派遣社員として仕事をしていても「もう、辞めたい!」となることがありますよね。

派遣社員は正社員に比べると背負う責任は大きくなく、登録している派遣会社に他の仕事がたくさんあるので心配せずに辞められると思っていませんか。

正社員ではないとは言え契約期間があるため辞めたいからと言って簡単に辞めてしまうわけにはいきません。

すぐに次の仕事があるかどうかも分からない状況で辞めてしまうのはとてもリスクがあります。

今派遣されている会社を辞めたいと考えているならきちんと準備をし、契約更新の切れ目で終了させることが大切です。

準備をして退職を選べば派遣会社側の心象も悪くはなりませんし、次の仕事の心配もいりません。

派遣社員を雇う側からすると、せっかく仕事を覚えてくれた派遣社員に契約を更新してもらえないのはできれば避けたいのが本音でしょう。

今回は派遣社員が「辞めたい」と思う主な理由と辞める前に考えておかなければいけないことなどを中心にお話をしていきましょう。

派遣を辞める理由は何が多い?

派遣社員が契約を自主的に終了させる場合、一体どのような理由が多いのでしょうか。

多くの派遣社員が話す退職の理由を知ることで、企業も対策が取れる場合もあります。

詳しく見ていきましょう。

仕事内容が契約と異なる

派遣社員の仕事内容は全て契約で決まっています。

予め派遣社員にお願いする仕事の中身は決まっており、派遣社員に渡される契約書に細かく記載してあります。

企業、派遣会社と派遣社員の間で納得をして契約を結んでいるのですが、実際に指導に当たる企業の正社員が契約の内容をきちんと理解していない、もしくは伝達がうまく行っていないことは実はよくあることです。

そうなると派遣社員としては、聞いていた業務内容と違う、辞めたいと言う風になってしまうわけです。

企業がきちんと伝えていないのか、派遣会社が仕事内容を理解していないのかは状況によって違いますが、派遣社員としては契約内容と実際の業務が違うと言うのはとても大きなストレルになり、早期の契約終了の理由にもなります。

契約終了どころか、早期の契約破棄の理由にも十分なり得ます。

他に良い仕事が見つかった

派遣社員は「仕事は仕事」とはっきりと割り切っている人が多いのことが特徴です。

企業のために働くと言う考えの正社員とは少し違い、お給料の為に働く、言わば欧米的な考え方の人が多数います。

そのような派遣社員たちはより良い条件の仕事があればそちらへの移動を迷うことなく選びます。

このフットワークの軽やかさが派遣社員の特権ですから、「他に良い仕事が見つかったので」と言われてしまえば企業は引き止めることはできません。

そもそも派遣は期間限定と考えていた

派遣社員の中には期間限定で派遣社員として働いている人もたくさんいます。

就職活動中であったり、引っ越すことが決まっている、もしくはもう次の就職先が決まっていると言う場合もあります。

そのような派遣社員は短期の契約で終わってしまい、更新はしません。

職場の人間関係が良くない

職場の人間関係が良くないと感じる時も、派遣は契約を断ります。

正社員でも職場の人間関係は退職の一番の理由になりますよね。

派遣社員も同じです。

割り切って業務に当たる派遣社員も多いですが、いざ自分が職場の人間関係の揉め事に巻き込まれそうになるとすぐに契約終了を選ぶ人が多いです。

誰でも人間関係の良くない職場での仕事はしたくないでしょう。

もちろんある程度の我慢はしますが、そこは軽やかに世の中を渡っていこうとする派遣社員。

我慢して一つの職場にい続けることは良しとしない人が多いです。

また、あまりに職場の人間関係が良くなく自分がパワハラ・セクハラを受けた場合、派遣会社に相談することも良くあります。

このように企業に所属する正社員より会社に対して割り切った考えを持つ人が多いのが特徴です。

派遣の人間関係の悩みについては、こちらの記事を参考に!

「派遣だから」と言われる時

割り切って仕事をする派遣社員が多い一方で、「この企業のために!」と会社に愛着を持ってくれる派遣社員ももちろんいます。

特に派遣先が有名企業である場合や、時給や待遇に満足している場合、派遣社員もプライドを持って仕事に当たる人がほとんどです。

ですので「派遣だから」や「どうせ派遣」などと言う言葉を正社員から投げかけられるとやる気を失い契約終了を選ぶ人もいます。

これは人や職場の雰囲気によりけりですので一概には言えませんが、しっかり頑張ってくれそうな派遣や長期間契約を更新し続けている派遣に「どうせ派遣でしょ」は禁句です。

「雑用をさせられている」と感じる時

派遣社員に重要な仕事は任せられない!と契約にない雑用に近い仕事ばかりを与えたり、働き始めて時間が経っても契約にある仕事を任せてもらえないとなると派遣社員の不満は溜まっていきます。

会社の将来を左右するような仕事を任せるわけには行きませんが、ある程度の責任ある仕事をもらえ、社員の力になることができていると感じると派遣社員の仕事に対する満足度は上がります。

その辺りの線引きは派遣社員の働きぶりを見て正社員同士で決めてもらえる職場が派遣が長続きしやすいと言えるでしょう。

仕事内容が物足りないと感じる時

仕事内容が物足りない、と言う理由で契約を終了させる派遣も多数います。

特に今までは正社員で働いており、派遣業務を始めたばかりだと言う派遣社員の場合はある程度責任のある仕事を任せてもこなす方が多いです。

派遣を頼りにできれば正社員も仕事をスムーズに行えます。

同じ派遣で時給が違うとわかった時

一つの企業に複数の派遣会社所属の派遣社員がいる場合もありますね。

その派遣社員同士で時給が異なってしまうことが稀にあります。

同じ時給である場合何も問題はありませんが、A社よりB社の方が時給が良いとなってしまうと派遣社員に不満が生まれてしまいます。

同じ仕事で時給が違うと言うのは企業の責任ではありません。

派遣会社に相談するようにしましょう。

職場の雰囲気が合わない時

職場の雰囲気と派遣社員が合わないと言うミスマッチもよく起こる問題です。

とても大人しく、静かに働きたいと考えている派遣社員が体育会系の雰囲気を持つ企業に派遣されてしまえば仕事内容に関わらず「辞めたい」と思ってしまうでしょう。

企業は派遣されてくる社員を選ぶことができませんが、派遣社員は企業を希望することができます。

派遣会社の営業担当とよく話をしておくこと、希望の会社の雰囲気を正直に伝えておくことがミスマッチを防ぐコツです。

営業担当は自分の担当する会社の雰囲気を良く知っていますので、自分に合った職場を紹介してもらうためにぜひ仲良くしておきましょう。

自分の経験や得意なことが生かせないと感じる時

自分の得意なこと、今までの経験を生かしたいと考えている派遣社員は多いです。

全く違う業種を経験したいと言う方もいますが、得意なことを生かして働きたいと考えている派遣社員の場合より自分に合った仕事を見つけて転職をする場合があります。

お給料が上がらない時

契約の更新をし続けても、時給が上がらない場合に転職を考える人も多いでしょう。

派遣社員は賞与や交通費が出ないのが一般的ですので、時給が上がらないと昇給はありません。

もちろん、正社員のように毎年の昇給が約束されているわけではありませんし派遣社員ももちろん理解をしていますが、業務内容と時給が見合わないと感じてしまうと転職を選びます。

派遣を辞めるのを決める前に考えておきたいこと

派遣社員として働いている方で、今現在「辞めよう」「辞めたい」と考えている方もいるでしょう。

でも少し待ってください。

勢いやその場の感情で派遣の仕事を辞めてしまうのはおすすめできません。

辞める前に考えておきたいことがいくつもあります。

しっかりと自分のこれからのことを考え、もう一度今の派遣先で頑張れないか思いを巡らせてみましょう。

次にまた派遣で働くかどうか

今の契約を終了し、次にまた派遣で働くかどうか考えてみましょう。

もう正社員での仕事が決まっている人や、やりたいことが決まっている方はこの心配はいりません。

派遣を続ける方は、今の派遣会社で働き続けますか?

他の派遣会社にも登録して仕事を探しますか?

次も派遣社員としての働き方を選ぶなら、次の業種は何にしますか?

新しい仕事の目星を付けて、派遣会社にきちんと伝えた上で契約終了の意思を示しましょう。

仕事に求めることを整理してみる

派遣の契約を終了させる理由は何が大きいのでしょうか。

お給料でしょうか、仕事の内容でしょうか。

全て満足の行く仕事が見つかればそれが一番良いですが、自分にピッタリあってお給料も満足の行く仕事というのは簡単には見つかりません。

次の派遣先に移動をしても、また同じ理由で契約終了を選ぶことにはなりませんか?

そうならないように、条件面での優先順位を付けることをおすすめします。

時給はそこそこでも雰囲気の良い職場が良い方がいれば、職場は厳しい雰囲気でも時給を優先させたい方もいるでしょう。

ご自分の優先させるものを明らかにすることが、長く仕事を続けられるコツです。

人間関係が良くない原因は?

転職理由に多い人間関係ですが、人間関係が良くないと感じる原因を考えてみる時間を取りましょう。

パワハラ・セクハラなどの被害に遭っていると言う場合は話は別ですが、厳しい人がいて仕事に行くのが億劫だと感じる、ただなんとなく雰囲気が悪いと言う場合は勢いで退職してしまうのはおすすめできません。

派遣社員と言う一緒に働きながらもどこか外から会社を見れるあなたは、社内の雰囲気に飲まれてしまう必要はないのです。

仕事内容は満足がいっている、お給料も十分と言う場合は人間関係と仕事は切り離して考えておくのがおすすめです。

そうすることで外部に惑わされず、あなたはあなたの仕事を続けることができます。

給与について交渉の余地はないか?

給与について不満がある場合はすぐに契約終了を選ばず派遣会社と交渉してみましょう。

特に派遣会社によって給与が違った場合、正直に話をして自分も上げて欲しいと話をすることで解決する場合がよくあります。

派遣会社にとっては一人でも多くの所属社員に長く働いてほしいですから、交渉に応じることが多いのです。

長く契約をしていて、仕事の内容と給与が合わないと思っている場合も派遣会社に相談しましょう。

企業に時給のことを相談するのはご法度です。

必ず派遣会社を通しましょう。

番外編!行き詰まった時のリフレッシュ方法とは?

最後に行き詰まった時のリフレッシュ法をご紹介しましょう!

誰にでも「仕事に行きたくない!」「もう辞めたい!」と思う日はあります。

そんな時もなんとか体を引きずって出社し、一日を終えるのが大人です。

それは正社員であっても派遣社員であっても同じです。

突然辞めてしまうのは大人としてやってはいけないことです。

そんな時、ご紹介するリフレッシュ法を試してみてください。

一日頑張ったら、何かご褒美を自分にあげましょう。

少し早めに家を出る

仕事に行くのが憂鬱と言う日ほど、少し早めに家を出てみましょう。

寄り道をする余裕があるくらいが良いです。

ひと駅分歩いても良いですし、駅前のカフェなどで朝食を取るのも良いでしょう。

ゆっくり時間を取って、落ち着きを取り戻しましょう。

プライベートを充実させる

仕事に行きたくない日が続くときこそ、休みの日の予定を充実させましょう。

有給を取って小旅行に出るのもおすすめです。

楽しいことの後は気分が切り替わり、また仕事を頑張ろうと言う気持ちになれます。

ちなみに派遣社員ももちろん有給の取得が可能です。

多くの派遣会社で半年以上継続して勤務すれば一年に10日ほどの有給がいただけますよ。

体を動かしてみる

気持ちが落ち込んでいる時こそ、少し体を動かすことがおすすめです。

ウォーキングをしながら今の仕事の良い面を考えてみたり、ストレス発散にランニングなどもおすすめです。

ご褒美をあげる

自分にご褒美をあげるのも良い手段です。

今日一日頑張ったら、帰りに美味しいスイーツを買って帰ろう!だったり、今日はお酒を飲んでしまおうなど何か小さな楽しみが仕事の活力になります。

まとめ

今回は派遣社員が仕事を辞めたいと思う時と、辞めると決める前に考えておくことをご紹介しました。

派遣社員として働いている方、派遣社員を採用している企業の方どちらの方にも参考にしていただければと思います。

双方が協力をし、働きやすい職場作りに意識を向ければ企業は派遣社員の力を大いに頼りにでき、派遣社員も一つの職場に長く勤めることができます。

ぜひ、企業と派遣社員両方にとって良い関係が築けるように努めましょう!


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているなら、まずは派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や正社員との違い、また実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い自社で製品を作りません。自社で製品を作らず既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れて自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったりサービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、ここでは6個の人気職種をご紹介します。貿易事務輸出入・

単発派遣の仕事を選ぶ時の3個の注意点を体験談から解説!失敗したことややって良かったと思うことまで

皆さんは短期の派遣の仕事の経験はありますか?単発派遣の仕事をするきっかけは、アルバイトの掛け持ちであったり、空いた時間に稼ぎたかったりと、単発で仕事ができる場所を求め始めて経験することがほとんどだと思います。そんな単発仕事ができるのが単発での派遣業務になります。派遣社員として登録をしてから短期の仕事(1日~数か月)を商会してもらうという形になります。では、単発派遣をするにあたり、どのようなところで注意しなければならないのでしょうか。ここではそんな単発派遣の注意点を経験談をもとにご紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてください。単発派遣の仕事の働き方そもそも単発派遣とはどのようなものなのでし

単発派遣とはどんな仕事?「短期派遣」やいわゆる「派遣」との違いやよくある募集職種

皆さんは「派遣業務」の働き方に違いがあるのはご存知ですか?派遣業務には様々な業種があるのは知っている方も多い中、派遣業務としての「働き方」にも様々な形があるのは実際に働いた人にしかわからない情報でもあります。ここでは、そんな派遣業務の働き方の違いがよくわかる「短期派遣」などの「派遣業務」としての働き方についてをご紹介できればと思います。そもそも「短期」で働く派遣業務とはどのようなものなのか。「単発派遣」とはどのようなものなのか。実際に働いてみないとわからない派遣のシステムについてもご紹介していきます。また、ご紹介に伴って派遣求人によく見られる募集職種についてもご紹介できればとも思います。ぜひ、


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり