている会社の福利厚生に従います。

そのため、それぞれまったく別の会社からの福利厚生を受けています。

もちろん十分な福利厚生を与える派遣元もありますが、一般的には正社員の方が福利厚生が手厚いとは言われます。

他にも派遣と正社員の違いは、こちらの記事を参考に!

派遣社員と正社員それぞれのメリット・デメリットを知ろう

正社員になるメリットもありますが、派遣社員のメリットも存在します。

それぞれのメリット・デメリットをよく知っておきましょう。

派遣社員のメリット

派遣社員のメリットでよく挙げられるのが、派遣会社が間に入ってくれることです。

正社員だと、残業や有給休暇の使い方で上司からとやかく言われることが多い会社でも、派遣社員の場合は派遣会社が間に入ることで、それほど強いことを言われない傾向にあります。

逆に、派遣先に対して不満がある時や何らかの被害がある時に、派遣元を通して苦情を申し立てることもできます。

また、正社員よりも責任が少ないことも多いです。

出世しないということもあり、特に複数人が働く場所で派遣社員が責任の矢面に立たされることは、正社員よりも少ないです。

成績についても、例えば営業など成績が重視される現場であっても、正社員よりは成績が伴わなくとも口うるさく言われにくいです。

また、もしも退職をしたいと思った時に、引き止められにくいという特徴もメリットになります。

派遣社員のデメリット

デメリットとしては、手当や賞与が加算されにくく、また出世も基本的に望めないため、長く働いてもほとんど給与があがることがないということが挙げられます。

もしも自分に能力があり、正社員よりもよほど働いているという気持ちがあっても、給与が伴ってくれることはほとんどないでしょう。

正社員と同じ職務をこなしているのに、給与は正社員よりも低い、ということはよくあります。

また、小さな会社だと特に、正社員よりも辞めさせられやすく、契約を唐突に打ち切られることがあります。

特に募集時には記載がなくとも、繁忙期のみの数か月間の契約で終わってしまったということも聞かれます。

安定していると捉えにくいため、ローンなどでは正社員よりも不利になります。

正社員のメリット

給与や手当面での待遇のよさと安定が、正社員のメリットになります。

月給制が多く、非正規社員よりも多めにもらえる傾向があることに加え、長く働けば給与やポジションが少しずつでも上がっていく希望が持てる、というのはほとんど正社員特有のものです。

非正規社員だと打ち止めが早く、それほど希望が持てません。

辞めさせられるのも、正社員は後回しになることがほとんどです。

余程過失のある失態を起こさない限り、クビなど聞いたこともないという会社もあるでしょう。

安定しているとみられるため、住宅ローンなどを組む時には有利になります。

会社にもよりますが、長く居続けてもらうことを前提に接するため、しっかりと教育を受けさせてもらえますし、資格取得の勉強などもさせてもらいやすいです。

正社員のデメリット

デメリットは、責任がどんどん重くなることがまず挙げられます。

正社員は長くいればいるほどできて当たり前、知っていて当たり前と言われることが増えやすいです。

日本の会社では年功序列の考え方が残っているので、大抵は年季が入るほど給与も上がり責任のある仕事を任されます。

ずっと平社員でいたいと願っても、責任は増えていくことが多いでしょう。

非正規社員にとっては、平社員でも上の人と見なされやすく頼られますし、リーダーシップの発揮を会社側も求めます。

長くいることを前提に働くため、人間関係に苦労しやすいこともデメリットでしょう。

上司に逆らえなかったり、同僚と仲たがいして居づらくなることを恐れたりと、正社員の地位を守るために息苦しい思いをすることもあります。

会社や周囲に気を遣うため残業が断りにくい、有給を取りにくいという意見もあります。

正社員のみほぼ強制的に休日出社があるという会社も珍しくはありません。

長くいればいるほど人間関係が複雑になっていくことも考えられます。

社内だけでなく取引先との関係性に苦労することも多いでしょう。

特に難しい案件は非正規社員ではなく正社員に任されることが多いため、関係性に関する悩みは増えがちです。

派遣から正社員への転職術その1:紹介予定派遣を利用する

派遣社員から正社員へ転職をするのであれば、まずは紹介予定派遣を利用するのが便利です。

紹介予定派遣ができる募集案件にはその旨が記載されていますから、確認の上で選びましょう。

派遣元に紹介予定派遣を希望する旨を伝えると、リストアップしてもらえることも多いです。

インターネット上でも絞り込み検索が可能です。

紹介予定派遣で正社員になるためのポイント

紹介予定派遣で派遣先を決めたら、正社員になるためのポイントは次のようになります。

勤務態度に気をつける

紹介予定派遣で正社員になるのであれば、最初から正社員として長く勤める気持ちでいましょう。

正社員になってから正社員らしく振舞おうとしても、それは難しいです。

特に勤務態度には気をつけ、例えば他の派遣社員が正社員とはまったく違う態度だったとしてもそちらには合わせずに、正社員の方に寄せて勤務すべきです。

勤務態度が悪いと、そもそも正社員予定派遣だったとしても、正社員にしてもらいにくくなってしまいます。

ただし残業や休日出勤などについては、正社員になるためと無理してしまうには、メリットとデメリットがあります。

上司からは評価されやすいですが、正社員になった後も残業や休日出勤ができる人と見なされるようになりがちです。

正社員になっても無理なく続けられるような働き方の方が今後のためにはいいかもしれません。

挨拶をきちんとする

特に慣れてくると忘れがちなのが挨拶です。

これからも長くいる予定なので、社内で出会う人にはきちんと挨拶をするようにしましょう。

普段関わらない人でも、意外と挨拶をしてくれる人かどうかというのは見られているものです。

派遣社員としては一緒に仕事をしないかもしれませんが、今後正社員になると異動もあるでしょうし、交友関係も広がります。

知らない人にも不機嫌な顔を見せず、きちんと接することはこれからのために大切です。

挨拶だけでなく、周囲の人とはなるべく仲良くしておくといいでしょう。

正社員と同等以上の成績を出せるような努力をする

特に同期に正社員がいるのであれば、同等かそれ以上に仕事ができることを見せておきましょう。

これは派遣社員から正社員にきちんと雇用してもらい直すためにも必要ですし、加えて正社員に決まった時の、給与や待遇などの取り決めの際に役立ちます。

自分の成績が良く、自信があると、雇用変更の際の待遇の交渉もしやすくなりますが、そうでなければいい交渉ができない可能性が高まります。

また、派遣社員の頃から成果を残している方が昇進や給与アップが早くなりやすいです。

正社員になれる紹介予定派遣求人の探し方

紹介予定派遣ならどこでも正社員になれるのでしょうか。

もちろん紹介予定と書いてあるからには、なれない訳ではないのですが、なりやすい・なりにくいはあるようです。

ポイントは、主に自分に合う仕事かどうかと、競争率は高くないか、です。

紹介予定派遣で正社員になるには、まず自分が正社員と思える仕事でなければいけません。

これは紹介予定派遣のいいところでもあり、派遣で一度体験してみた結果、自分から正社員になりたくないと思う場合も存在します。

紹介予定ならどこでもいいと思うのでなく、自分のスキルを活かせる会社、自分に合いそうな会社を厳選しましょう。

自分が良ければあとは会社の判断次第ですが、正社員はそれほど数を取りたくないという会社も存在します。

派遣社員をたくさん取っているような会社はわりと、正社員になりやすいと言われます。

会社に資金力があり、本人に能力があって辞めないのであれば、正社員にしてもいいと考えやすいからです。

逆に少数精鋭だと、より成績のいい社員を雇用しようと考える場合もあります。

競争率には気をつけてみましょう。

あとは直接雇用にはしてくれるけれど、正社員ではなく契約社員になる、という会社もあります。

実例や評判は調べておくといいでしょう。

紹介予定派遣求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

派遣から正社員への転職術その2:派遣先で実績をつくって正社員登用してもらう

次に、紹介予定ではなくとも派遣先で実績をつくって正社員登用を狙うというものもあります。

現在は特に派遣法の変化もあり、長くとも三年で正社員登用される例が増えているようです。

こちらは紹介予定派遣よりも正社員になるまでに時間がかかりやすい傾向にはあります。

派遣先で実績をつくって正社員になるためのポイント

こちらにも正社員になるためのポイントがあります。

確認してみましょう。

上司への覚えをよくする

上の正社員予定派遣に関してと同じく、勤務態度を悪くしない、挨拶はきちんとするなど、上司への覚えはよくしておきましょう。

社長とよくコミュニケーションを取るような職場でないのなら、会社に対して正社員になれるように申請するのは、直属の上司であることが多いです。

上司が心から会社に残って欲しいと思えるような人材でいれば、正社員への道はかなり近くなります。

正社員以上に成績を出す

こちらも紹介予定派遣と同じですね。

特に成績が目に見える形で出る営業職などの場合、数字がいい人は正社員にならないかと上司から声をかけてもらえる可能性が高いです。

相手から声をかけてもらう方が雇用条件など交渉が有利に進めやすいので、ぜひ声をかけてもらえるくらいの成績を目指しましょう。

成績が目に見えないお仕事ならば、仕事の早さと正確さ、それからサポート力などが見られやすいです。

正社員と上手くやっていて仕事もきちんとできる人、というのは代えがたい人材です。

正社員になるという気概を持ち、自分にしかできない仕事を作る

気持ちの問題ではない場面もありますが、どうせ派遣だからという気持ちの人は、正社員にしてもらいにくい傾向にあります。

正社員になりたい、あるいは派遣でも妥協しない、という気持ちでいる人は、仕事の覚えも早く責任感も強くなります。

企業はそういう人を欲しがるものです。

そして、そういう人が自分にしかできない仕事を持っていたら、正社員への道は近くなります。

難しいことでなくとも構いませんから、他の人には真似できない仕事を作っておくと有利です。

自分から学ぶ意識を持つ

紹介予定派遣ではないため、周囲の人はあくまでも、派遣でする仕事の範囲しか教えてくれないことがほとんどです。

派遣の範囲内でできる仕事を覚えるのはもちろんですが、正社員を目指すのであればプラスアルファ、してもいいことはどんどん覚えていきましょう。

もしも派遣社員には任せてもらえないようであれば、やり方だけでもよく見ておくと、正社員になった時に便利です。

派遣から正社員になると、会社にいる期間は長いのに知らないことがたくさんある、ということになりやすいです。

正社員の仕事についても勉強できるところはしておくと、派遣での仕事に繋がることも多いでしょう。

実績をつくれる派遣求人の探し方

例えば、研修がすぐに終了して即日仕事に入れるような、多くの人がすぐに上手くなれるタイプの仕事よりも、研修期間が多少あったりある程度スキルが必要だったり、という仕事の方が狙い目です。

特に自信のある分野があるのであれば、そこを狙ってみるといいでしょう。

「新たに正社員を入れるよりも、できる派遣社員を直接雇用した方がずっと得だ」と思わせるのがポイントですから、すぐに誰かに代わられるような仕事だとチャンスが少なくなってしまいます。

分かりやすいのは営業などの実績が目に見える仕事ですが、他の仕事でも周囲の人は仕事ができるか否かを意外とよく見てくれています。

派遣から正社員への転職術その3:派遣でスキルを磨いて正社員に転職

一旦一つの派遣先でスキルを磨いて、その後別の会社に正社員で転職するという方法です。

既に行きたい会社があるけれど今募集がないとか、スキル不足で入社できないという時に特に便利です。

派遣でスキルを磨いて正社員に転職するためのポイント

派遣でスキルを磨いて別の会社に正社員入社するためのポイントには以下のようなものがあります。

正社員になりたい会社にはある程度目星をつけておく

どんな会社で正社員になりたいのかが決まっていれば、磨きたいスキルも見えてきます。

社会人全般のスキルを磨いてステップアップ、もいいですが、せっかく勤務するのであれば、より役に立つスキルを身に着けておく方が有利です。

面接の際のアピールにも使えます。

それほど決まっていないのであれば、どこに行っても使えるスキルを狙いましょう。

対人能力やパソコンスキルなどは多くのところで重宝されます。

関わったプロジェクトなどはメモしておく

派遣で働いている間に関わったプロジェクトや頑張ったこと、失敗から成功に繋げたことなどはメモしておきましょう。

正社員になる際の履歴書に書いたり面接での回答に使えます。

直近の仕事については問われやすいので、アピールポイントを控えておくと便利です。

どうせ辞めるという態度は取らない

最初から「転職する気です」という働き方をすると相手にも伝わります。

教えてもらえるはずのことも教えてもらえなかったり、余計なミスに繋がったりと、いいことはありません。

スキルアップのための派遣だと自分では思っていても、態度には出さないようにしましょう。

特に同じ業界の場合、横のつながりが強いということもあり得ます。

勤務態度が悪い人間の噂が伝わる可能性もなくはありません。

特に不動産業などは横の繋がりが強いと言われています。

どんなスキルも役に立つと考える

欲しいスキルがあると、それを磨くことばかりに集中しがちです。

雑用や人間関係などを疎かにしてしまったり、スキルに必要ない仕事に価値を見出せなくなったりします。

しかし、それではもったいないでしょう。

今後、転職先で実際はどんなスキルが必要になるのか、完全に把握することは不可能です。

特に身に着けたいスキルに目星をつけておくことも大切ですが、その他の仕事や人間関係から得られることもきっと役に立つことを覚えておきましょう。

スキルを磨ける派遣求人の探し方

どんな会社からでも学ぶものはありますが、どうせなら正社員になりたい会社で特に重視されるスキルを磨ける会社を探しましょう。

例えばパソコンを使うのなら、同じソフトを主に使っている会社の方がいいでしょうし、仕事内容がはっきりしているのなら、そこに活かせる仕事内容の派遣先だと学びやすいです。

もちろんまったく同じでなくとも構いません。

正社員になりたい会社をよく研究して、自分に足りないものを補うか、あるいは長所を伸ばせる会社という形で探してみてください。

自宅ではなかなか身に付けられないものを優先的に選ぶのもポイントです。

派遣から正社員への転職術その4:派遣で自分の得意分野を探して正社員に転職

派遣のいいところは入社しやすくしかも辞めやすいところです。

今まであまり就業経験がないという人は、所謂お試しで派遣で働いてみるということができます。

その会社に自分が合えばそこで正社員を目指すのもいいですし、得意分野を見つけて他の会社で得意なところを活かす方法もあります。

得意分野を探して正社員になるためのポイント

まだ自分の得意分野が分かっていないという人は多いです。

自分はこういう仕事に向いている、と思っているものと、実際に仕事をしてみた感じが違うということも多々あります。

以下のようなポイントを重視するといいでしょう。

色々な仕事にチャレンジしてみる

自分に向いているものがよく分からないという人は、いくつかお仕事を経験してみるのもおすすめです。

様々な会社を経験することで見えてくるものもありますし、それで鍛えられる能力もあります。

得意分野も見つかりやすいです。

自分に向いているな、好きだな、と思えることを活かして転職活動をすると、上手くいきやすくなります。

色々な会社が見られるので、従業員を大切にしない会社の特長なども見えてきやすいです。

決めつけをしない

自分は大人しいから営業はムリ、など、絶対にこの仕事は自分には合わないという決めつけをするよりは、どんどん新しいことに飛び込む方が得意分野も見つかりやすくなります。

仕事選びに関してだけでなく、与えられる業務についても同じです。

こういう仕事は自分には向いていないからできなくても仕方ない、と考えていると成長しにくいです。

前向きに取り組んでいろいろなスキルを吸収しましょう。

正社員に転職する自信にも繋がります。

派遣のうちに失敗しておこう、くらいの軽い気持ちを持つのも成長に繋がります。

苦手なことも一緒に確認しておく

どれだけチャレンジして頑張っても、どうしても苦手なものは人によってあるものです。

できるだけ克服の方法、失敗した時の対策をチェックしておきましょう。

どうしても合わない、続けることは精神的に辛いというものが見つかったら、できれば正社員になるときにはそういったものを避けるといいでしょう。

苦手なものも確認しておくと、転職先の絞り込みをする時に役に立ちます。

得意分野を探せる派遣求人の探し方

すぐに正社員にならなければならないという切羽詰まった理由もなく、できれば自分の特性を知ってから正社員でより長く勤めたいという場合は、短期の派遣など一定の期間で辞めることを前提にしたところに行くと気楽です。

デメリットとしては、もしも自分にぴったりだった場合に続けられないことですが、一度短期派遣で働いていると、正社員として取って貰いやすくなる会社も少なくありません。

少なくとも大きなミスや勤務態度の悪さがない限り、マイナスに働くことはないでしょう。

派遣社員から正社員になるための共通の注意点

勤務態度の問題などは既に書きましたが、他にも正社員を目指す場合の注意点があります。

派遣元を変え過ぎない

もちろんよりよい条件のためや、よりよい求人を求めて派遣元を変えるのは悪いことではありません。

ただ、特に今後紹介予定派遣などからでなく、通常の正社員募集に応募するという場合は、履歴書を書くときに一見して転職回数が多いという風に見えてしまいます。

同じ派遣元からの場合は、書き方によっては複数の派遣先でもそれほど不自然に見えません。

転職回数の多さがどの程度マイナスになるかは、会社の人事の考え方にも寄りますが、一応留意しておいた方がいいでしょう。

辞める時にはきちんと礼儀を守る

派遣社員は辞めやすいですが、辞める際にはきちんとしておきましょう。

派遣会社が間に入ってくれるので、よほどのことがない限り揉めたりはしません。

契約で決まっている期間より前に派遣元や派遣先に辞職する旨を相談し、穏便に退職してください。

突然連絡が取れなくなる、無断欠勤してそのまま退職するなどは派遣元にも派遣先にも迷惑がかかるため、今後の仕事探しに支障をきたす可能性があります。

焦り過ぎない

派遣社員は安定していない、などと周囲の人に言われることもあるかもしれません。

しかし派遣社員は仕事にもよりますが、正社員に比べて給与が必ずしも低いということもないですし、福利厚生がきちんとしていることも多いです。

年齢を重ねても派遣社員で働いている人は現在ではたくさんいます。

正社員にならなければと焦り過ぎるのは精神的にもよくないですし、せっかく派遣社員で身に着けられるスキルを見逃してしまう可能性もあります。

正社員の待遇なら派遣社員よりもいいはずとは考えない

特に派遣社員をしながら転職活動をしている人は、正社員求人に飛びつくのではなくよく吟味しましょう。

正社員になれば今より待遇がよくなるはず、と決めつけすぎない方がいいです。

正社員でも派遣社員よりも給与が低いなんてことはよくありますし、福利厚生も派遣社員の時の方がよかったという人もいます。

正社員になることでのメリットを得たい、例えば住宅ローンを組みたいなどの希望があるのなら別ですが、急いで正社員になったからと言って今の生活がよくなるとは限りません。

時には今の会社で正社員になれる時を待ったり、ゆっくり転職活動をした方がいいこともあります。

なかなかうまくいかないときはどうする?

派遣社員から正社員になりたいという気持ちは強いのに、なかなかうまくいかない時もあります。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

自分のスキルをもう一度見直す

派遣で得たスキルだけでなく、自分の長所やできること、他の人に褒められたことなどを書き出して、見直してみましょう。

得意なことがたくさんできる会社を目指す方が、自信も持ててうまくいきやすくなります。

紹介予定派遣に絞ってみる

早めに正社員になりやすいのはやはり、紹介予定派遣の会社です。

紹介予定だと相手先もそのうち正社員になるんだろう、という見通しで仕事を教えてくれますし、勤務態度に問題がなければ基本的に正社員になれるという求人も少なくありません。

本当に正社員になれるような会社なのか、職場の雰囲気はどうなのか、応募する前に評判を調べるのも大切です。

何故上手くいかなかったのかを見直す

上手くいかなかったことを見直すのは辛いこともありますが、あまりにも上手くいかないようなら、一度見直しておきましょう。

会社が悪かったと思うのであれば、次回の選び方の参考にします。

働いてみてここは譲れないと感じた部分は簡単にメモしておきましょう。

自分に悪い部分があったのであれば改善できるかを考え、難しい部分はそこが改善できなくとも問題にならない会社を探してみます。

スキルを習得する

正社員になりたい職種が決まっているのに正社員に繋がらない、という場合にはスキルの習得を目指しましょう。

資格の取得だけでなく接客スキルや電話対応スキル、コミュニケーション能力、集中力などなど仕事によって求められるものは様々です。

自分に足りないと感じたスキルはどんどん習得するようにしましょう。

得たスキルは他の分野でも活用できます。

どうして正社員になりたいのかを見直す

派遣社員は福利厚生もきちんとしてもらえることが多いですし、正社員にならなくとも問題なく暮らせる人もたくさんいます。

そんな中でどうして正社員になりたいと思ったのかを、一度考えてみてください。

正社員になったら何をしたいのかも考えられ、モチベーションアップに繋がります。

まとめ

派遣社員から正社員になる方法についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。

私自身が派遣社員で個人的に辛いなと思ったのは、頑張っても給与や昇進に繋がらないことでした。

他にもいろいろと不満があるのであれば、思い切ってよりよい待遇の正社員を目指してみてください。

苦労もあると思いますが、きっとメリットも大きいですよ。


関連キーワード

派遣求人