人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。

体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。

そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。

40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。

40代の派遣にオススメな職種とその理由

40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。

私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。

しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。

でも食べていかなければならず、悩んだ末、派遣会社に登録することにしました。

今派遣社員として働いていて思うことは、今の状態を社員として働くための足がかりにしようということです。

40代で正社員になることは不可能なことではありません。

ただ長期戦になり、計画的に進めていく必要があるのです。

そう考えると、派遣で働くことはメリットです。

職場の人間関係に悩まされることもなく、残業もない場合が多いため、自分の時間を作ることができます。

40代はまだまだこれからです。

女性におすすめ

子育ても落ち着き、少し仕事でもしてみようかなと考えている人。

逆に子育て真っ最中で、これからの教育費やその他の、子供の成長に伴った出費を気にし、足しにするため働こうと考えている人。

女性が40代ともなれば、いろいろな生活上の変化があって当然です。

いろいろな思いで仕事を探している、40代の女性に向けて、おすすめの仕事を紹介します。

テレフォンオペレーター・テレマーケティング

求人数が多く幅広い年齢層の求人が多いです。

特に特記すべきは、初心者歓迎の求人が多いことがあげられます。

経験や特別な資格も必要なく働きやすい職種といえ、人生経験を積んだ、落ち着いた対応のできる年齢層が活躍しやすいです。

介護士

未経験でも、他の職種と比べて時給が高いことが多いです。

特に経験者であれば、未経験の人よりも高い時給がもらえます。

派遣なので残業もなく、決まった時間で帰宅できます。

正社員よりも、身体的に楽なのが特徴です。

高齢者施設はイベントが多く、企画や運営で精神的に負担を感じる人もいるでしょう。

派遣の介護士であれば、お手伝い程度でイベントの企画や運営までは行わないことが多いです。

介護は専門求人サイトが多く、仕事を見つけやすいのが特徴ですが、求人選びには十分注意が必要となります。

求人情報と実際の就労内容が違っていたり、評判の悪い事業所が紛れこんでいる場合があるのです。

そんなときは派遣先の担当者に報告し、間に入ってもらうようにしましょう。

事務

求人数が多いです。

子育て主婦が働きやすい時間設定がなされていたり、時短勤務ができるなど、女性のライルサイクルにあった働き方ができます。

基本デスクワークのため体力的にも負担がありません。

販売員

販売員というと若い人のイメージがあると思いますが、販売は幅広い年齢層の求人があります。

販売の仕事は土日祝日がお休みではなく、シフト制のため全シフトの勤務が可能な、子育てを終えた主婦の需要が高いです。

製造・軽作業員

女性向けの派遣求人で意外に多いのが軽作業の仕事です。

工場等の軽作業は重いにもつを運んで、体力的につらいと思われがちですがそんなことはありません。

重い荷物の運搬なしの、比較的楽にできる仕事が多いです。

派遣の中では時給はやや安めですが、スーパーのパートや、コンビニなどに比べれば高い時給となっています。

その他の女性にオススメな派遣仕事はこちらをご覧ください。

男性におすすめ

中高年男性の派遣社員が増加しています。

原因は会社の倒産やリストラです。

40代といえばまだまだ働きざかりで、家族を養っていかなければならない人もいます。

正社員として安定した職に就きたくても現状そうはいきません。

働かなければならないから、派遣でつないでるという人も少なくないでしょう。

しかし、発想を転換して見て下さい。

派遣の仕事が正社員への道を作ってくれるかもしれません。

製造・軽作業員

求人が多く、ピッキングや商品検査などの、重労働では無い仕事が多いです。

夜勤の勤務がある場合や夜勤専門の求人もあり、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができます。

営業・ラウンダー

仕事内容からか、直行直帰の求人があるのが特徴です。

比較的時給も、高めの設定がなされています。

電気量販店販売員

求人が多く、時給が高いです。

何件か土日の繁盛記のみの求人があります。

派遣社員ではでることが少ない、交通費の全額支給がある場合が多いです。

派遣社員であっても、ノルマが設定されることもありますので、就労前に確認しておくと良いでしょう。

警備

正社員になれる可能性が高い求人が多い職種です。

一般的な派遣会社に登録して、派遣として働くよりも、警備会社の求人に直接応募する方が求人が見つかりやすいです。

ITエンジニア

40代・未経験からでもチャレンジできる求人があります。

ITに関する知識は必要になりますが、社員になることができる職種です。

ITエンジニアはまだまだ人手不足のため、転職するには狙い目の職種といえます。

正社員として働くための、足がかりとして経験を積むためにまずは派遣で働くのもいいでしょう。

トラックドライバー

長距離ドライバーの場合は体力的につらいですが、時給が高い傾向があります。

派遣というよりも、正社員の募集をしている求人が多いです。

ドライバーの派遣求人は、食品や商品のルートドライバーといった、決まったルートをまわる配送の仕事が多く、体力的な負担か少ないといえます。

始める時の注意点

派遣の仕事をはじめるにあたり、派遣のデメリットを理解しておく必要があります。

派遣就労は定年までの永久雇用ではありません。

現在の派遣先で真面目に仕事をしなければならないのはもちろんのことでしょう。

しかし派遣で働きながら、次を見据えた行動をおこなっていかななければ、いつ契約満了で職を失うかわからないのです。

派遣の仕事は不安定であることを忘れてはいけません。

TPOに合わせた身だしなみを

40代であれば、ある程度のビジネスマナーや常識を持っていると考えられています。

派遣会社の登録会や面接は気軽に、企業との顔あわせ時は、明るく清潔感のある身だしなみをすると良いでしょう。

若い世代のリクルートスーツに白シャツは初々しいものです。

しかし、40代にリクルートスーツのような色味のものは、暗い印象を与えてしまいます。

かといってスーツを新しく購入する必要はありません。

スーツの中に着るシャツをカラーものにすることで、印象を明るくすることができます。

派遣会社によってはスーツでなくても良いが、ジャケットは着用するよう注意がなされる場合があるでしょう。

そのような場合もスーツを持っていれば、スーツを着用した方がいいです。

ジャケットのみのスタイルは、どうしてもカジュアルに見えてしまいます。

企業との顔あわせの際に、ジャケットスタイルで参加したい場合は、カジュアルすぎる装いにジャケットだけ羽織る着こなしはやめましょう。

面接や登録会は事前準備をきちんとしよう

派遣会社から仕事を紹介してもらうには、派遣会社に登録する必要があります。

登録するには、派遣会社の登録会の参加や面接をおこなうのですが、インターネットや電話での事前予約が必要な場合が多いです。

人気の派遣会社や土日は人気が高く、すぐ埋まってしまいます。

何らかの事情で参加できなくなった場合は、必ず派遣会社の連絡先に連絡をいれましょう。

利用しないから連絡しなくてもいいやと、連絡しないのはよくありません。

どこでお世話になるかわからないのです。

しっかりとした対応をしておくことが大事となります。

派遣会社によっては登録会や面接のときに、パソコンのスキルチエックを行うことがあります。

パソコンのスキルによって、紹介してもられない仕事もあるため、登録会や面接まで時間がある人は練習をしておくと良いでしょう。

スキルチエックは派遣会社によって違います。

タイピングの速さと正確さを見たり、エクセルを使った表作成や関数が使えるかまで、レベルや内容がかなり違ってきます。

40代にもなると、転職の階数が多い人もいるでしょう。

派遣会社の登録会や面接では、職歴を必ず聞かれます。

いつ頃、どんな仕事をどれくらいの期間おこなっていたかを確認されるのです。

正直私は転職が多いので、何が何だか分からなくなってしまいます。

そのため職歴を整理したメモを、派遣会社の登録会や面接には持参することにしているのです。

登録会や面接の時間が短縮されるメリットもあります。

派遣会社はいくつか登録しよう

40代以上の求人を多く持っている派遣会社に、いくつか登録することがおすすめです。

派遣会社だからといって、必ず仕事を紹介してもらえるかは分かりません。

派遣会社は人をクライアントである、企業に紹介することで利益を得ています。

利益を得るためには、クライアントが求める人材を紹介する必要があるのです。

クライアントが求める人材でなければ、派遣会社はその人物を相手に紹介することはありません。

登録者が希望する企業に紹介することができるかを、社内選考にかける派遣会社もあります。

登録はしたものの、探してみますとだけいって、全く仕事を紹介してくれない派遣会社も少なくありません。

何ヶ月も連絡がなく、半年ほどたってから、「条件に合う求人はありません」と連絡がくることもあります。

1つの派遣会社だけに頼るよりは、いくつも登録しておいた方が、仕事を紹介してもらえる確率は高くなります。

謙虚な気持ちで臨もう

これまでいろいろ経験した中で、何らかの役職がついていた人もいるでしょう。

過去はどうであれ、派遣社員に求められていることは、派遣先が求める業務を正確に行うことです。

それ以上のことは、業務上では求められていないといっても良いでしょう。

派遣先が派遣社員を雇うのに重要視する点は、自社社員や他の派遣社員と調和をとり、円滑な関係が築けるかということです。

派遣会社や派遣先の担当者が、自分よりも年下であることも少なくありません。

謙虚な気持ちを持って、相手と接することが大事です。

おすすめ派遣会社

どの派遣会社も得意な求人分野を持っており、自分がつきたい仕事の分野に強い派遣会社を選ぶといいでしょう。

求人数も多く、採用につながりやすくなります。

介護職やドライバーの派遣に関しては、その職種のみの派遣会社が存在し仕事が探しやすいです。

テンプスタッフ

https://www.tempstaff.co.jp/

インターネットの口コミで人気の高い派遣会社です。

大手なので求人数が多く、幅広い職種を扱っとまています。

全国各地に営業所を持ち、各地で登録会が行われているため、登録会に参加しやすく利用しやすい派遣会社です。

仕事をしながら、無料でパソコンの学習ができ、今後を見据えた働き方ができる派遣会社です。

アデコ

https://www.adecco.co.jp/

事務系に強い派遣会社として人気で、比較的大手のクライアントが多いです。

経験やスキル重視の求人が多いため、時給が他の派遣会社よりも高めであることが特徴となっています。

しかし、無資格・未経験の仕事がないわけではありません。

アデコは人柄重視でもあります。

未経験で何のスキルもない私は、働きながら勉強していく気持ちを理解してもらい、未経験でも可の求人を紹介してもらいました。

派遣で働いた後に社員として働くことになった人も多いのがアデコの求人です。

リクルートスタッフィング

https://www.r-staffing.co.jp/

リクルートスタッフィングはその名の通り、大手企業リクルートが運営する求人サイトです。

40代におすすめの、事務や軽作業の求人が多いです。

リクルートグループには、転職サイトであるリクルートエンジニアリングがあります。

転職が困難といわれている、40代の転職成功率が高い、使いがっての良いサイトとして知っている人もいるでしょう。

派遣にこだわらず転職サイトを利用することで、選択肢が広がり就労につながる可能性が高くなります。

まとめ

40代の中途採用に求められていることは、経験と応用力です。

今まで働いてきた職種と同じ職種に転職する人は有利かも知れません。

しかし、40代の転職者の中には事情により、異業種に転職を余儀なくされる場合があります。

派遣期間も立派な実務経験となり、転職に有利に働くこともあるでしょう。

40代はまだまだ働き盛り諦めてはいけません。


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているならまず派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や、正社員との違い、また、実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い、自社で製品を作りません。自社で製品を作らず、既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れてそれに自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったり、サービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に思いつくのは営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、6個の人気職種をご紹介します。

単発派遣の仕事を選ぶ時の3個の注意点を体験談から解説!失敗したことややって良かったと思うことまで

皆さんは短期の派遣の仕事の経験はありますか?単発派遣の仕事をするきっかけは、アルバイトの掛け持ちであったり、空いた時間に稼ぎたかったりと、単発で仕事ができる場所を求め始めて経験することがほとんどだと思います。そんな単発仕事ができるのが単発での派遣業務になります。派遣社員として登録をしてから短期の仕事(1日~数か月)を商会してもらうという形になります。では、単発派遣をするにあたり、どのようなところで注意しなければならないのでしょうか。ここではそんな単発派遣の注意点を経験談をもとにご紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてください。単発派遣の仕事の働き方そもそも単発派遣とはどのようなものなのでし

単発派遣とはどんな仕事?「短期派遣」やいわゆる「派遣」との違いやよくある募集職種

皆さんは「派遣業務」の働き方に違いがあるのはご存知ですか?派遣業務には様々な業種があるのは知っている方も多い中、派遣業務としての「働き方」にも様々な形があるのは実際に働いた人にしかわからない情報でもあります。ここでは、そんな派遣業務の働き方の違いがよくわかる「短期派遣」などの「派遣業務」としての働き方についてをご紹介できればと思います。そもそも「短期」で働く派遣業務とはどのようなものなのか。「単発派遣」とはどのようなものなのか。実際に働いてみないとわからない派遣のシステムについてもご紹介していきます。また、ご紹介に伴って派遣求人によく見られる募集職種についてもご紹介できればとも思います。ぜひ、

イベントMC派遣の求人を探すには!具体的な応募の流れや募集内容を紹介します

イベントMC派遣の求人を探す人向けに、イベントMCの仕事内容から派遣での仕事の探し方・応募の仕方、よくある募集内容、派遣とバイト・正社員の違いなどを紹介します。また、イベントMCの時給・日給相場、必要なスキル、他にも知っておきたいこととを経験者だからこそ分かる深い情報まで解説していきます。