ブラック企業とホワイト企業が混在する中、一見優良企業に見えても実態は違うという話をよく耳にします。

私が総合商社で派遣社員として働いていた経験から感じた事、派遣の仕事はホワイトかを徹底解説します!

私が派遣社員として経験した仕事は、こんな仕事でした

私は大手総合商社に派遣社員として勤めていました。

担当したのは国内事業部の営業事務です。

クライアントから注文を受けて、メーカーに発注するのが主な仕事です。

それに派生して、納期管理や取引先とのやりとり、売り上げ集計、経費処理などを担当しました。

部署に届くファックスやメール便を配るなど庶務的な仕事もしていました。

経験者が語る、派遣の仕事がホワイトだと思う理由

私の経験では、派遣社員としての仕事はとてもホワイトでした。

その理由、詳しい状況と感想を挙げていきます。

派遣の仕事がホワイトだと思う理由1:休暇、残業時間は契約通り

派遣社員は派遣会社から企業へと派遣されています。

その際に、両企業と細かく契約を結んでいます。

派遣先の企業は仕事内容や残業時間について、初めに交わした契約が守られるようにしなければなりません。

派遣会社も、契約内容がきちんと守られているかフォローする義務があります。

私が大手商社に派遣会社に勤めていた際は、月末は決算資料を作成するため残業が発生するが、それ以外はほぼ定時までという内容でした。

実際その通りに仕事を運ぶ事ができ、退社後プライベートの予定を入れることもできました。

正社員であると、部署を選べるわけではなく、残業の多い部署に配属されれば有無を言わさず残業になることもあります。

しかし、派遣社員であれば契約内容の通りに業務をおこなっていれば、上司の機嫌を伺いながら残業することもなく、契約の時間に堂々と帰ることができます。

派遣の仕事がホワイトだと思う理由2:派遣会社にすぐに相談できる

例えば、働き先でパワハラや契約違反となるような業務を強制されたりといったことが起きた場合、直接上司や職場の人に伝えるのは難しいことも多いでしょう。

しかし、派遣社員は派遣会社の担当者に相談することができます。

内容が重大な契約違反となれば、契約を終了してもらうなど、守ってもらうこともできます。

派遣の仕事がホワイトだと思う理由3:正社員と変わらない福利厚生が受けられる

派遣社員が増えていった背景には、企業側が正社員を雇うことで発生する福利厚生などの費用がかかり、正社員は割高だったことがあります。

そのため、派遣社員は福利厚生などの面で待遇がよくないというイメージがありますが、実際は大手派遣会社では企業の正社員と変わらないレベルの福利厚生を提供しています。

健康保険や年金制度だけでなく、割引ベビーシッターサービス、研修を用意している派遣会社も多くなっています。

派遣という働き方は、こんな人におすすめします!

派遣の働き方がおすすめな人1:決まった期間だけ働きたい

私は、新卒で大手メーカーに正社員として4年ほど勤めたあと、海外に留学しました。

帰国後、また海外に行く費用を貯めるために1~2年だけガッツリ働きたいと思いました。

しかし、正社員として働くには中途半端な期間で、働き始めてしまうと辞めにくくなるかもしれないことと、新卒でないため大手企業に採用されるのは難しいということから、派遣という働き方を選びました。

同じ企業でずっと働きたいわけではなく、期間を決めて働きたい人には派遣は理想的な働き方と言えます。

派遣の働き方がおすすめな人2:いろんな仕事を体験したい

いろんな仕事を体験できるというのが派遣の醍醐味です。

終身雇用が当たり前だった時代にはなかった働き方です。

変化を求めている人や、いろんな体験をしながら自分に合った職業を見つけていきたい人にもおすすめです。

派遣で人気な職種は、こちらの記事を参考に!

派遣の働き方がおすすめな人3:会社の人間関係に煩わされたくない

正社員で働く場合、長期にわたって同じ人と顔を合わせて仕事をすることになります。

自分の希望で部署を変わったりというのも簡単にはできません。

上司の評価が出世や昇給に影響することもあり、人間関係に気を使いながら仕事をすることも多くなります。

派遣社員だと雇用期間が3年以内と決まっていて、1年ごとの更新などもあるので、職場の人間関係が難しければ契約を更新しないこともできます。

自分の業務をきちんとこなしていれば時給は支払われますので、人間関係に気を取られず、淡々と業務をこなすことを好む人に向いています。

良い派遣先を見つけるためのポイント

良い派遣先を見つけるためのポイント1:派遣会社選び

自分に合った派遣先を見つけるためには、まずちゃんとした派遣会社に登録することです。

規模の大きな派遣会社に登録すると情報量も多いので、まずは大手に一つ登録してみることをおすすめします。

希望の業界が決まっているなら、その業界に強い派遣会社を探してみましょう。

周りの人の口コミや実際に登録している人の話を聞いてみるのもおすすめです。

良い派遣先を見つけるためのポイント2:担当者とのコミュニケーションをしっかりとる

派遣会社の担当者に自分の希望をきちんと伝えましょう。

担当者とのコミュニケーションをしっかり取っておくと、仕事を始めてからも色々と力になってもらえます。

登録後も連絡がくるのをただ待っているだけではなく、自分から仕事情報を得るために連絡するなど、積極性も大切です。

実際に、なかなか仕事紹介の連絡が来ないので自分から連絡したところ、やる気があると知ってもらえてたくさん情報をもらえたという友人がいます。

派遣会社の担当はたくさんの登録者を相手にしているので、その中で優先的に仕事を紹介してもらうためにはアピールも必要です。

良い派遣先を見つけるためのポイント3:派遣先企業の情報を把握する

紹介してもらった派遣先企業の情報はしっかりつかんでおきましょう。

給与や休日のみを見るのではなく、事業内容や評判などもできる限り確認しておくことが大切です。

面接の際にも、企業のことを理解していることをアピールできれば、採用につながりやすくなります。

良い派遣先を見つけるためのポイント4:自分磨きを怠らない

派遣社員を続けるのであれば、定期的に職場が変わり、その度に面接や書類提出が必要になります。

常に採用したいと思ってもらえる人材であり続けるために、スキルアップやコミュニケーション能力を磨くことは怠らないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今まで派遣社員に抱いていたイメージと違いはありましたか?

人それぞれ仕事に求めることは違うので、全ての人に派遣という働き方がおすすめとは思いません。

しかし私が経験した派遣の仕事は、その時の自分の求めていた働き方に合致していて、よい派遣会社と派遣先企業に恵まれました。

ホワイトな働き方を目指して、しっかり情報収集していい派遣先に巡り会えるようぜひがんばってください!

派遣で働くメリットは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているならまず派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や、正社員との違い、また、実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い、自社で製品を作りません。自社で製品を作らず、既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れてそれに自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったり、サービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に思いつくのは営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、6個の人気職種をご紹介します。

単発派遣の仕事を選ぶ時の3個の注意点を体験談から解説!失敗したことややって良かったと思うことまで

皆さんは短期の派遣の仕事の経験はありますか?単発派遣の仕事をするきっかけは、アルバイトの掛け持ちであったり、空いた時間に稼ぎたかったりと、単発で仕事ができる場所を求め始めて経験することがほとんどだと思います。そんな単発仕事ができるのが単発での派遣業務になります。派遣社員として登録をしてから短期の仕事(1日~数か月)を商会してもらうという形になります。では、単発派遣をするにあたり、どのようなところで注意しなければならないのでしょうか。ここではそんな単発派遣の注意点を経験談をもとにご紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてください。単発派遣の仕事の働き方そもそも単発派遣とはどのようなものなのでし

単発派遣とはどんな仕事?「短期派遣」やいわゆる「派遣」との違いやよくある募集職種

皆さんは「派遣業務」の働き方に違いがあるのはご存知ですか?派遣業務には様々な業種があるのは知っている方も多い中、派遣業務としての「働き方」にも様々な形があるのは実際に働いた人にしかわからない情報でもあります。ここでは、そんな派遣業務の働き方の違いがよくわかる「短期派遣」などの「派遣業務」としての働き方についてをご紹介できればと思います。そもそも「短期」で働く派遣業務とはどのようなものなのか。「単発派遣」とはどのようなものなのか。実際に働いてみないとわからない派遣のシステムについてもご紹介していきます。また、ご紹介に伴って派遣求人によく見られる募集職種についてもご紹介できればとも思います。ぜひ、


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり